2010年01月10日

実現せぬ思い

二本目gremz発芽187日目

子供が欲しい

と、ふと、改めて思った。
Yahooの「みんなのアンテナ」『子どもの習い事で、親子のコミュニケーションは不足する?』を読んだからだ(笑


小学生の頃から、子供を持ったら、と言う想像をしていた。
「結婚」という概念はなかったな・・・

いや、あったか(笑

教養がなく下品でも大金持ちか、まったくお金はないけど学者(ジャンル関係なし)のどっちと結婚する?

な〜〜んて質問をしていたっけ。

私は鼻の穴を広げ

ずぇ〜〜〜〜〜ったぃ!学者(`・ω・´) =3

なんて息巻いていたっけか。


それはともかく。
(ちなみに、今はどっちもイヤ!かな(爆))

子供を持つというのは、揺るぎのない、決定事項のように自分では思ってた。
高校生の頃には、子供をもったらああしてあげよう、こうしてあげよう、なんて思ってた。
もしくは、絶対これは教育する!とか(笑



最近良く思うことがある。

母の肩や静脈瘤が浮いた脚をマッサージしたり、母の代わりに重いものを持ったりいろんな作業を代わりにする時に、自分が母と同じ年齢になった頃私はどうしているのだろう、と。

肩が凝っても、肩をマッサージしてくれる手はない。

重たい荷物や、手の届かないところの作業をするのでも自分でなんとかやるしかない。
もしくはできないとか汚くなっていくのをあきらめの目で眺めていくしかない。

小汚い偏屈な独り身のババァになる事を覚悟したはずなのだが、なんとなく・・・・
胸とお腹の境目辺りがからっぽになった感じがする。


高校卒業時はなりたいもの、勉強したいものが多岐に渡って定まらなかった。
今は・・・

防大(自衛官)、警察官、でなければ、小学校の先生。

小学校の先生が一番あってたのかな、と思ったりする。

昔から子供の相手は好きだったし、子供の相手はうまかった、と思う。

・・・
いや。
小学校の先生になってたら高圧的な教師になってたかも知れない(爆)
親にも説教しまくりだったかも。
生徒大迷惑(笑
親からも嫌われ者の教師!(爆)


人間って不思議だな。
今の自分は、自分がなりたかった自分なのだろうか。

人生が終わる時
自分がなりたかった自分になってた人ってどれくらいいるのだろう。


黒を抱きしめる時。
ペットに服を着せたりして似非人間扱いする人の気持ちにふと思いをはせてみたりする。

私の黒への愛情は、純粋に生き物への愛情なのか。
それとも持ち得なかった自分の子供の代替品として扱っているのだろうか。
発揮する機会を持てなかった母性愛の発露なのだろうか。



・・・
・・・・・・・

ええぃ!
めんどくせーー!

こんな事ぐるぐる考えるから縁を保てなかったんだろう!
自業自得だ!ちっ(爆)





posted by 葉山猫 at 02:45| ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。