2007年08月31日

ハードに祟る家

熱い!

いや、暑い!!!


・・・


クーラー壊れました・・・

水だだ漏れです・・・


備え付けのクーラー。
相方が常時居る部屋のクーラーと比べたら使用頻度極低。

なのに、
なのに!


このうち(マンション。賃貸)・・・
ここ来てから、機械モン壊れる頻度高いよ(泣

携帯
オーブンレンジ
テレビ
コンピュータ

そして、エアコンかいっ


暑いよー
扇風機つけてるけど、汗流れるよー
人一倍汗かきなのにぃー

何が悪いんだろう・・・
何かを連れてきてしまったのか。
それとも何かが居たのだろうか。

ううううう
窓開けてるけど、二重サッシになってるくらいなんだから、ウルサイよう。


何か分からないけど、ごめんなさい(´;ω;`)
もう、謝っちゃう!(泣
タグ:オカルト
posted by 葉山猫 at 01:15| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

横浜防災フェア

平成18年8月26日(土)・27日(日) 横浜赤レンガ倉庫 イベント広場(横浜市中区新港1丁目1番地)

横浜防災フェア

に行ってまいりました。


暑かった・・・


皆様ご苦労様です<(_ _)>


ついでに。
yokohamaFair_ship.JPG yokohamaFair_car.JPG
船ってどうして格好いいんでしょー。
ハイテクバリバリと帆船。
どちらも好きだなぁ。
装甲車もジープも結構好きなんですけどね。


特別消防車ってのに乗ってみました。
中には、ウェットスーツやらも用意されてました。

思わず

「消防車になんでウェットスーツが?」

と聞くと、

「どこでもなんにでも対応できるように」

とのお返事黒ハート

なるほどなるほど。
運転手席、助手席の後に2シート位しか座席がないように見えたけど、随分といろいろな備品やら装置やらあって、2トン車位の大きさだけど人が一人通路?を通れるくらい。(座席の後は備品棚)
座席周りも随分とモノがあり、窮屈そうだった。

煙体験コーナーの近くに行くと、香ばしい匂いが・・・
鼻をひくひくさせてると、隊員が

「煙体験できますよ〜。結構いい匂いがするんですよ♪」
との事。
体験したかったけど、できず・・・
(あまりの暑さで相方の目が焦点を失っていた)


炎天下の中、アンケートに答えて乾パンゲット。

アンケート:
貴方やご家族は、3日間の飲料水と食べ物を備蓄してますか?
私の答え → いいえ

災害時の避難場所を知ってますか?
私の答え → いいえ

・・・
危機意識ゼロです・・・
ごめんなさい。

避難場所の答え:最寄の小学校(場合によっては中学校)


保安庁にいる知り合いから聞いて行ったのだが、その当人は、制服を着て記念写真を取れるブースで、子供用の貸衣装(制服)のボタン付けを一生懸命やっていた^^;
偉いさんなのに^^;
周りには女子が結構いたのに^^;

そんな大規模な催し物じゃなかったけど、結構楽しめた。
ただ、炎天下のせいか、あまり人はいなかったですねぇ。

小さな消火器のフィギュアもゲットして結構満足。
(・・・ゴミになるのに、なんで貰いたがるののかねぇ、私)

おまけ。
yokohamaFair_bike2.JPG
800cc



posted by 葉山猫 at 19:47| ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 食 飲 旅 乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

証拠隠滅

まず、中華航空機の事故に合われた方にお見舞い申し上げます。
死者こそ出なくて本当に幸いですが、子供さんなど、トラウマにならなければいいですね。



で、
武士の情けか恥の上塗りか


なんで機体のロゴを消すのを許可したの?
事故調さん?

中華航空、事故機のロゴ消す 事故調が許可

今年の2月?インドネシアでも事故機がロゴを消すという事例があったそうだけど、航空産業先駆者の欧米ではあったんだろうか?
そしてインドネシアでこれを行った時、内外の反応はどうだったのだろうか?

事故原因究明には関係ないとして、許可したみたいだけど本当にそうか???

殺人事件の現場で、関係なさそうだからって家の看板や家電製品の社名をペンキで消す事を許可するだろうか?

今回は死者はいなかったのは幸いな事だけど、紙一重だったと思う。
死者がでなかったのは、単にラッキーだったに過ぎない。


飛び散った血痕の向きや大きさで、凶器がどちらからどちらへ向かって振り上げられたとか、キズの位置だとかが分かると言う。
たった一滴でも、それが何が起こったかの推測の手がかりになると言う。

白ペンキで消した箇所に小さな部品が付いてたり、漏れた燃料の跡が残っていたかもしれない。
それとも、「結果として」人死がなかったら事故原因調査っておざなりでいいの?
人が亡くなっていたら同じ事を要求したのだろうか?
そしてそれを許可したのだろうか?
中華航空って記憶にあるだけでも結構事故起こしているよね。
(空中分解とか)

消したいって申し入れがあったとしても、先進国の一角を担い、技術大国と言われ、自前の商業大型航空機メーカーこそなくても、国外産の航空機のハイテク機器の多くは日本のメーカー製だという日本で許すべきじゃなかったのでは?

