2007年12月31日

来年もよろしくお願い申し上げます

最後の記事がオカルトっぽいのもなんなので^^;


掃除なんとか終わりー。
後は床掃除と風呂場掃除だが・・・(ぉぃ
お風呂はお風呂に入りながら掃除をしよう・・・

実家へ行って参ります。<(_ _)>


今年1年いろいろお世話になりました。
来年も何卒、御指導御教示の程をよろしくお願い申し上げます。
posted by 葉山猫 at 16:55| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中央分離帯の影

怖い話つながりで。

半月ほど前?に相方から聞いた話。



ある日、相方が仕事から帰って来ると、
「まいった。まいった。」
「どうしよう。どうしよう。」
と言って、外出着から部屋着に着替えるのも落ち着かない様子。

普段から、
落ち着きがない
思い込みが激しい
デリカシーがない
の三重苦の相方。(言いたい放題だな


それでもいつもの落ち着きの無さと違う。(ぉぃ
何か、珍しく順序正しく(こら)何かを私に話したそうにしているのだが、どうやって言っていい分からない、且つそもそも言っていいのかどうか迷ってる様子。

それでも、夕食の準備が整い、隣り合ってソファに座ると(うちはスペースの関係上隣どうし横に座って食卓に向かう)、意を決した様子で話し出した。


以下、現代国語の成績がマーチだった相方の話をなるべく整理して記す。(言いたい放題


「俺がよ、運転しててXXXに通りかかったら」
「朝の5時半位だったんだけど」
「中央分離帯に白いもわ〜〜とした影が見えたのよ」
「最初は遠くから見てて、何かのシートかゴミ袋か何か風で飛ばされたモンだと思ってたのよ」
「でもな、近づくに連れ、いや、近づかなくてもなんかゴミ袋にしては大きいな、っては思っていたのよ」
「嫌〜〜な感じがしたんだけど、まさか、と思ってそのまま運転してたら」
「その白い影が縦に延びたり縮んだりするのよ。もやもやしてるんだけど」
「で、うわーー  嫌だなーーと思いながら近づいて行って」
「手前からも通り過ぎる時もしっかり見たのよ!」
「どうしても目が離せなくなるってあるだろ??」

「するとな」
「するとな」
「女だったのよ!白いXXX着た感じの女!」
「右側車線を俺が走ってて」
「中央分離帯よ??? 中央分離帯のこちら側に立ってるのよ!!!」

私:「ふ〜ん。道路渡ろうとしてた女(ひと)じゃなかったの?」
(この辺からどうやったら相方の頭を冷やせるか本気で考え出す)

「違う!違うって!!!!」
「だって中央分離帯で、尚且つ鉄柵みたいな・・・あーーー!もう!」
「分かるだろ? 柵みたいなのがずーーーーっと中央にある奴!!」
「そこに立ってるんだぜ!!??」
「第一! そこ高速だし!!!」
「そんな所横断しようなんて思わないだろ!!???」
「跨げないしっっ!」
「人歩いているわけないじゃん!!!」

「でな、でな! そこを通り過ぎて、俺振り返ったのよ!」
「後ろ見たのよ!」
「そしたら誰もいないんだ!!!」
「誰も横断した気配もないんだよーーーーー!!!!」

もうパニクリ寸前。
いえ、パニクッてました。

私:(非常に落ち着いて。「買物いこっかな」って感じで)「それは渡ろうとした人だよ」

「え・・・え・・・。だって・・・だって、鉄柵あるんだぞ!?」

私:「それでも渡ろうとした人」

「・・kuSD sssr亜アH・・・」 ← なんか言おうとしてるんだけど言葉にならない。

私:「昨日のニュースか何かでもやってたじゃない。自転車に乗って高速入っちゃったおじいちゃんとか。この間も、高速で歩いていてはねられた方いたよね?(← 確かでないが自信をもって言い切る)」
「朝の5時半でしょ? 酔っ払い!(きっぱり)」
「轢かなくて良かったねー!」


「ぇ・・・そ、そかな・・・」

私:「うん! それ、実際の人間。酔っ払い。まさか貴方居眠りこいてたんじゃないでしょね?! 幽霊だとか思った? 危ないわよ!」

「何を言うか!」
「俺は寝てない!そんな事するもんか!第一! (この後話が普段いかに俺が重労働しているか、真面目に仕事しているかに変わりました。(*'-')VV)」


・・・



一件落着。v(^-^)v



まぁ、私の言っている事はおよそ中身のない、脈絡も筋道もなく論理的なものはまったくないのですが。(笑

何せ、相方は以前の記事でも触れましたが、私が言う事で暗示にかけられる人。
(私の事は「相方専用人間スパシーボ」と呼んでください)


まぁ、それでもなんか狐につままれたと言うか、納得はしてないけど私の言う事を信じようとしている雰囲気が見て取れましたので、以下の事をしてあげました。


一息ついた後、
『思いっきり』、背中を3回横に払う様に叩いてやりました。
相方は
「何するんだよ!(怒)」
って振り返ったので

私:「憑いてない。憑いて来てない。何かいたとしてもこれでおっけー」

落ち着いたようです。
(私もすっきり♪ (こら))

まぁ、最後のは素人がするのはなー と不安があったのですが(今までこんな事やった事なし)、これで相方がさっぱりするなら、いいか、と。
(何かを気にして事故起こされたらたまったもんじゃない)

常々、もし不測の事態が起こったら(内容に寄りますが)私の方が理性的な行動が取れるだろうと♪  
ほーっほっほっほっほ^^;

