2009年02月21日

千の風

歌も時と場合によっては省エネでと思ったgremz発芽150日目

いきなりですが(笑
今、日本で「千の風になって」と知られている曲を、911報道番組で初めて聞き、アメリカ人?女性が歌う歌が流れ、歌詞がテロップで流れた時には、
「おぉ、いいじゃないの!」
と普段私が死というもの、亡くなった方に関して思う事が正に詩になっちょる!と驚き、喜んだものでした。
全部の詩と歌全部をちゃんと聞きたいなぁと思ったものでした。

それから程なくして、「千の風になって」という曲を秋川雅史バージョンで初めて聞いた時、楽しみにしていたにも関わらず、背中をよじりたいような、なんというか「ぃ゛ー」という心地悪さを感じました。

特に「私は死んでなんかいません〜」という部分のおさまりの悪さ。
正直言って「うぇ〜〜」となるくらい、イ ・ ヤ です!(爆)

訳語?自体の「なんかいません」という言葉にも何か抵抗を感じるし、早口になる曲への乗りの悪さも私には大×です。
「死んで」という口語??も違和感を感じます(笑

死んでる事は死んでるだろうに!
とつっこみを入れたくなる程です(爆) ← あまのじゃく

それからは何度聞いても嫌悪感が募るばかりだったので、秋川雅史が出るだけで拒否反応が出るくらいで^^;、ましてやこの歌を歌うとなると前奏が演奏されるかされないか位のタイミングで即行チャンネルを変えてます(笑
正直言って、怒られるのを覚悟で言えば、この秋川雅史バージョンを「いい!いい!」と言っている人が大勢いると言うのが信じられません。
いわんや、毎日かけて聞いてます、とかいう人(のコメント)が多いので、毎日こんなの聞いていて精神状態だいじょぶか?
と言いたくなる位です。(ぉぃぃぃいいい
まぁ・・・最近大事な方が亡くなられたとか言うなら分かりますけどね。
それ以外で曲と詩自体がいいと言って聞くのは・・・(大きなお世話


でも、「初めて」英語で聞いたときのあの「おぉ!」という感情があったので、原詩はどうなの、曲は一体どうなってるの、と思っていた所、今朝なんでか知りませんが^^;、調べてみる事にしました。

すると、元々海外ではこの詩はとても有名で死者哀悼の場面とかで朗読されるようですね。(この部分は聞いて知っていたけど)
作者不詳と言われながら研究もされていて、Wikiによると1932年頃、Mary Fryeというアメリカの主婦が友人の母が遠い母国で亡くなったのに母の元へ行く事ができない、と悲しむ友人を慰めるために茶色い紙袋に書いた、のが始まりと言うのが有力のようです。

以下にその原詩だと言われているものを載せますね。

Do not stand at my grave and weep,
I am not there, I do not sleep.
I am in a thousand winds that blow,
I am the softly falling snow.
I am the gentle showers of rain,
I am the fields of ripening grain.
I am in the morning hush,
I am in the graceful rush
Of beautiful birds in circling flight,
I am the starshine of the night.
I am in the flowers that bloom,
I am in a quiet room.
I am in the birds that sing,
I am in each lovely thing.
Do not stand at my grave and cry,
I am not there. I do not die.

それでどうもあちこちでいろいろなバージョンで語り続けられている(歌とは限らない)元にされたのは、この詩を送られた家族がはがきに印刷して配った以下の短いバージョンのようです。

Do not stand at my grave and weep
I am not there; I do not sleep.
I am a thousand winds that blow,
I am the diamond glints on snow,
I am the sun on ripened grain,
I am the gentle autumn rain.
When you awaken in the morning's hush
I am the swift uplifting rush
Of quiet birds in circled flight.
I am the soft stars that shine at night.
Do not stand at my grave and cry,
I am not there; I did not die.

