2007年07月29日

モニタの電源が落ちる -コンピュータの熱-

いやー

Cyberさんのコメントのおかげで、”本体は起動しているっぽいけど、モニタがうつらない、画面フリーズ”という危機は一旦回避できたようです。

ほんとにありがとうございます。
深謝

で、ヒートシンクって何?
シリコングリスって何?

という事で調べました。

その中でこんなの見つけました。

π氏の雑記(PCのジャンキー)


そして・・・
こんなのもありました・・・

うううう

今回外せるところは全部外して掃除してやろうと思ったのですが、唯一外し方が分からず?、断念した箇所がありました。

それがどうもCPUクーラーと呼ばれているモノらしく・・・
シリコングリスを塗るには、これを外さねばお話にならないのだろうと、CPUクーラーを調べているうちに見つけたのですね。

わ、私もやりそうだ・・・


コメントに書いたSpeedFanで温度を睨みながら、いろいろ試してみた。
オンラインゲームを起動したところ、まー みるみる温度が上昇。

CPU温度が(SpeedFanを信じれば)71℃まで上昇。
私のは、Remote1とRemote2、HDD、Ambienというのが表示されるが、
Remote1:71℃
Remote2:47℃くらいだったのが、みるみる57℃位に。
HDD:50℃〜57℃
Ambient:48℃くらいだったのが、60℃超えに。
まー、炎アイコンぼーぼー。
火事ですな。

J4320はDualらしいので、このRemote2がもう一方だと思うのだが、3Dオンラインゲームするのには良いらしいとは聞いていたが、なるほどねー
ちゃんと動いていたのね  (← バカ
HDDも温度が高いが・・・
これのグリスが問題あるようなら、HDを分解するは怖いので買い換えようと思う・・・

でも、モニタの電源が落ちる、画面がフリーズするって言うのは、オンラインゲームをしている時よりもこうやってネットを使用している時に頻発するんだけども・・・
昨晩のようにほぼ2日PCを使わずに本体の電源入れて、いきなりモニタつきません!って言う状況もあるし。
うーん・・・
DVDユニットを買い換えたんだけど、このせいで電力不足なんてあるのだろうか・・・
電気容量なんて頭になかったから(バカ)、対応DVDだけ見て買っちゃったんだけどね・・・(大バカ
あ、それと、モニタが真っ黒になっている状態で、キーボードのCAPSロック、NUMロックのキーを押してみた。
消灯、点灯する。
ので、本体は動いているようだ。
画面フリーズの時はまだ試していない。



今までコンピュータ関係の仕事をしてきた、と言っても、ハードそのものは操作だけ。
ハードの中身なんて知りませんでした。
思えば、会社で使ってたPCって、3年も連続で使用しなかったわ・・・
新機種に買い換えてたわね・・・(というかリースか
こうやっていろいろ出てくるのなら、部品代そのものは高くなくても手がかかる事を考えると機種替えが妥当なのでしょうね〜
(といっても職場でグラフィックスボードいれるなんて・・・ないわね^^;シリコングラフィックス社のWS使ってたけどリースだったしー)

車の各部品の動きを知らずに運転だけ教えていた、と言っていいのでしょう。
まいったのぉー  (ぉぃ

とりあえず、J4320のCPUクーラーの外し方を調べてシリコングリスを買ってきて、マックのコーヒーを買って、ピンを折らぬよう曲げないよう外し(ここが心配)、塗れるかどうか試みてみる。

というのが課題ですね。

仕事がやっと決まって来週の火曜から就業するっていうのに、どうして今こんな事にー!
というのも、日頃の行いのせいなのでしょう・・・(反省

でも働けば、メモリ買えるぞ、液晶モニタを大きいのに新調できるぞ、テレビも買い換えるぞ、PS3も買えるぞ、ワーイ♪ってなもんで。
(いくら稼ぐつもりだ・・・


追記:
家事をするのに、小一時間コンピュータを放置していた所、
Remote1:61℃(炎アイコン)
Remote2:44℃(通常)
HDD:48℃(通常)
Ambient:46℃(通常)
となりました。
Remote1の61℃は、小一時間かけて下がった訳ではないと思う。
でも、こうやって追記を書こうとちょっと入力作業をするとHDDが上がり、Remote2も上がり、Ambientも上がる。(1℃上がった)
これは・・・おかしいのかな。(正常?な温度変化が分からん・・・

又ネットで調べていたら、本体カバーを外したり上部パネルを開けるのは必ずしも良い事ではないのね?
空気の流れを計算してあるから、カバーが開いていると空気の流れが変わり、本体内に空気が滞留して熱がこもる、と書いてあるサイトがあった。
ふーむ。
前面上部のパネルが割れたので部分的に外してあったのよね・・・
後、HDDの冷却用のファンが、とか書いてあったけど、んなモノ付いているように見えない。
HDのケース内部にあれば別だが・・・
という事で、HDDの取り付け位置を移動できそうなので、付け直してみよう。


タグ:PC モニタ 電源
posted by 葉山猫 at 15:28| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

モニタの電源が落ちる

うーむ。

コンピュータの調子が悪い。

eMathines J4320
WindowsXP HomeEdhiton ServicePack2 
Pen4 3.00GHz メモリ512M
NVIDEA GeforceFX5700(メモリ256M)


1.モニタの電源が落ちる
 モニタのLEDがオレンジになって「入力信号がありません」と表示される。
 モニタのスイッチを入れると緑になるが、すぐにオレンジになる。
2.もしくは画面がフリーズし、一切の入力を受け付けない。
3.これが起きる時は、予測がつかない。
 こうやってキーを打ち続けているとならないような気がするけど、入力していて、ふと手を止めて又入力しようとすると、もうマウスもキー入力も何もできない状態になる。
Ctrl+Alt+Deleteも効かない。
CAPSロックやNumLockのキーの点灯の切り替えは試してなかったな・・・

