2009年10月30日

猫夢中

WaterPlanetという響きがいいなと思うgremz発芽116日目

猫に夢中ではない。
葉山猫が夢中という意味である^^;

HP作成。

いあー 面白い。

以前も「htmlってどんなもんだべ?」と手をつけようとした事はあったのですが、最早理解しようとする根気も頭もない事が判明して挫折してました。
が!
ホームページ作成ツールというものがあるではないですか!?

ほんと今更って感じですけどね^^;
以前から存在は知っていたのですが、有料ですし、今の私にとってはとっても高額。
仕事に使うわけでもないし、仕事にする事もできないだろう(美的センスが必要)、そんな自己満足だけの趣味の世界に万のお金はねぇ・・・

と思っていたのですが、このたびやっぱりHPを自分で作りたい!
という情熱が沸き起こり、真剣に調べたら無料のホームページ作成ツールがあるじゃないですか!

以前正攻法でhtmlを1から勉強しようとして挫折しましたが、このツールを使い、結果からコマンドの動きを知ると教本で勉強するより頭に残ります(笑

という事で、
HP作成に興味がある方はもうとっくに知ってるツールだと思いますが一応ご紹介。

Kompozer

外国語版ですが、日本語化できます。
マニュアル・ヘルプも基本的な部分は、有志の方が日本語化してくださってネット公開されています。
(Nvuというのは、Kompozerの前身)

KompoZer(Nvu)マニュアル

初心者がNvu・KompoZerでつくるホームページ講座

KompoZer and Nvu User Guide


他にも昔Microsoft Officeをインストールした事がある方は

Microsoft Frontpage

で、新たに作成ツールを購入せずとも作れます。(多分)
(ただし、Frontpage自体は2006年に販売が終了されています)

これにもいろいろ作り方ガイドをネットで見る事ができますけど、一例としては

Frontpage Expressでホームページを作ろう!

が、入手方法から載っていてとっかかりとしてはいいかな・・・

ただ・・・
Frontpageで気をつけなければいけない事が?

レンタルするサーバーがFrontpageに対応してないと、正常表示できないようなのです。
「ようなのです」と書いたのは、上のサイトとかで書かれている内容にサーバーがFrontpageに対応している事とは書いてないんですよね・・・

KompzerとFrontpageを比べると、私にはFrontpageの方がとっかかりが良かったです。
Micorsoft社製ですから、画面作成もエクセルなどで親しんだツールバー等の機能が使えます。
なにより、「ナビゲーション」という機能で画面構成を視覚的にデザインできるのでそれが良かったんですよねぇ・・・
フレームもFrontpageでは簡単に作れますが、Kompozerでは何故かフレームは対応していません。
画像処理もスライドショーとか簡単に指定できますが、Kompozerでは自分で工夫しないとだめのようです。
書体もFrontpageでは日本語書体を指定してもレビュー画面で即反映されますが、日本語化したKompozerでは反映されません。
(他からフォント書式ごとコピーしてくると表示されます)

ところが最初に参考にした資料で、Frontpageで作成した構成を正常に表示させるにはサーバーがFrontpageに対応してないとだめ、と書いてあり、自分が作ったソースを見ると確かにMicrosoft固有の文言が挿入されてます。

それでレンタルサーバーを調べてみると、無料のサーバーではFrontpageをサポートしているものが見当たらなかったんですよね。
有料のサーバーでは対応しています。
考えてみれば、Frontpage自体が有料のものですから、無料レンタルサーバーでサポートしてないってのもうなづけるような・・・

ですけど、勉強を兼ねた趣味のものなのに年間に何千円って使いたくないですし、HP自体いつまで公開しているか分かりませんしねぇ・・・
なので無料レンタルサーバーを使用したい、というのは私にとっては必須なんです。

私のレンタルサーバー必要条件
・無料
・CGI、PHPなどに対応
・PC、携帯からの閲覧が可能
・URLがシンプル
・閲覧が常時迅速にできる

最後のは、今借りているサーバに、ある会員リストを作って特定多数に公開しているんですけど、しばしば表示されないんですよ^^;
内容更新にも時間がかかりますし・・・

ところで、なんでレンタルサーバの紹介は、どんな機能を提供しているかってまちまちな記載でわかりづらいんですかね(笑
レンタルサーバの比較サイトっていっぱいありますが、特定の機能があるかどうか調べるのに数が多すぎて面倒くさかったです。
これだけネット人口が増え、有料無料に関わらずレンタルサーバーが商売になるなら、JIS規格??か何かでユーザに表示する項目定義を決めたらいいんじゃないのかなー
もう決まってるのなら失礼^^;


で、作成に関して長年エクセルを使ってきた身にとってはFrontpageが使いやすいと思ったのですが・・・
Microsoft固有の部分を使わずにもしくは書き換えれば、対応していないサーバーでもいけるんじゃ?とも思うんですが、そうしたところで一生懸命作ったのに、いざアップロードしたら使えませんでした、ってのは避けたいですよねぇ・・・


という事で。
短気な私としては画面構成などメモ的な部分はFrontpageで。
実際の作成はKompozerで。
自分で工夫するってのは勉強になりますし、融通きかせられますしね。
と、しばらく併用モードでがんばる事にしました。


今作っているHPは、葉山猫としては公開できませんけど(どんなHP)、これが上手く出来たら、葉山猫サイトとしてもHPを作成してゆくゆくは移行しようかな。

ただ・・・
MOVIE-DICさんや他の方のブログやカスタマイズした部分を見たりすると、つくづく美的センスが必要だと思うのですよね・・・
(白くじらさんのくじらアイコンやサイト交流MAPは素敵)


コーディングは勉強すればなんとかなる!
だけど、見た目、使い勝手はセンスによる!

うーむ。
タグ:HP作成
posted by 葉山猫 at 12:21| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲームいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

ゴルゴ13はいる!