なーーんか、日本って他国、特に朝鮮半島と中国系には弱い・・・


テレビ見ていて、中華航空側の主張

飛行時には問題なかった
停まるまで燃料漏れはなかった

って言うのに反する事を言っている中国のオバサンや整備士がいるし。
記者会見での中国語のナレーションは、クルー達が入室して来たら

「我らの英雄が来ました!」

だし。
私は中国語は一切分からないから、実際にはなんて言ってたのか知らないけど。


機長がギリギリでコックピットの窓から逃げ出す映像を見たけど、実はその時まだコックピットには研修パイロット?がいたそうで、本当の最後の脱出者はその研修パイロットだったらしい。

船長は最後に退船、じゃなかったのかな。
それともこれは作られた神話?

英雄とはね・・・


英雄つーのは、日航ジャンボ機事故みたいに最後の最後まで諦めずに言う事を聞かない飛行機をエンジン出力の強弱だけで方向を転じさせよう、無事な場所に降ろそうと努力した、あのコックピットクルー達の事を言うのよ。
最後の最後まで家族の事を思い、最後の言葉を残そうとした乗客の事を言うのよ。
もちろんこの方達だけではないけど。


最近の毒物混入や大気汚染、偽卵とかのニュースを聞かされ続けて拒否反応を起こしているのかも知れないけど、今回は日本の体質にもがっかりした。
(訂正です(2007/08/23)
中華航空(台湾)と中国国際航空(中華人民共和国所謂中国)とを混同しておりました。
この年にして大恥!
「中華」に反応してしまいましたね・・・
あー恥ずかし恥ずかし。
でも、これも拒否反応のひとつとも言えるし、とか言い訳してみたり。又言いたい事は変わらないけどー。たはは)


・・・
これもいつもの事か?_| ̄|○
posted by 葉山猫 at 18:40| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

今に何かが起こる

今日昼頃、仕事場からふと目を窓の外に向けた。

向かいのビルには、時刻と気温を交互に表示する電光掲示板(古!)がある。



38度



・・・


体温より高いよ・・・



私の小学生の頃、気温が30度を越えるとテレビでニュースになってた。(気がする。
そして、殺人事件も滅多になく、起こればそれこそニュースだった。(気がする


今は、毎時のニュースで別の殺人事件が報道される。
だれも驚かない。
非常に陰惨だったりしない限り、誰も話題にしない。


そして気温は、40度を超えたと言う。


南極も北極も氷解けるはずだよ・・・


Co2がどうのという京都議定書はどうなった。
日本のライス長官と呼ばれています、なんて、子供じみた自慢を得々としゃべる暇があったら、元環境大臣の経験を生かして他職の大臣だろうと何か考えれ。
っというか、アメリカに京都議定書を批准させろよ・・・
言い出したグループに所属してながら、自分だけは「や〜だもん」ってCO2削減に参加しないっておかしいだろう・・・
(ちなみに私はあの光景をテレビで見るのも恥ずかしく、チャンネルを変えてしまいます。ライス長官をして「アメリカのコ、イ〜ケと呼ばれていまぁす」と言わせるようにしろよ。もう。プライドはないのか。プライドは。あ〜やだやだ。オモネリが鼻につく)



しかし。
中国では、ナンバープレートの偶数奇数で車を制限するらしい。
・・・
ユニークな方法だ・・・
どこの国でもしたことはないんじゃないのか?

日本でやったら、非難轟々だね。
中国は共産主義だ、ある種の独○政治だという事を改めて感じた。

日本も緑を削り、土をコンクリで固めているから、他所の国をどうこう言えないが。

アマゾンの緑は、毎日?野球場?何個分かのスピードで消えて(砂漠化?)いるとなんかのテレビ番組で見た記憶がある。
(今調べたけど検索の仕方が下手くそでたどり着けなかった)

南米大陸のほとんどを覆っていた密林がもの凄いスピードで消えていく。
アフリカ大陸のサハラ砂漠も面積が広がっていると聞く。
モルジブは沈みそうだし。
オランダも苦労しているみたいだし。
もちろん、他の島々国々、日本の沿岸地域でも昔と違う!って言う事が起こっている。


一説?には、2020年ごろには砂漠化がとんでもない事になるという話も聞いた事がある。
どうなるんだろう。

うちでは、私一人の時はなるべくクーラーをつけずに扇風機だけで汗をダラダラ垂らしながらがんばっているけど、それにも限界がある。


さいとうたかをの漫画「サバイバル」の世界にはならないだろうけど。
近いうちに(私達の寿命がある間)に何かが起こりそうな気がする・・・


前に相方と言った事がある。
災害や事故に会った時、結果的に助かるならどんな苦しい状況になっても良いけど(いや、本当は良くないんだけど^^;)、もし最終的に亡くなるなら早い段階で即死させてくれ、と。


神様
地球上の人類はどこへ向かっているのでせう?
タグ:気温 温暖化
posted by 葉山猫 at 00:26| ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

Harry Potter and the Deathly Hallows 読了!