んで、Wikiにある日本語訳例も載せますね。
わたしのお墓に佇み泣かないでください
わたしはそこにはいません、わたしは眠りません
わたしはふきわたる千の風
わたしは雪上のダイヤモンドのきらめき
わたしは豊穣の穀物にそそぐ陽光
わたしはおだやかな秋雨
あなたが朝の静けさの中で目覚めるとき
わたしは翔け昇る上昇気流となって
弧を描いて飛ぶ静かな鳥たちとともにいます
わたしは夜に輝くやさしい星々
わたしのお墓に佇み嘆かないでください
わたしはそこにはいません、わたしは死ななかったのです

どうも私にはやはり最後のI do not dieの訳が納得できませんが(笑
直訳ですからこれはこれなのですけど。

で、塩谷靖子さん(ソプラノオペラ歌手)と言う方もこの原詩を訳し、曲をつけて歌ってらっしゃる(このブーム以前に)ようで、その方の歌詞は以下になります。
泣かないでください 私のお墓で
そこに私はいません
千の風になり
ほら 私は吹き渡っているのです

泣かないでください 私のお墓で
峰に降る雪になり
またたく星になり
ほら 私は輝いているのです

降り注ぐ日差しになり
林の雨になり
あなたが目覚める朝 私は
ほら 小鳥とたわむれているのです

泣かないでください 私のお墓で
眠ってなんかいません
千の風になり
ほら 私は吹き渡っているのです

泣かないでください
私の願いなのです

で、秋川雅史Verの方は以下かな?
私のお墓の前で 泣かないでください
そこに私はいません 眠ってなんかいません

千の風に
千の風になって
あの大きな空を
吹き渡っています

秋には光になって 畑にふりそそぐ
冬はダイヤのように きらめく雪になる
朝は鳥になって あなたを目覚めさせる
夜は星になって あなたを見守る

私のお墓の前で 泣かないでください
そこに私はいません 死んでなんかいません

千の風に
千の風になって
あの大きな空を
吹き渡っています

千の風に
千の風になって
あの大きな空を
吹き渡っています

あの大きな空を
吹き渡っています


私としては、塩谷靖子さんの歌詞の方が好きです。(笑
(曲はともかくとして)


私の感覚ですが、秋川雅史Verの詩は、死者が生者に能動的に関わってます。(目覚めさせる、見守るとか)
でも、塩谷靖子さんの方は原詩に近く、亡くなった方はそこここにいるけれども自由です。
あくまでも自由で、ただ、そこにいますよ、あなたの周りのどこにでもいますよ、いろいろなものと共に一緒になって
という感じなのですよね〜〜・・・

亡くなった後まで縛り付けるなよ、と・・・(爆)
確かに見守ってて欲しいと思いますが。
でも、なんか違う・・・
生者の勝手みたいで・・・
生きている人間に縛り付けているようで・・・

ただ単に、
そこにいるんだね(そこにいるのかも知れないね
ここにもいるんだね(ここにもいるのかも知れないね
一緒に歩んでいるんだね(でも自由になっていろいろなものを見ているんだね
という感覚の方が「私は!」好きです。 ・・・・ わっはっはっは^^;

私が死んだら自由にさせてくれ!(大爆)

まぁ・・・
こういう追悼(文)ってのは、あくまでも生者が生者を慰めるためのものですから、しょうがないっちゃしょうがないんですけどねぇ・・・


なんて言いながら、更に秋川雅史バージョンはなんで嫌いなのか(しつこい)、ぐちぐち考えながら調べていると・・・
秋川雅史Verの「元」の作詞作曲した方の新井満さんのバージョンも視聴(一部分)できました。
すると・・・

まったくニュアンスが違う!

もっと優しい感じで、素朴な感じなのですよ。
あくまでもシングルリミックスの出だしを聞いただけですが、あまり(ほとんど)嫌悪感を感じなかった。


うーむ。


結論。


秋川雅史Verは堂々としていすぎる!
情愛が感じられない!
声が単にオペラ発声なだけ!(ぉぃ
髪型がイヤだ。(ぉぃぃ
ボタンはずしがにやけてる!(ぉぃぃぃいい
どうだ!と言わんばかりの顔つきがイヤだ!(こらーーーー!


^^;
私のブログだもんね・・・^^;
いいよね^^;
でも一応謝っておこう^^;
ごめんね^^;

塩谷靖子バージョン
新井満バージョン



続きを読む


posted by 葉山猫 at 12:50| ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。