2010年01月31日

猫の肥満度

二本目gremz発芽208日目

葉山どうぶつ病院で「ねこのきもち」と言う本を読む(笑

なかなか面白い^^

で、2月号に、なんと、猫の肥満度を測る目安が載っていた。猫
偶然にも(笑


で・・・
3段階あって、

普通
ぽっちゃり
太っちょ(肥満)

となっていた。

いろいろな角度から測る目安が載っていたのだが、覚えてる範囲で言うと、

1.上から見る
2.持ち上げる
3.横からお腹の垂れ具合をみる

だったかな。

その内の、はっきり覚えている2.の目安をご報告。


猫の前脚の脇を持ち、ぶら下げる。
その時のお腹のふくらみ具合を見る!

まっすぐ、もしくはくびれがあるなら、普通。
お腹が横にでっぱってるのなら、ぽっちゃり。
更に、お腹がでっぱって且つ下に下がってるなら肥満。
つまり、洋ナシ型になってたら、肥満つーことです!


kuroonaka1.jpg kuroonaka2.jpg
目が・・・(笑      あにするんだよぉー  Photo by 82歳母



これではさほどには写っていませんが、しっかし洋ナシ型でした!

肥満だわ・・・



ただ、写真を撮るのがむずかしいのですが、立ち座りと言うのか、腰を落とした感じで身体を起こした状態の黒助のお腹のあたりが、私は大好きなんですよね・・・(笑

なんていうかー
とっとこハム太郎(でしたっけ?)のお腹みたいで・・・うふ


ちなみに、黒の体型が判りやすい様に母の割烹着を腰に巻いております(笑


さぁ!
皆さんも持ち上げてチェェック!(笑
タグ:
posted by 葉山猫 at 01:37| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

黒猫のカンゴ5

二本目gremz発芽207日目

1/23に一ヶ月ぶりの動物病院へ。

赤血球容積率:31%(健康な猫の平均:32〜45)
他のも標準値内

良かった。
一応順調です。

実は、内心ではもっと上がってるかと期待していたんだけど、先生曰く、
「猫ちゃんによっていろいろで、下限ぎりぎりでもそれが平常値の猫ちゃんもいますから。」
との事。

今後も抗生物質はそのままで、ステロイド剤を更に半分(元の1/4)を10日間飲ませて、その後は1日置きに10日飲ませる。
そして又一ヵ月後に具合がどうなっているか診ましょう。
との事。
大体この後2ヶ月位は抗生物質を飲み続けるようだ。

薬はなるべく早く止めたいし、ステロイドももっと早く止めたいのだけど、黒ちゃんは重篤だったので、と先生が言っていた。

今回は、尿検査もしていただいた。
ちょっと猫砂のチー玉が小さくなったような気がしたからだ。
雄猫は泌尿器症候群(FUS)が多いとかネット記事で読んだので心配になった(過保護)。
重体になってからでは、いろいろ大変だからねっ!

結果は異常なし。
よしよしっ!

ただ・・・
尿検査するために尿を取ろうとして、先生が黒のお腹の下から手を入れて膀胱をつまんで尿を出そうとしていたんだけど・・・

先生:「太りました?^^;」
私 :「う・・・(黒の事だよね!?)太ったと思います・・・^^;」
先生:「膀胱がつかめません^^:」
私 :「^^;」

ダイエットだな・・・


本日のお会計:12330円也
(赤血球検査:3150円、尿検査:2100円、薬:2730円1974円、診察料)



黒は本当に元気になったと思う。
カーペットについた焼け焦げ(お線香の跡)に向かってジャンプしたり、今日100円ショップで買ってきた猫のおもちゃでもひとしきり遊んでいたし。
今も膝の上にいるけど、私の太ももや腕でモミモミしているし。
(関係ないか)

元気になってくれてほんとに良かった。


朝と夜の9時に薬を飲ませてるのだけど、時間になるといつも薬を飲ませている場所にやってくる。
薬を飲むとご飯の時間だと判っているらしい。
えらいぞっ!
(実際には小分けにして4回やっているのですが)

病院へ行く時、年代物のキャリーケースに入れてバスで行っているのだが、今回非常に重たかった・・・


お互いシェイプアップしようね!

kurobiron.jpg
(´・ω・`)・・・
タグ:
posted by 葉山猫 at 00:57| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

