2007年01月29日

崖っぷち犬

書きたいな、と思う事はパラパラとあるのだけど、頭の中でまとめている内に飛躍し拡大し収拾がつかなくなっている今日この頃です。


ニュースで崖っぷち犬の引き取り騒動を見た。

他にも引き取り手を捜す動物がいるらしく?、
400人集まり、
崖っぷち犬に応募したのは、11組だそうだ。


思ったより少ない気もする。
見た目が大きいのと臆病すぎる点が大衆受けしなかったか?

余談だが崖っぷち犬が救助された後に、15匹もの子犬があの崖に捨てられてたそうだ。


こういう騒動を見る度に複雑な気がする・・・


139/7700 (徳島)


この数字、去年1年間で保護(委託)された犬(猫もか?)の数字と、新しい飼い主に貰われていった数字だそうだ。
つまり7500匹以上が殺処分されたわけだ。

徳島に限らず、他府県でも同じようなものだろう。

以前廃業したテーマパークで保護された虐待されてた犬の飼い主探しにも膨大な人達が応募してきてたね。

そして、飼い主条項に合致せずに撥ねられた人達が憤慨している場面が映っていた。

その条項も納得できるような納得できないような?な条件だったが・・・


しかし、それよりも私は問いたい。


今回の崖っぷち犬もそうだが、今までTVで報道され話題になった犬・猫の引き取り手になりそこなった人達・・・
あなた方は、抽選に外れた後、同じような境遇の犬・猫を引き取ったのだろうか?

お住まいの最寄の保健所にいっぱいいる最大1週間しか余命がない犬・猫から、1匹でも命を救ってあげたのだろうか?


TVを見て飼う気になった事情はいろいろあるだろう。
普段から飼いたいなぁ、とは思っていても、踏ん切りがつかなかった、とか、ショップで高い金払うほどの気はない、とか。
又、保健所で貰ってくるのは、命を選ぶようで嫌だ、とか思う方もいるだろう。

踏ん切りがつかなかった人達が、たまたま近場でこういう(子)犬がいる、(子)猫がいる、で貰ってくれるのは、あり!だと思う。
それはご縁だし、近場にいたことが踏ん切りをつけさせるきっかけになったのだから。
私自身の家でも貰い手を捜したことがあるから、貰ってくださる方には感謝をささげたい。

だけど、TVで報道された犬・猫に他府県から足代、ガソリン代をかけてまで応募しに行くってのは、なんか理解ができない。

かといって、「誰か貰ってくれるだろう」でスルーして、結局貰い手がいませんでした、ってのも困るけど。

私だったら電話して「もし貰い手が一人もいなかったら、私が責任持って飼います。連絡してください」というのがせいぜいだろう。
というか、TVに出ただけの犬・猫をもらおうとは思わないが。


たまたま木から下りれませんでした、崖から降りれませんでした、酷い人間に虐待されてました、って犬や猫はTVで報道されなかったら、結局保健所行きだったんだよね。
いや逆だね。
保健所にいる犬・猫全てがそういうストーリーを持っているんだよね。
TVで報道されたかどうかって違いだけだよ。


抽選しに行った人達が、他の犬・猫をちゃんと貰って帰っていったのならば、謝ります。
だけど・・・
テーマパーク事件の時にも思ったけど、飼い主条項に撥ねられましたって憤慨していた人達・・・そうは思えなかった。

わざわざ高い足代かけて他府県まで行くのなら、最寄の保健所をのぞけばいい。
人懐っこい犬達がいっぱい寄って来るだろう。
もしくは、恐怖に怯えて、人間不信になって隅で震えているのもいるだろう。
そこから選べばいい。

冷たいようだけど、命を選ぶことになるけど、それもその子らの運命だ。

そんな事言うと、TVで報道されたのもその子の運命だって言われそうだけど、私が言いたいのは、報道された犬・猫「だけ」に群がる人間達に欺瞞を感じるだけだ。

子や孫達にせがまれたのならば、
「あのワンちゃんは貰ってくれる人達がいっぱいいるって。だから、私達は他の所から貰いましょう」って言って、保健所でも、タウン誌でもいいから、里親探しますコーナーを見ればいい。

