2006年10月20日

驕りは夢を裏切る・・・?

夢は時間を裏切らない
時間は夢を裏切らない


どっちもいいんではないの?



みみっちいなぁ

が正直な感想である。


以前、贋作・盗作画家についての記事でくだくだしく書いたが(あまりにくどいので自分の記事ながらリンクを張る気にもなれない_| ̄|○)、異なる所で育った異なる人間が同じ概念に行き着くことはありうる、と思っている。

松本零士さんについては今まで好きも嫌いもなかったが、好きな漫画家の新谷かおるさんが師事していた事があるらしいのでどちらかというと好意?を持っていた。

だけど、今回の出来事の感想は、がっかり、である。


このフレーズは松本零士さんのテーマ?であり、
「講演会等でもこのフレーズを常に引用して若者に伝えてきた、それほどの思い入れ?があるフレーズを無断で盗用した」
という様な意味合いの事を仰られていたが、
だったら、目的は達せられているのだから喜ぶ事はあっても激怒するってのはなんかおかしいような・・・

「目的を達せられている」と言うのは、
槙原さん側(事務所)は最初
「本人もどこかで聞いたフレーズを使ったかもしれない、と言っていた」
と答えてたらしいので、これが本当なれば、夢を持って進んで欲しいという、松本零士さんが若者に伝えようとしていた信念がいつのまにか広く伝わっている、って事じゃないの?
という意味である。
ましてや、人気のある歌手が人気のあるグループに歌詞を提供してさらに広めてくれるのだから、意図していた事は達せられているのだし、むしろ感謝してもいいのでは?
と思ってしまった。


謝罪だけ求めてるって言っているらしいから、謝り方?が気に喰わなかったみたいだけど。

「盗作だ!」って怒るのではなく、もっと大人らしく、いろいろな機会を捉えて(2006/10/22追加)、
「実は槙原さんの歌詞の〜の部分は、私が常日頃伝えようとしていた思いで随分前からいろいろな機会に言ってきた言葉なんですよ^^ 漫画の中のセリフで使ってますし」
とか言ったら、
「ほ〜〜!そうだったんですか!良い言葉ですよね!槙原さんもどこかでお聞きになって感得する部分があったんじゃないですか^^」
ってな流れになって、銀河鉄道999ファンも槙原ファンもケミストリファンも皆、にっこりする感じで松本霊士さんが普段から言わんとしていた想いが輪になって広がっていったんでないの?

槙原さんも上記の様な言い方をされたなら、
「松本先生の言葉だったんですか!これは失礼しました。納得する思いがあったので使わせていただきました。」
とかなんとか、頭を下げたのではないのだろうか?

松本霊士さんもこんな器の小さい様な事を言ってしまったら、次回から講演会等でこのフレーズを使うにも、なんかしら忸怩たる想いが付きまとうだろうし、聞いた側も苦笑いする人もいるかもしれない。

夢を持て!

という前向きな思いと裏腹のイメージである^^;

常日頃伝えようとしていた事柄と今回こだわっている部分のイメージとがギャップがありすぎて、どっちが一体大事(若者に伝えようとしている事柄とご自分のプライド)なの!?って言う苦々しい思いが拭えない^^;


「風が吹けば桶屋が儲かる」みたいな一見(一聞?)しただけでは、関連性が分からないけど、つながりを聞くと「おぉ!なるほど!」みたいなひねった言い方でなく、随分とシンプルなフレーズである。
気の利いた人ならば、誰かに言われなくともふと思いつくような概念とフレーズだけどねぇ・・・
まぁ、そういう事柄を平易な言葉でうまく言い表す事自体が中々思いつかないんだ!って言えるかも知れないけど・・・


でもだったら、
「銀河鉄道」自体が宮沢賢治さんの作品で有名である。
この名詞こそ、凡人では思いつかない言葉だけどねぇ・・・
仮に松本霊士さんの自分の中から沸き起こった単語だったとしても(そうでないと思っているが)、彼の今回の論法から言ったら・・・
彼も盗作である^^;
お互いさんである。
失笑されても文句は言えないような。

著作権とか知的財産権を軽んじる気は毛頭ないけど・・・



自分が自分なりに悟り?を開いた事柄も、うかつに言葉に出すこともできなくなるじゃん。


ラベル:ニュース
posted by 葉山猫 at 09:00| ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。