おセンチ

二本目gremz発芽199日目

前にも記事にしたかも知れないのだけど・・・
(題名を出しているは確か)
前から最近どうも時系列や何かをしたかしなかったかがあやふやである。
困ったもんだ。(他人事


洒落にならない怖い話

「心霊ちょっと良い話」
がある。

その中の「山祭り」がとても良い。
とても好きな話だ。
時々無性に読み直したくなる時がある。
書きこんだ人の文章も上手いからだろか。
低く落ち着いた男性の声が聞こえて来るような気がする文章だ。


以前このサイトに触れた時、読み始めたばかりの私は皆体験談だと思い、創作がかなりのウェートを占めているとは思ってなかった。
お恥ずかしい。

これに良く似たお話はちょくちょく聞いた事がある。
もちろんシチュエーションは違うけど。

誰の心の中にもこういう体験をしたい。
もしくは、
こういう事だったのじゃないの?
と思いたい部分があるから、と思う。
真実の体験談なのか、それとも創作なのか。
これに関してそれを問うのは野暮と言うもの、か。

特に
私はお話中の謡がとても心に残った。
実際に縁の神社、お寺の結界内でこの謡が流れたら、なんとも言えない心持になるのではないか。
お能の「鞍馬天狗」の中の謡曲らしい。


季節外れの怪談。
誰か声が良く、話のうまい落語家が高座にかけてくれないか。
お楽しみを。

山祭り

683 本当にあった怖い名無しさん sage 2005/08/11(木) 21:04:07 ID:g8BCG55k0
またまた>>618のコピペ隊です。怖い話ばかりだと後ろを振り向けないので良ければ気晴らしにどうぞ。

100 :N.W:2005/07/25(月) 07:06:10 ID:CFXfTZUN0
久しぶりに休みが取れた。たった2日だけど、携帯で探される事もたぶんないだろう。
ボーナスも出た事だし、母に何か旨いものでも食わせてやろう。そう思って京都・貴船の
旅館へ電話を掛けてみた。川床のシーズン中だが、平日だったから宿が取れた。
母に連絡を取ると大喜びで、鞍馬も歩いてみたいと言う。俺に異存はなかった。
京阪出町柳から叡山電鉄鞍馬駅まで約30分。その間に景色は碁盤の目のような街中から
里山を過ぎ、一気に山の中へと変化する。また、鞍馬から山越えで貴船へ抜けるコースは、
履き慣れた靴があればファミリーでも2時間前後で歩く事が出来るし、日帰りなら逆に、
貴船から鞍馬へ抜け、鞍馬温泉を使って帰る手もある。
その日もさわやかな好天だった。荷物を持って歩くのも面倒なので、宿に頼んで預かって
もらい、それから鞍馬山へ行った。堂々たる山門を潜った瞬間、いきなり強い風が吹き、
俺を目指して枯葉がザバザバ降って来る。落葉の季節ではないのだが、母とくれば必ず
こういう目に遭う。天狗の散華だ、と母は言う。迷惑な事だ。途中からロープウェイも
あるが、母は歩く方を好むので、ところどころ急な坂のある参道を歩いて本殿を目指す。
由岐神社を過ぎると、先々の大木の中程の高さの枝が、微妙にたわむ。毎度の事だが。
鞍馬寺金堂でお参りした後、奥の院へ向かって木の根道を歩く。
魔王殿の前で、一人の小柄で上品な感じの老人が、良い声で謡っていた。
“…花咲かば、告げんと言ひし山里の、使ひは来たり馬に鞍。鞍馬の山のうず桜…”
言霊が周囲の木立に広がって行くようで、思わず足を止め、聞き惚れた。
最後の一声が余韻を残して空に消えた時、同じように立ち止まっていた人たちの間から、
溜め息と拍手が湧き起こる。老人はにっこり笑って、大杉権現の方へ立ち去った。