相方は野性的な反射行動(別名、本能)は素晴らしいのですけどね。(´・ω・`)





まぁ実際、単調で変化のない道や環境の中を運転していると、脳が催眠状態??に近くなり、実際には無いものを見たと錯覚するという話を呼んだ事がありましたので。
それに違いないと。
相方も落ち着いてから同じ事を言ってました。



↓ 続きを読む
ラベル:怖い話
posted by 葉山猫 at 02:13| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月30日

リセット

2007/12/30 20:22 追記
えー。
あれから、記事中のリンク先の「師匠シリーズ」を読み始めたら止まらず^^;、全部読んでしまいました。
(これは面白い・・・後半になるに連れ、文章が練れてきて玄人はだしになってきてますが)

しかし、今まで目を通した事のなかった「怖い」方の殿堂内記事を読んでいた所・・・
ちっとこのサイトを紹介したのを後悔しました。
罪のない怪談話サイトだと思ってたんですがね・・・
実話の犯罪内容を細かく載せた記事がありました。
これは違うだろうと。
又、ここにこういう話を殿堂入りで載せるのは筋違いだし、こういう話を興味本位で読み(としか私には思えない)、「こわぁ〜〜〜」って言う神経が「無神経」としか思えなかったです。

紹介しておいてなんですが、一瞬自記事を削除しようかとも思ったのですが、良い話の中にはほんとに親や自分の周りのモノを大事にしようと思わせるお話もあるので、残すことにします。

お読みになる方へ:
現実の犯罪記事と思える出だし(すぐ分かります)に出会ったら、読み飛ばす事をお勧めします。(非常に気分が悪くなります)
こういう犯罪に目をつぶれと言うのではないです。
要は眼に見えないモノより、人間の方が怖いという、ある意味「本当に怖い話」ですが、こういうサイトで話す、載せる類のものではないだろうと思うので。
真面目に議論、糾弾、防止するべき内容です。

最近早とちりで書く記事が多くなったな・・・
短気が加速されたようだ。
年取ったのかなぁ・・・(涙目

追記ここまで。






時々無性に怖い話、不思議話を聞きくなる時ってありませんか?

私はあります^^;



死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?



↑ どうぞ<(_ _)>



えー。
中には本当に

「うわーーー!読まなきゃ良かった・・・あぁぁどうしよう」

と思うのもあれば、

「これは・・・作りもんだろ^^; こら」

と言うのもあり、玉石混合ですが(笑



単に怖い話はイヤ、と言う方は、

心霊ちょっと良い話

というのもあります。

私はこれがお勧めです。
ただこれも玉石混合なので、サイトのページの下の方に

「投票所」

というカテゴリーがあります。

その「投票所」カテゴリー内に「心霊ちょっと良い話殿堂入り投票所」というのがあります。
そこをクリックすると、大勢の方が良いと思った中でも秀逸?と思われたお話が載っています。


最近ので言えば、
「山祭り」
というお話がきれいだったかな。
ちょっと創り物めいた感じがするけど、まぁこういうお話が本当にあればいいな、という事で創り物でも許容範囲。
文中に出てくる謡?の歌詞がとてもいい。



「本当にあった」話、という事だけど、過去に聞いた事がある話やら、そりゃ都市伝説だろ!というお話も載っていて、それが微妙に幼い頃、若い頃に聞いた内容と違っていて、そこら辺も私には面白いと思えるのだが・・・(笑

ある意味、
「え・・・その話は・・・^^;」
と言う話を、まことしやかに語っているのを読むと
「へっへっへ。がんばってるのぉ」  ← 意味不明^^;
と思えて苦笑したり微笑ましく思ったり・・・(笑


まぁ多くの話が、
「その場にいた人(後にその話を伝えられる人)がいないのに、何故その状況がそこまで分かる?(ぉぃ)」
というパターンですが、中には・・・
中には・・・
ほんとにぞっとするのもあります・・・
時々何かに憑かれた様に一気読みに行くのですが、夜など一人の時に読んでいて、偶然にも「うっっっ!・・・・」という話にぶつかると・・・


怖いでっせーーーーー!




寒い時に寒くなるお話を読んで、「うー!さぶさぶ!」と言いながら、暖かいココアでも酒でも飲むのも一興で。(笑



掃除に飽きた私でした。(こら)

ちなみに今日の記事のタイトルは何とつけようかと思った時に、ふと頭に浮かんだのをそのまま付けました・・・
私の心がミステリー。
ラベル:怖い話
posted by 葉山猫 at 12:56| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 本 活字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月28日

宮崎県に住みたいかも♪

東国原知事。
ミーハーと言われ様が、私は好感を持っている。
応援もしている。

宮崎は残念ながら今までも行った事はないが、相方の弁によると
「良い所だよ〜」
と言う。


ちなみに相方はロケと釣りと鉄道好きのせいで、日本国中いろんな所に行っている。
テレビなどで、ひなびたむちゃくちゃ地方の駅など映っても、
「あ、この駅前にラーメン屋があって、そこが旨かった!」
とか言っていると、ほんとにラーメン屋があったりする^^;

こういう雑多な知識は、聞いてて面白いし感心もするのだが、そういう知識ばかりストックせずに私の言った事も記憶してくれ・・・(-_-メ)



閑話休題
テレビ報道を見ていると、宮崎に住みたいかもとか思ってしまう。
暖かい、海はきれい、鶏肉大好きな私には地鶏!いいじゃなぁ〜い!