読み終わりました。

7月23日にAmazoneから届いて、ちょこちょこと読み続けてきた。
3週間か。
得した気分♪


ちょこっと感想をば。
いや、ネタバレはさせません(笑


いやー。
良く書いたね。作者さん。
労力、凄かったと思う。

楽しめました。

前に買った「炎のゴブレット」よりも格段に読みやすかった。
うーん。
私の英語力が上がったとは思えないので(オンラインゲームで鍛えているが(爆)、書かれている英語そのものが以前より平易なのでしょう。
多分。

分からない単語はもちろんテンコ盛りでしたが、全部無視。
それでも意味は充分に伝わってきた。(と本人は思っている


いやー
・・・

ほんとに良く書いた、と思う。
うまく考えてある。
著者が「この物語で全ての秘密が解き明かされる」と言っているらしいが、その通りです。(多分

今までの伏線がうまく絡み合ってる。(と思う
大したもんだわ・・・

これ、映画になったらスペクタクルだねー。
楽しみだわ。
今までの○○とちょっと違うので、そこも新鮮。
映画であれば尚更。


ちょっと最後の方で私の英語力が足りないのか、?の部分があったけど、そこは日本語訳で楽しもう。


著者も言っているから書いちゃうけど、このシリーズを読んでて初めて○○ました。
(って何で伏字か。でも著者の発言知らない人もいるだろうから・・・ね。


私にとっては、全シリーズの中で一番好きかな。
英語が良く分かってないせいなのか^^;、過去のシリーズの中でのようにハリーにあまりイライラしなかったし。(おい

でも、これ、謎解きと言い、最早ジュブナイルとは言えないような。
結構、奥が深い。
謎解きの底に流れる考えが、小学校中ほどの年齢で分かるかどうか。
いや、単純に一大エンターテイメントとして楽しんでもいいんだけど。
でも、子供を馬鹿にしてもけいないのかもね。
これだけ世界中で人気があるのだから、きっと子供なりにきちんと何かを感じているのでしょう。
ごめんなさい。

終わり方もほとんど欲求不満を感じなかった。
良く、「え?あの人はどうなったの?あれは?これは?」と悶々とする物語があるけど、今回はそれがほとんどなかった。
いや、日本語で読んだらどうか分からないけど。(その心は、細かいところまで分かるので、疑問が出てくる可能性が・・・
読後感は良かった。

私の中でのNo.1フェアリーテイルではないけど、うーん、やはり私に子供がいたら読ませるでしょう。
そうか。
過去の話でハリーにいらついたのは子供の部分になのか。
そうかそうか。(自分で納得
という事は、これはやはりジュブナイルなのか。
ネタばれするから内容は書けないけど、著者の幼い子供に対する暖かい優しい気持ちが分かるシーンがある。
別の言い方をすると、大人はここまで子供に気遣ってやらないとダメなのか(例え自分が違う事を思っていても)。と言う点で感心?した箇所がある。
そこのシーンがとっても好き。
いろいろな感情が合わさって何回か読み直してしまった。


それと、改めて思ったけど、原書って1ページに対して字が多い感じがする。
改行の仕方なんだろうか?
日本の本は、極端に言うと1文章1行って感じでページ面が構成されているような印象を受ける。
でも、英語の本て、びっちり文章がつながってる。
もう、ぎっちり!って感じ。
過去に読んだ本では、「かもめのジョナサン」以外皆、ぎっちり!って感じだったなぁ。
(かもめのジョナサンは、あれは詩、だったわね)
今回も時々指で文字を押さえてないと、行を見失う時がありました^^;

それと、単語の文字数の関係で、1行当たりに入る単語数が変わって、字間が異様に空いている行が所々にあるのね。
それが私には見慣れてないので、強調文か!と思ってしまうのよ^^;
何か重要な事が書いてあるのか!?とか。(たはは

後、へー、って思ったのは、書体。
日本語は、語尾とか、同じ意味でも複数の単語が使える場合があるよね?
それで文章を読めば、大体の人柄が見当がつく。
女の子なのか男の子なのか、子供か大人か。
教養はあるのか、ないのか。
発言内容のどの言葉に重きを置いているのか。
この作者だけなのかどうなのか分からないけど、重きを置く単語(しゃべる時に強調したい単語)の書体を変えてあったりする。
面白かった。
もちろん英語に堪能な方は、きっと日本語と同じに上記の事も読み取れるんだろうけど。

でも、でもね、後のほうになると、段々分かるようになる部分があるのよ。
面白い事に。
あ、これはロンがしゃべってる、これはハーマイオニーだ、とか。
作者が書き分けているから、知らず知らず分かるようになるんだろうね。
大したモンだ。(注:作者に向けての言葉です。

ただ、ただでさえ必死で意味を汲んでいる所に、訛り?を表わす文章があって、それは時々困った^^;
多分、そう聞こえるようにスペルを変えているんだと思うんだけど・・・
フランス人は単語の頭のhを発音しない、というのを過去に聞いていたので脳内で頭にhをつけるとどの単語になるんだ?とか補完をしたりしたけど、英国のどこかの訛りみたいなものは、もう・・・お手上げでした_| ̄|○
分かる所だけ拾って後は想像。(ほーっほっほっほ


ともかく、自分の記念に記事にしてみた。
面白かったですよ。



ネタばれでない?と思うけど、


続きを読む
posted by 葉山猫 at 00:31| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本 活字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

一円の買い物

給料(無役の議員)月額137万5000円(ボーナス718万円)年収2400万円
文書交通通信滞在費(非課税)毎月100万円年間1200万円
立法事務費(非課税)月額65万円(年間780万円)
海外視察費(非課税)年額最高170万円まで支給
議員秘書の経費年間最高で約3000万円

昔、秘書の給料をピンハネしてたとか、名前だけ借りて給料全額議員の懐(事務所経費?)にしてたとかで、何人か辞めていきましたねー。


あ、冒頭の5行は議員のお給料及び支給される経費の一部?です。
議員の給料については↓
辛坊治郎氏のブログ 国会議員の給料 参考
他にちゃんとした条文が書いてあるサイトももちろんあったのだけれど、読むのが辛かった^^;


今、自民党、民主党等が領収書を添付するにあたって「いくらからか」で鳩首協議しているようですね。
自民は、1円からは無理!とか仰っているようで・・・


私は聞きたい。
この今の日本で1円の買い物した事ある人、手を上げて?

