2010年08月03日

しあわせの隠れ場所

二本目gremz発芽393日目 黒オシッコ夜間2回ウンチなし/少し食べる量が増えたかな

しあわせの隠れ場所
監督:
ジョン・リー・ハンコック
出演者:
サンドラ・ブロック
ティム・マッグロウ
クィントン・アーロン
キャシー・ベイツ
公開:2009/9月(米)2010/2月(日)


2月に公開された映画がもうDVDで見れる・・・
良い時代になりましたねぇ・・・
というのはおいといて(笑

はっきり言うと、実話でなければ、単なる小粒のサクセスストーリーと金持ち親子の自己満足が淡々と描かれている映画、と言ってしまいたい。

もし、これが実話でなく純粋なエンターテイメント映画として書かれた脚本なら、「メジャーリーグ」や「ホームアローン」のようなドタバタコメディ、もしくは「フィールド・オブ・ドリームス」「さよならゲーム」路線に走るとか、要するに×○はおいといて、もっと濃い味付けができたと思ったり。


ところが、これに実話という冠が付くと・・・

い〜い映画だわ(つд・)

出世・成功物語として見るのではなく、人の本質は何か、って言うものを考えさせられる人情物語、になるのかな。
陳腐な言い方になっちゃうけど!

見終わった後にマイケルの本音はどうだったんだろうな?と、自分の中に「?」は残るけど、人の善意を信じたい、人ってまんざら捨てたものじゃないよね!と願う気持ちが沸き起こってくる。

私のようなぐるぐる考えるやつでも、「?」は残りつつも見終わったら

良かったね!

と言いたくなります。

淡々とした芝居も、これが実話だからなんだろうな。
でも日本のドラマとかと違って、言葉でない仕種、行動で何かを観客に投げかけるっていうのは、充分に伝わってきましたよ。
こういう部分が映画を見たって気にさせてくれるんだよねぃ。

すっごくお勧めって訳じゃありませんけど、ちょっとしあわせな気分になりたいな、って思った時に見てみてはどうでしょう?^^


以下ネタばれ!


ラベル:映画
posted by 葉山猫 at 12:22| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画&TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。