2010年07月25日

ソウル・コレクター

二本目gremz発芽384日目 葉山は避暑地と誰が言った!?

ソウル・コレクター(原題:The Broken Window)
著者:ジェフリー・ディーヴァー
文藝春秋


リンカーン・ライムシリーズの日本での最新刊である。
(とは言っても、日本で発刊されたのは去年^^;)
いやー。
面白かった!

ただ、今までのようにライムの綿密で厳密な鑑識作業はほとんど出てこない。
そういう意味では、昔からある安楽椅子探偵小説になってしまってはいるが。
アクションてんこ盛りだけどね。

でも、着眼点と言うか、題材が実に現代的。
コンピュータ関係が好きな方、通販ショッピングがお好きな方、クレジットカードを良く使う方は、是非この本を読む事をお勧めしたい(笑

読むにつれ、がんじがらめになっていく恐ろしさのじわじわ感、そして一気に押し寄せる身動き取れなくなるパニック感というものが味わえますよぉ!



たまたま、いろんな賞を受賞した湊かなえ著「告白」を図書館へ借りに行ったら貸し出し中で(予約11人)、せっかく炎天下に歩いて行ったのだから何かないかなぁ〜と物色していたら見つけた。
お気に入りのシリーズなので早速借りて読んでみたのだが、最近決まった仕事のネタにも使えそうな内容だったので、なんという偶然!と嬉しくもなった。(笑

読んでいる最中は夢中で周りの空気が身体を締め付けてくるような気持ちを味わっていたが、読み終わって冷静になれば、こういう問題が起こりうる可能性は正に小説に書かれているようなビジネス状況になっていないと起こり得ないだろう、と一旦は安心した。
が!
近い将来、それもものすごく近い将来には起こりうる、と思う。
ビジネスそのものもそうだし、それを悪用する人が出る、という意味でも。


リンカーン・ライムの活躍を期待する人にはちょっと肩すかしだけど、ミステリーとしては面白いです。
たとえ致命的な欠陥に気がついたとしても、それはまぁ・・・
脳内補完すればなんとかなる!(爆)




ソウルコレクターという邦題は、ジェフリー・ディヴァー自身が日本の読者向けに選んでくれた題名らしい。
原題のThe broken windowもコンピュータを知っている人ならすぐ連想するもの以外にもひっかけてあるし、どちらの題名もいいなぁと思った^^




ネタばれ 注意!


ラベル:ミステリー
posted by 葉山猫 at 10:14| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本 活字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。