で、橋下弁護士や田中元知事とかノック元知事とか、他のタレント議員(や長になった芸能人、著名人)を思うと、がんばっているし誠実だと感じてしまう。

第一彼はちゃんと勉強して下準備していったのが、一番いい。
立候補時のマニュフェスト(なんで日本語で言わんかなぁ)も実現可能と思える(数字はともかく、生活に根ざした目標って言う感じ?)ものを上げていたのも感心した。

報道関連も最初のうちは、今まであったタレント知事扱いっぽいスタンスが見え隠れしていたが(女性問題報道とか)、いや、今でもばっちりタレント知事扱いだけど、今ではちょっと報道姿勢が違ってきている。
ように思える。
最初は、なんか瑕疵があったら揚げ足取ってやろうって雰囲気が見えたけど、今はどちらかというと肯定的な雰囲気で扱っている。
逆に言えば、持ち上げる風潮を作りすぎていると感じる違和感も若干あるが・・・

でも、普段は作業衣?でいて、腰が軽く現場に出向くという姿勢はすっごく評価したい。

かとうかずこさんとの離婚もお二方の英断だったと思う。
お二方揃っていたら、お互いのサービス精神?で、今のように政治だけに東国原知事としての活動はできなかったかもしれない。

東京のどこぞの知事が、地方交付税の考え方の違いの時
「あちらはまだ知事になって日が浅いでしょ」
みたいな発言をしたけど、
随分と思い上がった発言だなぁと思った。

経験はとても大事だけど、知事になって日が浅い深いで相手の考えをばっさり切るっていうのは、傲慢だと思うな・・・
いや、中にはある位置付けになって間無しで経験も熟慮もなく、軽々に意見を言う輩には言いたくなる場合もあるが。
東国原知事は軽々に言った訳ではないと思うから、あの某東京都知事の発言には反発を感じた。


傲慢といえば・・・
タイゾー君(大笑

「僕は現役議員ですよ!?」

テレビで見た時に大失笑させていただいたが、北海道地区の自民党の候補者選びの方々。
まったく当たり前の決断をされましたね。
あったりまえだろう!思いつつ、ほっと致しました。


現役議員に何の権利があるというのか。
何の既得権があるというのか。

議員でなくなれば、ただのニートに逆戻り。
奥さんの父親は会社経営者との事だが、議員がダメだったら奥さんの父親の会社にでも入って次期社長でも狙うのだろうか。
「僕は社長の娘の夫ですよ!?社長になるのは当然です!後は、社長になるならないは僕の意思です!」
とか言うのだろうか?(笑

タイゾー君の実家は3代続いた歯科医院だそうだが、中退した大学も体育科で歯科とは関係ないから、実家の家業を手伝う訳にはいかんわね。

自民党の立候補者の公募で採用されたと聞いた時、無鉄砲さが「何か面白い事をしてくれるかもしれん」という大きな誤算で採用されたのかと思ったけど、実家は超大金持ちっぽい。(テニスコートがあるとか??)
実家の援助金目当てで候補者にしたのかもねぇ。


常々、長続きする面白い芸人はバカじゃできない、むしろめちゃくちゃ頭がいいはず!と思っているが、まぁ東は・・・
超売れてたという訳ではないが・・・
特に何かの芸があったという訳ではないが・・・
やはり頭は良かったのでしょう。
タイゾー君など足元にも及びません。
いや、タイゾー君ばかりでないですね。


何はともあれ、この先も問題を起こさず(特に政治と関係ない分野)、宮崎県のためにがんばって欲しいと応援致します。

posted by 葉山猫 at 13:30| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月26日

年を取ると言う事

22日の午前中に叔父が亡くなったという連絡を受けた。

世間はクリスマスの電飾が華やかな中で、従姉妹達の涙を見てきた。
急死だったと言う。

本当だったら、クリスマスでケーキを買ってプレゼントを買って、孫達に囲まれて賑やかで楽しい日々を過ごせたはず。



親戚達とは会えば楽しく話すのだが、何故か疎遠な私たち家族。
こういう事でもないと皆が一同に集まらない。
そこで聞いたのだが、今年1年はどうも我が一族は病気オンパレードだったらしい。

舌ガン、子宮ガンx2、前立腺ガンx2 他にも何かあったような・・・

皆さん予後は良さそうで何よりだが。



年を取るってこういう事なのかなぁ。

誰でもガン因子とか持ってて、それが年月を経ると活性化するのでは?
とか思ってしまう。
そうなると、発ガン性物質とか避けても意味は無く、活性化するタイミングはもう運としか言えないんじゃないの?
とか思ってしまう。


江戸時代にもガンとか有ったらしいし、その当時は食物は今で言うオーガニック(有機)栽培、着る物、建材も皆天然素材だろうから、発がん性物質は少なかったんでないの?とか思ってしまう。
(なので、ガンになるならないは運)



私も最近首の後ろに電気が走るようなピリピリとした痛みが走る時がある。
膝は痛いし^^;、腰もズーンと今まで感じた事のない痛みを感じる事がある・・・
老眼は酷いし・・・;;
イヤだなぁと感じているのは、口が異様に渇くこと。
のど飴が手放せない・・・
それと、時々生え際とか右後頭部にやはり過去に経験がないような頭痛が起こること。
頻繁ではないけど、ズッキンズッキンと、ハンマーで叩かれるようなという形容を聞いた事があるが正にそれ。
手で押さえて何もできなくなる・・・

