2006年06月02日

ヒューストン、ヒューストン

タイトルに関係するお話は一番最後に・・・


前回の「類猿人ターザン」でちょこっと触れたけど、「火星のプリンセス」やら懐かしのSFをいろいろ・・・
手元に本を用意しないまま書きます。
なので、もしかしたら記憶違い、勘違いがあるかも。
ごめんなさい。


思いつくまま。

E・R・バロウズ
火星シリーズ、金星シリーズ、ターザンシリーズ、太古の世界?シリーズ
「石器時代から来た男」
「モンスターマン」

火星シリーズで緑色人種が出てくるけど、確かこの人種は地球人と感情の表し方が逆じゃなかったっけ?
怒っている時の表情が「笑っている」、とか。

だから「地球人から見て」相手が豪快に笑えば笑うほど、じつは相手は無茶苦茶怒っている。

犬(火星犬!足6本だっけ?)が確か登場したと思うんだけど、主人公が愉快な思いで大笑いした時にその火星犬が怯えるってシーンがあったような記憶がある。

これ・・・この設定だけ、いまだに結構日常生活でチラチラ頭の隅っこに浮かび出る。
職場で。
ネットゲームで。
友人、知り合いとの付き合いで。

「この人本当は何思っているんだろう・・・」

うむむ。
こう書くと中学位の時に人間に対する疑心暗鬼の種を植え付けられたような・・・ヽ(´ー`)ノ
まっいっか。

読んでいた当時は単純にドキドキわくわくして読んでいたと思う。
火星人の女の人が素敵でねぇ・・・
多分にイラストの影響あり。
金星シリーズは、面白かったけど火星シリーズほどのめり込めなかった記憶がある。
「石器時代から来た男」は面白かった思いがある。
同じような題材で映画が作られていたけど、この作品とは関係なかったよね???

今思えば、主人公が火星に行く方法も「うむむ」って感じだけど、下手な似非科学力で行くよりいいかも。
変な例えだけど、古き良き(アメリカの)時代の西部劇を連想させるヒーローって感じだけど(私には)、それがいい。
ただ一人の女性を守り抜く。愛しぬく。男達の友情。
いいじゃないかっ!(私も守られたいわっ!)



うーん・・・後は当初の思惑と違っちゃったけど一言コメントで・・・



続きを読む


posted by 葉山猫 at 19:33| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 本 活字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。