何日位で大人の木になったっけかと遠い目になるgremz発芽108〜109日目

娘殺された仏人父が復讐、27年後に容疑者を誘拐
 【パリ=林路郎】27年前に娘を殺されたとして、フランス人の実父が男性グループを使って元心臓専門医のドイツ人容疑者をドイツからフランスへ誘拐させ、ロープで縛った状態で放置する事件が発生、仏ミュルーズの警察は20日夜、裁判所前に放置されていた同容疑者の身元を確認し、逮捕した。

 AFP通信などによると、事件は当時14歳だったカリンカ・バンベルスキさんが、母親の再婚相手、ディーター・クロムバッハ容疑者(74)に独リンダウで薬物注射を受け、死亡したというもの。事件を審理したドイツの裁判所は「証拠不十分で無罪」としたため、納得しない実父のアンドレ・バンベルスキ氏(74)が仏での訴追を求める運動を起こした。

 独側が容疑者の引き渡しを拒む中、パリの裁判所は1995年、被告人不在のまま、過失致死罪で禁固15年の判決を下した。実父は「刑に服させる」と復讐心を燃やし、私財をなげうって仏への移送を画策し続けてきたという。

 同容疑者は21日、パリへ移送されており、改めて法廷で裁きを受ける見通し。一方、実父は20日、報道陣に容疑者の誘拐を第三者に依頼したことを認めた。仏警察は実父の行為が誘拐共謀罪にあたると見て捜査を開始しており、有罪なら最大で禁固10年の刑を受ける可能性があるという。

(2009年10月22日10時27分 読売新聞)

ハリウッドが映画化するに座布団10枚!
不謹慎で申し訳ない。


この義父が真犯人だとしたら、
「おおおぉぉぉぉぉおおお!」
と追い詰めた実の父親を賛嘆したくなるような事件だ。

27年間。
娘への父親の思いとはこんなにも強いものなのか・・・
情状酌量が付くと予想ができるにしても、己の誘拐罪と引き換えにしてでも罪を償わせたかったんだろうね。


以前ここへの記事で、
もし家族が殺されたら犯人を地球の果てまで追い詰めて絶対〇してやる!
と書いたけど、こちらの方がスマートだね。

もしかしたら娘さんの殺害直後では、「〇してやる!」と思ってたけど年月が経つうちに〇さないで、刑に服させよう、と変わったのかも知れないね。

しかし、ほんとに映画のようだ。

どうやってドイツとフランスの国境を越えさせたのだろうか?
陸路・・・なんだろうなぁ・・・
車のどこかに隠して、とかか。
入国手続きさせてないような想像をしちゃうんだけど、そうだとしたら密入国扱いとかされるんだろうか。
そしてロシア語を話す人間が誘拐・・・
ロシアンマフィアか、元KGBか!(ぉぃぉぃ
重ねて不謹慎ですいません。


犯人とされる義父も追い詰めた実父も74〜75歳。
片や元心臓専門医というエリート。
片や追跡する報酬を払い続けられるほどのお金持ち。
言ってみればセレブ対セレブの戦い。

74歳と言うと、なんかニコニコしているおじいちゃんを想像してしまうが、壮絶だなぁ・・・
爺ちゃんの顔の裏に固い信念が隠れてたんだなぁ・・・
写真で見る限り、どちらも品の良さそうな顔してるのよ・・・
追う方も追われる方も27年間、心が休まる時はなかったろうな・・・


ただ・・・
気になるのが真犯人として確定なのか?
というところ。
殺された娘さんの母親と離婚しているのかしてないのか日本の報道からは分からない。
犯人とされてる義父と娘さんの母親が離婚してないのなら、実の娘を殺したという線が濃厚な人と長年夫婦で居続けられるのかなぁ・・・?


ともかく、金で誘拐を請負、依頼主のリクエストに応えて手足を縛って裁判所前に転がしておく、などと言う事を実行する人達が本当に現実にいるんだ、という点で改めてびっくりした事件報道でした。


この分だと、ゴルゴ13ばりの人も実在しているのじゃないかと思えてきた・・・
死ぬまで係わり合いを持たなくて済みます様に(-人-;)(;-人-)
って・・・あれ?
会った時は死ぬ時か(爆)



楽屋落ち
posted by 葉山猫 at 01:17| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

裁判員が見るべきもの

縦にも横にも伸びていいのはこれだけgremz発芽108日目

こういうニュースがあった。
自宅でコピーした偽1万円札2枚使用 でも裁判員裁判
2009年10月21日3時4分

 自宅のプリンターで1万円札4枚をコピーし、2枚を使用――。そんな起訴内容で通貨偽造・同行使罪に問われた男性被告(32)の裁判員裁判が20日、さいたま地裁で始まった。「重大」な事件の審理に市民感覚を反映させようと始まった裁判員制度。「これくらいでも対象?」という意見もある。

 被告は4月に自宅で4枚を偽造し、5月、出会い系サイトで知り合った女性と群馬県内のホテルに行った際にマッサージ代として2枚を渡したとして起訴された。検察側は冒頭陳述で「住宅ローンを抱え、もっと自由に使えるお金があったらと、コピーを思いついた」と経緯を説明。少し赤みがかった、透かしのない偽札を裁判員に示した。

 裁判員裁判の対象は、殺人など法定刑に死刑か無期懲役が含まれる罪と、傷害致死など故意に人を死なせた罪。通貨偽造・同行使罪は、法定刑が「懲役3年以上または無期懲役」のため対象になる。

 同罪の法定刑が重いのは、通貨や国家の信用を損ない、経済活動の根幹を揺るがしかねないためだ。ただ、重い刑が想定されるのは「精巧な偽札を組織的に大量偽造したケース」(さいたま地検幹部)とされる。