684 本当にあった怖い名無しさん sage 2005/08/11(木) 21:07:22 ID:g8BCG55k0
101 :N.W:2005/07/25(月) 07:07:24 ID:CFXfTZUN0
鞍馬山を下り、貴船川に沿って歩く。真夏の昼日中だと言うのに、空気がひんやりして
気持ちがいい。流れの上には幾つもの川床。週末は人で溢れているのだろうが、今日は
そうでもない。少し離れると、清冽な流れの中、カワガラスが小魚を追って水を潜り、
アオサギがじっと獲物を待つ。もう備えの出来たススキが揺れる上を、トンボたちが
飛び回る。
貴船神社へお参りに行く人は多いが、奥宮へ参る人は少ない。その静けさを楽しみ
ながら、奥宮の船形石の横の小さな社に手を合わせる。弟たちも連れて来てやれれば
よかったが、何分にも平日の急な事。学生時分ならともかく、社会人がそうそう手前
勝手な事をする訳にはいかない。母とそんな話をしながら振り返ると、さっき魔王殿の
前で謡っていた老人がこっちへ歩いて来るところだった。軽く会釈すると、向こうも
にこっと笑って片手を挙げる。
「先程は、良いものを聞かせて頂いて、ありがとうございました」
「いやいや、お恥ずかしい」老人は首を横に振り、俺と母を見やりながら
「親子旅ですか、よろしいなぁ。ええ日にここへ来はった。今日は“山祭り”や」
「まあ、お祭りがあるんですか」祭りと聞いて、母の気持ちが弾むのがわかる。
老人が教えてくれる。
「今晩、川床の灯りが消えた時分から、この先の方でありますねん。“山祭り”は
時が合わなんだら成りませんし、ほんまの夜祭りやから、知らん人の方が多いんや。
もし、行かはるんやったら、浴衣着て行きはった方がよろし。その方が、踊りの
中へも入りやすいよって」
母は既に行きたくてワクワクしている。一時、『盆踊り命』だった人だから。
ま、いいか。俺は盆踊りは嫌いだが、仕方ない。付き合うか。


685 3/5 sage 2005/08/11(木) 21:09:05 ID:g8BCG55k0
102 :N.W:2005/07/25(月) 07:12:41 ID:CFXfTZUN0
川筋の道沿いに、黄桃のような丸い灯りが、ぽつりぽつりと点いている。俺たちの
他に、歩いている人はほとんどない。
奥宮へ近づくにつれ、笛の音がどこからともなく風に乗って流れて来た。山祭りは
どうやら、思っていた盆踊りのようなものとは、全然違うものらしい。
奥貴船橋の袂をくっと左へ折れ、山の中へ入る細い道をたどると、笛の音はますます
はっきり聞こえる。曲目はわからないが、ゆったりとしたメロディを、複数本の笛で
吹いているようだ。
やがて、木立の間からたくさんの白い提灯と、その灯りが見えて来た。そこは体育館
程度の広さの空き地になっていて、笛の音に合わせて数十人の人たちが踊っていた。
衣装は白地に紺色の流水模様の浴衣。女は紅の帯、男は黒字に金の鱗模様の帯。
踊るというより、舞うと言った方がいいような優美な動きで、普通の踊りの時のような
賑わしさや、テンポあるいはノリは全く感じられない。
俺たちより先に来て、これを眺めていた隣の人がいきなり駆け出し、踊りの輪の中へ
入って中の人と手を取り合った。知り合いがいたらしい。
前の方から、あの老人が笑みを浮かべながら、静かに俺たち親子に近づいて来た。
「ああ、来はりましたんやな」
「こんばんは。不思議なお祭りですね」
老人は不思議な言葉を口にした。
「あの中に、逢いたい人がいたはりますやろ」
逢いたい人?訳がわからず、ぽかんとする俺。
母が突然駆け出した。
「母さん!?」


