2007年11月30日

大毅ーー!(笑

一言。

大毅ーー!

そのセーターはなんじゃーー!(笑


誰か会見に出る前にきれいにしてやれよ(つд・)

ほんとに女手がない(勝手に断定)ってのはこういう事か(つд・)と思わせるわ・・・
今までもそう感じた時があったけど・・・

まぁ会見ももうちょっと言葉が欲しかったけど、まぁいっか。
それにしても兄貴・・・えらそうだな(笑
まぁ、いいけど(笑


ラベル:亀田三兄弟
posted by 葉山猫 at 14:11| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

文化の違い?女人禁制を思い出す

随分と遅い話題だけど。
(そうでもないかな?今日「来日」だから?)

内館牧子さんが言っていたが
「朝青龍はもう私の中では引退した人ですから(笑」
聞いて、すっきりした。


彼女は横綱審議会のメンバーになった時に
「理事長(うろ覚え?)よりも誰よりも保守的に(相撲を?角界ではないと思う・・・)守ります」
と言ったそうだが・・・

敢えて、物分りの良さげな事を言わずに自分のポリシーを貫き、それを公言する所が、最近の男性にもあまりいないので拍手したかったりする。

彼女は随分前に週刊文春で相撲に関するエッセイを連載していた。
私は相撲にはほとんど興味はなかったけど、彼女のエッセイは面白く読みやすく楽しみにしていた。
そこで思ったのは、本当に、随分とお相撲が好きな人なんだなー、という印象。
相撲に興味がない私でも面白く読めたのだから文章力もすごく、後で知ったが彼女は元々脚本家?物書きだったのね。
私は、読みやすい文章を書く人は頭が良い人だと思ってる。
もちろん発言に関してもね。
人が理解しやすい文章を書くってのは、本人がその物事を良く理解していて、まとめる、分析する、相手が何を知りたがっているか、自分が何を言いたいのか、ってのが把握できている人だと思うから。
私みたいに言っている(書いている)途中で、話がずれていって長くなるのはあんまり頭が良くない(笑

彼女が書いた「女はなぜ土俵にあがれないのか」は読んだ事がないけど、”宗教的儀式としての相撲の歴史と伝統を検討した上で、文化論争を抜きに、伝統の世界に男女共同参画の観点を安易に持ち込む風潮に疑問を呈した。”(Wikipediaより)
という要約は、我が意を得たり、と思う。


何故、こんな事を長々と書いたかというと、ちょっと前のニュースで
「朝青龍が7匹の狼をしとめた!」
とか言うニュースがモンゴルで報道された、云々というニュースを日本で報道していた時にある事を思ったからだ。

モンゴルでは狼は神聖なもの、自分より格上の生き物にしかその生命を捧げない。
その狼が7匹!も朝青龍の前に姿を現し、生命を捧げた!
だから朝青龍はやはりものすごい英雄なんだ!
という論法だったらしい。

ただし、その狼狩りツアーは、モンゴルの著名人?政治家、芸能人など引き連れた?お金持ち狼狩りツアーだったらしい。


私に言わせれば、金にあかせて勢子でも雇って狼を追い立てたんだろう、とか、ヘリコプターや許せる限界の快適な環境を用意して行ったんだろうとか思い、狼大好き!な私としては、憤懣やるかたなかった。
狼って、今保護動物だろう!
(モンゴルでは知らないが・・・)

でも一番言いたい事は

血まみれの手を持つ人間を土俵に上げていいのか?

という事だ。
日本でのニュースでは、この点を言っていた人は誰もいなかった気がする・・・

日本の相撲取りでも、江戸時代とかに熊?を素手でやっつけた、とかいう武勇伝を持っている相撲取りがいたような記憶があるが、本来相撲は神様に献上するもの、っていう誇り?が角界にはあったはず。

いくらモンゴルでは「狼狩り」は神聖なイベントなんだと言っても、それは違うというような気がする・・・
だってさ、
刀鍛冶の現場や土俵や山とか修験場に、女人禁制(やっと話題が・・^^;)ってされてるのは、女が「不浄」って言うからでしょ?
で、女が「不浄」ってのは、月に1回血を流すからでしょ?
他にも乙女だったらいいけど、既婚者(つまりセックス経験者)の女性は「禁」って行事や場所は世界中にある。
それに、確か・・・
神聖な場所に入るときは、生臭モノを食べない(殺生しない)、体等を清めてから入るって聞くんだけど・・・


女人禁制に関しては特に女の私に言わせれば、「ちゃんちゃらおかしい!」ってしきたりだけど、まぁ確かに出血中は血がそこらについたら不衛生だし見た目不潔だし、昔だったらそれは尚更だろうし、セックス経験者の女性はセクシー?だから男が惑わされて仕事がおろそかになるのも分かるから、まぁ普段は黙っているが・・・(笑

で、ここが問題なのよ。
土俵って女人禁制でしょ?
女人禁制の本当の理由は知らないけれど、私は上に書いたような理由だと思ってる。
月一度以外にも、出産時とかにも出血するからね。
それら血に関した事が経巡り、女人禁制になったと思う。

男でも神聖な場所に立ち入る前は精進潔斎して生臭モノを食べない、殺生しないってのもある。
ならば、血まみれの手を持つ人間、それも横綱を土俵にあげていいの?

