2009年11月07日

天使と悪魔

gremz発芽124日目

天使と悪魔

ご存知ダ・ヴィンチ・コードの原作者ダン・ブラウンの著作。
この「天使と悪魔」が2000年に刊行され、2003年に「ダ・ヴィンチ・コード」が発売される。
ロバート・ラングドン教授登場のシリーズ第一作なわけですね。
ちなみに「ロスト・シンボル」というシリーズ3作目が今年の9月に本国では発売されたらしい。

本の要約はこれ(Wiki)
『ダ・ヴィンチ・コード』と同様、ロバート・ラングドンを主人公とする小説である。テーマは「ギリシャ的科学思想に対する批判と抵抗」である。教会が舞台になっているが、キリスト教との関係は薄く、むしろギリシャ的科学思想に対する批判がなされている。ヴァチカン市国を含むローマの町を舞台に繰り広げられる本作は、『ダ・ヴィンチ・コード』よりもアクション要素が強く、次々と起こる殺人に対して犯行予告が設定されていることから、タイムリミットによる緊張感・臨場感の演出にも成功している。

小難しい事が書いてあるが、サスペンス小説としてまずまず一級だと思う。
ギリシャ的思想ってなんだべ?
って思う方もジェットコースター的感覚を味わえて面白いと思う。
彫刻等の美術史に興味のある方はもっと面白いだろう。

ただ「ダ・ヴィンチ・コード」のようにじっくりとした謎解きをぐるぐる頭の中でいじくりながら読むタイプではない。
まー。設定が1時間ごとに人が殺されるというものだから、じっくりあっちこっち行って謎を調べるって性格のものでないしね^^;

本の読後感は
「ダ・ヴィンチ・コード」は、キリスト教そのものに対し、いや、神、に対してのファンタジーを残すものであるけど、天使と悪魔はあくまでも(洒落じゃないですぞ)人間社会の話だ。
そういう意味では、「ダ・ヴィンチ・コード」がキリスト教(カトリック)関係からボイコットを受けたというのも分かるし、2作目の「ダ・ヴィンチ・コード」がシリーズ1作目のこの「天使と悪魔」より先に注目を浴びたのもうなづける。
人間て・・・不思議なものに弱いものね(笑

謎の深さも不思議さもファンタジーも「天使と悪魔」にはあまりない。
あくまでもサスペンス。
ミステリーは二の次って感じに私には読めた。
でも、面白かった。
「ダ・ヴィンチ・コード」の方が読み物としても私は好きだけどね。

ただし、映画となると・・・

天使と悪魔
Angels & Demons

監督 ロン・ハワード
製作総指揮 トッド・ハロウェル
ダン・ブラウン
製作 ブライアン・グレイザー
ジョン・コーリー
脚本 デヴィッド・コープ
アキヴァ・ゴールズマン
出演者 トム・ハンクス
アイェレット・ゾラー
ユアン・マクレガー
ステラン・スカルスガルド
音楽 ハンス・ジマー
撮影 サルヴァトーレ・トチノ
編集 ダニエル・P・ハンリー
マイク・ヒル
配給 ソニー・ピクチャーズ
公開 2009年5月15日
上映時間 138分


映画「天使と悪魔」(Wiki)

出来の悪いサスペンス映画(笑
原作で「一流の」とつけた部分がすっぽ抜けてる。

というのが私の感想です。ヽ(´ー`)ノ



以下ネタばれ


ラベル:映画
posted by 葉山猫 at 15:09| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画&TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。