時々、あー こうやって「ぇ・・?え?」と言っているうちに死んでいくのかもなぁとか思う。(笑) 
いや、笑い事じゃないのだけども^^;


街を歩いていて、キャリー?手押し車??を押して、ヨタヨタと歩いているおばあさんがやたらに目に入るようになった。
あぁ、私も確実にこうなるな、と思う。
(母がこの状態)




この間、相方と買物に出てコーヒーショップに入った。
ドトールみたいな形式の店だ。
品の良さげなお爺さんとお婆さんが入ってきた。

じーーっと見ていると、
まず席を確保して、お婆さんが並びに行く。
順番の列の並び方が分からなかったらしく、ちょっとモタモタ。
お爺さんは席について、タバコを取り出したけどテーブルに灰皿がない。
火の点いていない煙草を指に挟んで周りを見回す。
そうこうしている内にお婆さんが飲み物を持って席に帰って来た。
すると、お爺さん、煙草に火を点けた^^;
お婆さんが立ち上がって店員を呼ぼうとした気配がしたけど、どうも雰囲気が違うと感じたらしく、声が出ないまま席を離れた。

私、席を立って小走りに灰皿を取って来てお婆さんに渡しました^^;


爺ちゃん・・・
自分で灰皿確保しろよっ!
そして、確保してから煙草に火をつけなさい!
もう!
昔気質の爺ちゃんだな!
なんでも奥さんかぃ・・・・

という感想は別として^^;


あー。私もこうなるのかも、と思った。
私と相方。
いや、灰皿じゃなくて^^;

これからどんどん新サービス、新式のシステムがあちこちに導入されてくるだろう。
既に、私オサイフ携帯を持っているんだけど、現金をチャージする方法が分からない^^;

パスモだとか、いろいろ出てきているよね。
これからはもっと一見簡単で便利な機能が提供されてくるだろう。
だけど、その簡単な仕組みでさえも知らなければ、どうして良いか分からない・・・
(ちっちゃな字は読めないしさ(怒))


子や孫でもいれば、
「おばあちゃん、こうやるんだよ(笑)」
とか教えてもらえるかもしれないけど、いなければ自分達で世間に遅れない様に勉強しなければならないんだよねぇ・・・




いつ死んでもいいやと思い、だけど周りに迷惑を掛けたくないとも思う。
それこそガンとかにかかったら、治療費もままならないと思うから治療拒否して痛み止め位でいいや、と真剣に思う。
そして、お葬式も平均300万かかると聞いた。
(父もそれ位だったなぁ)

豪華な祭壇とか見てて、私はこんなの要らないや、と思った。
戒名も要らん。
お墓も要らないけど、これは残った人達のためのもんだしなぁ・・・
骨とか海に巻いてくれればそれでオッケー!!!と私は思うのだが・・・

どうしても何かやりたい、と残ってる人が思うのなら、自宅に一晩安置して皆が集まって酒でも飲んでもらってバカ話してもらって翌日は即火葬。
(坊主の都合も関係なし。坊主要らんし。父の時、坊主の私用の都合でお通夜延ばされた・・・父と長く一緒にいれて良かったけどそれとこれとは別だろうと言う・・・)
仕事関係も今となってはいないし、悼んでやろうという友人が4〜5人でも来てくれればよし。
誰も来なくてもよし。

読経も何も要らん。
長口舌も要らんし、とっとと焼いて撒くなり木箱(自然に朽ちる)に骨を入れて、まーしょうがないから先祖代々の墓に放り込んでくれれば良いと思う。
(この先祖代々の墓も守るのは私の代でお終いだから要らんのだが・・・んー。まだ妹がいるからなぁ。嫁に行ったとはいえ、私は要らんけど父母のお参りはしたいだろう・・・)

相方とは未入籍だから今死ねば自分の方の先祖代々の墓に入るのだが、逆に言えばこれから入籍したからと言って、まったくと言っていいほど馴染みの無い相方の墓に入るのは抵抗がある。
うちの家族の居住地域から遠いし・・・
矛盾があるようだが、正直な気持ち。
こうやって考えると、どうせ入るしかないなら外国式の個々人の墓の方がいいなぁ。




余裕がある家はいいけどうちは無いから(笑)、死んだ人間(私ね)に金をかける必要はない!と私は思う。
私の親も妹も相方もお金があっても、私のために使う必要はない!と本当に思う。
そんなお金があったら、海外旅行行くとか新しい洗濯機とか冷蔵庫でも買ってくれた方がよっぽど嬉しい。

できれば相方が先に死んだら相方もこれ式で行きたいけど(ぉぃ)、あちらの親戚もあるからこうはいかんだろうなぁ・・・
長生きしろよ、私より。


とこのように、最近死や老いをとてもとても身近に感じるようになったここ何年。

50近くならないと、自分の体のどこが(特に)弱いかって分からないのが不便ねぇ〜


しかし・・・
一族が集まって発見した事がひとつ。
うちの一族。
実年齢より、外見がとても若く見える血統だわーーー!!!
やったね!♪

私も従姉妹の子供達からため口?きかれて、その娘さん、私が彼女の母親と同学年と聞いて絶句してたわ♪
(子供は母(父)親は母(父)としか見ないのねぇ)
おーっほっほっほっほ♪

お葬式行って気分良くして帰って来たどうしようも無い奴でした。<(_ _)>
posted by 葉山猫 at 14:49| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月25日

ブログ考

前記事に書いた最後の方2つはくだらない事で申し訳ないですが、じつは最後から2番目がここ最近個人的にむかついて(失礼)いる事だったり・・・^^;


