2006年05月30日

下妻物語

わははははは!
見てしまった・・・真剣に


他の事書こうかと思っていたんだけど、いやー・・・面白かった!

実は前からこの映画にちょっとだけ興味がないことはなかった・・・
(理由;TVの予告編で見た土屋アンナさんがつぼにはまったから)
だけど、邦画に対して偏見を持っていたので見なかった。

こんなふざけたセンスの良い映画を作れたんだ・・・


私は映画の見巧者ではないが、私なりの感想を言うと・・・

土屋アンナさんでこの映画は持っていたと思う。
演技もセリフも思いの他、いや失礼、普通に上手だった!
普通にってのは、TVドラマなんかに出ている俳優さんより上手だったって意味。
声、ハスキーだったんだね。
でもそれがいい!

小池栄子さんは好きなタレントさんの一人だが、惜しむらくはやっぱり台詞回しがね・・・
でも、さほど変じゃなかったよ  (ファンとして、ほっ
登場シーンは格好良かったし!

深田恭子さんは、最後の関西弁の時の方がいきいきしてたように感じたけど、わざとなんだろうなー

しかし、イチゴが桃子に飛び蹴り食らわして、桃子がべたっと倒れるシーン。
これが妙にツボにはまった。
他にも桃子ちゃん、結構カエルがつぶれるようにベタッと倒れるシーンがあったね。
あれ、ご本人がやってたのかなぁ・・・
だとしたら・・・えらいっ!
ファンになりそ!

樹木希林さんはさすが・・・
年が合わないよなーとか思いつつ、実は私は彼女が伝説の〜と期待してたんだけどね(笑
宮迫さん健闘。

惜しむらくは最後の喧嘩のシーン・・・
んーーでも、それまでの絵が自然?だったので気になっただけで、わざとらしい映画やTVの喧嘩シーンが多い中わざとらしさ度は低かったような。

最後のその後の話の中でのイチゴの写真見たさにDVD買っちゃいそ・・・

いやー本当に久しぶりに何も考えずに楽しめた映画だった。
落ち込んでいたのでありがと!


追記:
特攻服の誤字・・・
あれ、海外で字幕つけたときに、誤字の方の意味も出たのかな・・・
出てなさそうだけど、出してて欲しいな・・・



posted by 葉山猫 at 00:55| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画&TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。