2008年10月21日

スポーツの祭典とは  (オリンピック出場資格)

                                     gremz発芽27日目
1912年(明治45年)のオリンピック
ストックホルム大会

金栗 四三(かなぐり しそう)選手は、マラソンの予選会において足袋で当時の世界記録(当時の距離は25マイル=40.225キロ)を27分も縮める大記録を出し、短距離の三島弥彦と共に日本人初のオリンピック選手となった。

ところが、当時は日本からスウェーデンへ20日もかけての船と列車の旅。
さらに、スウェーデンの夜は明るいため、睡眠にも支障があった。
食事面では、当時はスウェーデンでは米はなく、その上、マラソンの当日は、金栗を迎えに来るはずの車が来ず、競技場まで走らなければいけなかった。
また、40℃という記録的な暑さで、参加者68名中、およそ半分が途中棄権し、1名は倒れた上、翌日亡くなったと言われている。


そういう状況下でのマラソンレース。

期待された金栗選手は、レース途中で日射病で意識を失って倒れ、近くの農家で介抱される。
その農家で目を覚ましたのは、既に競技も終わった翌日の朝であった。


スウェーデンでは、金栗選手が単にソーレンツナ(Sollentuna)のある家庭で、お庭でのお茶とお菓子に誘われ、それをご馳走になって、そのままマラソンを中断したと理解されていたそうだ。




だが。

1967年(昭和42年)3月
金栗氏は、スウェーデンのオリンピック委員会からストックホルムオリンピック開催55周年を記念する式典に招待される。

ストックホルムオリンピックでは棄権の意志がオリンピック委員会に伝わっておらず「競技中に失踪し行方不明」として扱われていた。

記念式典の開催に当たって当時の記録を調べていたオリンピック委員会がこれに気付き、金栗を記念式典でゴールさせることにしたのである。

招待を受けた金栗はストックホルムへ赴き、競技場内に用意されたゴールテープを切った。

そして場内にアナウンスが響き渡った。

只今の記録は、54年8ヶ月6日5時間32分20秒3でした。
これで第5回ストックホルム大会は、総ての競技を終了いたしました。


出典:Wikipedia 金栗四三


どうよ!!!


この後の金栗選手のコメントは、

「長い道のりでした。この間に孫が5人できました」

当時、ゴールしなかった金栗選手には日本国内で相当ひどい批判がなされたそうだ。
この金栗選手は上記出典元のWikipediaを読んでいただくとわかるが、相当日本の陸上競技に貢献尽力してくださった方のようです。

(うがってみれば金栗選手への応対は、当時のストックホルム大会運営側の不手際・落ち度を払拭するためのものだったかも知れず、金栗選手を含む他の選手への謝罪であるのかも知れない。そうであっても演出の心憎さは変わらないが。
それにしても、お茶飲んでたぁ〜?それで競技棄権〜??
ありえんだろっっっ!
大枚使って訪国しているのに!
当時がそういう事も有り!、と思うようなのんびりしたものだったのか、とんでもない状況下でのレースだったからそう思い込もうとしたのか。でも、どちらにしてもありえんだろ!!(笑)



翻って以下のニュースを読んでみる。

2008年10月21日8時2分配信 サンケイスポーツ
日本柔道界に衝撃が走った。国際柔道連盟(IJF)の理事会は、19日夜に五輪の出場資格獲得などに結び付くランキング制度を来年1月から導入することを決めた。

来年1月からの新制度では優勝すると五輪(600点)、世界選手権(500点)、マスターズ(400点)、グランドスラム(300点)、グランプリ(200点)、ワールドカップ(100点)の順で得点を分配。男女の各階級でランキングを作成し、五輪出場権が各階級1カ国・地域1代表の原則で男子が上位22人、女子は同14人の選手に与えられる。

過去の実績が高く評価された五輪代表選考は見直しを迫られ、強化は若手中心の少数精鋭主義に転換しそうだ。

以上抜粋




前記事で谷選手を私は応援していると書いたが、今回谷選手はどうでもいい。(こら
そこが問題じゃない。



続きを読む


ラベル:オリンピック
posted by 葉山猫 at 11:39| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。