2008年08月24日

報道の傲慢

前回の記事の最後で触れた劉翔選手の件だが、あれだけだと片手落ちというか、あそこに書いた劉翔選手の発言に関して感じた事はあのままだが、もうひとつ感じた事をちゃんと書いておこうと思う。



朝日新聞のあの質問をした記者に言いたい。

金メダルを取り、今まさに人生最高の気分にいる人に対して発する質問であろうか。


同じ質問を、日本の選手が満面の笑みを浮かべている時に、他国の記者がしたら選手や日本人はどう思うだろうか。
失敬な!
と言うだろう。
まぁ、かと言って、日本選手がその質問をした記者の国や民族に関し侮辱するような事は言わんし思わないと思うけどね・・・


劉翔選手の発言を知り、なるべく詳しい当時の状況を調べようと思ったのだけど、4年前だから見つからなかったのよね・・・
検索の仕方が悪いのもあるのだろうけど。


その調べる事ができた範囲内でWikiの記事が一番詳しかったのだけど、内容を読んだ時に感じた事が二つ。

一つは前記事で書いたけど、もう一つはこの朝日新聞記者の傲慢さ。


日本人として非常に言いづらいのだけど、
この記者の中には未だに有色人種、というかアジアの国に対して蔑視、優越感があるのではないのか。


何故なら、同じ噂、疑惑があってもこの内容の質問をこのタイミング(競技が終わった直後、と私は仮定している)で、
白人種、例えばアメリカの選手に対し、この記者はするだろうか?

と言う事だ。

しないんじゃないの???

と感じるのよね・・・



こういう事を言うと、私の中にもそれ(蔑視?)が分かる気持ちがあるから、こういう推測(邪推と言われるかも知れないが)ができるのか、という考えも頭に浮かび、頭を抱え込んでうずくまりそうになる。
私本人としてはない!と言いたいが・・・


まぁ私の中に本人が気づいてない何があろうとも、この記者の傲慢さ、マナー知らず、という私の感想は変わらないが。


朝日に限らないが、マイクを持てば、何を聞いてもどこで聞いても報道の権利だと勘違いするのは止めて欲しい。
もっともな疑惑(やっかみや面白がった噂話だけって事じゃなく)があれば、それを調査し、当人に質問するのも当然だと思うが、それも時と場所を考えて、と思う。

ましてオリンピックだ。
国際交流の場、スポーツの「祭典」だ。
お祭りの気分に水を差すような空気読めない行動はどうかと思う。
後ろ指指されるような事は止めて欲しい。

結局この記者は、内容と時と場所を考えずに発言したために、思わぬ返答が返ってきて、多くの日本人に不快な思いをさせた事になる。
中国人の反日感情を更にあおる事にもなっただろうしね。


それにしても、当時この噂はどくらい信憑性があったものなんだろうか・・・
噂されてた範囲は??
他国の記者はこれについてどう扱ってたのかしら・・・
そこが一番要よねぇ・・・


posted by 葉山猫 at 11:18| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。