大抵は、使用していてふと何も入力動作をしていない時間が数分?数秒?続くと、固まってるという感じ。
(なるタイミングは不定期)
 オンラインゲームをしている時にもなった時が2〜3回?あったような気がするけど、圧倒的に文書入力していたり、I.E.で調べ物をしていたりする時になる。


どちらの場合も、本体の電源は入っている。(点灯したまま。動作音はしている時もあるような・・・静かな時もあるような・・・)
そして、どちらの場合も再起動すると、普通に起動する。
(本体の電源スイッチ長押しでOFF。そしてしばらくしてからON)
スキャンディスクが走らない、という意味。

以前の経験では、シャットダウン手順を踏まずに電源を強制OFFすると、次回起動時には「前回正常終了しませんでした。ディスクをスキャンします。」とようなメッセージが出て、長時間ブルーバック画面でディスクをスキャンするパーセンテージの数字を睨む事になるのではなかったか?

私がやった事:
1.NVidea(グラフィックスボード)のドライバを入れなおす。
 バージョンは一緒。
 解像度とか変えてみたけど変化無し。
 リフレッシュレートは60。
2.本体内を掃除する。
 ファンについた埃なども麺棒で掃除。
3.本体の側面カバーを外したままで使用。
 置き場所自体は、そんなに閉鎖的な場所でないはず。
4.本体内のカード、電源コード等の差込を確認する。
5.スパイウェア、ウィルスチェックをかけた。
6.デバイスマネージャ等でグラボを確認しても正常動作しているアイコン
7.「画面のプロパティ」の電源設定を見ると、「プレゼンテーション」になっていたので、「自宅または会社のデスク」にした。
 電源設定はどちらの場合も全部「なし」


7.はついさっきやったので、しばらく様子を見るけど・・・
 (何故プレゼンテーションになっていたのか不明)


熱暴走か?と思ったりしたけど、以前は本体カバーをしっかりと締めて使用していても大丈夫だった。

たった3〜4年でいかれるのかなぁ・・・


ただ・・・
ファンの音が以前より大きくなったり、HDの稼動音が以前とは違う音になったり、というのには気がついていた・・・
しばらくすると直るので放置していたのが・・・
それがいけなかったか・・・

やはりOS入れなおすのやった方がいいのかな。

私のPC付属のCDを使ってOSを入れなおそうとすると、HDフォーマットからになるのよね・・・
おまけにそれがHDD200GB全部を一つのパーティションとしてフォーマットしに行く・・・
(システムコマンダーを使って、パーティションを分けてる)
付け替えたDVD/CDドライヴユニットがおかしいから、データを退避させることもできない・・・
FDは付いてないし・・・
USBメモリと言っても、うーん・・・

ネットで調べても、グラボの熱暴走が原因みたいな事しか分からなかった・・・
でもそれでどうしろと・・・
掃除した時に見たけど、熱とか何かで変色したり、とかは見えなかったけどな・・・
部品を分解するのは、自分の技量を考えるとちょっと不安だし。

こんな症状は初めて。

今グラボを買うのはちょっときついなー。
(モザイク模様のTVを買い換える方が優先順位は高いか・・・)
でも毎度毎度電源OFFするのもいい加減怖くなってきたし。

人間も熱暴走しそうだし、PCがなっても仕方がないかー
タグ:PC モニタ 電源
posted by 葉山猫 at 12:55| ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

Harry Potter and the Deathly Hallows(ハリーポッターと死の秘法<仮題>)

Harry Potter and the Deathly Hallows 7巻(最終巻)

注文してしまいました。
原書をヽ(´ー`)ノ


  

左から、アメリカ版、英国版、英国版(大人向け)

国別の違いは、ずばり米国英語、イギリス英語の違い。

ポッターマニア (← 日本のファンサイトです。7巻について、著者のインタビュー等で確認が取れたとされる情報とかも載っているので、知りたくない人はアクセスしても7巻関連の項目は選ばない方が無難)
の中で一例として上げられたのは、
著者の原文がそのまま印刷されているのは英国版。
米国版では、原文のごく一部のイギリス英語が、アメリカ英語に置き換えられています。ただし、1つの文章全体がまるまる書き換えられているようなことはありません。
例1:イギリス版jumper(セーター) → アメリカ版ではsweater
・米国版は各章に挿絵がついていますが、英国版にはありません。
・大きさ(と重量)は、米国版の方が英国版より格段に大きいです。
・英国版には表紙が2種類ありますが(表紙の絵が違うだけで中身は同じ)、米国版は1種類のみ。


だそうです。

私が注文したのは、英国版。(大人版でない方)
理由:オリジナルを読みたかったから。(半分ウソです^^;本当は注文した時点で一番安かったから。たはは。今はアメリカ版が一番安いじゃーん・・・)

以下、ポッターマニアから引用
●原書購読に必要な英語レベル

ハリー・ポッターの原書は、英検準2級程度の英語力があれば読めます。文法は中学生レベルの知識があれば大丈夫でしょう。

原書を読むコツは「なるべく辞書を引かない」こと。知らない単語が出てきても、物語の流れに乗ってどんどん読み進んでいきましょう。辞書は何度も繰り返し出てくる単語や、ストーリーを理解する上で重要な言葉だけ引くようにします。この時電子辞書などを使うと早くて便利です。

また、一つ一つ日本語に訳さずに英語は英語のまま読むクセをつけましょう。長くて難しそうな文章は、まず主節と従属節に分け、それを更に短く区切って読むと理解できます。



以前「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団[Harry Potter and the Order of the Phoeni]」を原書で購入して読んでみた。

上記に書かれている事を、正に、自然にやっていたようだ。

最初は分からない単語が出てくる度に辞書を引いていた。
本の(?)辞書だったので、単語探すだけでくたびれた・・・
なので、分からないなりにもう読み進める事にした^^;
そうすると、重要な単語なら何回も出てくるので自ずと意味は推測できるようになる。(しめしめ・・・
文章の意味も最初はしっかりと訳したかったのだが、それも止め(正確に意味を為すよう訳そうとすると、ひっじょーーーに疲れるのだ・・・そのうちひとつ前の文章の意味を忘れたり・・・第一楽しめなかったし)、正に英語をそのまま感覚で受け取るようにした。
眺めるって言えばいいのだろうか。
脳で読む感じ?速読する方法と似た感じ?

