2008年02月05日

マニュアル通り

書き溜めしておこう(笑



10日ほど前から歯が痛くなった。
特に夜になると痛くて痛くてすぐには寝れないほどになってしまった。
そうなる前に医者へ行け!という事なのだが、いろいろ事情があって・・・(笑

1月末から仕事が入ったので、こりゃやっぱり歯医者に行かねば、と先ほど以前からネットで調べて評判の良さそうだった歯医者に朝一で予約の電話を入れた。


(トゥルル、ガチャ)
歯:「XXX歯科医院です」
私:「初めてなのですが、今日診ていただく事は可能ですか?」
歯:「・・・(暗い声で)今日は・・・予約がいっぱいで・・・無理です」
私:(その声のトーンとしゃべり方のあまりの覇気の無さでムッとし^^;、この歯医者は止めようか!と思ったが、歯は痛いし、散々調べてこの歯医者が一番良さそうだと判断したのでもう少し粘ってみる事にする)
「どうしても無理ですか?」
歯:「・・・あらためて予約を取っていただかないと・・・」
私:「仕事の休みが不定期で、仕事時間もシフトで不定期なんですよね。歯が痛くて診ていただきたかったんですけど。そちらはネットで調べて評判が良いとでていたので・・・」
歯:「先生の指定とかありますか?」
私;「いえ、初めてですから、先生のお名前も知りませんが」
歯:「では、ちょっとお待ちになっていただいても良いのなら、5時頃はいかがですか?」


おい?
言葉で書くと分からないと思うが、最後の「5時ごろはいかがですか?」という言葉は、ほんとにいきなりスムースに出てきた感じがした。

ちょっとお待ちになってもいいなら、という言葉も、電話している時間は9時だぞ?
何か日本語おかしくないか?
「夕方まで我慢できるようでしたら」じゃないのか?

私は何も今すぐ診てくれと言った訳じゃない。
「今日診ていただくことは可能か?」と聞いていたのだが・・・
一瞬、9時半ごろから、夕方5時まで待合室で待っている自分の姿が脳裏を横切った。

それに、「5時」とういう指定も予約表をにらんでなんとか空いている時間に突っ込んだ!という雰囲気も時間も感じられずに、いきなり出てきたぞ?


・・・
空いてたんだろ?
院長はふさがっていたかも知れないが、他の先生は空いてたんだろ?

医院によっては、まず院長が見てから配下?の医者に担当を振る、という事もあるのかも知れないが、今まで歯医者で初診時にその様な予約の取り方をされた事はない・・・
(こちらに見えなかっただけかも知れないが・・・。でもかかってみて院長じゃなかった、なんてケースざらにあるよなぁ・・・)

なんかなぁ・・・
これが医院の方針ではなく、単に受付の女の子の資質の問題だと思いたいのだが・・・

ニュースでやってた緊急患者のたらいまわし、というが一瞬頭に浮かんだ。
もちろん程度も内容も全然違うが。
この歯医者の受付の女の子は、相手の立場に立つ、という事ができないのだろうなぁ。

私が通っていたペインクリニックは基本予約制だが、痛みの程度を聞いて酷そうだったら診療時間を越えても受け付けてくれるぞ?
医者も看護婦も拒否感を示しているのを見た事が無い。
だから、あちこちに紹介するのだが・・・^^;


最近始めた仕事もマニュアル、というか対応指針がある。
(お客様への技術的なアドバイスの仕事)
だが、社内でも対応セクションが分かれているので、私のセクションでは受けない、分からない、という内容もお客様は聞いてくる。

そこで、「〜〜以外はXXXをご案内して」という指針に従って機械的に返すと大概クレームになる。
はっきりとクレームを言わずとも、お客さんのトーンが下がるのが分かる。
でも、そこで同じように他セクションを紹介するのでも、声に申し訳なさを滲ませて、どうしてそこに紹介するしかできないのかを申し訳なさそうに説明すると、よほどここに至るまでたらいまわしにされたお客様でない限り、
「そうですよね。分かりました」
と快く(表面だけかも知れないが)了承してくれる。



結局勘違いしているのだろうと思う。

医院の受付でも企業の窓口でも、訪ねてくる(電話してくる)人は、
何かしら頼みごとが有る人だ。

特に技術的な事柄に関係している場合は、聞かれた方が聞いた方よりも上位に立ったような錯覚をしている人が多々いる。
(私のように「単なる窓口の貴方で分かるの?」という嫌な客もいるが・・・(爆))