と疑問に思う。


イノシシや熊を退治した相撲取りが過去に日本にいたとしても、それは今とは又違った状況だったと思うんだけど・・・
自分一人がひっそりと禊?のような感じで、誰にも言わず、森林か荒野に分け行って狼を1対1でしとめてきたってなら、まだ理解できるけど、わざわざ金をかけて大勢で行って、どうせ銃でしとめたんでしょ?
そんなの、金持ちハンターがやるライオン狩りや虎狩りと一緒じゃない。
敷物や剥製にして喜んでるのと一緒。

誤解しないで欲しいのは、モンゴルでの言い伝えや行事を否定するって事じゃないって事。
モンゴル人のメンタリティで、モンゴルでのしきたりを行うのは良いって事。
だけど、彼は他国(日本)で金を稼いでいる。
それも、日本という特定の国の特定の業界で働いてて第一人者(行動規範の模範)とされている事が問題。

もし、他の国出身者が人肉を喰うのは、死んだ人間の能力と精力を取り入れる事なので徳の高い人、強い人間程ありがたく喰われるから、それを喰ってきました。
って言ったらどうなるんだ?
(これは極端な例だけど。でも人肉を摂る地域ではこれが理由だったと記憶している。で、この地域の人がこの風習を「自分達の関わりの中だけ」で実践するのは私はかまわない。私はできんが)


つくづく思うのは、彼は「日本」の相撲を愛してないって事。
「日本」にも愛着なさそう。
「日本の相撲」は、あくまでも金銭を稼ぐ手段。
相撲じゃなくて、アメフトとかプロレスとか他のスポーツからオファーが来て金稼げまっせぇ〜って言われたら、とっととそっちへ鞍替えしそうってのがプンプン臭う。

結局、こういう事をするべぃってなった時に、こういう事をしても日本では受け入れられるか?、まして自分は謹慎を食らってた身分。
「親方、どうでしょう?」
と聞かない、聞く気がないって所が問題なんだろうなぁ・・・

いや、あの親方だったら、
「んーー。お前がしたいんなら・・・ま、いいんじゃない?」
って言いそうだが・・・


それとも・・・
私の感じ方って変なのかな???
狼を自分の都合で「わざわざ」その目的(殺す)ためだけにツアーで行って、実際に殺して来る。
それも何匹も。
ちなみに狼は、自分の身に危害が及ばない、腹が減ってなければ人襲いません。(まぁこれは他の動物でも一緒だろうが)

ましてそれが、あちらの著名人、有名人とツアーで行ってる・・・

本当に考えが足りないというか、日本を、日本の角界をなめてる?
と思う私は変?

大体、親方がモンゴルに行って3日?かなんかで帰って来るなよ!
せめて実際の治療が施されるのを確認してから帰って来いよ・・・

他にもちょこちょこなんかやってたらしいし・・・
足首捻挫したとか・・・
なんで、そういう時親方は飛んでいかないんだろう・・・
仮に「大丈夫です、ちょっとひねっただけです。すぐ直ります。」と強く主張されても、モンゴルへ行った経緯が経緯なんだから、
「おぃおぃ、あいつ大丈夫か?又問題起こしかねないんじゃないか?」って様子見に行けよ・・・

変にかばったり気を使ったりするからなめられるんだよ・・・
それに相撲協会も・・・
こっそり謹慎解いてるし・・・

ほんとに帰って来て相撲取った時に勝って欲しくない。
これで勝ったら・・・
他の相撲取り何よ!
日本の国技、なんて看板下ろしちゃえ!
私は全然困らない(ぉぃ

けちょんけちょんに負かして、引退に追い込め!
相撲は甘くないんだって思い知らせろ!
それが何百年と続いてきた誇りを保つ唯一の方法だぞ?

日本のファンも良く考えて欲しい。
強ければいいってもんじゃないと思う。
強ければ何でもいいってなら、犯罪者でもなんでもいいって事になりかねない。
そこまで極端でなくても、単なる金稼ぎでちょこっと「来日」してちょこちょこっと稼いでバイバイする人間が増えるよ?

長い目で見たら、横綱は別格だって事を思い知らせる事が、「日本の」相撲を長続きさせる事だと思う。ほんとに。
ラベル:朝青龍 相撲
posted by 葉山猫 at 12:25| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。