ブログと言うものは、「他人に見せる」ものですよね?
自分の心を整理したいだけだったら、紙に書く日記でも良い訳だから。
いや、PC(コンピュータ)のワープロ文書で書いて保存だけでも良い。
まぁ、書いて誰かに読んでもらって慰めを欲しいって気持ちもある、って事は分かります。
実際、私もそういう気持ちで書いている部分が大きいし。

でも、それよりも「おかしい」と思ったことを、一般人は発信する場所がないから「私は」ブログで言っている部分が大きいんだけども・・・
(新聞や雑誌に投稿しても、その媒体の編集方針で載せられるとは限らない。文章力もあるけど。)
又、自分が知った嬉しいこと面白い事を自分だけ?が知ってるのはもったいないから、他の人にも教えてあげてその人も楽しい嬉しい気分になってくれたらいいなぁ、と思って書いている部分もある。


でも、自分の意見を公開するって事は、反対意見も寄せられる事も念頭に置かないと・・・
(W44Sの記事で良く分かる(笑)あれはまぁ後から考えれば、auの応対に問題が一番あるってのをタイトルにするべきだったけど、でもやっぱり結果としてソニーエリクソンのW44S固有の不具合だったし、あの時点で買うのは止めろと警告したい気持ちは今でも同じだなぁと思う。)


「荒らし」と呼ばれる、私に言わせれば、自分の欲求不満を訳の分からん言葉使いと言いがかりでヒステリーじみた内容を他人様にぶつけるという行為があるが、だからと言って自分への賛同と慰めだけを求めて、自分への批判は荒らしもまともな意見もひっくるめてコメント拒否して、批判?コメントがあったって事だけに対して自分の気持ちだけをめんめんと綴られてもなぁ・・・
極端な例だけ引用したら、他のもそんなのばっかりかと単純な人は思うじゃないか。
でも、中にはまともな忠告もあるだろうと思うのだが・・・

タイトルだけ見て中身も読まずに自分が「嫌なコメント」だと思ったコメントは削除していると明言されているので、ブログ主に都合の良い事ばかりが羅列してあったら、心ある?人は、皆が誉めてばかりだとこの人のためにならない、ちょっと意見してあげようというコメントを送ったりするような気がするのだが・・・
そうなると、却って耳に痛いコメント増えるのでは?

又ブログ主がタイトル見て削除しているらしいと見当を付けた人が、タイトルや内容を一見ブログ主に同意しているような内容に見せかけて、実はブログ主を傷つける内容を書いてくる人がいるとも書いていたが・・・
そういう人がいないとは言わないが、なんというか・・・うーん・・・


そうです。
私もコメントした一人です(爆) ← おせっかい
見事に削除された口です。(笑
言葉使いも気をつけて書いた内容は要約すれば、
「長らく更新せずに身体を心配してくれた人が大勢いるのだから、その人達にはお礼と心配かけたお詫び位書いた方がいいのでは?」
でした。
私と同じような事を書いた方もいるようで・・・

こんな事(批判、悪口)を自分のブログで書くのもなんだかな、ですが、あちらに書いても内容も読まれずに削除されるだろうから、しょうがなくこちらに。  ← バカ

でも最近掲示板やらブログやら目を通していると、
「個人が書いているんだから何をどう書こうと勝手。それにいちゃもんつけるくらいなら読むな。コメントするな。」
という理屈が目に入る。
一見理屈は通ってるような気もするが、不特定多数に公開しているブログや掲示板という見地からすると、何か違うと思う・・・
もちろん、上記に書いた「荒らし(嵐)」と呼ばれる誹謗中傷、根拠のない言いがかりや、いつまでもあげあしを取って論戦(っていうほど良いものじゃないが)を続けるがための論戦は論外ですが。



自分の言わんとする所とずれた所で批判されるのは、面映いしイライラもすると思うが、それは自分の文章力のなさを嘆くか、世間にはおかしい人もいる(こら)と思って流せばいいのに・・・
なんとしても、すべての人に自分を肯定して欲しいって人はいるんだねぇ・・・
というか耳に心地よくない事柄には耳を塞ぐ人って言った方がいいのか。

で、つくづく思うのは、オンラインゲームのチャット記事でも書いたけど、文章というものはそれだけでその人となりを彷彿とさせるって事だわ。
誤解を解こうとして言葉を重ねるほど、墓穴を掘るパターンもあるし。
(私も時々深い穴を掘る)


傲慢さが一番嫌いだな。
(と、自分を振る返るのが怖い・・・笑)
「読みたい人だけ読んでください」
ってのはもっともだけど、前後の文章で非常に傲慢さを感じる場合がある。



なんにせよ、
自分に心地良い事柄だけに取り巻かれていたい、都合の良い反応だけをして欲しいって思うのは万人共通で無理もないが、それを発言(書いた)した時点で相手をNPC扱いしている事になる。
犯罪者しかり、政治家しかり、私も含めた一般人もしかり。
心にどす黒い利己心を持っていても、うまくぼかしてやって行きたいものである。
それが結局は自分の目的を達成する事になるのだから。


・・・
あれ???
なんかとんでもない〆の言葉になっちゃったよ?(笑
ラベル:ブログ
posted by 葉山猫 at 18:06| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NPC扱い  

NPCという言葉がある。
FFXIのゲーム内で使われる言葉だが、何の略かは分からなかった^^;