ほらほら、手を上げて?


いないだろー・・・
絶対にいない、とか断言はしないが、特に領収書がいるようなもので、1円の買い物をした事がある人って、まずいないと思うが。

そりゃ、PHS・携帯等で新規契約の人のみ、「1円」というプライスカードを通りで見たことはあるが、そうそう何台も「頻繁に」買うものではあるまい。


特に領収書がいるようなもので」と書いたが、自民党で反対している人は、自販機で飲み物を買ったらどうするんだ、とか、切符買ったらどうするんだ、領収書貰えない、とか訳の分からん事を言ってるらしい。

あのさ、1本2本単位で買う飲料代を経費で落とすの?
切符ってそもそも議員は、国内におけるフリーパスを貰ってるのではないの?

もし!仮に!なんらかの理由で同行しているスタッフ、もしくは顧客接待?でどうしても缶、ペットボトルの飲料を提供しなくてはいけない?のなら、自販機でなくコンビニへ行け。
領収書くれるぞ。
スタッフの足代だったら、カードを買うでも、100円単位でもかまわんだろう。(カードだったら領収書はもらえるし、交通費の100円単位は企業では領収書なくても処理されている)

しかし、自分もしくはスタッフが出先で自分の嗜好で飲むものまで経費で落とすのか、と飽きれた。
まず、こういう事が頭に浮かぶってのが飽きれた。
どういう神経してるんだ・・・
自分ではいい所をついた!って鼻の穴おっぴろげているのかなぁ。
(朝青龍の最初の医者をちょっと連想した。自分では阿呆な事言ってるって分からんのだろうなぁ)
会社員でそんな事したら、叱責される。
出張等で1日いくらまで、の食事代が出る会社もあるけど、「飲食代として。¥110」とか書かれた領収書を経理に出した記憶は断じてない。
会社によって違うが、いくらまでだったら稟議書を上げずにモノを買えるって言うのはあるけど、それだって領収書はいる。

他に慶弔費は領収書取れないじゃないか、とかも出ているらしいが、問題が違うと思う。
経費の使い方に不明確な部分がある、という問題をどうにかしよう、って事で、じゃぁ領収書をって話でしょう?
企業等で会社から香典出す所もあるけれど、領収書なくてもちゃんと経理上では明確にされている。

なんで、なんでもかんでもバカの一つ覚えのように、「それだったらこれはダメじゃないか」とか「これだったら、こういう時あるからダメだ」とか・・・

要はお金の使い道が明確で筋が通っていれば問題ないのに、領収書を添付ってなったら、1円からかとか香典はどうするんだとか、缶コーヒーはどうするんだとか、バカじゃないの?と言いまくりたい。
経費の使い方に筋を通すには、がキーであって、領収書をいくらから添付するかなんて枝葉末節。
アンパンの胡麻。(大事だけど小さい)


何べんも書いてきたけど、一般の企業(中小も含む)で出来ている事がなんで国をあずかる人間ができないんだ?
冒頭に上げた費用をもらっているにも関わらず。

ただどこかで聞いたが、アメリカの様に専門の調査スタッフ(軍事だとか農作物とか自分が訴えたい分野)を揃えたり、本来の仕事をきっちりとやろうとするととてもじゃないが、日本で決められているスタッフの人数ではやっていけないらしい。
だから学生のボランティアを使ったり、地元の後援者関係のボランティアにお願いしたりしているらしい。
だが、そんな話を日本で聞いた事があるだろうか?
やっている議員がいるなら、声を大にして宣伝して欲しい。
議員を選ぶ大きな要因にできる。



おまけに
文書交通通信滞在費(非課税)毎月100万円年間1200万円

は、現在領収書無しだし、貰いっきりだとの事。
つまり、何も言わなくても毎月100万円貰えて、まったく使わずに貯金する事も可
実質お給料だわね。
いや、非課税だから、もっと良いものだわ。
領収書も無しでいいから、何買ってもばれないわよ。(くすっ
テレビで経費を報告する書式を映していたけど、A4横判で、まー簡単な事。
「文書交通通信滞在費」欄なんて1行よ。1行!
十把一からげ(こんな言葉あったっけ)で、「総額いくら」で終わり。

まっ、いいわねぇ。

会社の出張で前渡し金多めに貰って、余ったからと言って本人がガメたって話聞いた事がない。
(いたら少なくとも始末書モン)

いいのぉ。

というか、上記の文書交通通信滞在費って何?切手代?電話代?FAX代?あ、これは電話代か。
最近ならインターネットのプロバイダ費用とかか。
滞在費は・・・ホテル代・・・食事代も含むのか?
これって、議員本人の使用に限るの?
それとも同行したり、議員の用事?で単独で外出したスタッフの分にも使っていいもの?