すると(当たり前だが)飛躍的に読み進む速度が速くなった。
ストレス解消ゝ(^O^)丿
それに、不思議な事に意味も分かるようになるのよ。
まぁ逐一正確にって訳じゃなく雰囲気^^;だけど、何が起こって誰がおおよそどのような行動をしているか、とか。
要は「荒筋」は分かる。

お勧め。

ただね、上記にどの程度の英語力があれば〜、とか書いてあるけど、問題は、英国の妖精譚に出てくる固有名詞よ。
(文法なんかはほんとに困らない。試験に出てくるようなひねりまくった文法なんて使われないし。なんてったって、元は子供向けよ!8〜10歳〜の)
英検2級持ってたって、そんな単語は知らんわぃ。
カタカナで言われれば結構知ってるけど、日本語の発音で書かれたカタカナと英語表記の単語では「=」にならんから、辞書引いて、「あーーーー!これかぃ!」って事はしょっちゅう。
(日本語を勉強している外人さんに、「だいだらぼっち」とか「のっぺらぼう」って言っても分からんのと同じ)
ただ、今回はPCが使えるから、電子辞書代わりに単語を引けるのは嬉しいかも。

なにはともあれ、原書を購入した時の思惑として、
わけ分からんなりに1回読み、大体筋が分かった(?)ところで、翻訳物を読めば、同じストーリーを二度楽しめる!
一粒で二度美味しい!

は、まんまと当たりました。
(ネイティブ同様に英語を読み書きできる人には当てはまりませんね)

個人的にとってもお得感がありました(お金は倍払ってるが・・・)。
(6巻を日本語訳だけを購入して読んだら物足りなかったのよね。あっと言う間に読んじゃったし・・・)

さて、日本語訳は来年出版されるそうな。
日本語訳が出るまでには読み終えていたいわね。(こら

 
私にリアル連絡が出来る方、私が読み終えた後お貸しします。
どうぞ、ご連絡をヽ(´ー`)ノ
タグ:
posted by 葉山猫 at 16:19| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 本 活字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

月影兵庫 上段霞切り

「月影兵庫 上段霞切り」 南條範夫 光文社文庫


面白い!!!

最近現在継続中のシリーズモノを読んで感想を書き、その後
うむむむ
となるシリーズも多かったが、これは・・・
そういったモノに感じた物がない!
(面白いんだけど、何か今一大乗り気になれない、という感じ)

まだ一冊しか読んでないが、以前藤原周平さんのよろず屋平八郎活人剣を読んだ時に感じたのと同じような興奮が来た!

本屋さんに行き、何か面白そうなものはないかなぁ〜と物色しつつ、ふと平積みになっている本を見たら、これがあった。

あ、月影兵庫って原作があったんだ!(正直な第一印象。勉強不足

テレビで松方弘樹が主演して再ドラマ化するのは知っていたけど、それの影響かーと思いつつ、荒筋を読むと面白そうなのでとりあえず買ってみた。
(テレビの方は見ようと思いつつ、1シーンしか見れなかった・・・松方弘樹が顔の前で手を振る姿・・・お父様を彷彿とさせました)



いやー
当たり前だが、映像化されるのは原作が人気があるからだ。
面白い。
旅物なのでとんとんと話が進む。
一つ一つの話は、小エピソードって感じで底が浅いけど、全体に流れる感じが良い。
なにより、主人公の月影兵庫がいい!

私好み^^;
おおらか、美男子、めっぽう強い(強すぎる。でもそこがいい)

そして、一時代前の作品だから日本語が気持ちいい。
いえ、特に雅な感じではないのですが、池波正太郎さんや藤沢周平さんやダークで隠微だけど柴田練三郎さんの作品と同じように、日本語が抵抗なく頭に入ってくる。

特に文章自体にもスピード感がある。
トントントンと文章を追っていける。
文章を読むってよりも、(聞いた事はないが)講談を聞いているような感じ?

登場人物もクセのある人が多く登場して、それがいなくなっていくのが寂しいが・・・
これは書き下ろしではなく、又最初長いシリーズモノにするとはっきり決めていた訳ではなかったらしく?、どこだかに連載されてた物語だったので仕方がないのだろうけど。
読んでいて、これはテレビ化されるわーーー!と感じていた。

1冊しか読んでいないのでこれから印象が変わるかもしれないが(それを期待してる)、この段階では物語としては奥が深いとは言えない。
ストーリーもこの本は旅物だから、宿場宿場での事件を解決して先に進むって感じだから、どうしてもプチエピソード、みたいになる。
でもね、ぐいぐいと引き込む感じがあるのよ。
この月影兵庫、この後どうするんだろう?って。
これがキャラが立つっていうものだろうか。



テレビ化と言えば・・・
私は(初代の)月影兵庫を見ていた。
当時家族で一緒に見れる(時代劇)ドラマでめっぽう楽しみにしていた記憶がある。
近衛十四郎さん、品川隆二さんの名コンビが面白かったなーー。
あの印象が強くて、本を読みながらどのあたりで品川隆二さん演じたキャラが絡んでくるんだろう、と、この人物か?それともこの人物か?と思いつつ読んでしまった^^;

