2010年05月21日

期待

二本目gremz発芽319日目 がんばれっ

ベニクラゲ6回目の若返り成功

5月20日17時18分配信 紀伊民報

拡大写真
【6回目の若返りでポリプになったベニクラゲ(和歌山県白浜町の京都大学瀬戸臨海実験所で)】
 白浜町臨海、京都大学瀬戸臨海実験所の久保田信准教授(58)は、「不老不死」の研究材料として注目されるベニクラゲの若返り実験で、世界記録を更新する6回目の若返りをこのほど成功させた。
久保田准教授は「若返りのメカニズム解明に向け、今後もどんどん回数を重ねていきたい」と話している。この結果は、近く学会などで発表する。
 クラゲは通常、有性生殖した成体は死を迎えて溶け去るが、ベニクラゲは溶けずに肉団子状になり、再び走根を延ばしポリプ(刺胞動物の基本形)へと若返る。このポリプがクラゲ芽を形成し、やがて若いクラゲとして分離して泳ぎ出す。
この一連のサイクルを無限に繰り返すことから「不老不死」と言われる。
ベニクラゲの若返り現象は、1992年にイタリアの研究者が地中海産で初確認した。その後、久保田准教授らが日本産で世界第2例目として成功して以来、その回数を更新し続けている。
 久保田准教授は、昨年5月15日に沖縄で4個体の若いベニクラゲを捕獲。全個体が捕獲直後に退化し、5月18日前後に若い世代のポリプに1回目の若返りをした。
その後、最も素早く若返った雌に焦点を当てて飼育実験している。
その結果、7月上旬に2回目、8月上旬に3回目、9月下旬に4回目に成功した。
冬場の寒さを乗り越えるため、ヒーターで水温を20〜25度まで温め、水流を起こしかき回すようにして、12月上旬に5回目に成功。
今年3月23日には6回目のポリプへの若返りをした。
その後も元気に生き続けており、さらなる若返りが期待できるという。
 久保田准教授は「予想通り若返りが連続して起こっている。将来は、再生から若返りへという人類の夢に一歩でも近づく材料にしたい」と話している。

来年のお誕生日には間に合うかなるんるん


posted by 葉山猫 at 00:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。