毎月100万だったら、どんな郵送物を送っているのか、どんな電話をしているのか、どんな豪華なホテルに泊まっているのか。
使いでありそうねぇ。
「毎月」だもん。



領収書は1円から。
香典代などの領収書を取るのが無理なものは、一般企業が処理しているように処理する。

簡単じゃない。


あーーーもう。
暑いのにバカな事で光熱費使って協議して欲しくない。
地球の温暖化を促進しているゾ。




ところで、今回の記事を書くのに議員のお給料調べてたら、↓ の記事を見つけた。
一般の人が自民党の立候補者の候補として申し込んだ話だ。
2005年の話で3話、これらの記事だけをざっと読んだだけだけど、興味深かった^^

いい国作ろう!「怒りのぶろぐ」自民党公募体験談(爆)〜その1
posted by 葉山猫 at 16:10| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

周りの功罪 (功はないか・・・

まだこのネタを引っ張る私です。

さきほど作った卵トーストサンドを大口開けてほおばったら、左の顎の付け根あたりでブチッと音がした感じがして、噛む度に何か擦れるような違和感が・・・鈍痛するし。
ぶちぶち言った罰かなぁー


それはさておき。

ここ数日書いた記事内容に変わりはないけど、頭の片隅にあり特に今日のテレビ番組などでコメンテーターが言っていた内容を聞いて思ったことをば。


話題が大元の、怪我なのにモンゴルでサッカー活躍、よりも横縞ネクタイ医者が言った内容に移ってきている。

元の
疲労骨折(便宜上この言葉を使います)で全治〜の診断書を提出して巡業を休んだのにも関わらずモンゴルでヘディングサッカー



帰国して相撲協会の処罰を聞いてからの、抑鬱状態+それに伴う危険性+モンゴル帰郷

っていうのは、別問題として考えなくては。
です。

大元の問題はもう弁明のしようがない事だと思う。

後者のは、
嬉しそうにテレビカメラの前でしゃべった医師が「一番」の問題だと思うなぁ。

先の記事で今の朝青龍の状態は誰でも経験している事だ、と書いたけど、だからこそ、その状態を身近な心許せる人間に愚痴る、というのは有り、だと思う。
元千代の富士辺りだとそういう事も言わずにぐっとこらえるだろうけど(というか千代の富士だったらこんな問題は絶対に起こさないけどね)。
例えば、の話ね。

身内にこぼす位は許せる。身内の前でぶすっとするのも分かる。
我が儘になるのもまぁ許せる。
誰でもするだろうし。
ただし、それが表に出ない、公の場での言い訳に使わない、という条件がつくけど。
だから、実際にどのような経緯であの医者がテレビカメラの前で言ったのか知らないけど、あの医者が「主治医」として公式?のコメントのように発表した事が浅はかでその後の問題を大きくしたのだと思う。

結局、あの親方の存在が感じられない医者の発表自体が、親方と朝青龍の関係を表わしていると思うし。
違和感がある。
思いっきり。

親方が普段からしっかりと信頼関係、上下関係を築いていれば、医者の診断の場にも同席しただろうし、同席しないまでも結果を世間に公表する前に親方に相談したのではないだろうか。

だから医者の影に朝青龍がいようといまいと、医者の発表を勝手にさせた素地を作ったのは親方だ。
そして件の医者がどの程度の腕か部屋との関係か知らないが、浅はかなもの言いをする医者を遠ざけられなかったのも親方の責任だ。
件の医師のコメントを聞いた後でも、「あれはまだ正式の発表ではない。途中です。これからきちんと今後の対応を考えます」とでも言えば良いのに、輪をかけて・・・
かばい方を間違ってる。


相撲協会が沈黙を保っているのも、この親方と朝青龍の周りの人間のしゃべりを聞いていて、「勝手にやってくれ。判断はくだした。もう知らん」という気持ちではなかろうか。

素直に謝って、とりあえず大人しく謹慎状態に入っていれば、しばらくして(一ヶ月以上経って? これは最低線)の温泉治療のためにモンゴルに帰りたいとかの希望も通り、態度や予後が良いのでって事で早めに謹慎処分や休場処分も解けたかもしれない。
もしかしたら。
なんてったって「懲罰」なんだから。
ルールで決められたものでない懲罰は、態度に改善が見られたら軽減される事もあるのだよ。可能性としては。
実際の身体の不調を直す治療期間は短く出来ないけど。


特にモンゴルの人に言いたいが、誰よりも2人横綱になった事をうれしく思い、今後の場所の取り組みを楽しみにしていたのは日本人だよ。
それに、懲罰を申し渡した直後で、まだその懲罰もきちんと発動もしていない段階では言った内容は撤回できないですよ。
いくら厳しすぎたと内心思っててもね。
それをしたら今後が続かない。
だからこそ、言われた直後に「精神的に」具合が悪くなったとか、限界だとかの発表は子供がだだこねている、と言われてもしょうがない。
相撲協会の心象を悪くするだけで良い方向には向けないよ・・・


件の医者が言った事や親方の言っている事は、繰り返すが、極々身内に向けた子供っぽい愚痴や態度だと思う。
それを公の場で口にするからおかしくなるのよ。
例え、朝青龍が、「〜さんの口から言ってよ」と言っても、それをしちゃいけなかった。
それを止める常識が周りの人間に必要だった。


そしてこの問題が引き起こした朝青龍の立場(体調)が一人歩きして、ほんとに横綱廃業、角界引退になりかねない。
もうたくさん金稼いだからいいや。って本気で思ってるならもういいけど。
でも同じ引退でもこんな引退の仕方はイヤだよね。