読み終わった感想から言えば・・・
原作と違う^^; 
それも大いに。

ただ原作シリーズを全部読んだわけではないので、兵庫が再び一人旅を始める辺りからをテレビの設定にしてるのかなぁ、とか想像してみた。
(違ってるぽいが・・・)

第一、覚えてる範囲で言うと、テレビの近衛十四郎さん、カッコ良かったけど原作の兵庫とは年が違いすぎる!!
原作は20代半ばの青年剣士となってる。
近衛十四郎さん・・・どう見ても青年剣士には見えない・・・

これも当時、原作を先に読んでいた人が見たら、私のブログ記事みたいにボロク○に言われたのかなぁ・・・とか思ってみたり・・・
勝手なもので、小さいときに原作があることも知らずテレビを見ていた私は、テレビの月影兵庫が面白かった!という印象しかなく、今この年で原作を読めば、原作は又めっぽう面白く感じ、この二つは私の中で相反しないのよね・・・
腹も立たないし・・・
うーん。
勉強になったぞ・・・

それにしても、(Wikipediaより)
近衛 十四郎(このえ じゅうしろう、1914年4月10日 - 1977年5月24日)は、戦前から戦後にかけて活躍した時代劇俳優。通常より長い刀を使用し、かつ随一といわれる速い剣捌きで迫力ある殺陣を演じ、時代劇ファンを魅了した。

へーーーー
通常より長い刀・・・
速い剣捌き・・・
もう一回見たいなぁ。

上記Wikipediaでは、
剣戟スターとしては器用ではないが異様な迫力が人気を呼んだ。ある意味でハード・ボイルドな世界を時代劇に持ち込んだ人物といえる。
とも書かれている。

うーん。
見たいなぁ見たいなぁ。

やっぱりふと思うのは、原作と設定がかけ離れていても、映像化された方がしっかり作られていたら、それはそれで認められて面白く感じるファンがつくのね。と思う。
必殺シリーズも、元の梅安とは内容、設定が全然異なるけど面白かったしね(駄作シリーズもあったが)
(でもテレビ化された月影兵庫の後の花山大吉とかは面白くなかった記憶が・・・私の中では二番煎じだと感じたのか・・・)

時代劇って言えば刀。
そして風物、生活習慣。
当然のこと日本の事なのだから、いくら現代人って言ってもDNAか何か知らんが、侍、町人、剣戟、と言うものが、なんとなく刷り込まれているのではないのだろうか。
主人公はもちろん登場人物にうそ臭さがあると、ドラマの要と言える世界観がガラガラと崩れていく。
侍に見えない侍。
ウソ物と一目で分かるペラペラの刀。
当然真剣は使えないだろうけど、剣の「達人」の振るう刀の剣先がよたついたり、鉄の棒である刀が(昔聞いた所によると二本で10kg弱とか・・・)えらい軽そうだったり・・・
小物なかりでなく、演じる役者さんの風格も問題よね・・・
この近衛十四郎さんを始め、必殺シリーズの主水を演じた藤田まことさん、大岡越前に扮した加藤剛さんも剣士、侍としての風格があったから、テレビドラマとしても大ヒットしたのではないのかしら。
(他にも鬼平犯科帳、銭形平次等の主演した方々も)

今回再ドラマ化された「素浪人月影兵庫」は、近衛十四郎さん演じた「素浪人月影兵庫」のリメイクなのね。
松方弘樹さんは侍に見えるからいいけど、どうせドラマ化するなら原作に忠実に基づいた作品を作ればいいのにー!
プロとして自分の作品を作りたくないのか!
大失敗したくなかったのかねー・・・
でも作るとなると、松方弘樹さんだと年が全く合わないし、じゃぁ若手で、って言うと・・・該当役者がいないのか・・・
又下手して木村拓也とか言われると、まーーーーーーったく違う!って言いたくなるしね。
TOKIOの山口君とかがもうちょっと痩せてくれて、背が高かったら見た目は行けそうなんだけど・・・
(TOKIO好きなんです。たっはっはっは。すいません)




何かの原作になったり、昔から読み継がれている物語はやっぱり面白いなぁ。
新しい作家さんを探すのも楽しみなんだけど・・・
ハズレにあたる場合がね・・・

何はともあれ、新しく楽しみが増えた。
嬉しいな。

娯楽活劇って言えばいいのでしょうか。
しっとりとした情緒って言うのはこの1冊にはないですが、すっきり!爽快!
というのをお求めなら、あまり期待を裏切らないと思います。
まぁ私の場合、昔見た月影兵庫の影響もあり甘いかも知れませんが・・・
タグ: 時代劇
posted by 葉山猫 at 13:12| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 本 活字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

スーパーコンパニオン

わっはっはっはっは(大笑

スーパーコンパニオン


この言葉知ってましたか?

私は知りませんでした。はい。
今朝初めて聞きました。

なんだと思います?




答:裸でお酌をする女性

野球拳で服を脱いで行ってその後席をくまなく周ってお酌をし、ご機嫌を取るべき偉いさんの膝の上に乗ったり跨ったり、乳首触らせたり、オッパイに顔をうずめさせたりしてあげる接待をする職業
もしかしたら、その後個人的なデートもOKしてくれるご職業でしょうか?

