2006年10月23日

無知とは周りの責任か

大規模通信網を使用しての多人数遊戯の話である。
ゲー○も役に立つ!って話かな?^^
でもその内容についてじゃない。
それを遊んでいる時に「感じ入ってしまった」事柄についての話である。

私や本文中で言及する人が遊戯中使用している人物を特定されないように書けるかちょっとがんばってみる。
なので検索にも引っかからないように所々伏字でいく。
読みにくいと思うけど、ごめんなさい<(_ _)>

以下は随分前に私がしているオン○インゲー○中で経験した事である。


このゲー○では、遊ぶ為に自分の好きな人物(キャ○クタ)を作り上げ、好きな名前を付ける事ができる。
その名前に絡んだお話。

付けた名前によっては、呼びにくい(入力するのが面倒くさい)場合があるので、親しくなると略して呼ぶ(入力する)場合が多々ある。


それで・・・
ある時ある人が登場人物を作った。
その名前を略して呼ぶ人達が当然出てくるわけだが、その略し方が

ジャッ○

であった。

そう、あの、特に太平洋戦争前後に良く言われた日本人を蔑視した呼び方である。

○ャップである。

これを言わないとどうにもこの話が書けないので、でもうかつに書くと今のおかしな世の中、特定されていろいろ弊害が起こっても困るのでどうやって書こうか悩んでいたのですよ・・・・

名前を付けた当人は、このような呼び方略され方を予期して付けた訳ではないのだが、はからずもこうなってしまった。


で、私はそれが気になって気になって、とても抵抗があって、
折につけ、
「その呼び方はちょっと・・・」とか
「それは止めて〜」とか
言っていた訳だが(多人数がチャッ○に参加している為雰囲気を壊したくもなかったので上記表現にとどめた)、中々止めてくれないし、又なんで私が止めてと言っているのか分からない人もいるような感じもしたので、ある時思い切って言ってみた。


「それはね、日本人を蔑視した呼び方だから止めようよ」
と。
もっともゲー○のチャッ○システム上、限られたグループ内での発言だったが。


そうすると、大方の人間はその呼び方が何を意味しているのか知ってはいたが、
「今は外人さんもそのような意味を知らないで使っているっぽいし、深く考えないで使っているよ?そう言ってたし。俺達もそんな意味を考えないで使っているけど。」
という様な意味合いの事を言われた。
まったく蔑視の意味あいがある事を知らない人もいた。

ちなみにその時チャッ○していた年齢層は
高校生が一人。
大方20代前半。もしくは二十歳前後。
30代極めて少数・・・か?

私の意見に全面的に賛同してくれたのは30代の人だけ。

で、
「それはそうかも知れないけど、たったこの限られた人数の中でも意味を知っていて嫌だな、って感じる人間が少数でも居るんだから、ゲー○全体で考えたらもっとその比率は大きくなるし、現実世界へ行ったらもっとだよ?」
みたいな事を言ってみた。

すると、「なるほど。」
と言ってくれたのだけど、やはり身近(現実世界)にこういう話題が出ていないせいか、
「でも、そんな意味で使っている人は少ないからいいんじゃない?」
みたいな事を言われた。

んー・・・どう言おうか。

「私が一番怖いのはね、自分はそういう意味で使ってなくても、相手が実は本心では含みがあって使ってて、ところが言われた本人はそれが分からずにそう呼ばれてもへらへら笑って対応している光景が怖いのよ。だからせめて日本人である限り、意味は知っていて、不快になる人もいるから使わない方が良いと思うのよ」
と言い切ってみた。


すると・・・
太字の部分でやっと「なるほど!」って解ってもらえたみたい・・・
(不遜な言いかたかな?)


んで!
この時に、高校生の子が
「なんか感激した!こんな話聞いたことがなかった!知って良かった!」
って言ってくれたのですよ・・・
又こうも言っていた。
「こういう話(真面目な話っていう意味)って聞かないもん」


この時にね、
感激したって言ってくれた事も嬉しかったのだけど、

知らなかったのかー
まー、こういう話題は戦争の話とか、海外旅行とかに行って自分が嫌な目に会った事がなかったりすると話題にでないかー

とか思ったんですよ・・・

でも
今の家庭での会話ってどんなんなんだ?
とかもふと思った・・・
(この子の家庭っていう意味じゃなくてね。一般的な意味で。)


親が問題意識を持たないと子供には伝わらない。
親が自分の経験談を子供に伝えなければ、子供は限られた自分の世界(経験した事だけ)の価値観でしか判断ができなくなる。

ニュースを見て自分の感想を子供に言うでもなく独り言でもいいからつぶやいてみる、とか、
ドラマを見ていて、こんな事言わないよ〜〜、とか、こんな事言われたら私は嫌だな!、と突っ込んでみる、とか、
お母さん(お父さん)の子供時代に、こんな事あったわね〜、とか。

会話があれば、その中で真面目な?話もでるような気がするんだけど・・・
いじめとか自殺に関しても・・・
「やーね。」とか「お前はそんな事してないでしょうね(そんな事考えてないでしょうね)」って一言だけで終わらせるのではなく。
学校の授業で聞くのとは違って、心に残ると思うんだけど・・・
積み重ねも必要だし・・・
結局親子間、もしくは周りの大人の会話の問題か。



無知は罪でない。
無知でい続ける事が罪である。

とか昔の偉い人が言ったとか言わなかったとか。
(出典が不明なのでお詫びもお断りもできません。調べる気もなし。悪しからず。)


上記高校生の例でも分かったんだけど、言えば理解できるのよ。
機会がないだけ、なんじゃないかと・・・
だから、雰囲気壊すかも、って思ったり、うざいと思われるかな?って思っても、自己保身をはからずに勇気を振り絞って言ってみるべきだ。
と感じ入った出来事でした。




続きを読む


posted by 葉山猫 at 05:39| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。