 同地裁ですでに裁判員を経験した男性(44)は「1万円札4枚の偽造でも裁判員裁判でやるとは」と戸惑い気味。一方で、この日の選任手続きに臨んだ候補者の50代の男性会社員は「広く色々な事件を裁判員裁判で扱うべきだ。少し働けば稼げる金額で一生を棒に振る愚かさを考えられる」と前向きだった。

 日本大法学部の船山泰範教授(刑法)は「重大事件だけが裁判員裁判の対象でいいのか考えるきっかけになるのでは。少年事件や、振り込め詐欺など身近な事件を対象にするという考え方もあると思う」と話す。(沼田千賀子)

偽札事件に検察「執行猶予も」 さいたまの裁判員裁判
 カラーコピーで偽造した一万円札を使ったとして通貨偽造・同行使罪に問われた会社員渡辺博之被告(32)=群馬県玉村町=の裁判員裁判が21日、さいたま地裁(大谷吉史裁判長)であり、検察側は懲役3年を求刑した上で「執行猶予も十分考慮に値する」と述べた。弁護側も執行猶予付きの判決を求め結審した。判決言い渡しは22日。
 検察側は論告で「偽造した枚数は少なく、世の中に出回らなかった。被告には幼い子どもがおり、社会で反省させることも考えられる」とした。
 被告人質問では女性裁判員が「夫婦のコミュニケーションが足りない気がする。もっと話し合って」と諭し、被告は何度もうなずいた。
 男性裁判員は「もし刑務所に入ったら家庭が崩壊すると話していたが、どう思うか」と質問。被告は「自分がやったことで本当に申し訳ない」と力なく答えた。
 論告によると、渡辺被告は4月中旬、家庭用プリンターで一万円札4枚を偽造。群馬県伊勢崎市のホテルで5月18日、わいせつな行為の対価として女性に2枚を渡した。


面白いですねー
上は朝日、下は神戸新聞
静岡新聞ではこんな感じ

朝日は裁判そのものが裁判員制度で行うべき事件かどうかに重点を置いた記事。
神戸や静岡、簡単にネットで検索したほとんどは、裁判員制度下での裁判がどう行われたかの方に重点を置いている記事。
同じものを取材しても書き方一つ、というか書く人間がどこに着目したかで読み手に伝わせる内容がこうも変わっちゃうんですねー

裁判進行そのものは取り立てて着目する内容はないので、情報という点では朝日の着目点に1票ってところか。

但し。
タイトルがいけない・・・

自宅でコピーした偽1万円札2枚使用 でも裁判員裁判

タイトルだけ読むと「でも」とつけてしまったが故に、
こんな軽微な事件でも裁判員裁判にするのぉ〜?
というニュアンスがつく。
何も疑問に思っていない白紙の人の意識下に、
「こんな程度の事件で裁判員を召集するとは何を考えている。どうも日本のシステムはやる事に無駄がある」
という刷り込みをしている。(と私には読めた)

まぁ「でも」とつけたが為に、読み飛ばそうとした人の目が留まる事も確かにある。
しかし、文章書きのプロなら、どちらにも比重をおかずに目を留まらせるうまいタイトルを考えて欲しかったな(笑

多分タイトルは、本文を書いた記者でなくその上の人がつけたのかも知れないが。
本文からは中立的な、というかこういうのも裁判員制度でやるのは有り!という印象が読後にさりげなく残る。
つまり、

タイトルと本文では真逆の印象を受けるから(笑) 

東スポかっ!


沼田千賀子記者
いろいろあるでしょうが、これからもいろんな考え方があるんですよ、と関連取材をしてなるべく多くの意見を公平に知りえるような記事を書いていってください。<(_ _)>



ところでこのブログ記事を書こうと思った時点で、最初に私が着目したのは違う点だったのですが(爆)
人の事偉そうに応援する資格無し(笑


偽造貨幣

重罪です。

これも沼田記者の記事中に書いてあるが、紙幣を偽造するっていうのは1国の経済を脅かす事になる。(これで又1票)

記事中に引用された意見では、大規模な組織的な偽造事件を念頭においていたとかあるけど、個人が出来心でふとやってしまったってのもまずいでしょ。
重大な事として扱われないと、たかをくくって同じ事をする人、大規模に組織的に行う人達も後を絶たなくなるのでは・・・

大体どの犯罪でもそうだけど、大多数の人間はしないで踏みとどまってるのよ。
簡単にタガが外れる人は、タガを締めてもまだきっちり締まらないかも知れない。


日本は金(ゴールド)との兌換紙幣ではなくなっているから、国との相互信頼だけで通貨が流通している。(だよね?)
(諸外国との関係も同じ)

大量の金(ゴールド)を持ち家の床下に埋めておけば、100年後に通貨が変わっててもどこの国行ってもお金持ち。
紙幣や硬貨を床下に埋めておいたら、100年後にはゴミになってるかもしれない。
金が希少価値で有り続けるなら、だけどね(笑


人を傷つけたり殺したりする、個人を対象にした重罪もあるけど、
人が集まって形作られている団体、である国に対する重罪というのも当然ある。

スパイ防止法がなかったり、諸外国にいいようにあしらわれたりするのを一般国民がノホホン(政治家がダメなんだけど、そういう政治家をほんとに糾弾しないという意味でね)としている風潮が強い国だから、国とはこういうものなんだよ、という意識を感じさせるのに良い事件だと思うなー。

それに別の意味でも裁判員のお一人が良い事おっしゃってるじゃない。(これを報じた事で又1票)

少し働けば稼げる金額で一生を棒に振る愚かさを考えられる


続きを読む
タグ:裁判員制度
posted by 葉山猫 at 13:08| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

濡れ手で粟 わたしゃ手じゃなく目が怖い

元気がないgremz発芽106日目

ちまたでニュースになっている落し物の謝礼金

完全なる野次馬根性だけど、ストレス発散で思った事をば。

結論:なにはともあれ高すぎるのじゃ?