昔は、枕芸者とか呼ばれてた範疇ではなかったでしたっけ?
もしくは出張ストリッパーとか。
私も23歳頃、京都でコンパニオンをしてましたが、「スーパー」とか「テクニカル」「ハイパー」という言葉に惹かれる私。
知らんかったら応募してた所だわぃ。

いやー。
領収書とかの都合なんだろうけど。
日々勉強ですね、人生は。


==============
以下ある掲示板からのコピー
茨城県行方市
市民オンブズマンいばらきが調査
 昨年二月に行われた行政視察の際、当時玉造町長だった坂本俊彦行方市長(65)が、宴会に呼んだコンパニオンに抱きつくなどの行為をしていたことが二十八日、「市民オンブズマンいばらき」(石川克子事務局長)の調査で分かった。

行政視察は行方市に合併前の麻生、玉造、北浦町で構成するごみ処理施設の「麻生町外二町環境美化組合」が実施。各町長三人、三町議会選出の組合議員六人、各町課長、事務局員ら六人が参加し、二泊三日の日程で、鹿児島、熊本県内を視察した。

 参加者によると、坂本市長は、二日目の熊本県内の清掃センター視察後、宿泊した同県菊池温泉のホテル内での宴席で、コンパニオンに抱きつくなどの行為があったという。

 これに対し、坂本市長は「コンパニオンに酒を注いでもらったことは記憶にあるが、そんなこと(抱きついたこと)は、記憶にない。
写真を撮られたというが身に覚えはない。写真は偽造したものだ」と全面的に否定している。

 石川事務局長は「わずか一時間の清掃センター視察は観光旅行で、公費の無駄遣い。
公費でコンパニオンを呼び、抱きつくなどの行為は品性に欠ける」と批判している。 
==============

私は今朝のテレビ朝日のスーパーモーニングで知った。

捏造って、ああた・・・
しているとしたらものすっごく腕の良い職人ですねー
かなり高スペックのコンピュータも使用していますね。
かなり高額の費用がかかると思いますが。
そこまでして捏造する程重要人物?

写真には膝に抱いた裸の女性の乳首をつまんでいるのやら、頭からつま先までスッポンポンの女性が対面で跨っていて、その胸に顔を寄せているのやら・・・

あっはっはっはっは
笑うしかない。

ほんと○カだよね。

なんで男ってこうなの?
痴漢行為もそうだけど、一時の「うへへへ」状態で人生を棒に振る。
それまで積み上げてきた諸々を一瞬にして失う。
自分の子供(孫)が女の子だったら、確実に娘や孫の尊敬を失う。
妻方の婚家からバカにされるのは当たり前で、自分の親族からもバカにされるだろう・・・
男性全部がそうだとは決して思わないけど、女性が男性のあらぬ場所に顔をうずめたとかつまんだとか聞いたことないよね・・・(失礼※)

ほんとにいろんな意味で○カだと思う・・・

尚且つ、これ公費で行っとるよ・・・

私の少ない収入から払った金(税金)は、あなたが女性の乳首をつまむために支払ったのではない!
と言ってやって。

どうしてもそういう宴会がしたければ、自分の金でやればいい、と言うのはもう言い飽きた。
今までも散々ニュースでいろいろ報道されてるのに、道徳観や倫理観、百歩譲って自己保身のみでもいいけど働かないのかね・・・
鉾田市のセクハラ問題もそうだし・・・
(そういえば鉾田市と行方市って近いのね)

これは自分の金ではもったいないけど、自分の懐が痛まないのならイケイケなんだろうねぇ・・・
ここら辺がまず許せない。

おまけに、この市長がテレ朝の取材でどうしようもなくなって裸の女性がいたとか認めて議会で?はっきりさせるとか言っておいたにも関わらず、議会で議員の誰もこの話題に言及せず(なので何も問題にならず)、この取材で議長にインタビューしたら
「もう2年も前のことでしょ?」
「当時私は関係なかったから知らない」
「天下のテレ朝さんが下ネタなんかで・・・」


さらに、この議長が言ったのか?
「テレ朝の報道は不公平だ!」
だそうである。
その心は
「写真にしても放映された中でも、顔を映している人と顔を出さなかったりモザイクがかかっている人がいる!」
だそうである。
(顔を出さずに証言した人がいたため)

おぃおぃ!
である。

市長もおかしいが、この議長の方が性質悪いかもしれない。

で、大問題になって後で殊勝な顔して「誠に不適切でした。遺憾に思います」とかなんとか言って頭さげるんだよ・・・

日本語って便利だよね。
(誰が何に対しての、これこれの行いが)誠に不適切でした。
(誰が何の行為に対して誰に)遺憾に思います。


ってきちんとした文章にせずとも、聞いている方もほわぁ〜っと分かったような気になってスルーしちゃう言い方ができるからね。
英語みたいに、主語、目的語、動詞(能動、受動とかも)をきっちりとして話してみ?
責任の所在やら、当事者関係者の考えがはっきりしてくるから。
取材する側も分かったような感じでスルーせずに、
「それは誰が誰に対してですか?」
「何に対して誰に何を謝っているのですか?」
ってきっちり突っ込みいれなよ・・・

それにしても、大体この手で問題起こすのって、年配だよね。
実生活でお祖父ちゃんって呼ばれててもおかしくないほどの。
(若手はこんな所でそういう場を設けなくても自力で調達できるのか、もっと上手く立ち回ってるのか知らないが)
年取って若い女の子に接する(文字通り)機会がなくなった?
だから鼻の下伸ばして「善き哉善き哉」? ← 使い方違う
こういう油が抜けてないキャラだから、政治なんていうドロドロした事ができるの?
イヤ、こういうキャラがやる政(まつりごと)だからドロドロするのではないのか。

昔の悪い日本の(役人)根性の最後の生き残りなんだろうか。
(せめてそう思いたい。この世代がいなくなったら、もうこういう問題は起こらないって意味で)

同じ席に連なっていた人で、意見する人は居なかったんだろうか・・・
類友でみんな「うへへへへ」な奴ばっかしだったか。
イヤ、居たとしても、言えば
「空気の読めない奴」
「頭の固い奴」
とかで、その後はやりにくくなるんだろうなー
それを跳ね除ける強い人の登場を切に望む。



