2009年01月26日

WALL・E ウォーリー

リサイクルにしろエコアクションにしろ必ずやらなければ!と心に決めたgremz発芽124日目

WALL・E ウォーリー

2008年米 PIXAR/ウォルト ディズニーピクチャーズ

監督・原案・脚本:アンドリュー・スタントン
声の出演・サウンドデザイン:ベン・バート
声の出演:エリッサ・ナイト、ジェフ・ガーリン、フレッド・ウィラード、キャシー・ナジミー、シガニー・ウィーバー


wall-e.jpg

見ました!
くぅーーー!

機械(ロボット)に泣かされるとは!
ごきぶりをかわいいと思う日が来るとは!


お勧めです!

いかにもアメリカ映画、ディズニー映画!ですが、良いです。

しかし・・・

目は口ほどに物を言い

と言いますが、

目こそ口より物を言い


ですね。
ヒッチコックの映画で、ヒロインの目の動きだけでヒロインの感情を表した有名な?シーンがありますが、この映画でもCGなんだと分かっていても感情がすごく伝わってきます。
たいしたものだ・・・

動物が好きな方は見て損はないです。
普段この手を見ない方にもお勧めしたいです(笑


ネタばれしかねないですが、最後のシーンで〇〇をXXXら、「え?それすると・・・XXXXんじゃないの???」って思ったら、ちゃんとその様になってましたね(笑
ドキドキしました(笑

しかし、シガニーウィーバーは誰の声をやっていたんだろう・・・
あの登場人物かな??
いや・・・それとも・・・(笑
本人の声って、すぐにはブルースウィルス位しか思い浮かばないんですよね^^;

ちゃんとしたレビューはこちらをどうぞ!↓
MOVIE-DIC(白くじらさんのサイトです)
説明を自サイトでせずに手抜きさせてもらいました^^;

ウォーリー公式サイト


しかし・・・
ジッポーのライターを上手く使ってましたねぇ(笑

こういうさりげない小物、だけど大きな印象を与える演出って上手いですね・・・
日本は説明過多だよ・・・ほんとに。
人間の生活の様変わりも船長室の歴代の船長のフォトグラフで分かるようになってましたしね。
言葉の説明は一切なくとも、それだけにいい。
見る人が自分で発見した喜びってのが、見た後での会話の盛り上がりになるのにね!


WALLE1.jpg
このお掃除ロボットが個人的には気に入りました(笑
モーちゃん(笑
日本人をイメージしているのかなぁ・・・^^;
と書いたけど、動きからすると、ディズニーのファンタジアに出てくる中国をイメージしたきのこ??に似てるなぁ・・・
要は、勤勉で融通が利かないアジア人か^^;


ラベル:映画
posted by 葉山猫 at 03:46| 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | 映画&TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。