2008年07月28日

目がふさがれること

記事を書こうと思ったのですが、何を書いて良いか分からなくなりました。

この記事の最後にリンクを張ったビデオ画像がすべて○国のものなのか、時代はいつのものなのか全面的に信用することはできない、という意見もあります。
が、中には実際に○国のものと思われるものがあります(背景)。

この画像についたコメントで

「日本のものだろ!嘘つくんじゃねぇ! 日本の○野郎!」

みたいなコメントがありますが、日本だったらすごいニュースになりますよ・・・
これが日本で起きた事なら。

また

「フォトショップで加工した奴だ」

というコメントもありますが、1枚でも本物があれば充分ではないのでしょうか。


日本で起きた事なら、太平洋戦争以前だったら今ほど情報公開されてなかったかも知れませんが、それでも地元では噂として残っているでしょう・・・

そういう噂、聞いた事ありますか?
まぁ・・・地元の恥と言うことでよそ者には決して言わないタブーというものも有るとは思いますが・・・

ですが

日本の物だという人にはこう言いたい。
日本には、こういった人、物、動物を見世物にする、というメンタリティは昔からなかった事のように私には思えます。
(写真の雰囲気からこう感じられてしまう。)

昔、少々の奇形は見世物にした事実はあると思いますが、ここまで来ると・・・
忌み嫌われる対象、隠すべき対象になると思えて仕方がありません。
(差別ですね。だから良いと言うわけじゃありません)
日本人のメンタリティであれば。
それとも、無知無学の時代にはこういうメンタリティも一部にはあったのだろうか・・・

しかし、写真技術(それもカラー)のある時代の日本でこれが起こっていたら大騒ぎになってると思います。
それは確実に言えると思います。


そういう事を考えると、このビデオで言いたい環境汚染そのものより、情報が公開されない恐ろしさ、他人事だと思う無関心さ、
そして、それ以上に恐ろしいと思うのは、何がそうさせた、という事に目をつむり、奇形動物を指し示しているむしろ誇らしげにすら見える人間の無知さ、教育の不徹底、自国をかばうあまり、もしくは他国(日本ですな)を憎むあまり何が一番問題かという事から目をそらしている事が、私は怖いです。


日本も欧米諸国も昔はしてたじゃないか、こういう環境汚染もあったじゃないか!
と言われるのなら、それを悪例として自国がこうならないようにしてください。
お前達もやったじゃないか!と我々を非難するのではなく、自国を憂いて欲しいです。

又、我々ももっと自分が住む土地、自分の子供、孫が住むであろう土地をもっと考えねば。
あなたや私、あなたの子供や孫がこのようになったらどうします?

というか・・・
後天性の、いわゆる公害病だが、ここまで酷くなる前に医者に行けよ!!!(泣
こういう所にも無知、無学、医療体制の不備(貧困層や遠隔地の人はおいそれと医者にかかれない)が影響していると思えてなりません。

あぁ・・・
でも。

日本でも小児科医が少なくなって来ているとか、経営困難から病院の統廃合により、産科病院へ行くのに県境を越さないとダメとか、老齢の長期入院患者が増えたための病床不足とか、いろいろありますね。

阿呆な事に金使ってないで、ばっさりと路線変更しないと明日は我が身かも知れない。

この画像を○国の人も他国の人も日本人も教訓としましょうよ・・・

収録されている画像が、すべて○国のものでなくても同じ事です。
今もっとも環境破壊、汚染でクローズアップされている国が○国ですが、地球上のすべての地域で起こりうる、というか起こっている事です。
教育の問題(人間としてのモラルとか)もね。


問題は環境汚染だけではないです。




再生する時は音がします。
又、後半は非常にグロテスクな画像が出ます。
自己責任でご覧になってください。

http://jp.youtube.com/watch?v=BQ9or0aXibA (YouTube)



ラベル:環境
posted by 葉山猫 at 11:32| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。