NPCの反対語は、PC。
このPCはコンピュータの意味ではなく、多分
PlayerCharacter
の略だと思う。

つまり、遊ぶ人、私や貴方という命の通ってる感情を持つ人間という事だ。
反対の意味であるNPCは、つまりコンピュータ側で用意されたキャラクターという事になる。
ある一定の条件で決まった反応をする。
プログラムで規定された動きをする。
自分(プレイヤー:PC)の都合の良いときに話しかけて、自分の欲しい物を貰えたりする。

FFXI内に関連した愚痴や不満でこういう言い方がされる場合がある。

「人をNPC扱いする」

意味が分かるでしょうか?
つまり、生きている人間を「自分に都合の良い」「その人の都合や感情を無視して」コンピュータが用意した無機質のキャラクタと同じ扱いをする、という意味です。

自分の都合だけを優先して、相手の時間や意思を無視して一方的に自分の利益だけ優先し、自分の思惑だけで他人を利用しようとする人の事を指します。



ここ最近のニュースや自分に関わりのある事柄でNPC扱いかよ〜〜と思う事がリアル(現実世界)で多くなった。
あ、違うな。
NPCと言う言葉を覚えたから^^;、そう思うようになったってだけで、昔から自分を自分の望むように遇してくれと思うのは不変だったね。



<ケース1>
福岡で起こった子供さんが3人亡くなった飲酒当て逃げ?事故。
危険運転致死傷の罪を問うのが難しくなったので、このままでは無罪になってしまう(危険運転致死傷では有罪にできない可能性がある。そうするとその罪だけしか要求してないと無罪になっちゃう)ので、業務上過失致死傷と道交法違反(酒気帯び運転)の罪を追加せよと、裁判所から命令が出た。という事だ。
そして、検察側はやむを得ず追加する事に決めたそうだ。

事故を起こした後に、友人に自分の身代わりを頼んだ。(友人の都合なぞおかまいなし。自分が助かればOK。友人が罪に問われてもOK。)
友人に水を持ってこいと頼んだ。(自分さえ罪から逃げれればOK。またバ○が持ってきたんだな、これが・・・)

弁護側が被害者のご主人が車の窓枠にもたれかかっていたのを見たという人を探してきた。という事を聞いた。
(3人のお子さんが冷たい夜の海で溺れ死んだという事実は関係なし。自分の依頼人が助かったらOK。旦那が窓枠に寄りかかるほど居眠りこいてたら、同乗していた奥さんが気がついたと思うよ・・・)
詳しい事が分からないので今ネットで調べたけど、どういう状況でどういう人が、被害者の旦那さんが窓枠にもたれて寝ているように見えたっていうのか、出ていなかった。
出てくるのは、状況証拠?から類推して、「居眠りしてたに違いない」という内容ばかり。
最初は被害者の車が急ブレーキをかけたから追突した、と主張。(現場には急ブレーキ痕無し)
次は、急ブレーキ痕がないから、落ちるところまで40mあったのに回避行動してない、から、居眠りしてたに違いない、と主張。
依頼人を助けようというあまりに、手を変え品を変え・・・
私に言わせれば、NPCに話しかけたけど思った通りの反応が返ってこない。なので手当たり次第にいろんな手口で話しかけてどれかが当たりになればいいや、という感じに見える。



<ケース2>
光市の母子殺人事件。
お母さんを探してた。(セックスの相手を探してた)
相手が騒いだので首を抑えたら動かなくなった。(セックスをしたかったので自分の思い通りにしたかったので殺した)
子供が泣きやまないので泣きやまそうと思って首に紐を巻いた。(言う言葉が見つからん。普通泣きやまさそうとしたら、だっこして「よしよし」ってやらないか?)


<ケース3>
青森の自分の子供とご近所の男の子を殺した女。
(自分の感情しか考えてない)


<ケース4>
どっかの国の相撲取り。とその親方。
自分の都合と利益、感情しか考えてない。(相撲取り)
自分と稼ぎ頭の関係しか考えてない。(親方)


<ケース5>
京都議定書。
自分の国の企業から突き上げ喰らうのがイヤ。(自分の政治生命がなくなるのがイヤ)
地球全体がどうなってもかまわない。
人類が滅亡してもかまわない。自分所の会社が儲かれば。(損しなければ)
自分達以外、地球上の人類、動植物全部NPC扱い。
大バカ。
買う人間がいなくなっても車作るのか。
選ぶ人間がいなくなっても、国会議事堂やら各国の政府機関の机の前に座っていたいのか。


<ケース6・・・100>
もういろいろ。


<ケース101>
自分の耳に心地よいコメントしか聞きたくない。
以前ここのブログで紹介したあるブログ主。
うーん。


<ケース102>
バイクで運ぶと崩れるから、ケーキを取りに来いと片道30分かかる場所まで「ケーキだけを取りに」来いと急に連絡してくる奴。




えーと・・・
<ケース102>は聞き流してください^^;



PC(自分)とNPC(自分に都合良く動いてくれる人々)の関係だけを欲するなら、それこそ脳内ゲーム(妄想)をやってればいいのに。



2007/12/25/18:00 
記事が長くなったのと内容がちょっとずれたので、分割。

ちなみに・・・
ケーキ取りに行って来ましたわーい(嬉しい顔)
posted by 葉山猫 at 13:52| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月18日

将来は警察官?(笑

昨日、更新した免許を受け取りに警察署へ行った。


警察署の前にパトカーが道路に向かって停まってた。
そのパトカーの後ろから、小さな男の子がヨチヨチと歩いてきた。

ようやっと歩けるようになって、ただ今冒険の真っ最中!
って感じの歩き方^^

その後ろ50cm位の所をお母さんがいつでも手を出せるような感じで後をついていた。

男の子は、もう必死な感じで歩いているんだけど、目標は

パトカー!