686 4/5 sage 2005/08/11(木) 21:11:00 ID:g8BCG55k0
103 :N.W:2005/07/25(月) 07:13:25 ID:CFXfTZUN0
伸ばした手の先に、よく知ってる人がいた。
実家にいる頃いつも見ていた人。写真立ての中で笑っている、俺と面差しのよく似た
青年。俺が2歳の時亡くなった父だ。
まっしぐらに父に向かって進む母を、踊り手たちは空気のようにするりとかわし、
何事もなかったかのように踊り続ける。
一足ごとに母の時間が逆戻りする。わずか3年余りの妻としての日々と、その何倍もの
母としての時間。今、父の手を取りながら、母は堰を切ったようにしゃべり続け、
父は黙って微笑みながら、時折相槌を打っている。二人の間に涙はない。何を話して
いるか、俺には聞こえないが、きっと言葉で時間を溶かしているのだろう。
時を越え、両親は恋人同士に戻っている。初めて見る両親の姿。ああ、父はあんな風に
笑う人だったのか。母はあんな風にはにかむ人だったのか。これだけの歳月を隔て、
まだ惹かれ合う二人に、思わず胸が熱くなる。
父に誘われ、母が踊りに加わる。なかなか上手い。本当に楽しそうに踊っている。
俺の頭の中で太棹が鳴り、太夫の声が響く。
“…おのが妻恋、やさしやすしや。あちへ飛びつれ、こちへ飛びつれ、あちやこち風、
ひたひたひた。羽と羽とを合わせの袖の、染めた模様を花かとて…”
両親の番舞をぼーっと眺めていたら、ふと俺の事を思い出したらしい母が、父の手を
引いてこっちへやって来た。ほぼ初対面の人に等しい父親に、どう挨拶すべきか。
戸惑って言葉の出ない俺を、おっとりとした弟と雰囲気の良く似た父は、物も言わずに
抱きしめた。俺よりずいぶんほっそりしているけれど、強く、温かい身体。父親って
こんなにしっかりした存在感があるのか。
「大きくなった…」万感の思いのこもった父の言葉。
気持ちが胸で詰まって言葉にならない。ようやく絞り出せた言葉は「父さん…」
「うん」
優しい返事が返って来た。もう限界だった。俺は子供のように声を放って泣いた。

687 5/5 sage 2005/08/11(木) 21:12:28 ID:g8BCG55k0
最後です。

104 :N.W:2005/07/25(月) 07:14:42 ID:CFXfTZUN0
母の事を笑えない。気が付けば、俺は夢中で父に、友人の事、仕事の事を一生懸命
話していた。今までは、そんな事は自分の事だから、他人に話してもわかるまいと
思い込み、学校での出来事さえ、必要な事以外は母に話さなかったのに。
父の静かな返事や一言が嬉しかった。子供が親に日々の出来事を全部話したがる
気持ちが、初めてわかったような気がする。
俺の話が一段付いた時、父は少し寂しそうな顔をした。
「ごめん。もっと一緒にいたいけど、そろそろ時間みたいなんだ」
時は歩みを止めてくれなかった。でも、嫌だと駄々をこねたところで詮無い事。
大事な人に心配をかけるだけ。ああ、わかっている。笑って見送ろう。
「口惜しいよ、おまえたちの力になってやれなくて…」
「大丈夫、任せろよ。俺がいる。」
長男だもの。俺は親指を立て、父に向かって、偉そうに大見得を切った。
安心したように頷く父に、母がとても優しい眼差しを向け、父が最上級の笑顔を返す。
「…じゃあ、そろそろ行くよ」父は、踊りの輪の方を向いた。
「父さん」呼びかけずにはいられなかった。
父が振り返る。
「俺、二人の子供で良かった」本当に、そう思った。
父は嬉しそうに笑い、そのまま煙のようにすうっと姿を消した。
母はしばらく無言で父が姿を消した辺りを見つめていたが、やがて諦めたように
首を振り、「帰りましょう」と俺を促した。

翌朝、まだ眠っている母を部屋に置いて、奥貴船橋の袂まで行って見た。
昨夜の、橋の袂をくっと左へ折れ、山の中へ入る細い道は、やっぱりなかった。
あの老人が言っていた。“山祭り”は、時が合わねば成らないのだと。
それは俺たち親子が見た幻だったかもしれない。
でも、逢いたい人に会え、伝えたい事を伝えられた。幸せな旅だった。

この部分だけのURLをコピーできなかったので、転載。
タグ:不思議
posted by 葉山猫 at 01:46| ☁| Comment(13) | TrackBack(0) | 本 活字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

癒されてください(笑  第二弾

二本目gremz発芽197日目

どこかで見た有名な画像ばかりかも知れませんが(笑


50秒頃の画像は驚きです(笑
実はめちゃめちゃ浅い池なのか、それとも忍術の極意「右足が沈む前に左足を出せ」の実践なのか・・・
物理的に可能なら、人間も水面を走れる!かも!?

