2010年02月04日

黒猫のカンゴ6

二本目gremz212日目

2日未明(午前3時前)黒が吐き戻していたのに気がついた。

20cm位の長さで、くねくねとチューブから搾り出したような形で消化されて形のなくなった餌だった。
端っこに1〜2個形を残したままのドライフードもあった。
よくぞこんなにちっこい体の中に納めていた、と思える程の量だった。

夏頃にも一回吐いた事があるので、又、最近外に出していないから毛玉はどうなっているんだろう、と毛玉対策用のドライフードを買ったり、猫草の購入を考えていた矢先だった。
ただし、吐いた中には毛玉はなかった。

黒はと見ると、一人遊びをしてたりしていて元気そうだったのでそのまま就寝。


翌朝。
薬を飲ませたが、餌をほんのちょっと、それこそ一口って感じで食べてすぐ止める。
最近、餌を前ほどがっついて食べず、むら食いと言える感じだったので(いつのまにか餌がなくなっているって感じ)、少し気に留めるが又その気になった時に食べるだろう、と放置。

黒は私と共に二階に上がり、寝そべる。
伸びをしたりあくびをしたり、いつもと同じような感じ。
私もここ2〜3日、母のイベントやら何やらで出歩いていたのと読みたい本があったので、ホットカーペットの上で寝そべる。
黒と一緒。

詳細は忘れたけど、その後黒が餌を食べなかった。

オシッコとウンチは昨日の分はしていた様子。
ウンチは夜、オシッコは明け方にしていた。

朝出した餌が減らずに残っている。
餌を取り替えてみた。
変わらず。

黒はと言えば、いっかな餌を食べるために1階に下りてこない。
段々と不安になる。
ただ、かまえば応えるし、鳴きもする。

だがやはり心配。
午後4時頃、母と相談し、どうぶつ病院へ電話をする。

Y先生が明日は休みを取ったので、今日連れて来れるなら連れて来てみてください、と言われる。

2万円を握り締め、黒をキャリーケースに入れてバスに乗って連れて行く。
黒が抵抗せずキャリーに入った。
不安になる。


先生に吐いた事、餌を食べない水を飲まない事、オシッコウンチは今の所いつもと同じ、等を報告する。

何か変なものを食べませんでしたか?
と聞かれる。
靴下から落ちたような綿くずを狙って一人遊びをして、口にくわえて吐き出しているのは見た事がある、と報告。

完全血球検査(いつもの検査)
血液生化学検査
レントゲン

をする事になる。

しばらく待った後、
入院時に撮ったレントゲンを並べ、検査結果と共に説明を受ける。

赤血球のパーセンテージが2%落ちていた。(標準値外)
入院時には写ってなかった影が認められた。
ちなみに脾臓は2〜3cmの標準サイズに戻ってた。

先生:多分十二指腸にガスが貯まっているようです。
ただ、通常十二指腸にガスは貯まらりません。貯まる場合は膵臓に異常がある場合です。
ここの病院では膵臓が悪いかどうかの検査ができない。
外部に出す事になります。(8000円ほど費用がかかる)
又十二指腸の周りに白い影が映っています。以前はなかった影です。
多分膵臓だと思われるけど、レントゲンだけでは判らないんです。

との事。
飲ませている抗生物質のせいで食道炎を起こしている可能性もあるという事で、その後先生と相談し、1ヶ月に1度連れてくるという事で前回は話がついていたが、しばらく一週間ごとに連れてくる事に決定。

食道炎を防ぐために、保護する飲み薬と消化剤を処方される。
保護する飲み薬を注射器状のもので飲ませ、1時間後に餌と薬を与える事になる。
消化剤のふりかけ付きの餌。

先生曰く、膵臓が悪ければ、食餌療法になります、という事でウェットとドライの1食分ずつのサンプルをくれる。
又ステロイドが膵臓を悪くする可能性もある、との事。
ただ、黒はヘモの件がある。
ステロイドはヘモには必要だけど、膵臓を悪くもする。
止めたいけど、止められない。
先生、しばし考える。
結局、この日から1/4錠を1日置きで5回与える事になっていたので、このまま続行となる。
ただし、明日明後日の様子を見ておかしかったら即病院へ連れてくる事!と約束。

皮下点滴をし、終了。
(何の点滴なのか聞いたかも知れないけど忘れた!)

本日の治療費22320円也。


帰宅。
相変わらず餌を食べない。
気のなさそうに匂いをかいで、ふ、と歩み去る。

トイレは二階のトイレで用を足しそうになったが、結局せずに下のトイレで小をする。


2月3日
朝薬と餌を与える。
相変わらず匂いを嗅いで、ほんの一口食べて、その後食べない。

出かける用事があったので、消化剤付き餌と無しの餌を両方出して外出。
帰宅。
どちらも口をつけた跡が見えず。

ただ動き回ってはいる。

夜。
2階で一緒にいたが、そろそろ保護剤を飲ませる時間と思い一階に下りる。
黒が一緒に降りてくる。

お?

保護剤を飲ませようと準備しようとしたら、出しっぱなしにしていた餌に近寄り食べ始める。
中断させると食べなくなるかも、と思い、保護剤(嫌がった)を飲ませず、そのまま食べさせる事にする。

出していた量の1/3位を食べた。(消化剤ふりかけ付きの方)

その後、順番は逆になったけど、いつもの抗生物質を1時間後に飲ませる。


深夜。
私について歩くのはいつものことだが、一緒に下へ降りていく。
そのまま、まっすぐに餌のところへ行く。

食べてくれた(つд・)
私がその場を去るとくっついてくる(人間のトイレだよっ)
又餌の入れ物の近くへ私が行くと食べ始める。

しばらく付き添って黒が食べるのを見ている。

人の顔を見て鳴く。

二階へ一緒に上がる。
一段一段立ち止まって私の顔を見上げる。
いつか踏んづける気がする・・・

そして、今。
一人遊びをし、私をグルーミングした後、私につやつやとした毛並みのお尻を見せて
「はよ、寝よらんかぃ!」
ってな感じで敷いた私の布団の上で私を待っている。


黒・・・

先生:こんなに大人しく性格の良い子は珍しいですね



長生きしておくれ。
頼むから。

雪が降った日で寒かったから?、たまたま吐いた、元気がなかった、と思いたい・・・
(でも飲まず食わずはやはりおかしいよね)


朝オシッコを片付けた後、食べてないせいか本日ウンチなし。
明日朝オシッコをしている事を望む。

容態監視中です。


続きを読む


ラベル:
posted by 葉山猫 at 02:49| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。