ってのが、もう分かる分かる^^


そして、パトカーの右側前のドアにたどり着いた途端、背伸びアンド右手を差し伸べてドアの取っ手をつかもうとした(笑
もう、当たり前のように♪

お母さん、あせってました(笑

私も思わず、笑ってしまった。


いやいやいや。
思わず、
「乗るのは、まだ早いよー^^」
言いたくなったけど、止めて置いた。



・・・実を言うと

「そんなの(の後ろに)乗るようになっちゃいけないよー」

と言いそうになったのだが、(ぉぃ
これは、あんまりだと思い。
お母さんも気を悪くされるだろうし^^;


いや。
パトカーの運転席のドアを開けようとしたから、やっぱり警察官だね。^^

がんばれ!



しかし・・・
男の子って、こんな小さい頃から車って好きなのかねぇ・・・
女の子にも好きな子はいるだろうけど。
しかし、後部ドアもあるのに、運転席のドアを開けようとしたのには、笑った。
さすがだねぇ。わーい(嬉しい顔)
posted by 葉山猫 at 15:21| 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月13日

お似合い夫婦

※ちょっといろいろ追加しました。大事な事が抜けてた^^;(共済年金とか)
※さらに訂正しました。なんという事か、舛添さんの字を間違えてました。何たる事!(赤面



舛添外添要一と片山さつき・・・

お似合いではなかろうか?
(今日はいつにも増して「きっつい」です(爆)


舛添外添
議員になる前から、なんとなく好感を持ちきれなかったよ。
悪感情は持ってないんだけど、なんというか男として私の要求するものがなかった?(笑

賢そうな事言ってるんだけど、声が裏返ったり、眼が泳いだり・・・
なんというか・・・どっしり頼れない、というか・・・(笑
女房だったら
「そんな事はいいから、で、どっちなの!」
「そこまで言っていいの?大丈夫?あなた!」
って言ってしまいそうな(笑

でも、それでもまだ本音っぽい感じのトークがあって、所々モノは知ってる風があって、まぁ可もなし不可もなし、0を中心にして針が左右に振れてたって感じだった。

大臣になりたての頃は、キッパリした言い方(年金問題や使途不明金?について)があって、
「おぉ!力入ってるじゃん!その調子でがんばれ!」
って、応援した部分があったんだけど・・・


なんだぃ・・・
今日の言い訳・・・

・3月までとは言ってない
・選挙前だったから云々
・どの人が大臣だったとしても結果は同じ

福田総理大臣の言い訳にもがっかりした・・・
官房長官時代、筋の違った質問や頭の悪そうな質問などには、あれほど意地の悪い、皮肉の効いた返答をしていた人が・・・
今までの人生でせずに溜めておいた「笑顔」を振り撒くだけが、総理大臣の仕事じゃないぞ。


なんできっぱり筋を通さないかなぁ・・・
自分の不明があってもいいじゃない。


・ここまでひどいと思っていませんでした。

ここまではいい。
「そうだろう。そうだろう」
と思う。
中には
「そんな事最初から分かってることだろう!」と怒る方もいるだろうけど、上記三つの言い訳よりかはましだと思う。


3月までに決着をつけられると思っていた。
ここまで酷いとは思ってなかった。
私の認識が甘かった。
選挙前に申し上げたように、必ず時間がかかっても皆さんの年金は取り戻します。
皆さんに選んでいただき、私の能力を買っていただいて大臣を拝命したのですから、なんとしてもがんばりますので、今回の私の不明はお詫びしますが、何卒これからもよろしく応援してください!


とか言えばさ・・・
というか、これが隣のおじさん、おばさん(議員達)を自分の(私の)代わりに選んだ人間への礼儀じゃないの???

早速自己保身ですか。
底がくっきり見えましたね。
って、議員とかなると皆勘違いするの???
地位にしがみつくと言うか、なんというか・・・
人間誰しも間違いはするのだから、それをどうするかが、真のその人の価値じゃないの?(´・ω・`)


ちなみに
共済年金
と言うものがある。

国家公務員
地方公務員等
私立学校教員


上記が交付対象。
知ってました?
こちらの年金、漏れが一切ないそうですよっ! (大爆笑

紙台帳、その内容を写したマイクロフィルム、コンピュータの記録等全部が漏れなく完備されているそうです
おまけに、建てたはいいけど使われずに金食い虫になってる多くの建造物も「この年金」からは作った事がないそうです・・・

どうよ?
自分達の年金は漏れなくバッチリと記録が整理整頓されて残っていて無駄使いもせず温存し、国法で決められて乏しい給料、20歳超えたら学生でも国民年金は払わなくちゃいけないと言われて払い続けているうちらの年金が、穴だらけ。


・・・


さて、
今日、「愛のエプロン」というTV番組を見た。
悪趣味と言われようが、この番組は深夜帯の頃から好きなんです(笑

で、料理の作り手として登場したのが、片山さつき議員

そうです。
舛添外添さんの2番目の奥さんです(笑
離婚して、舛添外添さんは3人目の奥様がいるようですが・・・

番組を見ていて、はっきり言って気持ちが悪くなった。
なんというか、容色が衰えたのに気がつかずに、まだ自分の魅力が世間に通じると勘違いしている、年増女のいやらしさ、哀れさを感じた。
(手厳しいのぉ・・・私)

媚ふりまきまくり!

