2010年08月18日

歸國(きこく)

三本目gremz2日目 黒ウンチ滅多にせずオシッコは1日1回位中々1日2回の爆食いをしてくれない

歸國(きこく)
kikoku.jpg
http://www.tbs.co.jp/kikoku2010/index-j.html
大宮上等兵 : ビートたけし
木谷少尉 : 小栗旬
河西洋子(当時) : 堀北真希
日下少尉 : 向井理
竹下中尉 : 塚本高史
志村伍長 : ARATA
水間上等兵 : 遠藤雄弥
坂本上等兵 : 温水洋一
立花報道官 : 生瀬勝久

河西洋子(現在) : 八千草薫

大宮健一 : 石坂浩二

秋吉部隊長 : 長渕剛

脚本 : 倉本聰
音楽 : 島健
演出 : 鴨下信一


楽しみにしていた。
いや、楽しみ、という言い方はちょっと変なんだけど。

ドラマとしては・・・
うーん。
お話の設定は評価できる。
今までの戦争ドラマとはちょっと違う。
こういうドラマ設定でないと、最早今の日本の若い人に太平洋戦争を考えさせるきっかけにはならないと思うし。

ドラマの雰囲気を表す一つの例としては、
戦争を体験した母は早々にチャンネルを変えてしまった。
私は、そこそこ楽しめたのだが。
こう言えば、なんとなく分かるかな?

粗筋を簡単に言えば、

終電も終わった深夜、東京駅に出征列車が入ってくる。
その列車には、南方で戦死した兵士達が乗っており、明け方の時間までつかの間の自由時間が与えられる。
訪ねたい場所、訪ねたい人々。
心残りがないように行動して来い。
但し、姿を見せたり存在を気取られるような振る舞いをした者は帰隊できず、永遠に浮かばれない亡霊としてこの地で彷徨う事になる。
兵士達は、将校も一兵卒もそれぞれ思い出の地、人を訪ねていく。
そして、その人々を待ち受けていた人物もいる。
”名誉ある”戦死者でないので、この英霊列車に乗れず、仲間とも一緒になれず、成仏もできず、死んでからずっとこの日本で彷徨っている亡霊。
その亡霊が帰国した”英霊”の前に現われ、それぞれに関係する人物のその後や今の日本の状況を、反応を楽しむがごとくに教えていく・・・



間違っているかもだけど、これ舞台だったのかな???
原作もあるらしいし。
ドラマは原作とも舞台とも若干違うらしい。

映像は良かった。
がんばってた。
クラブの映像は、役者も含めいまいちだったけど。
実際のクラブの映像をいれりゃぁいいのに。
それはさておき。

黒と青の世界。
電子的な光と夜の深とした雰囲気とか良かった。
特に靖国神社の菊の御紋が象徴的だった。


役者も久々にへぇ〜と思った。
日本の役者もいいじゃん!と。

特にARATA(画像の左から3人目)
この人すごい、と思った。

英霊ではなく彷徨う亡霊役なのだが、死因が首吊り自殺。
その設定のためか、声がだみ声。
地声なの?と迷っていたが、どうも普段の声はそうでないらしい。
他の方の感想で、『ARATA目当てに見たが、あまりに声が違うので最初分からなかった』というのがあったので。
うーーーーん。
すごい!

長セリフばかりだったのだけど、話し方、姿勢。
すっごい存在感があった。
ほとんど表情がない役だったんだけど、なんというか・・・
悔恨というか・・・
今も、この先もずっと続くであろう苦しみが伝わってくる。
お母さんへの情もね。

この亡霊は、ずっとこの誇りと悔恨、その懺悔を延々と繰り返しながら彷徨って行くのか、という、唯一戦争に対する「何か」を感じさせた役どころだった。


長渕剛
いやー、この人こんなに上手だったのか。
若い時は歌は良かったけど「ぬぁ〜に、つっぱらかってるんでぃ!」と言いたかった。
でも今回の将校としての迫力。
実際にもこうだったんだろうな、という自然な迫力と権威。
断固とした信念。
いやー、かっこ良かった。


小栗旬
NHKドラマの石田三成なんかは、どこのでこっぱち人形?と思ったりしたけど、それに比べて今回の芝居は合ってた。
特に八千草薫さんとのシーン。良かった。


小池栄子
好きなタレントだからかも、だけど(笑
良かった。
ダンスシーンしか無かったけどね(笑
でも、昔風の衣装、化粧、そして踊り子としての満面の笑顔。
彼女、きっと女優としてでっかくなると思うな。(なって欲しい)


ベテラン俳優
八千草薫
石坂浩二

さすが上手だわ。
特に八千草薫さん。
私は日本の女優さんでは、この方が一番好き。
美人と言う点でも、吉永小百合さんより美人だと思う・・・
(美女、という点では、お若い時の鰐淵晴子さんが好きだけど)

小栗旬扮する恋人だった少尉の霊と会話するシーン。
八千草薫さんが少女のようだった。
小栗旬が両手で頬を挟んだ時の驚き、恥じらい、嬉しさ。
抱きしめたくなった。
切ない切ない憧れと哀しみ。
接吻くらいしてやれ!とそれが無理なら抱きしめろ!思ったけど、日本のドラマじゃ無理なのかなー。
八千草さんもっと出てくれないかなぁ。


全体的な見た目、というか扮装、仕種が今までの日本のドラマや映画で見るようなウソ臭さが少なかった。
頭は坊主だし。
軍服はそれなりに着こなしていたし。
それに号令いっか、ビシッとする姿勢にふらつきがなかった。
いや、私も実物を見たわけじゃないんですけどね。^^;
でも、そういう私も突っ込みを入れたくなるようなうそ臭い「きをつけ」とかあるじゃないですか。
顔も弛んでるような猫背でキレのない”きをつけ”されてもねぇ・・・
母なんか普段は「こんな軍人いなかった」の一言。


と、ここまで褒めてますが・・・
例のごとく、不満もあります^^

悪口ヽ(´ー`)ノ


ラベル:ドラマ
posted by 葉山猫 at 23:21| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画&TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。