モンゴルの人達も本当に朝青龍を思うなら、これ以上日本や相撲協会の事を非難、批判しない方がいいと思う。
口を封じるつもりはないから言い方を変えて・・・
このままだと悪影響を及ぼすと思うんだ。
朝青龍に対して。
そもそもの事の起こりやこれまでの振る舞いが日本人のメンタリティを逆撫でする事をしてきているのだし・・・
タグ:朝青龍 相撲
posted by 葉山猫 at 12:32| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

矜持 教示 今日

最近、ちょっと自分では大丈夫だろうと思ってやった事で相方からえらい怒られました。
そんなに怒らなくても、と自分勝手ですが大変不愉快だし落ち込んでいます。
素直になれずにすねていますので、気が向かない時は返事も遅く、しゃべりたくない時はだんまりを決め込む時もあります。
食欲もわかないし、もちろん自分で食事を作るのも億劫です。
できれば、お母さんの作った手料理を、無論自分の好きな料理だけを食べていたいです。
そして、自分の好きな場所でゆったり、仕事とか周りのごたごたとか離れて気儘に過ごしたいです。



こういう私を診断してください。
本田昌穀医師。



ただいま。と言う事で追加:↑ちょっと訂正してみました。

私も鬱状態一歩手前になるのでしょうか?

(念の為、上記の事実はありません(笑)


昨日の記事についたトラックバックを拝見した時は、まだ続報があるという事も知らなかったし、詳しい内容も知らなかった。
(「自分なりの判断のご紹介」さん、ありがとうございます<(_ _)>)
今朝のニュースを聞いて非常にがっくりきた。

今日の悪徳不動産屋の独り言さんの記事に全く同感だけど、この本田昌穀医師について、そちらの記事のコメントから飛ぶサイトに面白事が書いてある。(勝手に紹介させていただきます。すいません。問題あったらコメント主の方、poohpapaさんお知らせください)



この医師の会見?を見て一番最初に思った事は
「なんで心療内科の医者がいきなり???」

普通、整形外科なり、大元の怪我?を診る医者が見解を述べるんではないの?
この医者、包茎手術をしているそうだが、それは形成外科か?
まぁ日本では専門医の資格試験はないと聞いているので(間違っていたらごめんなさい)、何科の医師を名乗っても自由なのだろうが。

うさんくさいなぁー
非常にうさんくさい。

朝青龍さん
ミソつけたよ。
却ってマイナスイメージ大。
特大。
ヒュージ。

出だしで書いたけど、人間誰しも注意を受けたら面白くない。
それが重い罰を受けたのなら、非常に落ち込むのも場合によっては怒り狂うのも普通の事。

まさに本田医師が言ったような状態になる。
誰にも会いたくない。
しゃべりたくない。
話しかけられても生返事かだんまり。
どこか自分を受け入れてくれる場所に逃げ込みたい。
食欲もなくなる。

でもそれをもって鬱状態って言ったら、日本全国全員鬱予備軍。
現実逃避をいちいち実行していたら、社会人はやってられないぞ。ぉぃ。

妻も子もあり大金稼いでいる(こだわる^^;だって、毎月の給料280万以上、懸賞金一場所?一取り組み?平均約1200万、優勝したら賞金1000万。単純計算で優勝したらたった一ヶ月で軽く2000万以上入るんだよーー!)プロだろう・・・


私は以前(20年ほど前)勤めていた会社の上司を自殺で失っている。
朝通勤の地下鉄に飛び込んでしまわれた。
後で分かった事だが鬱で医者にかかっていたそうだ。
でも会社ではとても元気。
とても鬱だとは思えなかった。
上司と仲の良い方も全然知らなかった、と言っていた。

なので、いろいろな症状があるとは思うけど、「鬱です。病院通っているんです」って聞いてもいないのに自分から”簡単に”周りに言いふらす人は、まず最初は横目で見てしまう。
(はっきり言って偏見です。ごめんなさい)

朝青龍が実際鬱の予備軍だとしても、この発表の仕方はマイナスイメージ以外の何者でもない。
患者に対する守秘義務違反じゃないのか(別の言い方すれば朝青龍が言わせているのではないのか)、そんな重要な話題、親方不在で言ってしまっていいのか、などなど・・・
多分この発表もこの診療内科医?の本田医師と朝青龍との間だけの話で発表してしまったのではないか、と私は感じる。
もし朝青龍も承知してなくてこの医者だけの判断で発表したとしたら、朝青龍と高砂部屋は怒っていいと思う。
イメージダウンだ!と。

ニヤニヤしながらしゃべっているのも気に食わん。
貴方の着ているシャツ見て、神経衰弱になったんじゃないの?
とか言いたくなる。(袈裟まで憎し、の八つ当たり
最近弁護士もそうだけど、この医者、医者としての矜持を持っているんだろうか。


でも高砂親方の
--------------------
「ほとんどしゃべらず、ぼーっとしている。会見を開くのは難しい。私もびっくりした」と述べた。また、「病状を打破するために、おれもできる限りのことをする。もう少し辛抱しろ。参ったといったら負けだから頑張れ」と伝え、朝青龍はうなずいたという。

普段良くしゃべるのにしゃべらないから俺もびっくりした。
--------------------
もなんだかなー。
優しいね。随分・・・
大きな話題を引き起こした部屋の責任者の言う事かな・・・
言い換えれば、社長だよね、親方って。
親(代わり)でもあるから、一般企業の社長の責任の取り方とは違うだろうけど、「親方」としての自覚もあるんだかないんだか・・・