1分40秒頃からの画像の最後は判りづらいですけど、逆立ちして歩いているようです。
他の投稿画像にも長時間逆立ちして歩いている猫いたけど、合成じゃないなら、なんで逆立ちして歩くんだろう???
全部にコメント書きたい(爆)



もう一つ。
http://www.youtube.com/watch?v=hKPtE82Cj_I
こちらにもエリート忍者猫とちょっとどんくさい忍者猫がいます。(笑
ロデオマシーン欲しかったんだけど、止めておこう(爆)
後、リスが意気揚々と無事帰った事を願います!




まじめな独り言(笑
タグ: 動物
posted by 葉山猫 at 00:00| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 動物達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

出来心

二本目gremz発芽196日目

私の事である。
黒髪飾1.jpg 黒髪飾2.jpg
しっぽ                 左前脚

私の髪留めである。
写真の腕が悪くてスイマセン。

お金がないので
不精して
髪が長くなったので後ろで束ねてコレで留めている。

前飼っていたチーコは、しっぽに何かつけられるととても嫌がる猫だったのだが、黒が目の前で私を見上げて座っているのを見て、ついついやってしまった。
反省している。

だが黒は動じなかった。
髪飾を付けたまま、不思議そうな顔をして私を見上げたままだった。
なすがママ。きゅうりがパパ。
悪かったよ(´・ω・`)
君の信頼につけこんだ。

※もし!私と同じように悪戯したい方がいたら、尻尾や足の肉?を挟まないように装着するべし。
嫌がったら即はずせるようにスタンバイして!
って、そこまでしてこんな事するなって。



そして、前々からそこはかとなく疑問に思っていた答えを見つけた(笑
第一弾。

そこに山があるから。

分かりました。
どうしても登るんですね。
ってこれは、出来心と言うより、確信犯ですね(笑
飼い主さんの「なんでそんな細い所に乗るの・・」という気持ちが良く分かります(爆)



第二弾。

こうなるんですね(笑
好奇心がちょっとだけ満たされました(笑

この後のこの人の立場を思いやるとかわいそうですが・・・(笑


しかし、「ママ!・・・」「おかあさ」と聞こえますね(笑
って、何か不測の事態が起こったらお母さんを呼ぶのは万国共通かっ!
タグ:
posted by 葉山猫 at 12:14| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

人間を猫と思う猫

二本目gremz発芽193日目

自分を人間と思う猫
というのは良く聞くが・・・

どうも黒助は、人間を大きな猫と思っているような気がしてならない。

何故なら

黒は


服を舐めるのだ。


グルーミングと言うのだろうか?
手首やほっぺた、おでこ、鼻の頭などの肌が露出しているところも舐めてくれるのだが、袖口や襟、胸とかの生地を舐めるのである。

セーター、トレーナー、寝巻き、関係ない。

肌ほど長く舐めてくれないけど、舐めてくれるのである。
(´・ω・`)?

以前飼ってた猫も、ときどき触れ合う猫も服を舐めてくれた猫はいなかった。


私を変わった毛皮の生え方をしている猫と思っているのか、
それとも単なる○カなのか!?

いやいやいや。
黒助を○カとは思いたくない!
(既に鼻○カと思ってるし・・・)


それにしても、生地や毛糸を舐めたら舌がうぺうぺになっちゃいそうな気もするが。

どちらにしろ、ありがたい事である。


そう言えば、本日黒助を逃がしてしまった。
天気が良かったので窓を網戸にして掃除をしていたら、思わぬ所にいたらしく自分で網戸を開けて外にでてしまった。

やっと治ってきているのに(泣
又ノミやダニを拾って新しいウイルスに感染したら(大泣き

黒ぉ〜
くろぉお

と叫べども鈴の音もせず。
帰ってくるだろうと信じていたけど、感染が怖い。

しばらくして、ウッドデッキを見ると開け放してある窓の脇にちょこんと座ってる。
抱き上げて中へ連れ込むのは簡単だけど、ここはひとつ、自分で帰ってきた、と思わせたい。
ので、(優しく)黒〜と呼び、待つことしばし。

自分で窓がまちをまたいで入って来ました。
それでよし!(`・ω・´) =3

がっちりと窓の鍵をかけ、もう絶対逃がさないぞ!と心に誓う。


それにしても・・・
しばらくぶりの外はどうだったのかい?
旧友に会えたかい?
どこを冒険してきたんだい?
足裏汚れてるよ!
畑の中を通ってきたのだろ!

