2008年09月13日

文化の違い、それとも

若ノ鵬、ばかだなぁ(泣

彼が来日した時からサポートしていた高須さんという方がTVのインタビューで答えていた。

「なんとか復帰の道を探していたのに、これじゃ台無しだ」


髷を切ってください、で親方も泣いた、自分も泣いた、という話に関しても高須氏は話していた。
前日、訴訟はしないという話になっていたのに昨日の今日で何故!と絶句されていた。


大変申し訳ない言い方だが、若ノ鵬のしゃべりを聞いていると日本語が充分分かっているとも思えない。
細かなニュアンスって事だが。

責めるつもりはないが、年取った(というか分別のある)親方と高須氏は、充分、念には念を入れて彼に説明したのだろうか?
いや、彼らに責任転嫁するつもりはないけど。

なんとなくだが、年配の二人だけ?が充分な言葉にせずとも、言わずとも分かるだろう、分かってくれただろう、と言う感じでくどいほど念を押すという事をしなかったという場面が浮かんでしまった。
(インタビューでも「訴訟はしないという方向になったと「思って」いたのだが・・・」と言ってたしたし・・・)


まぁ・・・
多分・・・
(ものの分かった年配の二人には)これだけ言ったんだから、そんな事はしないだろう、と思ったのなら、その気持ちも分かるけど・・・

20歳だもんなぁ・・・
まして、人によるけど、「そういうものじゃないんだよ!」っていう世間の常識をくどい程説明しても分からないヤツいるもんなぁ・・・
年取ってても・・・


確かに人を傷つけた訳ではなく、過去の明らかに人を傷つけた(最近の折檻死の事件もそうだし、禁じられている自分で車を運転するをして、被害者が亡くなるという交通事故を起こしている力士もいる。減俸と場所出場「自粛」で済んでたらしい)力士達の処分に比べたらむちゃくちゃ重い処分だけど、時代と風潮と共に処罰は変わっていくものだし(今はいろんな問題で角界に注目が集まっている時期だし)、単に賠償を求めるだけなら裁判を起こすのもありだけど、相撲界で前と同じにやっていきたいなら・・・

これは日本でも海外でもどこの組織でも同じだと思う。

考えが足りないんだろうなぁ・・・
確か4年前に来日したとか言っていたから、角界に入ったのは16歳か・・・

やっぱりさ
特殊な狭い世界で純粋?培養されると、世間の常識というのが分からなくなるんだよ。
もちろん人によるんだって言うのは分かってて言うんだけど。

今ならまだ間に合うから、

撤回しろ!
謝れ!
「良く分かってなくて相撲界に復帰したいばかりにバカなことをしてしまいました。世話になった相撲界に対し訴訟など起こしません。
撤回します。ごめんなさい!
自分を磨くために学校行って相撲の稽古だけして許される日が来るのを待ちます。ごめんなさい!」
と言え!


と誰かアドバイスしてやってくれないだろうか。


彼が言ってきた事を聞くと、根は悪い子じゃないと思うんだよね・・・
みな自分が悪い、2人は関係ない、とか、親方、相撲協会悪くない、とか。
甘いかな・・・

別のことを言えば、
弁護士も本当に依頼者の事を考えるのなら、訴訟はしない方がいいですよ、と何故言ってやらないのか。




16歳で親元から離れまったく異質な国へ来て、強くあれ!とだけ教育されて(多分)、成績を残せば「うむうむ」と良い顔をしチヤホヤし。

前記事でも書いたけど、人の子を預かるんだから特殊教育だけでなく人として社会で通用する教育もするべきだよ・・・

何度も言うけど、怪我をしたら?病気になったら?
期待に反して成績を残せなかったら?
道具を使うみたいに、
「使い物にならなかったな」
でポイするのか・・・
まして怪我してのリタイアなら、怪我にもよるけど後の仕事にも制限つくかも知れない・・・

トップに立つには逃げ道を残したらいかん!
って考え方があるっていうのは分かるけど、人としての教育をするのも武道ではないのか。

根が悪い子でもなさそうなのに、大麻吸ったり自分の意見を通すのに裁判起こしたら通じるとか、例え勝ってもその後の事を想像できないとか、考えが甘いと言えばそうだけど幼いという言葉しか出てこない。

この部分に関しては、「16歳」で預かった方の責任だろう・・・


日本人を信じて子供を預けたのに、体だけ太って挫折感だけを抱いて戻ってきた。

と若ノ鵬の親だけでなく、途中リタイアした子供の親達に言われないように望みたい・・・

日本人の子供でも同じ。
「親方」を信じて・・・
亡くなった力士の親御さんは正にそう言いたいだろう。



それはそうと、前回外国人枠を撤廃したら?と書いたが、これもTVの受け売りだが、部屋の収入って外国人力士の給料がほとんどなのね。

一番トップは、確か外国人力士が4人いて、2人が十両?2人が幕内?で部屋の収入が8000万↑。
この4人の給料が入らないと、この部屋の収入は確か・・・1000万代だった。
他の部屋も同じ。
外国人力士の給料を省くと、とんでもない落差がある。

支払われる給料は部屋と力士で取り分を決めてるのね。
その割合は部屋ごとに違うらしい。
(今まで朝青龍とかの給料に噛み付いていたけど、公示されている給料のすべてが個人に入るわけではなさそう?)

ほとんどの部屋が外国人力士の給料を当てにしているように見えた。
もちろん、外国人だから給料が高いって訳じゃなく、それだけ強い力士だって事なんだけどさ・・・
複雑だよね。


例外はただ一つ。
貴乃花の部屋のみ。
外国人力士0。

9人弟子がいて、部屋収入は1200万だか、1500万だか。

他の部屋と比べてダントツに貧乏。(失礼)
おまけに中卒でしか取ってないそうだ。

貴乃花の「相撲道」を貫いているのは分かったが、くれぐれも人としての教育もお願い致します<(_ _)>




今日の記事の主旨と離れるが
折檻されて亡くなった事件の親御さんが

「人が死ぬことより大麻を吸った方が重たいように見える」

と言った事が強く印象に残っている。


ラベル:大相撲
posted by 葉山猫 at 12:03| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。