2007年07月14日

ゲド戦記

これも非常に楽しみにしていた映画。

原作:ゲド戦記 アーシュラ・K・ル=グウィン


このアニメは・・・
原作とはまるっきり別のモノと考えましょう。
原作を読んでない人はそれなりに楽しめる「かも」しれない。

私の感想を端的に表わすと・・・
最後の一番盛り上がる手前で、相方と買い物に出かけた、と言えばわかると思いますです。(ひどい奴


======以下原作の感想
私は先に原作を読んでいたのだけど(別巻は除く)、うーん・・・
特に前半3巻までの原作そのものもあまり私の好みではない。
なんというか、ほんとに「テイル」というか、炉辺で話される昔話的な感じと言えばいいのか。
登場人物の心のうちや人間関係は細かく書き込まれず、淡々と語られるって感じかな?
これ自体が悪いというのではなく、私の好みに合わなかったってだけ。
反して4巻目以降は、3巻目との間に十数年置いて書かれ、前半とは違い登場人物の心のうちも書かれ、今良く目にする小説作法?に近くなっている。
ので、私には違和感が3巻以前よりはなかった。
世界構成は好き。
だけど「ゲド戦記」というほど戦記を感じなかった、と言える。(私には

私が「ゲド戦記」に惹かれた(読みたいと思った)のは、昔から名前を良く聞いていた事と、恥ずかしながらゲームの「幻想水滸伝III」の主人公の一人であるゲドに惚れたから!(たはは
このゲーム自体はル=グウィン著のゲド戦記とは関係なく、主人公の名前だけ借りたような気がしている。(まぁこちらも一つのゲド「戦記」であるけど^^;)
なので、思い入れがあったのよねー
どんな物語なのだろう!と。

面白かったけど・・・(原作の事ね
まぁ私の中では一番ではない。
======ここまで

それでも、この独特な世界観を宮崎アニメ(スタジオジブリと聞けばそう思ってしまう)がどのように描くのか、それは非常に興味があったし、期待していた。

だ け ど

これは・・・それこそ「ゲド戦記」という名前を借りた別物です。
別物として考えて、アニメ映画としてもなんというか・・・
一昔前のストーリー?
自分探し、少年成長記、勧善懲悪もの
としても中途半端。


私が感じた違和感は著者がこの映画に関して公表したコメントに正に表われている。

それを読んで分かった事が一つ。
これ、宮崎駿氏はタッチしてないのね。
息子さんの宮崎吾朗氏の作品なのね。

原作者のコメント ← ネタばればれなのでご注意(これから見ようという方は読みに行かない方が無難

まぁ人によるし、ファンタジーモノとしては原作は名高いから話のタネに見るのも一興かと・・・
(でもレンタルでね  ぉぃ



追記:2007/07/15
「ゲド戦記」は原作の邦訳の時につけられた題名で、実際は「A Wizard of Earthsea(アースーシーの魔法使い)」という題名なのね。
Earthseaは、この物語の世界の名前。
(一作ごとに題名がつけられているから、敢えて言えばアースーシーシリーズ、とでも言えばいいのか?)
あースッキリした。
戦記らしい戦記は無いのに、なぜ??と本を読みながらずーっと思っていたのよね。
まぁ奥付読めば原題が載っているのにそれを見もせず、読み進めていた私が不精なのだが・・・
ネーミング自体は語感が良くて好きだけど、内容を誤解させるわねぇ。
(「続きを読む」に更に追記してたり・・・)


↓以下ネタばれ含む
続きを読む


ラベル:映画 アニメ
posted by 葉山猫 at 19:35| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画&TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。