恩着せがましく、まで行くと又違うが^^;、
痛いんだな、分からなくて困っているんだな、と思うだけで、自ずと対対応は違ってくると思う。
親身に対応するだけで、結果が希望に添えなくても、相手は感謝するし好イメージを持つと思うのだけどなぁ。

想像できない = ○か

という事であろうか。(にっこり


ラベル:仕事
posted by 葉山猫 at 11:29| ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

攻め込まれる

中○産の食品・・・

困りましたね。
冷凍食品などを回収しているようですが、町場の小さなお弁当屋さんとか定食屋さんとかはどうなってるんでしょうね?

あくまでも私の想像ですが、安いお弁当屋さんとか定食屋さんとかはハンバーグや餃子、ミンチカツとか他にもあると思うけど、冷凍食品を使用している率が高いと思う。
実際、最近2回ほど利用したお弁当屋さんは、外から覗いていると私が注文したのはすべて冷凍食品を利用しているようだった。

中○産とは限らないのかもしれないが、まぁ安い食材は中○産の可能性が高いと思うから・・・うーむ。である。

大手のチェーン店のお弁当屋さんだったら、企業の回収にも応じるだろうが町場の個人経営の様な店舗だったらどうなんだろう?
流通経路がわかる方法で仕入れしてたら回収の連絡が来るだろうけど、普通の主婦の様に匿名で冷凍食品を買っているのなら、回収の連絡、来ないよねぇ・・・

実際、安く仕入れた(どこかで買った)食材を返品したら、代わりの品を購入しないとその日の営業に困る。

自分が食べるものをスーパーで買う場合には注意を払う事ができるけど、勤め人の様に外食を1日に1回はしなくちゃいけない人間は、食べるお店や弁当屋を不安に思いながらも食事するしかない。

対象の関連食品の中には業務用の食材もあったらしいが、今回の中毒事件が店舗に出された料理の中で起きてたら・・・

困るなぁ。

という事で、以前楽しみにしていた
中華的生活「多少銭?」
が再開したようです^^
良かった、良かった!


こちらのブログの以前の記事でも触れられているが、日本の食材の国内自給率はとんでもなく低い。

この狭い国土で一億二千万の人口。

養うための食材をどこで栽培するのか、という問題もあるが・・・

安い食材を海外に求め  ← 一般庶民の口に入るのはコレ
有機栽培だ、バイオなんたらだという高い食材だけを国内で栽培する ← 限られた人だけの口に入る

うーむ。
貧乏人には死ね!という事だろうか。


中華的生活「多少銭?」も書いてらっしゃるが、食料は武器になる。

実に冷凍食品の7割近くが中○産だと言う事だ。
もし、中○が、
「明日から日本向けには食材を輸出しない事にしました」
と言ったらどうなるのだろう?

で、
「それは困ると言うのなら、〜〜に関してこちらの意向を汲んで欲しいのだが」
と言ってきたら、日本の役人(首相、大臣、その他何かを交渉しに行った日本人)はどうするのだろう?

冷凍食品に限らない。
生鮮?食品も同じことだ。

食料はなんとしても確保しなければならないものだ。
古今東西、兵糧攻めは必ず戦略に入っている。
城を包囲した、町を包囲した、前線に送る補給ラインを潰す。

武器弾薬も大事だが、それよりも食料が無ければ、武器弾薬を扱う人間に支障が出てくる。
餓死もするし、体力が落ちれば、病気や怪我も治らなくなる。
歴史を振り返れば、食料ラインを潰したという戦術はあちらこちらに書かれている。
第二次世界大戦時の日本もやられた。

別に物理的に戦争をしなくても、上記のように輸出制限をかけるぞ、と脅されるだけで、こちらの立場は弱くなる。

なんとかならないものかなー



安い野菜を見ると「中○産」と表示されている(た)。
ウナギなんか国内産と中○産とでは値段が倍違う。
ウナギなんて悪食で何でも喰うから(死肉でも)、何食べさせてるか分かったもんじゃない、と思うのは私だけであろうか?

私は大分前から、中○産と書いてある食材は買わなくなっていたが、産出地の表記が信じられない所が悲しい。
ラベル:中国産食材
posted by 葉山猫 at 10:56| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。