保健所なんか行けば、純血種もただで?手に入るかもしれない。(いぢわるな気持ち)

何度も言うけど、”普段動物が好きだけど飼う気はなかった、だけど、近場でもしくは知り合いから、里親を探している、○○さんどう?”
って聞かれてその気になった、って言うのはいい。
ありがたいと思う。
ご縁があったのだと思う。

だけど、TV報道を見ただけで”頼まれてもいない”のに、遠い場所に居住しているのに”自分から行動を起こす”人達には、何か割り切れない気持ちが残る。
かわいそう、って思ったのならば、これも何度も言うが、最寄の保健所をのぞけ。

なんにせよ、命を安易に手放す人間がいけないのだが。




うちでも大分以前に里親を探した時に、タウン誌に母が母猫と仔猫達の物語を書いた。(母は文章を書くのが好き)
つまり、自分(私の母)が下半身不随になった時に迷い込んできた来た母猫だ、云々、母猫が交通事故にあって死んでしまった云々。(全部事実)
ダントツの応募数だったそうだ。


保健所の皆さん。
保護した犬・猫のストーリーを書いて、区役所・市役所の広報に載せなさい。
多少の誇張やドラマチックな演出も許す。
きっと貰い手状況は改善されると思うよ。





続きを読む
posted by 葉山猫 at 13:38| ☔| Comment(3) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

呼吸困難 by 風邪 and 台風

お見舞いのコメントありがとうございました<(_ _)>
大分良くなりましたです。

まだ喉が痛いですが・・・
以前風邪を引き、喉が腫れ鼻水ズビズバだったある時、台風がやってきて、生まれて初めて呼吸困難、というものを経験致しましたです・・・

たまたま部屋に遊びにきていて寝ていた相方を蹴り上げ(嘘です)、救急車を呼ばせ一息ついた記憶がございますです。
アレルギー性喘息持ちなのですが、お医者さん曰く、喘息持ちの人は気圧が下がる時(台風とか)は要注意!だそうです(´・ω・`)
酸素マスクをあてがわれ、上体を起こした状態で一晩点滴を受けましたですねー
(私がベッドに運び込まれてすぐに、若いお嬢さんが私と同じように運ばれてきて同じ体勢になってました^^;顔を見合わせて苦笑した思い出がある^^;)
相方は一晩中ベッドのそばにいてくれました・・・ありがとうねーー!


いやー・・普段いつ死んでもいいや、と思っているのですが、あの、呼吸ができない、っていう状態は嫌ですねー
こんなので死んだら無駄死にじゃない!って感じがもー・・・
できれば、どなたかの身代わりか、何か役に立つ感じで命を失いたいですね。

それはともかく、
呼吸困難になった時、一番びっくりしたのは、世界が遠のくのですよ。
と言うか、周りと自分の間に1枚分厚いゴムの膜の様なものがあり、身体全体がそれで包まれたような感じになりましたですね。

そして視野が極端に狭くなる。
大きな筒を顔にあてがわれ、その筒を通して外界を見てるって感じ?
喉はふさがってるから、当然普段のように声が出ない、しゃべれない。
相方に「きゅっきゅーしゃ」って言うのが精一杯でしたよ。

手を振り回しても地団駄踏んでも?、どうにも改善されないこの状況・・・
いやー驚いた、びっくりした、んー・・・怖くもあったかな?

自分では分かりませんでしたが、救急隊員が「チアノーゼ起こしている」って言っていたのだけ覚えてますねー。
これって、唇とか青くなっているって事かな???