ついでに言えば、どんな事情があるのか知らんが、報道された内容そのものを聞くだけでは、随分と気分が悪い。
ほんと、勝手な言い草だけど(笑

通帳や印鑑拾った男性が落とし主に謝礼求め提訴
 預金通帳や印鑑が入ったかばんを拾った新潟県魚沼市の男性が、落とし主から謝礼の支払いがないのは遺失物法違反だとして、落とし主に255万円を求める訴訟を、19日までに新潟地裁長岡支部に起こした。

 訴状によると、男性は8月中旬、同市の路上で預貯金通帳7冊や印鑑、給与明細などが入ったかばんを拾い、警察に届け出た。かばんはその日のうちに落とし主に返され、拾った男性は謝礼を求めたが支払われていない。男性は「通帳の預貯金残高は1700万円以上あり、謝礼としてその15%を支払うべきだ」と主張している。

 遺失物法には、遺失物の返還を受けた者は、遺失物の価格の5〜20%に相当する「報労金」を拾得者に支払わなければならないと定めている。

テレビ番組でこの件について街角インタビューをしていたけど、放映された全員は
「払うべき」
の意見。

小娘が
「貴方だったらどれくらい払う?」
と聞かれて
「うーん・・・200万くらい?」
だと。

思わず
「いざとなった時、ほんとに払うかぁああ??」
と突っ込んでしまった。
200万って価値をほんとに分かってるの?って(笑

テレビでの街角インタビューは番組側が放映する人を取捨選択するから、上記のインタビュー結果だけで世間一般が「謝礼金は払う、金額はそこそこ高額なっても決められているなら。」と思ってるとは私は信じられない(爆)
誰も「そこまで払う必要ないんじゃ?」という意見がなかったもんねぇ。
どんだけ本音と建前違うのかよっ
と突っ込みを入れたい。



以下はあくまでも私の感覚だけど、
知り合いの結婚式につつむお祝いの額相当で考えればいいんじゃないの?
と思う。

大体1万〜5万まででない?
親友でも10万って事はないだろう?
どんな結婚式でもさ。

芸能人とかお金持ちの結婚式なら10万以上つつむべ、って突っ込みはなしで(笑)
ああいう方々は、とりあえず、一応「皆同じ土俵に立ってる」と自分達を見なしているんだから。


上記の裁判沙汰を聞いて
「え〜〜〜〜〜?ウソぉ 裁判なんかするの?」
と奇異に感じる方は、『裁判してまでも高額な謝礼金』に抵抗を感じるんだよね?
お礼を言って(見せて)貰えるのは当たり前として。


又請求金額の根拠が複数通帳の残高。
(皆さんも言っているように)通帳と印鑑が揃ってても銀行に言って差し止めはできるはずだし、残高が1700万って言うけど、厳密に言えば記帳後拾得までに残高減ってる可能性だってあるし。
逆に残高が500円とかでもその後1000万程入金ありましたって場合だってあるし。
なんで通帳の残高で請求するかな・・・

ってか、普通氏名確認で通帳の1ページ目見るけど残高まで確認する???
いやいやいや。
見るとしよう。
見てしまったでもいい。
見る必要がある、でもいい。
でもその額は見てはいけないものだった、として私なら扱うけどなぁ・・・
入出金の日付や入出金先まで見たりしてるなら、そのうちの家計簿見ているのと同じだぜ・・・

というか、複数通帳の残高を元にして謝礼金ってさ・・・
その落としたバッグ?の価値じゃなく、キャッシュの全財産に関しての謝礼金の可能性高いじゃん!

あんたんち、銀行の有り金全部で〇△□〇万円あるんだから、定期預金解約してでも私にその1割5分寄越しなさいよ!

すげーーーー!(大笑


この請求内容が255万とかじゃなく
「(お礼の言葉と)届出にかかった費用、及び弁護士費用を含む裁判費用分だけ請求」
とかなら、全然受ける印象は違うよね?
(って勝手に前提を創作してるし(爆)どんだけ小説の影響受けてるのか(笑))


実質かかった手間賃(足代・所要時間)+α(言葉とか菓子折り)くらいなもんじゃないのかね。
「善意への」お礼は。


しかし・・・
拾った金額の嵩で謝礼金が違うってのがおかしんじゃないの?

1万入りのバッグを届けるのも、1億入りのバッグを届けるのも、通帳7冊入りのバッグ?届けるのもかかる手間ひま・時間は同じじゃ?
(1億は重たいかも知れないけど・・・)

小銭入れ届けるのよりかは高額だと時間取られるかも知れないが、気持ちとしては同じ手間の代金として255万とか請求するから『欲どしい』、と感じるのじゃないかな。
濡れ手で粟もどんだけぇ〜と言いたくなる。

もっと「そもそも」の話を言えば

ねこばばは罪になる

遺失物横領罪
刑法第254条
遺失物、漂流物その他占有を離れた他人の物を横領した者は、1年以下の懲役又は10万円以下の罰金若しくは科料に処する。


自分のものにすれば罪になる、届けるしかないものを届けて公然と高額な礼金をよこせ、ってのがねぇ・・・


当事者間で感情のもつれがあったのかどうかも知らないけど、お礼の言葉がなかったとしても、私なら
「随分と礼儀知らずねぇ。二度と届けないわ」(実際には届けますよ?(笑))
でおしまいです。
(飲み屋で散々こき下ろすけどね!)
もちろん現金が欲しいのではなく、手間ひまかけた事へのお礼の気持ちがなかったって事でね。
だって元々自分のお金じゃないもの。


この裁判で原告の訴えが認められちゃうと、この後老後のたくわえや商売の資金を落とした人が、拾い主から同じ理屈の請求を出されちゃったりする前例になるのじゃないかと危惧する。