ちなみに、このオンブズマンの代表者が、調査願い書?を市に提出しようとしたら受け取ってくれなかったそうだ・・・

鉾田市の問題も、この行方市の問題もちゃんと決着つくまで継続報道してね。



この事を相方に言ったら
「あたりまえじゃん!男はそんな事されたら嬉しいもん!苦情言う訳ないからニュースにならんだけだ」
な、なるほど・・・
posted by 葉山猫 at 11:42| ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

ゲド戦記

これも非常に楽しみにしていた映画。

原作:ゲド戦記 アーシュラ・K・ル=グウィン


このアニメは・・・
原作とはまるっきり別のモノと考えましょう。
原作を読んでない人はそれなりに楽しめる「かも」しれない。

私の感想を端的に表わすと・・・
最後の一番盛り上がる手前で、相方と買い物に出かけた、と言えばわかると思いますです。(ひどい奴


======以下原作の感想
私は先に原作を読んでいたのだけど(別巻は除く)、うーん・・・
特に前半3巻までの原作そのものもあまり私の好みではない。
なんというか、ほんとに「テイル」というか、炉辺で話される昔話的な感じと言えばいいのか。
登場人物の心のうちや人間関係は細かく書き込まれず、淡々と語られるって感じかな?
これ自体が悪いというのではなく、私の好みに合わなかったってだけ。
反して4巻目以降は、3巻目との間に十数年置いて書かれ、前半とは違い登場人物の心のうちも書かれ、今良く目にする小説作法?に近くなっている。
ので、私には違和感が3巻以前よりはなかった。
世界構成は好き。
だけど「ゲド戦記」というほど戦記を感じなかった、と言える。(私には

私が「ゲド戦記」に惹かれた(読みたいと思った)のは、昔から名前を良く聞いていた事と、恥ずかしながらゲームの「幻想水滸伝III」の主人公の一人であるゲドに惚れたから!(たはは
このゲーム自体はル=グウィン著のゲド戦記とは関係なく、主人公の名前だけ借りたような気がしている。(まぁこちらも一つのゲド「戦記」であるけど^^;)
なので、思い入れがあったのよねー
どんな物語なのだろう!と。

面白かったけど・・・(原作の事ね
まぁ私の中では一番ではない。
======ここまで

それでも、この独特な世界観を宮崎アニメ(スタジオジブリと聞けばそう思ってしまう)がどのように描くのか、それは非常に興味があったし、期待していた。

だ け ど

これは・・・それこそ「ゲド戦記」という名前を借りた別物です。
別物として考えて、アニメ映画としてもなんというか・・・
一昔前のストーリー?
自分探し、少年成長記、勧善懲悪もの
としても中途半端。


私が感じた違和感は著者がこの映画に関して公表したコメントに正に表われている。

それを読んで分かった事が一つ。
これ、宮崎駿氏はタッチしてないのね。
息子さんの宮崎吾朗氏の作品なのね。

原作者のコメント ← ネタばればれなのでご注意(これから見ようという方は読みに行かない方が無難

まぁ人によるし、ファンタジーモノとしては原作は名高いから話のタネに見るのも一興かと・・・
(でもレンタルでね  ぉぃ



追記:2007/07/15
「ゲド戦記」は原作の邦訳の時につけられた題名で、実際は「A Wizard of Earthsea(アースーシーの魔法使い)」という題名なのね。
Earthseaは、この物語の世界の名前。
(一作ごとに題名がつけられているから、敢えて言えばアースーシーシリーズ、とでも言えばいいのか?)
あースッキリした。
戦記らしい戦記は無いのに、なぜ??と本を読みながらずーっと思っていたのよね。
まぁ奥付読めば原題が載っているのにそれを見もせず、読み進めていた私が不精なのだが・・・
ネーミング自体は語感が良くて好きだけど、内容を誤解させるわねぇ。
(「続きを読む」に更に追記してたり・・・)


↓以下ネタばれ含む
続きを読む
タグ:映画 アニメ
posted by 葉山猫 at 19:35| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画&TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

必殺仕事人2007

楽しみにしておりました。
ワクワクしておりました。

・・・

所々良かったけど、
全体的に言えば、今一だったなぁ(ふぅ
中村主水さん出てなかったら↑の良さも半減かも・・・

出演者は豪華だったように思う。
時代劇であまり見ない役者さんも出ていて、それは嬉しかった。

宇梶剛士さん、鬘似合うじゃない。
伊武雅刀さん、眼光するどいわ。
悪役陣は悪役らしく、かつ重みがあって良かったわ。
やっぱり、見た目も悪役に重みがないとねぇ・・・
増吉さんだけ、ちょっと類型的悪役くささが強かったけど・・・
発声の仕方なのかなぁ・・・
玉櫛役なかなか良かったような。
東山紀之扮する同心に何故かなついている?同心役福士誠治さんも良かったかも・・・
ほとんど見た目違和感を感じなかった。

だけど・・・
依頼をする場所のちゃちさ・・・
依頼人が依頼をするまでの不自然さ。
かてて加えて最後、子供が依頼をする時の更なる不自然さ。
舞台装置もさることながら、演技力か?
お約束のお布団の上でのあれやこれや。
不自然!(いや自然であればいいって訳じゃないけど。もっとこう・・・なんつーか・・・襲われてる女優さんの演技力か?)
・・・追憶の中でのダンナが殺された時も不自然だし・・・
腕の無い武士だったのか・・・それにしても緊張感無し。
ダンナ殺しておいて、目撃した妻放置?
もっと佐野史郎のアクの強さを出せると思ったんだけど、あーもったいない。
石橋蓮司さんさすが。だけどやっぱりもったいなさが・・・
だけど親子で同じ所にほくろ?をつけてるのね♪