今から思えば、風邪引いて何日目かで、喉が痛いなーふさがってるなー鼻で呼吸できんー、あーつら(い)。
とか思っているうちに、どんどん呼吸がしにくくなってきて、それでも風邪のせいだと思い、でも鼻をかんでもどうにもならず、そのうちどんどん世界が狭まってきて、「あ?」と思った時は、ゴム膜に包まれてました^^;
この間は短かったですねぃ。

今回も気持ちそうなりそうだった瞬間があったのですが、その時思った事。
「あ、これ?やばい?」って思って、「呼吸ができない」って事に集中すると余計いけないみたい。

頭がかーっとなって、さらにパニックを助長させるような気がしたですね。

で、
「今回は大丈夫大丈夫、雨が降っているけど台風じゃないし、そんな事思うとパニック起こして尚更呼吸しづらくなる」、って思い、布団の上に正座して(本当は胡坐^^;)鼻を強くかまないようにして、意識を呼吸じゃない事に振って、何秒もしないうちに脳内の危機は回避しました^^;

今から思い起こせば、救急車騒ぎの時も、
「あ、息ができない息ができない!どうして?どうして!息ができないっ!」
って思っていった様な気がしますです。
自分でパニックを助長させていた部分があるようですねー
(パニックを起こすと尚更呼吸しづらくなるんではないかしら??)

かといって、手遅れになってもねぇー


ふと思うのは、首を絞められたり水中に沈んだり、物を喉に詰めたりした時は、その間意識があるわけだから、随分と恐ろしい思いをするんだな、と。
いじめで体育のマットレスに包まれて命をなくした生徒さんが昔いたけど、随分と苦しんだのでは、と想像できます。
亡くなったお子さんの親御さんを(思い出させて)苦しめる意図はないけど、暴力で命を奪った人間には、同じ思いをさせるべし、と思ってしまうわけですよ・・・

と・・・
お礼の記事のつもりが、最後が殺伐とした文に・・・^^;

あー。お医者さんに言われた、台風の時に喘息持ちが気をつける事、っていうのを忘れているわ・・・ほほほ^^;
posted by 葉山猫 at 15:58| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

風邪

4日前から風邪再び。

38度1分。


ティッシュボックス3箱空。

しかし、「今日休ませてください」と連絡しないで良いというのは、なんという幸せか。
心おきなく寝てやる!

いや、大分良くなってきてるんですけどね^^
posted by 葉山猫 at 11:21| ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

本末転倒???

うー・・・
濃い〜ぃ鼻水に悩まされ風邪でぬぼーっとしてました。


では。
年末に騒がれていたニュースについて、遅い記事だけど。


税調会長が愛人と官舎に住んでいた、という件だ。

これ・・・
私結構きっかけとなった番組の特集から見ていたつもりでいるんだけど、どんどんニュースが加熱してきて退陣まで行くのを聞いていながら、
何か違う、なんか違うんでないの〜?
と実は思っていた・・・・


報道内容から私が感じた、「ニュース上問題とされた優先順位」を上げてみる。

1.公舎に「愛人」と入居していた。
2.公舎に入居する資格があったのか。
3、4が無くて
5.支給されている経費は正常なものだったのか。(使途を含む)
以下、風の噂レベルで
・愛人がいた
・公舎の施設及び家賃等の問題


ダブっているみたいに見えるかも知れないけど、「問題」にされていた重要度って意味合いのつもり。


でもさ、そもそも、この退陣劇までいった件のきっかけは、私の記憶では、

公の組織が国民から集めた金、及び国庫からの援助金で、「身内(組織内勤務者)が居住する」住宅を膨大な数、建設・保持している事を報道するニュースからではなかったのか?
おまけにハイレベルな住環境を格安で。


最初にきっかけとなった(と私が思っている)番組で報道した内容によると、
つい最近完成した、都内の超お洒落で交通の便の良い、駅から歩いて5分の新ぴかぴかーんの

マンション92平米

77000円

ですぜ???


こちとら、30.1平米で、82000円ですぜ???
おまけに築年数→年号が跨っているからすぐに計算できないけど軽く20年は越しているマンション、ですぜ?
お風呂はリフォームで最新兵器にしてくれてたからOKだけど、洗面所でお湯出ませんぜ?
飲み屋と交通の便が良い!という点で妥協して決めたマンションですが^^;

駐車場借りようとしたら、3万近くいきますぜ?
上記公舎マンションの駐車場は・・・確か何千円、という単位でなかったかしら???


