2010年06月09日

黒猫のカンゴ9 一応終息宣言!

二本目gremz発芽334日目 初夏なのに寒い。しょかー

大分遅い報告になってしまいましたが、黒を葉山どうぶつ病院へ連れていきました。

5月7日、妹夫婦が泊りがけで来てくれたので、妹夫婦の車で妹を運転手にして病院へ。
妹よ、ありがとう。
妹にキャリーケースを持たせたら、「おっもーーーーーーい!(驚)」(笑

黒。
自家用車に乗るような身分になるとは思ってなかっただろ(にやり
しかし車があると楽だなぁ・・・(泣



例のごとく、病院では「借りてきた猫」状態で採血も何もつつがなく終わる。
Y先生と補ていしていた看護士さんも
「ほんとに大人しいわねー!血を取ってもウンともスンとも(笑」

ほんと、針をさされてもピクッともしないんですよ・・・?
鈍いんかな(つд・)

それはさておき結果:
赤血球29%
他も異常なし

「平均値よりちょっと低いけど、猫ちゃんの個体差もあるから、黒ちゃんは普段からこの位の低い数値なのでしょう」
「今後は免疫力が低くならないように気をつけてあげてください」
と、Y先生から、今回のヘモバルトネラ騒動の終止符宣言をいただきました。

蛇足ですが、同じ獣医さんに連れてくるって、やはり大事な事なのかも、と思った。
何故なら、ヘモバルトネラ騒ぎより前に別件でここへ連れてきた時の赤血球数値が今回と同じだったのですよ。

そして私が
「外へ出して又ダニとか蚤に食われたら、ヘモバルトネラは再発しますか?」
と聞いたのですが、もう感染してるので
「それよりも免疫力が下がると再発します」
との事でした。
ううむ。
むずかしい・・・

しかし、何はともあれ黒助は元気になりました。
いろいろと心配してくださり、励ましや応援をしてくださった方々、本当にありがとうございました。
とても心強かったです<(_ _)>

最近の黒助は、夜中に一人運動会をしたり、私の後をついて回り私がトイレに行くと戸の前で必ず待っていたり(戸をちょっと開けるとすかさずそこから猫パンチを繰り出す)、肌寒い日は母のふかふかの羽根布団の上で丸くなり、暑い時は廊下の真ん中で大の字になり、テレビに猫が映るとそばへ行こうと高価なゲーム機の上に飛び乗り、100円ショップで買ってきた人間3歳児用のぜんまい仕掛けのねずみのおもちゃに猫ホールドをかませ、1日一回必ず(人間様の)「夕飯時にをするほど元気です。

kk.jpg
黒快食快便の図(これは小ですがね!)

猫バカ続き


ラベル:
posted by 葉山猫 at 12:24| ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。