以下、輪をかけて個人的好みによる言いたい放題。

私は、松岡昌宏を楽しみにしていたんだけど・・・
(DASH村の影響でTOKIOが好き^^;)
姿はいいとしよう。
目張りがなんか昔の京本政樹を思い出させて、ちょっと興ざめしたけど・・・
目張りを入れると特に男性は男前度があっぷするけど、あんなに濃く(長く)しなくても・・・

それに・・・
松岡君のキャラ、ああいぅ演出、というか設定なのかなぁ?
私には声の出し方が、気張り過ぎていてわざとらしく感じられてしまった。
それに、食べ物に拘るというキャラみたいだけど、その割りに鍋から器におたまでよそう時、乱暴すぎて汁跳ね散らかしていたよ・・・
(梅安がいたら、眉をしかめるに違いない。「そんなに落ち着きがないと、仕事に差支えがあるんじゃないかね?」ってな感じで)
ほんとのグルメ(芝居の中で)じゃないんだ、と思った。
なんか行動が軽くて?(使わない食材を片付ける時も)、今一抜け忍としての、なんつーか、重み?悲壮感?が無かった・・・
飄々としてやんちゃ、でも命を狙われる抜け忍、そして仕事人、かてて加えて食通っていう設定なら、行動が雑駁だとキャラが薄くなるような・・・
それとも、抜け忍だろうが単にやんちゃで食いしん坊なだけで殺す時とのギャップ「だけ」狙うなら、あんなに料理作るシーン出さずにうっかり八兵衛路線でもいいと思うぞ。
それに・・・いちいち箸?を口に咥えるな。
口に咥える動作がスムースじゃないから目にとまるのか。
細かすぎるのかも知れないけど、そういう所を丁寧に作ってくれると厚みが出るというか、質が高くなると思うんだけどなー

それから殺し方・・・
今までも奇をてらったいろんな方法を編み出してきたけど・・・
楽しみ?の一つでもあるだろうけど、これは・・・

大倉忠義のからくり源太の殺し方(殺伐とするな^^;)にも共通して思ったけど、武器?がヒットした後の表現方法が、私にはちゃちだし下品だと思った。(殺し方に下品も上品もないが^^;)
からくりの蛇がヒットした後、血しぶきの様なものが映されてましたよね?
あれ、いらない。
気持ち悪い。
喉に刺さる瞬間もいや。(後姿とかせめて横からとか。もちろん血しぶき無し)
どうせなら、締め技が無かったように思えるから刺さるんで無く、蛇が巻き付くとか。(ぉぃ
松岡君の方も、あれは・・・忍の毒薬か秘法を使ってるって事なのかな? だけど、ちゃち。
おまけに顔に被せる龍の絵。

必殺シリーズを全部真剣に見たわけじゃないけど(初期の頃は年齢が幼く?見せてもらえなかったし)、印象として残ってるのはあまり直接的な血液等の表現はなかったように思えるし、死ぬ瞬間の断末魔の表情自体に重きをおいてなかったような気がするんだけど・・・
記憶が捏造されてるかな??

三味線勇次も琴弦ひっぱった後、敵役の宙吊りの脚の痙攣で表わしたし、レントゲンにしても、盆の窪へのかんざし等の打ち込みにしても、「その瞬間」の表情はあまり大々的に前面に出してなかったような・・・
だから絵空事として、殺し方とは言えあまり抵抗無く受け入れられたのではないのかしら・・・
(琴弦で人間一人を独力で引っ張り上げられるか、とか言うのはおいといて)
まぁ、ありえない方法でお遊びなら徹底的に美しく表現しておくれ、という事。

例えば、松岡君のなんかは、
薬液がぽとりと落ちる筆先。
顔は映さずに、脚か手の痙攣。(もしくは後姿)
シーンが変わって、顔に龍の絵がかぶさってる。
とでも・・・(美しくないけど
どうしても龍の絵と不思議な秘薬?秘法?を使いたければね。
(煙はいらん。けど煙がでるのに何か必須の理由、気化した薬品とかだったら、まぁ有り・・・か)
どちらかと言うと、秘薬秘法を使いたければ、それが経口投与^^;しか
できないのなら、「如何にして敵役に口を開けさせるか」、という所に拘ればいいのにさ。
等と思いました。

私は楽しみに見始めて、でも最初の松岡君の殺しで敵役が口を開けて”待ってる状態”の画面を見て、もう真剣に見る気が失せましたです。はい。
そんなに長く口開けてるかぃ! と。
最後の詰め場でも、あんな目の周り黒くしたり顔色変えたり・・・
ちゃち!

過去に、事故として偽装する、という殺し方もあったと思うけど、今回の面子の殺し方だとそのストーリーは無理ねъ(`ー゜)、と思いましたネ。


後は・・・
和久井映見さん・・・
昔(CM全盛の頃)は好きだったんだけどなー
やっぱり貫禄不足が否めない・・・
常磐津師匠って色気もない。(三味線弾けると思えない。まして唄うなど・・・)
残念・・・
だからと言って、山田五十鈴さんクラスまで行っちゃうと貫禄と艶はあるけど、やっぱし今は盛りの華がない・・・(すいません!)
女ねずみ小僧の頃の小川真由美さんみたいな女優さんいないのかなー
かろうじて高島礼子さんあたりか・・・?