あぁ・・・再燃する怒りの炎・・・


で。
この報道の流れを見ていて、「あれ?」と思ったわけです。
最初は、住宅公団だったか? そこに勤めている人間が、
こんな大層なマンションにこんな破格の家賃で住める。他の無駄になっている建造物(集合住宅、保養施設、その他諸々)を壊すだの、売るだの言っているのに、それもままで維持費が何兆円だか何十億円だかになっているのに、その一方で一般人に売るマンションより自分達が住むマンションの方が、駅に近く便利で格安家賃ってどうよっ!

って報道だったのに、同じマンションではなくとも同じように
公の組織に所属している人間が住む破格の超高級マンションに「こういう奴」が住んでいる!どうよ!

って報道になってきて、やれ、愛人がいる、愛人と一緒に住んでいる、月に3回しか会議?がないのに公舎に入った方が安上がり(そりゃそうだ)で勧められて入居したらしいだの、件の人物が槍玉に上がって退陣させられた、としか私には思えないのですよ・・・

もちろん、件の人物に罪がないとは思っていない。

だけど、冷静に考えてみて、いったいどこがこんなに大騒ぎになったのか今一ピンと来ない。
いや、私がピンと来ているのは、結局愛人がいようが何しようが、「超高級マンション」に住んでいやがるヽ(`Д´)ノ、ってのが問題なのじゃないの?って事。
だのに、その大元の「身内だけが超高級マンションに格安家賃」と言う点が、途中からぼやけてしまったように思えるんだけど・・・


だってさ・・・
1.糟糠の妻(夫)を捨てて、若く美しい愛人と第二の人生
2.家庭を顧みず、自分の仕事場に近いところに住居を構え、勝手気ままに暮らして家庭には帰らない
3.普通のサラリーマン、サラリーウーマンが絶対恩恵に与かれない超破格の家賃で交通至便の超高級マンションに住める


この3つのうちでどれが一番「悔しい」?
うらやましい、でなく、「悔しい」ね?

まー男性と女性で違ったり、年齢や自分の財産状態で違うんだろうけど、私としてはダントツに3.が悔しい!と思えるんだけど・・・


 
1.の
糟糠の妻を捨てて、若く美しい愛人と第二の人生
 って、よくある話じゃないの?
 愛人とか恋人、とか体の関係だけの女性とのお付き合いって、功なり名を遂げて、ある程度収入がある男性だったら、結構やっているのじゃないかしら?

 愛人が居る事がわかっただけだったら、ここまで叩かれるかな・・・
 うーん・・・指3本で辞めさせられた大臣とかいるから、叩かれるかな・・・
 だけど、あれも月30万とかのみみっちい話だったから、という印象が私にはあるなぁ・・・
 結局、愛人がいても、話の仕方、内容、会見の仕方によっては、許される場合があると思う。
 (許すって、天下御免になるっていうのじゃなくて、致命傷にならずに済むってレベルね)
 T氏だって、赤ちゃんプレイしてたって週刊文春で散々書かれて一旦は退いたけど、今はなんつー事もないような顔して、タイゾーちゃんと行動してるもんねー。
 
2.の
家庭を顧みず、自分の仕事場に近いところに住居を構え、勝手気ままに暮らして家庭には帰らない
 って、いう話もよく聞くよねぇ・・・
 一人の家庭人としての男の評価はともかくとして、企業戦士とか仕事場での評価は高いんじゃないのかねぇ。

 こういう人がえてして、1.の愛人作っちゃたりするのかも知れないけど、本当に仕事が忙しくてそれどころじゃない人は、家庭も壊れ子供にもそっぽ向かれて、熟年離婚の代表選手になりそうだし、うらやましいとも悔しいとも思えないなぁ、私には。

  
3.の
一般人が絶対恩恵に与かれない超破格の家賃で超高級マンションに住める

これは・・・
1.と2.が、特殊な人を対象にしているのに対して、我々でも手が届くはずの話よね?
つまり、その組織に属していたら、自分も恩恵に与かれた、って事。

1.は、いくら金持っていても相手がいる話だから、う〜〜〜んと金弾んで金目当ての女性(男性)をゲットする以外は、本人の問題もあるわよねー(容姿とか性格とか)
2.は、それだけ自分が会社(組織)に必要とされているか、又自分がそこまで仕事に打ち込みたいのかって話が出てくるから、これまた優秀な人にしか関係のない話のような・・・