(もし)いくら礼の言葉も充分じゃなかったとしても、請求した数百万の分が手持ちからショートすることで困らせたら、せっかくの「私の善意」も無になって寝覚めが悪くなる。
例えいくら相手が礼儀知らずだったとしてもね。

結婚のお祝いを例に出したのも、当事者の生活資金の中から払える額、という感覚を言いたかった。
お礼を払わせることで却ってその人のやりくりに困るってなったら、届けた善意に傷がつく。
一方「なら、金持ちなら高額でも支払えるだろ」という理屈は確かにあるけど、そうすると相手の足元見てふっかけた、と言う事にならないか?
金持ちにたかるのと同じに思えてしょうがない。

結局ニュース記事だけじゃ詳細は分からないけど、善意が善意でなくなり、己の利益を求める、まして通帳記載の全財産かも知れないものを前提にしてるから嫌な感じがするんだよねぇ。
この提訴された方、拾った中に土地家屋の権利書、有価証券類が入ってたらどうしたんでしょ・・・(入ってたのか入ってないのかは知らない)
残高が、10億とかだったら1億5千万請求したのかしら・・・


落とし主がケチで無礼だったから拾い主がカチンと来たのか、落とし主はお礼を考えていたけども、拾い主から通帳残高に基づく謝礼金を要求されて納得できずそんな金額は払えないと拒否したのか。
大事な通帳を拾ってもらって感謝しない、お礼を一切しないってあんまり考えられないからねぇ・・・
謝礼金の金額でもめたんだろうかねぇ。
どうも拾い主の方を色眼鏡で見てしまうな・・・


少しストレス発散できたかな(爆)
事情も知らないのにぼろかす書きすぎか。(ちょっとだけ後悔)

例によって自分勝手な〆をば。

謝礼金を規定しなければならないほど世知がらいのなら、上記遺失物横領罪の罰金が10万以下だから、

遺失物の価格の5〜20%に相当する「報労金」
の頭に
××万を超えない
を付け足せば?
10万位で(笑
宝くじで10万当たればラッキーィィィィ!って叫ぶのに、たまたまそこに通りがかっただけで感謝の言葉だけでも貰えれば気持ちがあったかくなるし、もし元手要らずで最大10万でも貰えたら言う事無し!と私は思うんだけどなぁ(笑

ほんとに「拾ってくれてありがとう!うちは余裕があるし、なんとかお礼をしたい!」って人は、法律で決められた額以上の事を何かの形で示してくれると思うけどね。
余裕があっても元々ケチな人に無理やりお礼を請求するのも後味悪いし。
謝礼金よりねこばばの方がいいや、と一切返ってこない危険性はあるけど・・・
でも大金であればあるほど、なかなかネコババする踏ん切りつかないいんじゃ?
それに使えば足が付き易いんじゃない?知らないけど(笑

こういう支払いの前例ができた場合怖いのは、ギリギリ金策したお金や生活費をまるまる落とした人が性質の悪い拾い主に会ったときだよね。
そういう方を取り締まれる方がいいんじゃないかなぁ。
婆ちゃん爺ちゃんは全財産(通帳と引き出したばかりの年金)持ってうろうろしている時あるからね・・・


過去の例では450万程落とした主婦を拾い主が提訴して、示談になって30万貰った前例があるそうですよ。
老後のたくわえか、持ち家購入資金か、老親の介護資金か、子供の入学金か。
旦那や婚家の目が痛かっただろうなぁ・・・
でも30万なら、やっぱり高すぎるよと思うけど、まだ!小市民の私は理解できる金額だ・・・
今払えって言われたら泣いて勘弁してもらうけど。
ってそもそも450万もないんですが!(爆)

楽屋裏
posted by 葉山猫 at 14:19| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

勘違いと驕り(Winny続きとNHK)

gremz発芽94日目

Winny訴訟について、こんな記事を見つけた。

ブログとメディアと

これは
壇弁護士の事務室
というWinny作者の弁護士をされている方のWinny関係だけのための報告ブログのようだ。

この記者何を考えてるのだろう。
何故NHKは件の記者を連れていかないのだろう。
謝罪される方が拒否したのなら別だけど。
玉石混合でこの記者がいたからイコールNHKが悪いと言えないと思っていた(思いたくなかった)が・・・

この流れで(どんな流れだ)NHKが行った↓のような記事も見つけた。

『マンガノゲンバ』取材
『マンガノゲンバ』取材中止しました
『マンガノゲンバ』の件
『マンガノゲンバ』の件、追記
いや、そうじゃなくてー
ネタバレになっちゃいますが
いろいろありがとうございます
『マンガノゲンバ』スタッフの人が謝罪に来ることになりました
『マンガノゲンバ』の件(最後)

でNHKのお詫びはコチラ


Winnyそのものの功罪とは関係ない話だが、上のNHKの謝罪文を読んで私は違和感を覚えた。

担当ディレクターは、唐沢氏への事前取材を通して得られた番組の企画意図を説明したものの努力不足もあり、コミュニケーションを十分とることができませんでした。そのまま取材に入ったことで

とあるけど、当事者が取材を断った一番きつかった理由の答えになってないと思うのだけど(笑
マンガの世界を伝えたいを意図する番組(私は見た事ない)なのに、
「そんなに特撮の舞台裏が好きなのに、なぜ特撮の仕事につくことを目指さず、マンガ家になったのか?」
というものがありました。
なをさんは
「マンガのほうが好きだから」
と答えましたが、ディレクターさんはそれに対して、
「いや、そうじゃなくて」
と、苦笑しながら返してきました。
コレが、一番イヤだったんです。この番組、マンガの番組のはずなのに、なぜなんでマンガが好きでマンガ家になったという答えが「そうじゃない」のか。いまだに不思議ですが。