怒る時は怒り、バックアップする時は思いっきりバックアップするって形でないと、ああいう己の力だけで階段を上がり、自分の立場を守る人間には信頼されないのではないの?
親方としての矜持を持ってくれなければ・・・



サッカーで球蹴っていた時は楽しそうだったんだから、ボーっとするようになったのは、予想外の反響があって処分が下されてからでしょう?
鬱のきっかけは人によってそれぞれだろうけど、今回のは誰が聞いても自業自得、と言うと思うよ・・・冷たいようだけど。

相撲界のテッペンに立つ横綱。
100%パーフェクトに品行方正になれと言わないけど、
その頂点に立つのに「叱られたら鬱状態になった」って、子供じみたレッテル貼られてこの先どうするんだろう・・・

あの医者の登場は本当にまずかったと思うよ・・・
誰か親身になって、ある業界のテッペンに立つ、という事、社会人である、という事を朝青龍と親方に教えてやって欲しい。




朝青龍を擁護しているモンゴル国籍の人達にもちょっとだけ言いたい。
残念だよね。
でも日本人が怒っているのは、仮病じみた振る舞い、つまり「ウソ」を付いた事だよ。
いや、ウソと多くの人が感じるような行動をした事に対して怒っているんだよ?(と私は思う

朝青龍のモンゴルでの柔道指導者が「たかがサッカーしただけで」と相撲協会を非難していたけど、「サッカーをした事」で怒っているんではないと思うよ。
例えば、フィールドに出たとしても、一歩も動かずというのはオーバーだが痛みをこらえるような顔をしつつも笑顔、もちろん走り回る、ヘディングなぞしない、って言うような情景だったら、好意的に解釈する人がほとんどだったと思う。
ここまで厳しい処罰はくだされなかったと思うよ。
あの映像は見た人全員が「ぉぃおぃ」の世界だよ・・・

逆のパターンを考えて欲しかったな。
モンゴル相撲の横綱格を日本人が持っていて、その日本人がモンゴル相撲での大事なイベントを病気を理由にしてキャンセルして日本に帰り、「え?病気じゃなかったの?」って言うような日本での光景をモンゴルで報道されたらどう思う?

新聞も「日本の相撲取りの記録をモンゴルの朝青龍に破って欲しくないからだ」等と書いているらしいけど、もしそうなら、そもそも相撲界に入れなかったし、予想外に強かったとしても横綱にしなかったと思うよ。
あまりに強くてやむを得ず横綱にしたとしても、もし、上記の様なストップをかけたければ、この問題以前の反則負けの時やら、他部屋の力士に怪我を負わせた時やら、足蹴、など等の時にその都度何かしたと思うよ。
(今はしなかった事が問題視されてるけど)
集客できないかも、と心配で怒りながらも罰則与えなかったのが、とうとう我慢の限界を超えた、って事だと私は思っているけど。
まぁ確かに白鵬というもう一人の横綱がいる、というのは大きな要因になってると私も思うけどね。(だから相撲協会も矜持を持って欲しい)
でもそれとは別に、やはり今までの個人対個人的(もしくはプライベートな催し、グループ)なルール違反とは違って今回は「ウソ」(と皆が感じる)が関係しているから。
どう見ても「うっかり」「つい力が余って」「知らなかった」じゃない確信犯的なうさんくささ(ウソと感じる)が漂ってるから拒否反応が起きているんだと思うよ。

相撲の人気を盛り返すのに強い力士が欲しくて、ファンを増やしたくて、オリンピックやらにも種目として登録して欲しいと思ってる、なんて噂があるくらいなんだから、国際化は承知の上で、記録も破られたら却って盛り上がる、とか位思ってるんでは、と思うけど。



モンゴルは礼儀を尊び、親や目上の人を敬う風習があるよね?(と聞いている
多くの日本人はモンゴルに対し親近感を持ってる。(と思う
ジンギスハンとかでね。
憧れも持ってるよ。
地平線が見えるような広大な平原。
そこをたくましい馬が疾走している。
その背には力強く、熱い血潮の漢達がまたがり、女性は心優しく子供達は限りなく無垢で、っていうような。(私のイメージだけど
もちろん東京と変わらないような近代的な大都市があるのも知ってるけどね。

そのイメージと自分が楽をしたい、というための「ウソ」とは合わないんだよね。
いや、「ウソ」じゃない、と言うのならそれでもいい。
じゃ、自分が所属する生活の糧を支給してもらっている部屋、親方、相撲協会の顔を潰した事、朝青龍に会えるのを楽しみにしていた大人や子供達の期待を潰した事をどう思う?
今までも先代の親方の葬儀に出ずに勝手にモンゴル帰っちゃったり。
それどう思う?

