2007年06月12日

CM感想

5秒間水を出しっぱなしにすると、1リットル無駄になる。

つい最近聞いて今更ながら驚き、マメに蛇口を閉めるようになった私です。



それはさておき
私はコマーシャルが好きだ。
相方が以前コマーシャルを撮影する側にいた、という事は関係ない^^;

ドラマ等で「なんだ?この演技?」と思う人でもコマーシャルだと違和感無く、むしろ上手!と感じる人がいる。
特に子供等は自然な気がする。
相方に言わせると脚本だ!という事になるが。

特撮(表現が古いか?)もすごい。
今はほとんどがCG合成だろうが、そのCGもすごいし、又自然や動物、人物の「これぞ、ベストショップ!ショット!(ショットだショット!2007/06/12)」って言うような一瞬の表情、しぐさも素晴らしいものがある。

たった30秒、中には1分や15秒もあるが、「うわ〜〜〜っ!」っていうようなCMにあたると、とても嬉しくなる。
そのCMを心待ちにする。
商品名は忘れても、ずっと記憶に残ったりする。(企業にしたらダメじゃん!か^^;

定番かも知れないけど、ずっと以前のサントリートリスのコマーシャル<雨と仔犬編>は、もうあの仔犬の表情とこの後いったいどうなったの?仔犬はどうしたの?と身もだえするほど気になったCMだった。
音楽も良かったしねー。
(ちなみにどこかで読んだが、あの仔犬はスタッフ?に貰われていったそうだ。良かった良かった)
商品名はCMの一番最後に出てきただけだったような気がする。
だけど、センスと言い、商品のみならず企業のイメージアップにもつながったCMだと思う。

ACC(All Japan Radio & Television Commercial Confederation)
というのがあるのね。
だけど、画像は載ってない・・・
著作権とかあるんだろうけど、見たいよねー
<雨と仔犬>も1981年の大賞に輝いている。

最近でもう一度ちゃんと見たいと思うのは、SMAPがやったDocomoのCMでガッチャマンに扮したCM。
あれ、もうちょっとしっかりと見たいなぁ。


コマーシャルで年代の移り変わりや、自分の人生も思い起こす事があるよね。
私が覚えている一番古いCMってなんだろう・・・

レナウンのイエイエ娘か?
マスプロアンテナの雷坊主?(アニメ)か??
文明堂の3時のおやつか?
ボンカレーか?
8mmカメラ(でしたよね?)の「私でも映せます」か?
植木等の「なんであるアイデアル」ってのもあったなー

世情を表わすし、後年昔のコマーシャルを見るといろいろな感慨を覚えるよね。
たっまーに、テレビで以前のコマーシャル特集みたいな事をやるけど、もっとやってくれないかな。

それにつけても、CMの方がドラマや邦画よりも演技や流れが自然。
短い時間に凝縮するからなのか、CM監督の方が腕がいいのか、演出家がいいのか、はたまた大金がかかる企業側の選出眼がいいのか。

コマーシャルを作るノリで映画とか作ったらいいのにー、とか時々思う。




・・・反面見るたびに非常に気分が悪くなるCMもある。

メーカー名や商品名をきちんと調べてから書いた方がいいのかな?と思ったけど、曖昧に書いた方がいいかも知れんと思い直してみる。
以下は完璧な個人の趣味の世界という事で。



今一番不愉快になるのが、
午前中の朝のワイドショーが終わった後にやるCM。
一般的な社会人は見ることないですね^^;
ア○○○○ラのCM。
子供がラップ?のノリで商品説明をするCMだ。
ラップじゃないのかな?
なんていうんだろう、ディスクジョッキーがレコードを手でギコギコしながら、ヘッドホンを片手で抑えて、「なんとかかんとかだぁっよっ!イェィ!」とかいう奴^^;
(あぁなんてオバンくさい表現の仕方だろう・・・_| ̄|○)

とてもイヤ。
チャンネルを変える時もある。
あざとさ、というか、商品とこれとどんな関係が?とか、もーとにかく生理的にイヤ。
なんでかは知らない^^;

この時間帯は以前レ○○ガスのCMやってたのかな・・・
違ったかな?
このレ○○ガスのCMも初めて見たときは、ものすっごい脱力感が襲ってきて目を覆いたくなったが、しばらく見ているうちにイヤでなくなった^^;
怖いものみたさというのだろうか?
でも、替え歌に合わせて体がリズムを刻んでいたような気がする。(たっはっはっは
2バージョン位あったと思うが、次はどんなパターンで?とか思ってた^^;


それから今は放映していないが、確かシステムキッチンのコマーシャルだったと思うが・・・
全編あまり見かけない画風のイラスト風アニメで構成されたCM。
ある自宅で開いたパーティに招かれた女性客達が、その招待側の人間や家のキッチンをあれこれ言う、って設定だったと思う。
これが全編陰口。

陰口を装って、逆説的にその良さをアッピールするっていう手法なのだが、と〜〜〜〜〜ってもそうは取れなかった。
とにかく聞こえてくる内容を聞いているだけで不愉快になった。
ただただ、他人をひがむ人の性(サガ)が前面に出ているようで不愉快極まりない。
このCMを目にする度に私はいや〜な気分になった。
到底このシステムキッチンを家に設置したい等と思うはずも無く。

商品ばかりでなく、こういうCMを流す事に同意したメーカーのイメージも悪くなった。
何を考えてるんだろう?
でも、その割りに結構長期間放映されていたから、こういう風に感じたのは私だけなのかなぁ・・・
相方も同じ事を感じていたけど・・・うーむ。



もう一つ。
ラーメンのCMだったと思うが・・・(違ったかな?
手でカンチョーをやるCMがあった。

親子みたいな3人か4人が出てきてお尻を突き出して順番にカンチョーのポーズを取るみたいなCMだったと思うが・・・
下品。
最悪。
食べ物のコマーシャルなのに。

元々私は、この「カンチョー!」ってのが大っ嫌い。
大元はなんだ?「こまわり君」か?
随分回りで流行った時があったが、私は「やれるものならやってみろ!ただじゃおかない!」っていう雰囲気を全身から振り撒いていたから、大流行の時はされなくて済んだ。
ところが20歳も過ぎた頃、空気の読めないア○ウがやりおった。
それも横断歩道橋か何かを上がってる時に。
ぶん殴ってやろうかと思ったが、思いとどまった。
でもものすごい顔をしていたんだと思う。(笑
その子俯いてその後話しかけてこなくなったから。(ほっほっほ

しかしなぁ・・・
予算の都合もあるだろうし、どの企業(商品)も腕の良い製作会社(クリエーター)と契約できない、ってのは分かる。
けど、
全てのCMで人を啓蒙せよ!とは言わないが、せめて下品なのは止めて欲しい。

でも結局は製作側より、それをチョイスした企業側の人間か・・・
なんか選んだ人間って、宴会とかで平気でセクハラやったりするオヤヂじゃないの? とか思えてくるなー。

良いコマーシャルを賞賛する大賞があるのなら、逆のゴールデンラズベリー賞みたいな「最悪CM大賞」ってのもあっていいと思う。

アメリカ礼賛じゃないけど、こういう洒落は見習ってもいいと思う。
今はネットもあるから、あまり資金を必要とせずに集計取れるんじゃないかなー♪


ラベル:テレビ CM
posted by 葉山猫 at 16:28| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画&TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。