2008年01月12日

購買意欲

新年早々怒ってばかりいてもしょうがないのだが・・・

前々から気になっていた事がある。



京急線の上大岡の駅ビル内の八重洲ブックセンター


私は本屋さんへ入れば、結構な時間つぶしができる。
大きな本屋さんなんか入るともう幸せ!
だが、行くと不愉快になる本屋さんができてしまった・・・


それが上記の本屋さんであるが・・・



何が不愉快になるって、本が乱雑なのである。
平積みの本の乱雑さ、棚に入っている本の雑多な並べ方。

店の規模の割りに店員数が少なすぎるのか、それともここの本屋を利用する客の文化程度が低すぎるのか、とにかく無茶苦茶である。

開店早々入った事はないので、朝一番はどうであるか知らないが、多分同じ事ではないかと思う。
2日続けて行った事があるが、同じ本が同じように斜めっていたし・・・

平積みの本を置くスペースの奥行きが広すぎるのか、並べる順番を全然考えてないのか、平積みの本の見辛さと言ったら・・・

表紙の絵と色とがごちゃごちゃしすぎて、どんな本があるのか分からないし、売れてる?本と売れない本とがあるのか、平積みの本の高さがばらばらなせいもあって、非常に見辛い!

おまけにそれらの本が全部と言って良いほど、きちんと積みあがってない!
奥の書棚の本を取ろうとして、脚の部分で押して本が斜めになった、なんて程度でない!
(第一、脚が触れない中程や奥の平積みの本も斜めになってるし)
とにかくすべて、と言って良いほど、すべての本がてんでんバラバラに斜めになって積んである。

書棚の本も結構な隙間があいてる箇所もあるし、シリーズものや同じ著者の本は普通連続して並んでいるはずだが、それもバラバラになっている箇所が多数ある。

それに所々に島?があって、本が平積みにしてあるが、それもなんていうか・・・
なんでこんな所にこんな種類の本が?
である。
島ではないが、青年コミック(漫画)の単行本の棚の手前に、時代劇のシリーズの文庫本が平積みしてあるし。

人の動きや興味の流れや購買意欲の動き方?に全然注意を払ってないな?と思う陳列の仕方である。


なので、この本屋に行くと目当ての本すら探すのが一苦労で、とても興味の流れるままに本探索をしよう、などと言う気持ちが失せる。

まさに

萎えぇ〜〜〜

である。


他の場所にある八重洲ブックセンターに行った事があるが、こんな印象は持たなかった。

横浜のみなとみらいにある、クイーンズ4Fに入っている本屋さんも乱雑だったが、ここまで酷くなかった。
(乱雑なのは一部のコーナーだけ)



横浜駅の地下の本屋(規模は小さいけど)や、関内にある6F建ての本屋は客も多いだろうにこんな事はない。
見やすいし、分かりやすいし、もちろん乱雑でない。


何はともあれ、好きな本を売っている店であるから、なんとかして欲しいものである。
それに本の陳列をもう少しちゃんと考えた方が売り上げも増えると思うよ・・・


posted by 葉山猫 at 12:00| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。