雑巾で指の間まで拭いて差し上げました。

でもここに帰って来てくれたって事は、もう
うちの猫になったって事だよね?

ありがとう、黒助。

黒枕.jpg
冒険後の黒助
燕尾服を着ているように見えるのは私だけ?(笑



ネットショッピングで、水を使わないペット泡シャンプーを購入する事に決めた私でした。
タグ:
posted by 葉山猫 at 00:14| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

警戒心

二本目gremz発芽189日目

昨晩PCでゲームをやっていた。
夢中でやっていたのだが、気がつくと足元で黒助がごそごそしている。
ふと目線を落とすと・・・・

私と向き合う形で黒が私の脚に鼻をくっつけるようにして・・・

腰を浮かせて座っている・・・

まさか・・・
もしや・・・

ぷわ〜〜〜んと漂い上がって来るにほひ・・・

黒ちゃん・・・(´・ω・`)


オンラインゲームで他の接続者と合同でバトルの最中だったので、黒が砂を掛けそこねたウン<ピー>を埋めるために手を離す事もできず。
ほんの一時、ウン<ピー>の香りと共にバトルをしておりました・・・


いい年ぶっこいて私何やってるんだよぅ!

ま、\(・_\)それは(/_・)/おいといて。


動物は、排泄をする時が一番無防備になると聞く。
人が見ていると用を足さないワンコ、猫がいるとも聞く。

黒助・・・
君のその行為は私への信頼の証と捉えて良いのだろうか?

・・・光栄だ。



今まで2階のトイレでは大はせず小だけだったので、1階のトイレが汚れているのかな?と見に行ったけど汚れてなかった。
今朝見るとオシッコで使っていたから、1階のトイレを使いたくなかったと言う訳でもなさそうだ。

なんで2階でしたんだろう?
これから2階でも大をするようになるのだろうか?
うーん・・・(洒落じゃないですヨ

しかし、びくびくするくせにこの警戒心の無さは何なんだ(笑


ところで、あらためて今時の猫砂に感心した。
以前飼っていたチーコの頃(30年以上前)にはこんなものはなく、新聞紙をちぎったりトイレットパーパーの芯をちぎったりして使っていた記憶がある。
匂いがきつかったよぉ〜〜〜



ユニチャームの猫用システムトイレに付属していた猫砂で、袋を捨ててしまって商品名をメモしてなかったんだけど、砂の形状からこの商品だと思う。
長さ1cmちょっと超え位の円筒形の砂。
直径は5mm以上あるかな。

オシッコシートと共に使用する事でまったく(人間の鼻には)匂いがしない。
ウン<ピー>の匂いも黒助がおやりになっている最中と直後には匂っていたが、その後は分からなかった。(慣れた、という可能性もあるか)
(なんで机の下、足元に猫トイレを置いておくのかって突っ込みはなしで^^;スペースの問題なんですよー)

下痢<ピー>の場合は分からないけど、ウン<ピー>にはあまりくっつかない砂だった。
包み込むタイプではなさそうね。
水分を吸着して蒸発させる、というタイプだろうか。
ウン<ピー>は直後より水分がなくなっていたような気がする。

1階トイレではおからの砂を使用しているのだけど、大をすると大の匂いとハーモニーしたおからの甘ったるい?匂いが強くなって、ちょっと気持ちが悪くなる時がある。
大と絡まない時は鼻をつけない限り、おからの匂いはしないのだけどね。
ウン<ピー>の匂いだけより、この砂の匂いと絡まった時の方が私には悪い匂いに感じられる。

アイリス製の1階のトイレに付属していた専用の砂は直径1.5cm〜位の白く大きな球形で、黒は足触りがイヤらしくこれだけだと足をつけてくれない。
又手ですくうと手のひらいっぱいに白い粉が付く。
手に付くって事は踏みつける黒の足裏にも付くって事だ。

という事で別に買ったおから砂と(次に使おうと思っている)カテキンサンドにちょっとずつ散りばめて使用している。

更にこの球形砂はウン<ピー>に結構がっちりとくっつき、ウン<ピー>からはがれ落ちたものにも汚れが目立つ。
ウン<ピー>がくっついたものを取り除いていると、あっと言う間に量が少なくなる。
これは経済的ではない・・・