そこへ来ると、3.は、
組織によっては入社する時に狭き門かもしれない、という話はあるけど、警察官舎も同じように安いからね? (警察官を軽く見ている訳ではありません。だけど上記の2つに比べてだったら現実味があるって事)
知り合いの話では、3LDKで33000円だったかな?
車庫代は、7000円か3000円だったねー
横浜至近で。

JRAもそうだし。

家族4人暮らしでサラリーマンの平均賃貸料10万円?12万円??
毎月5万〜10万節約できるとして、定年まで居れたらいくらになる?
(居住年限に制約があるって話も聞いたことがあるけど、例え5年でも大きいし、どうせ抜け道があるんでしょー)


そう考えると、国家公務員試験の1級に受かってないと、とかの話じゃないから、自分達もその気になっていたら恩恵に与かれた、って思えない?
つまり入社できたって話。
まぁ「お前達はその先見の明がなかったんだよ」っていう声が聞こえてきそうだけど。

でも、そもそも一般国民にサービスする側の人間が、一般国民の金でサービスを享受しているってのが、どうも悔しくてならない

警察官、消防士、自衛官とかは、命を張ってくれる(はずの)職業だから、ある程度職場に近い環境で、かつ仕事以外に憂いなく働いていただきたいから、ある程度の便宜は図っても良いとは思うけど。




これも時代小説読んでいるから言うわけじゃないけど、昔からの弊害というか慣習が残っているんだねぇ・・・

昔は、将軍、もしくは殿様に仕える人たちは、お長屋と呼ばれる官舎をあてがわれていたらしい。
大名達も、将軍から府内(今の都内かなぁ)に上屋敷、中屋敷、下屋敷とか賜っているし、我々に聞き馴染みのある町奉行も役宅と呼ばれる官舎を賜るし。
(旗本、御家人も身分に応じた屋敷を賜っている(借りている)。自分名義の家や土地ではないのだ)
もちろん、その身分を失ったり、役替えされたらその屋敷は返さなくてはならないけど。

浪人が国(藩)を出て江戸や賑やかな所に出てくるってのは、浪人になった時点で、殿様(大名・旗本。御家人も??)や将軍から割り当てられていた屋敷、つまり官舎を出なくてはならないからなのよ。(強制的に退去させられるし)
住む家が無くなって収入が無くなったら、仕事の口がありそうな所へ出て行くわよねぇ。


これが今の時代にも連綿と受け継がれていると思えない?


昔の浪人じゃない侍ってのは、今で言う国家公務員、地方公務員だから、公務員には公舎・官舎って感じよねー
将軍お声掛かり医療施設や牢屋(刑務所)に勤める人間もお屋敷賜って(借りて)いるし。


昔みたいに身分制度厳しい封建社会だったら、↑のような体制も必要だったかも知れないけど、現代は能力主義、民主主義、公務員は「公僕」って言う位なのにさー


もちろん、災害、大事故、緊急事態があった時に、音頭取る人間が遠くに住んでいて、情報の中心部にすぐ到達できないってのは論外だし、力仕事する人間もやはり現場に急行できなくてはお話にならないから、地域の住宅事情によっては、便利な場所に「払える」額で官舎・公舎を提供するってのはあり、だと思うよ?

だけど、先に書いた92平米77000円てのはさー・・・
私の知り合いの、3LDK33000円てのはさー・・・

番組内でその土地の不動産屋さんに聞いてたけど、その地域でそのレベルのマンションだったら、家賃50万は取れるって言ってたよ?
一般に貸せば家賃50万取れるところを、無駄な公舎があるって叩かれている組織の人間が居住するのに、77000円しか取ってないんだよ??(部屋や家賃にもランクがあるらしいが)


何故、一般庶民が住んでいる平均的間取りの住居を建てない?
何故、一般国民の平均支払い家賃をバカにしたような家賃設定にする?