となったら、こりゃどうもこの人とはコミュニケーション取れない、仕事はできないとなるでしょう。。。
上記NHK謝罪は、事前にコミュニケーションが取れてなかった事が原因であり、現場での応対はその結果に過ぎず、現場の応対に関しては特に問題視してないように読めたのが私の感想なのですが(笑

事前説明があろうがなんだろうが、この
「マンガのほうが好きだから」
がこの唐沢なをきさんの本当の気持ちなんだろうから、事前打ち合わせ時でもこの気持ちを否定されたらどうなっていたんでしょうね・・・

結局現場でのいろいろなやり取りの過程で、ご本人(立ち会った奥様。エッセイスト)も書いていますが、このディレクターは
「この漫画家使えね〜〜〜〜」
という気持ちが先に立って、全部色眼鏡で見るようになっていたんじゃないでしょうかね。(邪推)
だからまず否定から入るといふ・・・

この唐沢なをきさんは別のところでの発言で
「ヤラセもありですし、必要な事もあります。ただし、こちらを下に見てなければですが(笑)」
とこの件以前に発言しているそうですから、これがポイントじゃないでしょうかね?

この方達は取材依頼されての立場だったから断る事もできましたけど、そうでない場合(自社利益になるから現場の人間としてインタビューを受けろ、とか)、自分の一存で断れないですよね〜〜
と以前パソコン雑誌のインタビューを受けて、微妙に会社の方針と異なるような発言をしたように載せられ、慌てて部長、廊下であった社長をつかまえて言い訳をした私が言ってみます。(社長直属の部署で社長に「読んだぞ(ニヤリ)」と言われたので!)


この件はもう当事者の方も終わりにしたとおっしゃってるので、部外者がもうどうのこうの言う事じゃないですけど、
坊主憎けりゃ袈裟まで憎し
とか
相手を見下している気持ちってのは、そこはかとなくであろうが伝わるもんだ
ってのを今回の自戒にしたいと思います(笑)
posted by 葉山猫 at 12:32| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

Winny 無罪

植林ってキーワードなんだってー放置につぐ放置gremz発芽93日目?

Winnyの第二審の結果が無罪だったと言う。

私としては当然と思う。

Winny作者が逮捕されるきっかけとなったのは確か↓だったよね

京都府警、ファイル交換ソフト「Winny」ユーザー2名を逮捕
〜松山市の19歳男性と高崎市の41歳男性を逮捕
 コンピュータ著作権協会(ACCS)は27日、京都府警察本部ハイテク犯罪対策室と五条警察署が同日、ファイル交換ソフト「Winny」を利用して著作権者に無断でゲームソフトや映像ソフトを不特定のインターネットユーザーに送信できる状態にしていたとして、愛媛県松山市の無職男性(19歳)と群馬県高崎市の自営業男性(41歳)の自宅をそれぞれ著作権侵害の疑いで家宅捜索し、この男性らを逮捕したと発表した。

 松山市の19歳の男性は、任天堂の「スーパーマリオアドバンス」やハドソンの「ボンバーマンストーリー」など、ゲームボーイアドバンス用のソフト57タイトルを圧縮して1つのファイルにまとめ、「(GBA ROM エミュ)0001-0100(J)」という名称で送信可能な状態にしていた。一方、高崎市の41歳の男性は、アメリカ映画の「ビューティフル・マインド」などの映像ソフトを送信可能な状態にしていたという。

 ACCSによれば、著作権侵害行為を捜査していた京都府警が逮捕された2名を特定し、ACCSに調査を要請してきたという。これを受けたACCSが、2名のユーザーが実際にWinnyを使ってファイルを送信可能にしていたことを確認するなどして、捜査に全面的に協力したとしている。ファイルに含まれていた他のゲームソフトについても捜査が進められるという。

 ファイル交換ソフトによる著作権侵害行為としては2001年11月、「WinMX」を利用して、著作権者に無断でビジネスソフトなどを不特定多数のインターネットユーザーに送信し得る状態に置いたとして、同じく京都府警察本部ハイテク犯罪対策室などが東京都と埼玉県の男性2人を逮捕した例がある。その後開発されたWinnyでは匿名性が強化されており、Winnyによる著作権侵害行為で摘発されたのは今回がはじめてとなる。なお、Winnyの開発者が開設していたWebサイトは現在、閉鎖された模様だ。

 ACCSでは、WinMXを使って個人情報が記載された電子ファイルが公開された事件で今年9月、「プロバイダ責任制限法」に基づき、電子ファイルを送信できるようにした人物の氏名・住所の開示をプロバイダに命じる判決が東京地裁から言い渡されていることを挙げ、「今回のような著作権侵害事案においても、プロバイダ責任制限法の活用も検討しながら、著作権保護の実現に寄与していきたい」としている。


商業的な、もしくは著作権や肖像権があるものを勝手に第三者に譲渡するのは問題だから、件のゲームや映画をアップロードさせた2人(たまたま特定したのが2人って事だろう)が逮捕され罰則を受けるのは当たり前だと思う。
だけど、道具を作った人間を著作権法違反ほう助の疑いで逮捕ってのはまったく違うと思う。

私ごときが言うのを待たず、散々言われている事だけど、無謀運転して人を死なせた場合、悪いのは誰だ?
包丁を使って人を殺したら悪いのは誰か。
殺人の幇助って事で車のメーカーが起訴されるのか。
包丁を作った職人や販売元が起訴されるのか。
原子力の理論を発表し、核分裂を実現させた科学者や技術者は起訴されたか。
私に言わせれば、核理論を発表した学者、原子力発電所を設計した人間はセーフだけど、爆弾として設計した人間、爆弾と知って作製過程に関与した人間は現在の所史上最大の極悪人と言いたいのだが。
まぁその人らより罪が重い人がいるけど。
核爆弾を落とせと命令を下した人間。
特に2発目ね。
(ナチスの収容所の毒ガスは散々悪逆非道の業として世界中で言及されてるのに、核爆弾投下は言ってみれば必要悪として容認された形ですよね。これ、日本が勝ってれば、もしくはドイツ・イタリアなど白人種の国に落とす、もしくは中国、アフリカ、南米大陸などの白人種の国へ貿易風?などの影響で放射能が拡散する地域に落としてたら、その後の核爆弾の扱いは随分と変わっていたと思うわ。だからこそ、太平洋に面し放射能の影響があっても白人種の国へ最少の影響しかない日本へ落とすのは格好の機会だったんでしょ。すぐ近くの中国や韓国はもっと怒らないといけないと思うけどね。)