大竹まことが食べる側で出演していたのだけど、もう・・・

「大竹さん、TVタックルで一緒する時よりこわぁ〜〜い」

・・・

・・・・・・

これを何回も発言し、他の出演者がコメントしている時も、ごちゃごちゃごちゃごちゃ話しているし。(マイクに入ってる)
隣に座っていた青木さやかも迷惑しただろう。

ミス東大時代にしがみついているのか、髪型(当時していた昔の聖子ヘア)も、しばらく美容院行ってません的な乱れ髪だし。
おまけにヘアピンを留めてるのだけど、ギャル?がするようなヘアピンと留め方。


うわ!
この人1959年生まれだ!
うわー・・・
この50手前の年で、ああいう態度を取るのか・・・
うっはー・・・

相方は、
「この女、40前半だろ?」
とか言ってましたが、相方・・・あなた、女見る目ないよ・・・
・・・あれ?(爆
いや、私も40前半だと思ってました。
41〜3みたいな。
顔をアップで見た時は、若干「?」と感じましたが・・・
ひどいな、私。


もう身体をやたら動かす。
相手の身体に触れなんばかり。
安酒場のホステスじゃないんだから・・・
いや、状況が許せば、相手の身体に触れまくってるんだろうな。
腕とかさ・・・

おもしろかったのが、表情の変わり方(笑
ケチョンケチョンに料理の腕がこき下ろされればいいのに、と思っていた(爆)のですが、片山君が作った料理はかなり高評価。
それでも、カリヤザキ君(あの!華道家)に2点負けて第二位。

片山君の次に、そして最後に料理を供したのが青木さやかだったのですが(結構私はこの小心者が好き♪)、彼女の料理が誉められるうち、片山君の表情が無表情になっていったのですよ(笑
ちなみに青木の料理は、同点首位になりました。
そう、片山君の料理より高評価。
そして片山君は完璧無表情。
この時点から、TV画面には映りませんでした。
多分、想像ですが、最早見るべき(笑いを取れる?)発言もしなかったのでしょう・・・(笑
これも想像ですが、青木さやかをいろんな意味で下に見てたんでしょうね。


それまでは出演者の大竹から、
「べらべらべらべら、しゃべってるんじゃない!」とか
「カメラのタリーランプが点いてからしゃべるんだよ!」とか
「髪多いんだから!」 
    ↑ 
(大竹のすぐそばで身体を二つ折りにしたりオーバーアクションでくねくねやってて、彼女のセミロングの髪が大竹の顔に当たった)

まぁ、なんというか他の出演者が遠慮?して突っ込めない代わりに大竹君がフォローしていました。

青木の料理が評価されるまでは、不自然なほどのハイテンションだったのが、段々と無口で無表情に・・・

大笑いさせていただきました<(_ _)>




私、この片山さつきと言う人、ちょっと前に民主党に抗する何かの広報の責任者になった時のコメント(作ったポスター?の内容に後になって矛盾が出てきた時)が、
「なんだぁ???それ〜〜〜〜〜〜!?」
って言う内容だったので(すいません。健忘症発動中です)、それ以来嫌いです(爆


でもね、一番思ったのは、このノリで国会で男性議員に接しているんだろうな、と。
50手前の女が、ミス東大という過去の栄光?にしがみ付いて(まだそれが通用すると思っている点がとても痛い)、

「やだぁ〜〜〜♪」
「いえいえいえいえ。せんせの方が・・・(きゃ♪」
なノリで。

そりゃ、爺さん連中には受けるわな。
私も爺ちゃん(70以上)相手に飲み屋でやるし。  (ぉぃ
※念の為。私も客です。

さらに、人の話も聞かずに、自分の「思い」だけに夢中になって周りの空気も読まずに話しまくる。



あぁ〜〜〜〜
こういうのが日本の国会で国策論じてるのかー・・・
こんなのを重要なポストに付ける爺さん連中も連中だし。

そりゃ、京都議定書だろが、拉致問題だろうがなんだろうが、他の国に圧倒されるの、つくづく分かったわ・・・


私の感想とは裏腹に
なんだ。結構面白いおばちゃんやん
と感じた貴方。

その「面白い」は珍獣奇獣を見た時の「面白い」です。
決して企業等での
「あいつにこれ(仕事)やらせてみろ。結構面白い(斬新な。効果的な?)事するかも知れんぞ」
の「面白い」とは別の意味です。(きっぱり
ゆめゆめ、御自分の気持ちをミスアンダースタンドなさらないように。
(ルー語使ってみた)
最近、勘違い(misunderstand)している人多いよ(つд・) 
(橋下〜〜)
人間、山のてっぺんが合う人と野において真価を発揮する人とがあるんだぞー



舛添外添が元旦那って言う話題が出て、
(多分)大竹:「そんなだから、舛添外添さん逃げたんだろっ」
片山:(一瞬ムッとした顔の後)「いえ!私の方が逃げたんです!」
「(きゃっ♪)」って感じで後ろ向きになる。

両手で顔を隠す例の「女の子なんですぅ〜。きゃっ♪」って感じのアレ。

初めて見たよ。
アニメやコメディアン以外で、ほんとに後ろ向きになるの。
ほんとに「チルドレン」だ。


勘違いしている男と女。
お似合いだったのでは?


今回も長くなりました<(_ _)>


↓  続きを読む
posted by 葉山猫 at 03:05| ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。