2階トイレのユニチャーム製の円筒形の砂は黒がザリザリ掘っても形が崩れる事もないし、確かに回りに細かい砂が飛び散らない。
何よりトイレのスノコから下に落ちないのがいい。
おから砂やカテキンサンドは形が崩れるので、その崩れた砂が下のトレイに貯まるからそれも掃除しないとダメだ。
他の砂よりちょっと高いけど1ヶ月使えるし、この砂を又買おうかなぁ。

後、うちの人間のトイレは水洗だけど浄化槽だ。
なので猫砂は水洗に流せるものでも流していない。
(確認したら少量づつだったら流しても良いと言われたけど)
最低条件は「燃えるゴミ」で出せるもの。
ユニチャームのこの砂、燃やせるゴミなのかどうか袋がないので分からなくなっちゃってるのよ・・・
どっちが長い目で見て良いのかなぁ。



それにしても、ユニチャームと言えば、女の子には馴染みが深いメーカー。
技術ってのは応用が利くのね〜
どっちをどっちへ応用しているのかは分からないけど(笑 



追伸:
ユニチャームの砂は、ゼオライトとシリカゲルでできている製品のようだ。
そうすると燃やせないゴミになるみたい。
うーむ。
何でできているか張り紙して、燃やせないゴミで出すしかないのかな。
タグ:
posted by 葉山猫 at 13:23| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

実現せぬ思い

二本目gremz発芽187日目

子供が欲しい

と、ふと、改めて思った。
Yahooの「みんなのアンテナ」『子どもの習い事で、親子のコミュニケーションは不足する?』を読んだからだ(笑


小学生の頃から、子供を持ったら、と言う想像をしていた。
「結婚」という概念はなかったな・・・

いや、あったか(笑

教養がなく下品でも大金持ちか、まったくお金はないけど学者(ジャンル関係なし)のどっちと結婚する?

な〜〜んて質問をしていたっけ。

私は鼻の穴を広げ

ずぇ〜〜〜〜〜ったぃ!学者(`・ω・´) =3

なんて息巻いていたっけか。


それはともかく。
(ちなみに、今はどっちもイヤ!かな(爆))

子供を持つというのは、揺るぎのない、決定事項のように自分では思ってた。
高校生の頃には、子供をもったらああしてあげよう、こうしてあげよう、なんて思ってた。
もしくは、絶対これは教育する!とか(笑



最近良く思うことがある。

母の肩や静脈瘤が浮いた脚をマッサージしたり、母の代わりに重いものを持ったりいろんな作業を代わりにする時に、自分が母と同じ年齢になった頃私はどうしているのだろう、と。

肩が凝っても、肩をマッサージしてくれる手はない。

重たい荷物や、手の届かないところの作業をするのでも自分でなんとかやるしかない。
もしくはできないとか汚くなっていくのをあきらめの目で眺めていくしかない。

小汚い偏屈な独り身のババァになる事を覚悟したはずなのだが、なんとなく・・・・
胸とお腹の境目辺りがからっぽになった感じがする。


高校卒業時はなりたいもの、勉強したいものが多岐に渡って定まらなかった。
今は・・・

防大(自衛官)、警察官、でなければ、小学校の先生。

小学校の先生が一番あってたのかな、と思ったりする。

昔から子供の相手は好きだったし、子供の相手はうまかった、と思う。

・・・
いや。
小学校の先生になってたら高圧的な教師になってたかも知れない(爆)
親にも説教しまくりだったかも。
生徒大迷惑(笑
親からも嫌われ者の教師!(爆)


人間って不思議だな。
今の自分は、自分がなりたかった自分なのだろうか。

人生が終わる時
自分がなりたかった自分になってた人ってどれくらいいるのだろう。


黒を抱きしめる時。
ペットに服を着せたりして似非人間扱いする人の気持ちにふと思いをはせてみたりする。

私の黒への愛情は、純粋に生き物への愛情なのか。
それとも持ち得なかった自分の子供の代替品として扱っているのだろうか。
発揮する機会を持てなかった母性愛の発露なのだろうか。



・・・
・・・・・・・

ええぃ!
めんどくせーー!