とは言いつつ、うまく中村主水の後継を作ったな、それも微妙に家庭内問題の表現方法を変えて、とか、「へへぇ?♪」という今後に期待したい内容もあり。
(忍の追っ手とか、玉櫛との絡みとか。遺された子供の養育?とか)
それに、屋根の上を渡り歩くシーンも俯瞰で撮っててそこら辺良かったし。
TVシリーズになってもこういう所は手を抜かないでくれるといいんだけどなぁー・・・


先に、殺し方を楽しみにする、みたいな表現を使ったけど、このシリーズが受けたのは、殺し方云々より、むしろ例えば、中村主水が仕事をこなす時いつもバッサリ剣の冴えを見せるのではなく、脇指使ったり卑怯ともいえるやり方でやったり、とにかく確実に依頼をこなして尚且つ自分も捕まらない疑われない(血痕つけるなどもっての外。逆に言えば東山君の袖切り取りは有り)、という描き方が、無意識的に観てる側に「・・・そうだよなぁ〜・・・」と思わさす部分(つまりある程度シチュエーションや背景がリアル)があったからではないの?
と思う今日この頃。
(それが表われていたのが、御不浄で倒れさしたシーン。アイドル使ってドカーンバキューンみたいなの作るんならこのシーンは汚い。不必要。だけど、世の不条理とか無常を根底に流したいなら重要。とは言いつつ、なんか構図が美しくなかったけどね)

池波正太郎さんの原作を読めば分かるけど、登場人物も設定も変えてもいいけど、「ヒットした原作」が持つ「骨」を無視すると骨抜きになる。
ただの殺し方オンパレード、それもありえない、だとただの漫画。
それもギャグ。

なにはともあれ、TVシリーズ放映を目論んだ設定になってると思う(主水さんはたまにしか出てこなくなると思うけど・・・)、人間関係も面白そうな絡みの設定にしてあるし、向後に期待!

必殺仕事人2007公式サイト


しかし私も時代劇一つでここまで良く書くな・・・
真剣に観てもいなかったのに・・・
・・・雨なんですもの。
タグ:TV 時代劇
posted by 葉山猫 at 14:07| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画&TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

Shrek3 シュレック3

シュレック3見ました♪

面白かった。けど
シュレック1や2を見た時ほどインパクトはなかったかも。
前知識なしで初めて見たシュレックやシュレック2と続けて見たからインパクトがなかったのかな?


感想1:
以前の記事で、日本語の吹き替えのダウンタウンの浜田雅功がこなれてない、と書いたけど、声としゃべり方(語尾を言いっぱなしのような感じ?)が・・・浜田雅功とそっくりに感じました^^;
あ、逆か。
マイクマイヤーズのシュレックの声質に、浜田雅功がとても似ていたと私は感じた、と。
これは驚きだった。

オリジナルの音声を聞いたのが初めてだったので、他のキャラも含め結構日本勢がんばってアサインしたんだー、と。
勉強不足でした。ごめんなさい。

感想2:
ドラゴンの子供達がかわいーーーー!!!!

感想3:
髪の毛のCGが2の方が良かったような気がするけど、勘違いかな・・・

感想4:
バー?飲み屋?のクィーンのママが何のパロディか分からない・・・(´・ω・`)
1からじっくり見れば分かるのかな・・・

感想5:
シュレック2で登場し、私のお気に入りのシーンを今回は逆手に取ったシーンがあった。(笑
噴き出した。
読めてたけど、お約束だけど^^



ここから先はネタバレするので、ご注意

何はともあれ、お勧めかな?


↓ 続きを読む
タグ:映画
posted by 葉山猫 at 17:53| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画&TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

祝 退院

いや、暑いですねー
夏をなんとなく忘れていました。
お風呂場でマイヤー毛布3枚洗って干して汗だくの私です。


ところで祝退院!です。

6月20日から7月5日まで、2週間と2日ですね。
救急で医者が言った日にちとほぼ同じですねー。
さすが蛇の道は蛇。(ん?

暖かい励ましの言葉を下さった方々、ありがとうございました。


結果としては、
盲腸炎は無く、憩室炎でした。
憩室というくぼみ(出来ている人は結構多いそう)に詰まった食べ物が炎症を起こし、その炎症の余波を虫垂も受けてた、って事でした。
(相方曰く、「前日に山盛り(大袋半分以上)食べたピーナッツ(千葉の妹のお土産)が原因だとオレは思う!」私、止めたのにねぇ〜)
抗生物質を投与し始めたら、虫垂の炎症は治まりました。
今回判った事は、相方の家族は70歳になるお母さんも含み、皆虫垂は大事に持っているとの事。
私も持ってるなぁ。未だに。


しかし、16日間のうち、食事が出たのは、都合4日半位。
その食事内容も(相方曰く米のとぎ汁のような)重湯、具のないお味噌汁、具のほとんど無い野菜スープ(ポタージュスープが1回)、そしてジュース。
相方ノタマワク、「食べ物のCMって多いのなぁ〜〜地獄だわ」
だそうです。

ほぼ毎日
「退院したら何食おう〜。ハムトーストとトンカツと寿司!だな!!」
と言っておりました。
(なんてささやか・・・(哀))

最初1週間程経った時、1日半の間食事が出たのですが、即血中の炎症値(CRP?)が上がり、微熱も出、腹痛も若干ながらぶり返し、あっと言う間に禁食に逆戻り。

痛みさえなければ健康な人と同じですので、まぁ〜暇をもて余すもて余す。
途中、介護の資格を取ろうかな、とかで病院の図書室から資格の教則本を借りてきたのはえらい。
(・・・言葉がなくてもできる気配りと癇癪を起こさない忍耐力が必要ダヨ・・・)
でも、心意気やよし!

しかし、相方、10kgほど痩せました。
脚など、ジーンズがだぶだぶ。
はるかな昔惚れた腕の太さも見る影もなし。
腹が立つのは、相方が愛しそうに私の腹部を眺める事。(怒)
ワルカッタワネ。
福福しくて。

でも・・・2週間ほど食べないと10kg痩せるのか・・・
ふ〜ん・・・
・・・
・・・・・・


えーと。
何はともあれ良かった良かった。
炎症が治まらないと、その部分の腸を切り取るという開腹手術と聞かされていたので一安心。
費用は上記日程で15万程。
泣けます・・・


余談:
ハムトースト以外、クリア。(なんでだ?
タグ:憩室炎 入院
posted by 葉山猫 at 14:48| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。