まぁ\(・_\)それは(/_・)/おいといて。
結局、道具はあくまでも道具でそれをどう使うかは、個々人の道徳心でしかないだろう。
上記の記事だけでなく、
Winny開発者の逮捕をきっかけにした「ソフトウェア技術者連盟」設立大会

に書かれているが、ある技術を開発した人間が、その道具の本来の目的を論じるのではなく、他人が悪意を持って、もしくは軽薄さから使用した結果で懲罰されるなら技術の進歩とその恩恵は失われると思う。


例えば。
コレ

良い方向を見れば、介護、危険な場所での作業、災害時などでの救助活動。
いろいろ想像は膨らむ。

だけど、コレを使うのは、操作するのは人間だ。
殺人に使われたらどうする?
この世界的に有名なメーカーを訴えるのか。
この技術を開発した人達を起訴するのか。

有名なアシモフの三大原則はCPUそのものに組み込む。(と思う)
だけど道具として操作する場合、操作自体に禁忌はかけられない。
何のために腕を振り上げるのか、CPUには判断はつくまい。
カメラで取り込んだ画像で対象が生物と識別できたら、腕を振り下ろす力は何キロまでとプログラムするのか。
毛布をかけるのと、枕を対象者の顔の上に置くのをどう判別させるのかね。

ぷんぷん。

蛇足
タグ:winny
posted by 葉山猫 at 16:26| ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

The Closer −お勧めDVD その2

枯れてしまいそうなgremz発芽88日目

The Closer


つくづく感心する。
私は単純なのですぐ感心する(笑

以前お勧めだぁ!と紹介したのはBONESというやはりアメリカ製犯人探しドラマだった。
人間関係が面白くてニヤニヤしながら見るのにうってつけ。

今日のThe Closerは、人間関係は良くある話。
と言っても主人公が周りに嫌われていると言う点が普通と思いっきり違うけど(笑

この主人公は好き嫌いがはっきりと分かれると思う(笑
とにかく主人公がエキセントリックだから。
でもかわいい。
と、
思える人は大ファンになるだろう(爆)
後で分かった事だけど、私の妹もこれの大ファンな事が判明した。

内容を簡単に言うと

題名のCloserとは、自白を引き出す人。
犯人に罪を認めさせて事件を終息させる人、って意味かな?
それにTheが付いているから、これぞ必殺解決人!ってな感じか。

異なる州(だったと思う)でのキャリアを捨てて、ある州の警察副本部長からの推薦で採用され副本部長補佐として赴任してきたブレンダ。
ところが腕は抜群に良いが、職務が第一優先。
言いたい事をづけづけ言うし、相手の気持ちなど斟酌しない。
(後でドッカーンと落ち込んだりするのだけど)
自分の要求を呑ませるためにはかなり高圧的になる。
かなり早い段階で恋人ができるんだけど、この恋人の心の広いこと!
五大洋を合わせたよりも広い!深い!
私もこの人(男性)が欲しい!
欲しいったら・・・
欲しいぃぃぃいいいいいいい!
はぁはぁはぁ・・・


このブレンダが頭の回転が速い。
ドラマの中できっちり伏線貼ってあるんだけど、それを見事につなげる。
このつなげ方が上手い。まぁ良くある「!」ってな感じで思いつくんだけど(笑
又、上のようなエキセントリックな部分はあるけど部下は守る。

BONESの方が犯人探しという点では興味深い。
こちらはどう犯人を落とすかって部分がメイン。
ただ回を追うごとにCloserの部分より、ブレンダを中心として起こる騒動の方が大きくなってきている気はする・・・

BONESは登場人物一人一人の性格付けと背景に、それぞれが一本のドラマの主人公になれるほどの肉付けがされている。
こちらはブレンダと恋人、副本部長、ブレンダの部下の一部3人(全部で6名なのかな)だけが肉を持っていて、特に残りの部下の存在感はかなり小さい。
それぞれ特色持たせているっぽいから、もっとそれぞれが活躍するシーンを見たいなぁ。
(中途半端な存在感のサンチェスとタオがお気に入り)

BONESは一般人とは違う特異な才能を持っている天才達が人間的に?成長していく物語
こちらは全登場人物が正にお隣のおじさんおばさん(お姉さん?)。もしくは友人。家族(爆)
警察内の権力闘争も妬みも嫉妬も全部普通の会社で起こっていること。

ブレンダをエキセントリックと言ったけど、いるよ。
こういう人。(時々私もなる)

いろいろ並べたけど、↑のようであるが、それなのに面白い。
ほんと面白い。
話の持って行き方、登場人物のセリフ、テンポ、なんだろうなぁ・・・

それともう一つの理由が。
最初に書いた「感心した」の所以。

演技が上手い!!!

