2007年01月24日

呼吸困難 by 風邪 and 台風

お見舞いのコメントありがとうございました<(_ _)>
大分良くなりましたです。

まだ喉が痛いですが・・・
以前風邪を引き、喉が腫れ鼻水ズビズバだったある時、台風がやってきて、生まれて初めて呼吸困難、というものを経験致しましたです・・・

たまたま部屋に遊びにきていて寝ていた相方を蹴り上げ(嘘です)、救急車を呼ばせ一息ついた記憶がございますです。
アレルギー性喘息持ちなのですが、お医者さん曰く、喘息持ちの人は気圧が下がる時(台風とか)は要注意!だそうです(´・ω・`)
酸素マスクをあてがわれ、上体を起こした状態で一晩点滴を受けましたですねー
(私がベッドに運び込まれてすぐに、若いお嬢さんが私と同じように運ばれてきて同じ体勢になってました^^;顔を見合わせて苦笑した思い出がある^^;)
相方は一晩中ベッドのそばにいてくれました・・・ありがとうねーー!


いやー・・普段いつ死んでもいいや、と思っているのですが、あの、呼吸ができない、っていう状態は嫌ですねー
こんなので死んだら無駄死にじゃない!って感じがもー・・・
できれば、どなたかの身代わりか、何か役に立つ感じで命を失いたいですね。

それはともかく、
呼吸困難になった時、一番びっくりしたのは、世界が遠のくのですよ。
と言うか、周りと自分の間に1枚分厚いゴムの膜の様なものがあり、身体全体がそれで包まれたような感じになりましたですね。

そして視野が極端に狭くなる。
大きな筒を顔にあてがわれ、その筒を通して外界を見てるって感じ?
喉はふさがってるから、当然普段のように声が出ない、しゃべれない。
相方に「きゅっきゅーしゃ」って言うのが精一杯でしたよ。

手を振り回しても地団駄踏んでも?、どうにも改善されないこの状況・・・
いやー驚いた、びっくりした、んー・・・怖くもあったかな?

自分では分かりませんでしたが、救急隊員が「チアノーゼ起こしている」って言っていたのだけ覚えてますねー。
これって、唇とか青くなっているって事かな???

今から思えば、風邪引いて何日目かで、喉が痛いなーふさがってるなー鼻で呼吸できんー、あーつら(い)。
とか思っているうちに、どんどん呼吸がしにくくなってきて、それでも風邪のせいだと思い、でも鼻をかんでもどうにもならず、そのうちどんどん世界が狭まってきて、「あ?」と思った時は、ゴム膜に包まれてました^^;
この間は短かったですねぃ。

今回も気持ちそうなりそうだった瞬間があったのですが、その時思った事。
「あ、これ?やばい?」って思って、「呼吸ができない」って事に集中すると余計いけないみたい。

頭がかーっとなって、さらにパニックを助長させるような気がしたですね。

で、
「今回は大丈夫大丈夫、雨が降っているけど台風じゃないし、そんな事思うとパニック起こして尚更呼吸しづらくなる」、って思い、布団の上に正座して(本当は胡坐^^;)鼻を強くかまないようにして、意識を呼吸じゃない事に振って、何秒もしないうちに脳内の危機は回避しました^^;

今から思い起こせば、救急車騒ぎの時も、
「あ、息ができない息ができない!どうして?どうして!息ができないっ!」
って思っていった様な気がしますです。
自分でパニックを助長させていた部分があるようですねー
(パニックを起こすと尚更呼吸しづらくなるんではないかしら??)

かといって、手遅れになってもねぇー


ふと思うのは、首を絞められたり水中に沈んだり、物を喉に詰めたりした時は、その間意識があるわけだから、随分と恐ろしい思いをするんだな、と。
いじめで体育のマットレスに包まれて命をなくした生徒さんが昔いたけど、随分と苦しんだのでは、と想像できます。
亡くなったお子さんの親御さんを(思い出させて)苦しめる意図はないけど、暴力で命を奪った人間には、同じ思いをさせるべし、と思ってしまうわけですよ・・・

と・・・
お礼の記事のつもりが、最後が殺伐とした文に・・・^^;

あー。お医者さんに言われた、台風の時に喘息持ちが気をつける事、っていうのを忘れているわ・・・ほほほ^^;


posted by 葉山猫 at 15:58| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。