2006年11月28日

盲目剣谺返し

随分と更新の間が開いてしまった・・・


タイトルは

武士の一分


の原題(原作)である。


藤沢周平著 隠し剣秋風抄 



に収録されている。


ふーむ。この話だったか^^



TVのCM等で見たときに、

「あ〜キムタクかぁ・・・」
「む〜。刀の刃がたってないじゃん・・・」 ← 分かってないのにいっちょ前^^;

素人で野次馬であるからして、CMで顔を近づけるだけなのだから、ここは思い切って真剣にしてくれれば・・・・とか、勝手な突っ込みを入れていた。
(本当は真剣だったらどうしよう・・・あはは^^;


しかし・・・
ちらっとメイキングを見てたが、奥さん役かわいいし、お国言葉もほどほどにいいし(私は北国の本当のお国言葉は知りません・・・)、これ、上手に作ってくれたらいい映画かも!と、読み直しつつ思った。


ただ、ひとつの希望(お願い?^^;)が・・・

例のあれがこうなってこうなった後、つまりお話も終盤になった時、例のあの人の○は映してくれるな、と。
最後の最後で、ネタばれさせて、つまり原作とほぼ同じような終わり方にしてくれ、と、
切に切に思う。


前にも書いたが、視聴者に想像させてくれ、推測させる余韻を残してくれ、とお願いしたい。(って、もう撮影終わってるけど)
原作では割とあっけなくネタ晴らししているけど、良い読後感が残るからね^^
この秘剣シリーズ?は、無常な終わり方をするお話が結構あるから・・・


小説では登場人物の心の内が語られるけど、映画では当然「心の声」をナレーション?で入れない限り、視聴者には分からない。
うまくひっぱって、最後に「おぉ!(にっこり)」とさせてくれた瞬間に映画が終わってくれると嬉しいなぁ。

「心の声」を演技と演出で見たいのである。


常々思っているんだけど、小説だったら地の文で状況説明から登場人物が何を思ったのか、主人公から悪役まで全部事細かに表わせる。
そこが作者の腕の見せ所でもあるんだろうけど、映像化された場合、思考や状況説明を実際の音声(ナレーション)で表現している映画もあるけど、大体は役のセリフや何らかの演技で表わすよね。

思考や感情をセリフでなくて演技で見たいんだけどなぁ・・・


随分ほんとに昔に見たTVドラマで未だに思い出すシーンがある。

ちょっと長くなるけど・・・
松坂慶子と男性(名前忘れたーー!悪役でよく出る人)のサスペンス?ドラマ。
女(松坂慶子)が落とした?手帳をトラック運転手の男が拾い、それで女に連絡をとった事から、男と女の付き合いが始まる。
途中、男と女の他愛のない恋愛模様が描かれる。
後ろ暗い?男も真面目に女に惹かれ、女の方も真剣に愛しているように見えた時、その手帳?が殺人事件だかなんだかのキーになる。
警察は男が犯人だと目星をつけてなんとか逮捕しようとするけど、決め手も証拠もない。
で、女が男を指したという嘘を男に告げる。
男は無実なのに、それを信じて自暴自棄になり嘘の自白をする。
そして・・・
警察署内で偶然に(^^;)すれ違う二人。
女は、「あんたぁ、あんたぁ」と叫び、男は裏切られた(と信じている)女に「けっ」って感じだけど、女が「私は言ってない」とかなんとか、もしくは女の言動で、女が自分を陥れてないって確信した時の男役の俳優さんの演技がっ!

すごかった・・・

いやー・・・
もう、「はっ!」と悟った時の顔・・・
身体・・・

役者を初めてすごいと思った時でした・・・^^;

それからこの男優さんを注目してたんだけど、なんつーか・・・
あんまし面白くないね^^;
脚本か演出が悪いのか、お話自体が「けっ」のせいなのか、残念である。
あんな、ほけ〜とTV画面を見ていた人間がはっと目が覚めるような演技ができる役者さんなのに・・・
まー、もともとあまり日本のドラマは見ないのだが。



えー・・・
閑話休題。

前から言っている映像化したいほど(視聴率が稼げるかも、お金が儲かるかも)の原作ならば、その原作の良さを台無しにするな、と言いたいだけである。

原作を良く表わしているのなら、多少エピソードを割愛したり、2つ以上のエピソードをくっつけても、もっと極端に言えば、登場人物を増やしても減らしてもいいと思う。

何時間もかけて読むものを2時間前後に集約するんだもん。
多少の変更は仕方がないと思う。
作者が何日間もかけて(もしかしたら何年間も)書き上げたお話をちょちょっと編集して欲しくない。
それなりの尊敬と手間と頭を振り絞って脚本を書いて欲しい。

集約と手抜きとは違うと思うよ〜
後、中途半端さね。


原作を映像化するって二通りあると思うんだ。

1.原作の雰囲気を損なわずに映像化する。
2.原作の舞台設定や登場人物、話の流れは借りてはいるが、物語の主眼を全然違うものにして描く。

2.に関しては、例えば「女達の忠臣蔵」とか? (私は見てないし、原作読んでない^^;題名から思いついた^^;


忠臣蔵は、TVでも映画でも良く映像化されているけど、男達の具体的な行動を表に出さずに、もし、女達(女房や許婚、恋人?)だけの見聞きした中だけで忠臣蔵の最後まで持って行ければ、そして、もちろん忠臣蔵の起承転結もそれでちゃんと分かる様に描いてくれてるのなら、拍手喝さいしたいと思う。
(ちなみに私はいつからか知らないけど、吉良擁護派なので忠臣蔵は見ない^^; ついでに言えば、イス○エルとア○ブなら、断然ア○ブ擁護派。だけどテロは擁護しないよぉ〜)


脱線しまくりの記事になっちゃったけど^^;、
なにはともあれ、ちょっと楽しみな映画ができた♪







ラベル: 映画
posted by 葉山猫 at 01:31| ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 本 活字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。