とにかく上手い。
主人公ブレンダもむちゃくちゃ上手いと思う。
ちなみにメイキングの中で彼女へのインタビューがあったので興味を持ち、この女優さんを検索してみたら、ブレンダとはまったく異なる雰囲気と美しさで写っている写真が何枚もあった。
メイクさんと言うか俳優さんというか、こういう世界のほんとのプロってすごいなぁ・・・

でもこのブレンダ役の女優さん。
米国ではかなり有名な女優さんらしい。
「7月4日に生まれて」「フェノミナン」に出ているそうだけど、私はどちらも見てないので今まで知らなかった。
ある意味、すっごい汚れ役だよ、これ。
かなり誇張したエキセントリックさだけど、良くここまでキーーーーーッって演技を捨て身でやるよなぁ!
キーラ・セジウィックって女優がそこにいるのでなく、ブレンダ・ジョンソンがそこにいるって感じ。

で、更に驚きを持つのが、犯人達やレギュラー俳優じゃない俳優さん達の演技に驚く。
こっちの方が驚きがでかいか。

だってさ、唇震えるんだよ。
悲しみのあまり。
怒りのあまり。
唇だけって意思で震わせられます?
やって見たけど無理。(ぉぃ
口を細かく動かす事はできても唇そのものをワナワナと震わせるのは私には無理だった。

おまけにしゃべっている内に流れ出てくる鼻水、涙、よだれ。
全部そのまま映ってる。
泣きながらしゃべってて声がかすれているのもそのまま。
そのままってかこれも演技なのだろうけど。
鼻水を飲み込みながらしゃべる音もそのまま。
日本のドラマだったら、声がかすれたら「撮り直し!」ってなるのじゃないのか。
鼻水たらしたら、確実に撮り直しだな。
顔をくしゃくしゃにして泣く。怒る。
自分の美醜はおかまいなし。

この画面の向こう側の人達がそのままの遺族、加害者、被害者に見えてくる。
もしかしたら本国の人達には良く知られている俳優さん達なのかも知れないが、第3シーズンまで登場してくるレギュラー陣ではない俳優の数を考えると層が厚いなぁあああああああと思う。

唇の震えやヨダレ、鼻水もカットなしの画面で流れ出てくるから、多分役そのものになってるんだと思う。
この迫力はすごい。
訓練で唇震わす事ができるのだとしても、そこまで演技の訓練する事がすごい。

ただ・・・
ここまで褒め上げてから言うのはなんですが(笑
母国語の人が聞いても不自然さはないのかな。
日本のは、そんな言葉使わない、とかこんなシーンでそんな事言わない、とかそんな声のトーン、語調で言わないとかで冷めるので(笑

主人公が容疑者になりうる子供に優しく慰めを与えた後で部下に冷静に「瞳孔が開いていたわ。薬物とか調べて」という場面があったのだが、原語ではその子供に話しかけるのに「ハニー」だか「スウィートハート」とか言ってた。

この関係者から情報を引き出すためにはどんな風にでも装える(優しげ、怒れる人、敬虔で真面目そうな女性、他いろいろ)ってのがこのドラマの見所のメインなのだろう。
日本語吹き替えでは思いっきり優しげな語調に変えただけで話しかけていたが。
(日本語ではハニーにあたる言葉は・・・かわいこちゃん?(笑)いい子いい子、か?泣いてる17歳男子には不適当だねぇ・・・)

とにかく吹き替え声優さん達もかなりがんばってるドラマなので、声優の演技、外人さんの俳優達の演技、両方を楽しんでみてください。
(ブレンダ役の声優さん、大変だろなー)


後、もちろんお笑いもある。
ただし、大人がニヤッとする笑いだけど。
(ドタバタの掛け合いもあります)
ポリスアカデミーを楽しんだ方は初回から「お」ってなる人が出てますよ(笑
(ちなみに私が知ってた俳優さんは、副本部長役、↑の俳優さん、今までに2回出てきた初老?の弁護士さん・・・位か)

毎回捜査に使用した書類を箱で持ち歩いたり、私物の棚へのしまい方とか、人間関係(ブレンダと副本部長)とか、このドラマの脚本家達は極力リアルに近づけるように、との指示を受けてるような気がするドラマです。

それにしても、日本のドラマとのこの違いはなんだろか、ってのが毎回最後の感想。
で毎度ながら脚本、演出家の違いか、という結論。
海外ドラマが日本で放映されると結構人気でるじゃないですか。
って事は日本人の頭もアメリカ人と同程度の回転は持っている訳でしょ。
話の筋についていけてるんだから。
ヒットしたドラマしか日本で放映してないにしろ、筋についていけなければ、どこが面白いの?ってなるんだから。
説明過多だからしらけるんだよ。おまけにその説明が不自然だったり陳腐だったり、ありえなかったり・・・
なんで警察署以外での自白が多いの。
それも屋外で自分の気持ちを叫びあうとかないでしょ。
日本の容疑者は弁護士を呼ぶ権利があるとかの権利はないのか?
あっても警察は言わなくてもいいの?
お世話になった事ないから知らないが。


意味ありげな目配せや〜しないと、のセリフだけで、説明するシーンすらすっ飛ばして次の画面になる。
そして次の画面で又目配せや説明の結果を匂わせるセリフだけで
「あ〜〜〜(笑)なるほどね(にやり)」とか
「あぁやっちゃったのね、で案の定うまくいかなかったのね(泣)」
とかちゃんと推測できるんだから、ってか推測できるように脚本書けっての。
その間(ま)もドラマの演出の一つだし。

何はともあれ、BONESもこれもDVD2枚位、いや3枚位!は我慢してみてみてください(笑
最初の頃は特徴付けるためにかなり強調された人格・言動になってますが回を追うごとに全体の味が出てきます。
ある時まで気になっていたある事が、ある回の物語の中でうまく使われていたり。
私はさっき第3シーズンの第3話見て大笑いしていた所です。
いやーブレンダかわいいわ(笑




思うに「相棒」、古くは藤田まことの刑事ドラマがヒットしたのは、他の刑事モノや2時間SPとは違う肉付けが登場人物にあったからじゃないかな。
ただこのシリーズもかなり説明過多ですけどね。(´・ω・`)
posted by 葉山猫 at 17:23| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画&TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。