2007年04月24日

日本での医師免許?

毎度毎度テレビからのネタで申し訳ない<(_ _)>
(毎日出社する仕事を辞めてから、まったく人と口をきかない生活^^;)


今朝のスーパーモーニングでやっていた内容なのだが。
(この番組自体にもリニューアルしてから言いたい事がいっぱいあるが・・・)

多摩センター動物病院  ← 被害者の会のHP

多摩センター 動物病院  - 事件のまとめ -

「多摩センター動物訴訟」報告ブログ



この病院、以前にもテレビの報道で見た。
(多分去年位だと思う)


本日の番組内容曰く
・預けた「黒い」モルモットが返されたら、「白い」モルモットになってきた。
 皮膚病で毛を全部刈上げられ、軟膏が塗ってあった。
 医師の説明では、「色が変わることは良くあること」。
 その後他の病院で調べてもらったら、皮膚には何の病気もなかった。
・一匹のリスを預けたら、まったく違うリスが返された。
 (色合いも顔も違う、一番の違いは赤ちゃんリスになっていた。ぉぃぉぃ)
 最初はすぐに退院できそうな事を言っていたのに、返されるまで延ばしに延ばされたあげく、の話。
 返されたリスを見ると手術の跡もなく、それを指摘したら、ちょっと調べるので待っててくださいと奥に引っ込み、短時間で戻ってきたら足の付け根から脇腹まで大きな手術跡がついていた。他の病院でそのリスを見せたらどこにも悪い所はなかった。(翌日この赤ちゃんリスはこの手術のせいで亡くなった)
・飼い犬を検査入院をさせたら死んでしまった。
 気管から固く押しつぶされたビニールのチューブが出てきたが、他の病院の医師曰く、「人間の手で押し込まない限りこんなもの気管に入らない」
・胃から出てきた、と言って「真っ白な」軍手を見せた。
 さらに後で分かったが、胃の切り口は2cm!でそのキズは縫ってあったが、胃の上にある腹膜は縫ってなかった。

他にもたくさんあったが、書ききれない・・・


どうして開業が許されるんだろう・・・?

この医師、東大出身らしい・・・
が、上記「事件のまとめ」サイトの判決文を読むとアメリカで修行して?、アメリカでは医師免許無くとも診察・治療行為ができる、とか書いてあって、「え?それはそうとして日本での資格は??」という所が???である。
(全判決文136頁あるのでまだ全部読んでない)
どちらにしても、アメリカでの経歴も嘘っぽいのであるが・・・

アメリカ(海外で?)で車の免許を取ると、日本でもその免許を流用?(振替取得??)できて日本国内でも車を運転しても罪に問われない、という事を昔聞いたことがあるが、それと同じようなものか??
わからん・・・
人間の医者は、海外で資格を取っても日本国内の医師試験に受からないと免許は下りないし開業できないと聞いた事があるが、獣医は??


番組内でこの医師?を雇った事がある病院の獣医さんが言っていた事が以下の内容。
(ちなみに証言した獣医さんは顔もお名前も出していた)

・研修に来たが、何回言っても物を覚えなかった。
 初歩的な間違いばかりする。
 猫の5種混合ワクチンを持ってこいと言ったら、犬の8種混合ワクチンを持ってきたり。
・内服薬を静脈注射しようとした。
 リポータ:「そんな事したら死んじゃうんじゃないですか?」
 獣医さん:「死んじゃいますよ!!!」


・・・

びっくりである。


この病院のHPは、ここ


このHPだけ見たら、信頼しちゃうよね・・・

飼っている動物が急に具合が悪くなったのでなかったら、評判を調べられたかも知れない。
だけど、緊急だったら(被害者の多くが書いているが)慌ててPCで調べて24時間体制で見てくれる病院を探すだろう。


HPの記載によれば、東大で人間の医学の勉強はしたらしい・・・
でも、そしたら内服薬を静脈注射するか?
人の薬名と動物とでは違うのだろうとは思うけど・・・
博士号取った位の頭を持っているなら、仮に初めて接する薬でも確認とかなんとか、とにかくこういう初歩的な間違いしないのじゃないだろうか・・・

というか、東大の医学博士過程を経ているのなら、人間の医師にならないか?
(医学部と獣医学部とは異なるものだよね?)
いや、もちろん、あえて動物のお医者さんになる、っていう選択肢もあるし、そうしたからと言って悪いわけじゃないけど・・・
こういう問題が起きなかったら、むしろ「敢えて動物のお医者さんになった」という事で美談にもなる話だが・・・
それを狙ったのか?
裁判沙汰にもなっているから、まさか東大で取得した内容が虚位だとも思えんし・・・

ん?
医学博士号と医師免許(国家試験)は別物か??
人間の医者になる試験に落っこちたから、自分勝手な料金設定にできる「獣医」にアメリカ経由でなったのか??

