2010年06月11日

訳の分からんバイト面接(長編)

二本目gremz発芽340日目 ぎっくり腰になるかも?

5/26の記事の最後に書いたが、この間バイト面接に行って来た。
仕事を探しているのだが、軒並みアウトである。
派遣会社に連絡をし、仕事の募集サイトにも複数登録し、職歴等から関連した仕事に申し込むが軒並みアウトである。

参った。
今まで何かしら仕事はあったのでこれほど厳しいとは思わなかった。
職歴と同じ仕事を申し込んでも、申込の段階で断られまくりである。
職歴と関係ない仕事でもアウトである。
(尚更、だが)

原因は・・・
一番の理由は、年齢だと思う。
40代と50代の違いのインパクトは大きかった・・・と自分では!思っている^^;
それと地理的な問題(交通)。

っと、交通の問題に関して愚痴を書いていたら1本の記事になってしまったので割愛して面接の話を。^^;


という就職困難な状況だったので、もー職歴関係(コンピュータ絡み)なしでいい!
と、新聞折込のバイト募集(50代OK!)に申し込んでみた!

この近辺一番の繁華街?での、家庭用品専門店である。
ええ。
売り子でも何でもしまっせ?
(と言っても、どうしても「まだ」その仕事は避けたい、というものはあるのですが)


交通費も出ると書いてあるので、「こりゃラッキー!」と電話をしてみた。

ここから先は鬱憤晴らしです!
長いでっせ?
お気をつけて^^;

電話会話↓
相手A:@dあsdfghjkl(早口で分からない)
私:×月×日の新聞の募集チラシを拝見して電話致しました○○と申します。
相手A:あぁ・・・
私:あの、○○○ストアー様ですか?
相手A:あぁ
私:あの・・・面接の応募をさせていただきたいのですが、こちらのお電話でよろしかったのでしょうか?(チラシに書いてある連絡先の電話番号である)
相手A:(無言)
私:あの・・・私○歳なのですが、まだお決まりになってらっしゃらないのなら、是非面接をしていただきたいのですが、ご担当者の方はいらっしゃいますか?
相手A:ちょっと待って。
(保留にもせず何か言ってる声がする)

相手B:あー
私:募集広告を拝見した○○と申しますが、おs
相手B:名前は?
私:〜〜と申します。
相手:字はなんて書くの
私:○(名字の1文字目)は普通のh
相手B:あー 名前だよ
私:失礼致しました。○の旧字で
相手B:あーわかったわかった
相手B:住所は
私:葉山町です
相手B:葉山のどこ?
私:○○です。
相手B:番地は?
私:(この段階で番地いるかぁ???)××××です。
相手B:(「むー」、みたいな声)
相手B:○○の××××ってどこら辺?
私:□□□を御存知でしたら、□□□の手前辺りです。少し距離ありますが。
相手B:ふん(みたいな声)
相手B:電話番号は?
私:xxx-xxxxです。
相手B:郵便番号は?
私:xxx-xxxxです。(@_@)
相手B:じゃー○○へ出てバス乗換えで来るのか。
私:そうですね。それか△△へ出て電車で、とも考えているのですが。
相手B:あーそれもできるな。
相手B:じゃー片道○○○円位か。
私:そうですね。
相手B:じゃー、○日の○時に来れる?
私:はい!
相手B:じゃ、1階のレジに言って。そこにいるから。
私:分かりました。ありがとうございます。
相手B:じゃ
私:あの!すいません、どちら様を訪ねていけばよろしいでしょうか?
相手B:俺?
私:はい
相手B:・・・社長
私:あ!失礼致しました!
相手B:社長を訪ねてくれればいいから。(とか何とか)


この電話会話だけで、かなり私は
むーー(-_-#)

となっていましたが、
親父の中にはこういう奴(こら)もいるし、付き合ってみれば許容範囲内って人も多いので、「行ってみなけりゃ分からんもんね」
とばかりに一抹の不信感を抱きつつ、でもそれを考えないようにして履歴書持参で行ってみた。


こっからが本題(ぉぃ


ラベル:バイト採用
posted by 葉山猫 at 14:12| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。