私の知り合いなんて、30代で風光明媚な田舎に老後のための土地買ったってさー
今は家建てて、人に貸してるってさー
まーこの知り合いは、一般国民の役に立っている職だから、まーいいっちゃいいけど・・・
でも中には、女性の尻触って逮捕される本来逮捕する側の人間もいるしねー


どうしても住居費を安くするってのなら、その家賃に比例した給与にしなさいよっ!

金のある所にはドンドン金が集まってくるけど、金のないところはドンドン金が出て行くばっかりだわ。


という事で、
今回の一連の報道の流れを見ていて一番ほっと胸をなでおろしているのは、一番最初に贅沢な公舎の例として上げられていた組織(住宅公団だったと思う)の人間じゃないの?
又、本間氏(今回の報道で辞任した大学教授)が入居していた住宅を維持・運営している組織じゃないの?

いつ本間氏が居住している住宅についての問題が独立して(というか私には言わせれば本道に戻って)クローズアップされるか、とワクワクしていたら、彼の辞任で終息してしまったではないの。


だから、
報道を見ていて、
「何か違う」
「そうじゃないだろ」
「そんなおっさんの辞任なんてどうでもいいのよ。というか、そもそも仕事が出来るって選んだ人間だったら、扱う問題は”税”で下半身とは別問題なんだから、格安超高級マンションさえ出れば、愛人いようが何しようが、仕事やらせろよっ!充分人間としての株は下がったわ!後は奥さんと子供達にこってり絞られれば個人の問題よ!」
と思っていたのよね。
愛人問題よりも、その人の知識と技量で税問題が良くなる方が、私には重要事項だと思ったのよねー・・・
もちろん、愛人とくっつくなり、奥さんに詫び入れるなり身辺整理はきっちりしていただいて。


まー本間氏が税を扱うのに適正な技量を持っていないんだったら、”首!”で結構だけれども。
(奥さんの味方をするとすれば私としては、税調会長をそのままやらせた方が、愛人と別れざる(別居だけかもしれないが)をえなくなっただろうし、奥さんの立場としては「ざまーご覧遊ばせ!」だったと思うんだけど。ふふふ)


っとまぁ、最後の〆があれで尚且つ時期遅れの意見でしたが言いたくて言いたくてしょうがなかった話です<(_ _)>


追伸:
公舎と官舎の違いが良く分かりません・・・
posted by 葉山猫 at 00:13| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

マンホール紀行

相方の実家へ初めて泊りがけで行って参りました。

結構ドキドキでした・・・
(相方からは、「お前完全に馴染んでるな・・・」と言われましたが・・・)
あぁ、こうやって人の嫁になっていくのね・・・
皆さん、良い方ばかりでとっても良かったです。
特に姪っ子達が、とてもかわいく、素直で、今時こんなに良い意味での子供らしい子供にあった事はない!
黒い瞳がきらきらしてとても清清しい♪
お父さん、お母さんの育て方がいいんですねー。
これからも末永くよろしくお願い致します<(_ _)>
(完璧な私信)



で・・・
その姪っ子達とわいわい言いながら、散歩(本当は「私の」酒を買いに行ってた。 ぉぃ)していた所、「お!」という物をハッケン!

070101_1521~01.jpg

消火栓のマンホールだった。
洒落てるなぁー!

私が以前住んでいた近辺には、河馬のマンホールがあった。
うーん。それも今度写真に撮ってこよう♪

以下、姪っ子達が探してくれたマンホールです。

070101_1557~01.jpg070102_1450~01.jpg070101_1526~01.jpg

おまけ。
070102_1503~02.jpg070102_1458~01.jpg


帰って来た時、
「どこ行ってたのー!心配したのよー」
とお母さん(お姑さん)を心配させてしまった^^;
(私は地理を知らないので姪っ子達は私の道案内をしてくれてた)
1時間以上、うろうろしていた事に気が付かなかった^^;
失敗、失敗。  たっはっはっは


posted by 葉山猫 at 10:40| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 食 飲 旅 乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します。
posted by 葉山猫 at 10:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。