こういう方面はご縁がないので良く分からん。


それにしても、被害内容を見ると、請求金額が半端じゃない。
20万取られている人もいる。
そこまで行かなくとも、通常3000円位ですむ注射が、ん万円とか、焦っている飼い主の足元みているとしか思えない・・・

さらに上記サイト内の問題の医師とのやり取りを読むと、
「こいつ、○悪いんじゃないの?」って思う事しばしば。

動物に対する愛情も人の心も知力もバカにしていて、ペットをすり替えても飼い主が分からない、いつ頃付けられた傷(手術跡)かどうかも素人なら言いくるめられると思っている。
3分ほどしか手術室内にいないのに、数多くの検査をした、と言うとか、飼い主に見せたレントゲンを後になって捨てたと言い、そこを突っ込むと一番良いレントゲンを取っておくのだし、どのレントゲン写真を保管するかは医師の勝手、と言う。
おいおい、一番良い(写りの良い?)レントゲン写真で飼い主に説明せんのか・・・

これ・・・
実際に自分が体験したら憤死物だ・・・
血管切れてしまうかもしれん・・・
麻酔もかけずに手術をしたらしいし・・・
なんというか・・・
口のきけない動物が、信頼していた飼い主の手から離されて密室に連れて行かれ、そこで何をされたかと思うと・・・
涙が出てくる。
それに命が助かった動物達もこの医師のせいで、人間不信にならないだろうかとも心配になる・・・



しかしなぁ・・・
判決文の最後
「被告動物病院における診療にはある程度問題があることが窺
われる。」
だよ?

「ある程度」って・・・


私自身、実家の屋根のリフォーム事件で判決文を読んだけど、こんな事まで事細かに書くのか、こういう思考経路で考えなくちゃいけないのか、と、まぁ結果として良い経験になったけど、なんでもっと「普通に考えておかしいだろっ!」って言う事が素直に通らないのかなぁ・・・

「ある程度」じゃなくて、「おおいに」だろう・・・

どこかで読んだこの問題のコメントで、ペットは「物」だから強い判決は得られない、と書いてあったが、「命」だよね・・・

自分の感情次第でモノに当たる人に対してですら、
「なに?この人・・・」
と思うのに、
「命」をバカにする人が軽微な罰で済むって、どういう事なんだろう・・・
日本だけ?
海外ではどうなんだろう??

子供等に「命を大切にしよう」、情操教育には動物を飼うのが良い、とか言っている割りに片手落ちでないか?

うちの長生きした猫も何回か獣医さんやペットホテルにお世話になったが、こんな「医師」でなくて本当に良かったと思う。

この医師、もとい自称獣医、どうにかならないんだろうか・・・



追記:
この記事を書いてからネットを見ていたら上記に上げていたどころではない請求金額(今見た範囲内だけでも60万とか蜂の針を抜いただけで30万とか・・・)や死亡させられたりとか尋常じゃない・・・

一例:
多摩センター動物訴訟を応援する

他にもまだいっぱいあるようだが、なんとも・・・
何故免許?取り上げ、開業停止等ができないのだろう。
獣医師会というものもあると思うが、どこの団体・組織でもいいから強制的に補償・営業停止ができないのだろう・・・
信じられない。
想像を絶した悪辣さ。
ほんと信じられない・・・


追記の追記:
思ったのだけど、この人は技術がないのに、且つ資格がないのにお金儲けの為に動物病院をやるというより、自分の嗜好、残虐な嗜好を満足させるために病院を経営しているのではないだろうか?

何故なら連れて行った時はなんともなかった歯が一本残らず折られていたり、治療しないのならまだしも糞尿や嘔吐にまみれていても拭かなくて良いと言ったり、今切ったばかりと素人目にもわかる切開手術を飼い主の前(と言っても密室で隠れてだが)で行うだろうか?
そして数多くの、無理やり退院を長引かされたあげく、引き取る寸前に「息を引き取りました」という偶然?の多さ。
中には早くに殺してしまって、代わりの同種の動物を手に入れるのに時間を稼いでいたと思われるものもあるけど・・・

金儲けのためなら、まだもう少し飼い主の手前物事を糊塗すると思うのだが・・・
あまりにやる事言う事が精神が破綻しているように思える。


ラベル:ニュース 動物
posted by 葉山猫 at 12:09| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。