2007年6月10日前後のハワイ巡業には参加してるんだよ?
この時には疲労骨折してなかったか、気が付かなかったか知らないけど、所謂リゾート地の巡業(2日間)には参加していて、気持ち良さそうにクルーザーから海に飛び込んだり。
こういうと北の人に怒られるけど、リゾートとは関係ない日本の北の地方巡業には行かない?、で自分んち帰っちゃう?
と思われても仕方がないよ・・・
それだけ注目を浴びる存在なんだもん・・・


モンゴル人の誇りと矜持を保って、日本の社会で尊敬されるような人間になれ、と言ってもらえないだろうか。

日本の相撲協会も親方も今一へなちょこだけど、「筋の通らない事をしたら(日本での)親と思って思いっきり叱ってやってくれ」と言ってはくれないだろうか。





いやー、久しぶりに超特大長文。
最後までお読みくださった方、ありがとうございます。<(_ _)>

尚言わずもがなですが、本当の鬱病患者の方を貶めるつもりはありません。
イメージダウンとか、叱られただけで、等の発言ですが。
あくまでも今回の一連の出来事が確信犯的な流れから起こってあの自称心療内科医の発言タイミングと発言内容がうさんくさく感じられるためです。
タイミングと発表の仕方がね・・・
念の為お詫びとお断りを<(_ _)>
タグ:相撲 朝青龍
posted by 葉山猫 at 23:22| ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こんな医師に診察してもらいたい

最近身体がだるくて、何をするにも気力がわかないんです。
自分勝手な気分になる時もあるので、気が向かない時は返事も遅く、しゃべりたくないときはだんまりを決め込む時もあります。
食欲もわかないし、もちろん自分で食事を作るのも億劫です。
できれば、お母さんの作った手料理を、無論自分の好きな料理だけを食べたいです。
そして、自分の好きな場所でゆったり、仕事とか世間のごたごたとか離れて気儘に過ごしたいです。




こういう私を診察してください。
本田昌穀医師。


思わず書いてしまったけど、出勤の時間なので続きは帰ってからしよう。
タグ:朝青龍 相撲
posted by 葉山猫 at 08:39| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

プロ意識 朝青龍

朝青龍問題

テレビ等のコメントで「国技だから」という方がいるが、私はちょっと抵抗を感じる。

この「国技」と言っている方は、「神聖な」って意味も込みで使っているような気がする。
曰く「神に奉納したのが始まり」とか。

モンゴル以外にも確か相撲と良く似たスポーツはあったと思うし、「神聖な国技」という伝家の宝刀はもう使えない、使って欲しくない気がする。

あくまでも私個人のイメージだが、外国人力士を率先してスカウトしだしてからは、あまり大きな意味(神聖とか)を「国技」に持たせてはいけないような気がする。
単なるプロスポーツでもいい。
いや、もう単なるプロスポーツになったと思う。
(外国人力士を否定している訳じゃないですよー)


かといって、今回の朝青龍の行動を許すか、と言われれば
「ふざけるな」
である。
今まで一人横綱だったけどもう一人横綱ができたし骨休みをさせてって気持ちがあったのでは、とか、もう一人横綱ができた途端に掌かえすように厳しすぎるとか、とかいろいろ擁護する方もいるけど、冗談じゃない。である。

テレビで見たが、どう見ても「腰」を「疲労骨折」しているようには見えない。
私自身、かかとの小さな小さな剥離骨折をしただけで歩くのも痛かったのだから、ジャンプや腰をひねってのヘディングやら、ぉいぉい!である。
仮に(最早決め付けてる^^;)本当に疲労骨折してて、あの時は痛みもあまりなかったからついがんばっちゃったのよ〜、も冗談じゃない。である。

「プロ」でしょう?
お給料貰っているんでしょう?

会社員だって付き合いで、出たくも無い慰安旅行や忘年会やら出てるのに・・・(関係ないか^^;

(夏)巡業が相撲の世界でどういう位置づけなのか知らないが、朝青龍が大金を稼げているのは、日本という小さな小さな島国に住んでいる「日本人」に支えられている事を忘れないで欲しい。
(海外在住の方や海外にもファンがいる事は知っているけど、数の問題ね)
この人達がお金を落とすから給料が出ているのではないの?

国技だなんだという前に、「『プロ力士』だろ?」と言いたい。

プロであれば、自分の身体に気をつけるのは当たり前の事と思う。
プロ野球選手もどこそこを冷やさないようにしている、とか、投手は指や爪を傷める可能性があるから、ボーリングはしない、とか聞いた事がある。
もちろん人によるだろうから、言い換えればプロ意識が高い人と低い人がいる、って事なんだろう。

ばれなければ問題にはもちろんならなかっただろうけど、その場合でも腰や足、首を痛める可能性がある遊びをやるか?と疑問が沸きあがる。
ましてや、「疲労骨折」しているならば尚更である。

ばれるばれないに関しても、元プロサッカー選手の中田が一緒なんだから、日本で報道されない訳がない。

なんというか、甘く見られたね〜という一言だね。


本人が一番悪いけど、親方が別の意味で一番悪いのではなかろうか。
それとも、真っ赤になって怒っても部屋内で罰則を喰らわしても言う事を聞いてくれないのだろうか。
相撲協会もね。
ここら辺はテレビなどでも散々言われているわね。


私は朝青龍が嫌いだった。
(髷つかみとか怪我を負わせるとか過去のモンゴルへ勝手に帰るとかいろいろで)
でも、相撲と関係ない場でのインタビューや受け答えを聞いていると、
「あら、案外良いじゃない。随分印象が違うわー」
と、相撲関係でのごたごたを知らずに見ていたら、単純な私だと応援したくなる印象を持った。
モンゴルを大事に思っている点も好印象を持った。
だからこそ、悪い印象を忘れるようにして公平に?眺めるようにしていたのに・・・

謹慎の間だけでも家族が日本へ来て一緒に住めるといいな、とか仏心を出してみる。
タグ:相撲
posted by 葉山猫 at 23:27| ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。