こんな事ぐるぐる考えるから縁を保てなかったんだろう!
自業自得だ!ちっ(爆)



posted by 葉山猫 at 02:45| ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

おらが町の新春

二本目gremz発芽184日目

母が行ってみたいと言ったので、1月5日に葉山町の「新春の集い」に行って来た。
葉山町新春.jpg
会費500円。
去年は無料で一昨年は1000円だったそうだ。
町長の交代に関係するのか、懐事情か?(笑

なんにせよ、一昨年はもっと大きな会場で2〜300人来ていたそうだが、この日はせいぜい50人??100人はいなかったような・・・

母はきちんとした格好で行ったが、私は高をくくっていつもの買い物へ行くような格好して行ってしまったら・・・

村の宴会のようなものを想像していたのよ^^;
「ただ酒」飲めれば(会費500円だけど)満足ー、という呑み助の勝手な思い込みで^^;

そしたら、IDカードを首から下げた背広姿の男性達がうろうろし、おばさん、おじさんもびしっとしているし・・・
すいません。
新春なのですから、(動機が不純でも)晴れ着とは言わないまでももちっときちんとした格好をしていくべきでした。
ごめんなさい。
考えてみれば、こんな時しかお洒落する機会なかったわよね・・・


しかし人数的には小規模な集まりだったけど、和太鼓の演奏があったり、公明党の衆議院議員も来ていた。
大変だね〜
葉山町新春2.jpgシャープW64SH撮影 
壁紙モード ホワイトバランス:オート 10m位離れた所から最大ズーム



お料理は・・・
のり巻き4種(かっぱ、鉄火、不明)
四角いクラッカーに乗せたカナッペ
サンドイッチ
ビール、ジュース、ウーロン茶・・・・・・・・・・・・

と!
小ぶりの薦かぶりの樽酒

と!!
なんと天皇陛下から賜ったという日本酒!(月桂冠)


来た甲斐あった!!!!
写真を撮ろうと思ったらあっと言う間にどこかへ行ってしまった・・・

どこの市町村の新年の集まりにも出すのか?とも思えないので、御用邸がある関係か?
単純なので、これだけで♪


XJAPANの追っかけとサマンサのお母さんをミックスしたような装いのおばさんも見れたし。

ただね・・・
乾杯の音頭は、ビールの泡が消えない時間内でおさめるべきだと思うよ・・・

議長?のスピーチも駅伝の石川選手のエピソードを長々と引用しなくても良いのでは、と思うよ・・・

何はともあれ、普段とちょっと違う事をしたという事で、

今年は一味違うぜっ!

と感じた行事参加でした。


追伸:
会費の元は取った!(`・ω・´) =3
タグ:郷里
posted by 葉山猫 at 11:47| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

iJinja

二本目gremz発芽178日目

iJinjaなるものを見つけた。

i神社である(笑


新年らしく神社と占いの話題を!(笑


私は残念ながらiPhoneもiPodも持っていないが、これは持っていたらインストールして使ってみるかも(笑

お値段も115円とお安いし(爆)

何よりお洒落だ。
モバイルやPCコンテンツでも「占い」ってあるけど、んー
なんというかおもちゃのようなのよね。
それに若い子向けの雰囲気バリバリだし(笑

これはYouTubeの画像を見る限り、大人が他所様の目の前でやっても恥ずかしくなさそう。
何より目の前でやったら話の種になる。
客先でやってもいいんじゃないのかな(笑


iPhoneはauで出してないから買う予定はないけど、前から気になっていたハードだ。
(iPodも気になるけど、音楽を聴くと言う習慣は最近ないからなぁ・・・って言うより欲しいけど今金欠だから!(爆))

そのハードの特徴の「機体を『振る』」という動作が占いに取り入れられているのもいい(笑

YouTubeのBGMの音楽が良いけど、実際の占い時にはBGMはあるんだろうか?
無音でも良いけど、同じ音楽が流れると神秘的でいいな。

新しい物好き、占い好きのあなたでしたら是非!(笑

App Storeへのリンク ↓
http://itunes.apple.com/wa/app/ijinja/id338204136?mt=8
タグ:ipod
posted by 葉山猫 at 14:04| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あけましておめでとうございます

二本目gremz発芽178日目

旧年中はありがとうございました。

本年もよろしくお願い申し上げます。

皆様も私も!良い年になりますように。
posted by 葉山猫 at 00:38| ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。