2010年08月24日

早く実現してね(笑

三本目gremz8日目 黒今朝オシッコの気配なし昨日日中1回あり

今朝こういう記事があった。
メガネ不要!裸眼で見られる3Dテレビ発売へ
8月24日3時2分配信 読売新聞

 東芝は23日、立体(3D)映像を裸眼で見られるテレビを世界で初めて年内に発売する方針を明らかにした。

 これまで電機各社が発売した3Dテレビはいずれも専用のメガネが必要だったが、東芝が裸眼3Dテレビを投入することで、市場が活性化しそうだ。

 発売するのは、画面サイズ21型を中心に3タイプ。年末商戦に向け、準備を進めており、価格は数十万円になるとみられる。

 これまでの3Dテレビは、左目用と右目用の二つの映像を高速で連続して表示することで、見る人の脳内で立体的な映像を再現させていた。専用のメガネを使って、右目用の映像が映る時は左目が見えず、左目用が映る時は右目が見えなくなり、物の奥行きを感じる仕組みだ。

 東芝が開発した「インテグラルイメージング方式(光線再生方式)」は、角度が異なる多数の光を出すことで、専用のメガネがなくても、脳内で立体的な映像を再現することができるようにした。見る人が位置を変えても立体的な映像を楽しめ、画像も自然で目が疲れにくいという。

 精細度が低くなったり、動きが激しい映像を再現しにくくなったりする裸眼3D映像の弱点を克服するため、高精細なパネルを使用する。3D対応の映像なら、ハイビジョン映像を含め、すべて再生できる。

 3Dテレビはパナソニックが今春から発売を始め、国内電機各社が次々と投入している。電機各社は今年を「3Dテレビ元年」と位置づけ、新たな主力商品として期待していたが、専用のメガネが必要となることなどから、売れ行きは伸び悩んでいた。調査会社GfKジャパンによると、8月9〜15日の全薄型テレビの販売額に占めるシェア(占有率)は2・3%にとどまる。

ううーむ。
子供の頃、夢中で読んだSFの世界が実現してきている。
以前どこかで読んだ一文が蘇る。
ジュール・ヴェルヌ等が書いた未来の世界の機器、道具が、SF小説家が設定した年代より30年(うろ覚え)早く実現している。
確かこの文が言っていた機器は、エスカレーターだったと思うんだけど。

ジュール・ヴェルヌは1800年代の人。
「海底二万里」や「80日間世界一周」を書いた人だ。
海底二万里に出てくるネモ船長やノーチラス号って言う名称は、海底二万里を読んでなくてもどこかで聞いた事があるんじゃないかな。

ディズニーランドで感動した「キャプテンEO」を見てから3Dはすごいなぁ、と思っていたので、「アバター」も興味はあったんだけど見に行けなかった。
3Dテレビが出てきた時は、「おぉ!ついにか!」と思ったけど、
3D用メガネをかけるぅううう?
ヤダ。⌒ ヽ(´ー` ) ポイッ

だが。裸眼ならば文句はない!

しかし、お値段数十万か・・・
高精細度が必須だそうだから、そうなるだろうねぇ・・・

だけど、東芝がこうやって発表したからには、他社も大慌てで開発作業を急ぐだろう。
そうなれば、来年の今頃か終わりにはもっとお手ごろな値段のが出てくると予想・・・
地デジにもなるしね。
とは言っても・・・
東芝の一人勝ちになるかも知れないけど。


映画「アバター」がヒットしたおかげで、3Dに馴染みが出来、テレビも売れるだろうと踏んだのだろうけど、映画上映時間だけメガネをかけるのと茶の間で常時メガネをかけると想像するのでは大きな違いだし、常時は至極鬱陶しい。
売れ行きが伸びない、というのはさもありなん。

3D対応の番組の常時供給はまだまだ先かも知れないけど、ハードが対応すればそのメーカーがスポンサーになって特別番組が作られる、というのは予想できるし、話題性は抜群、視聴率も高くなり相乗効果があるよね。


面白くなって来ましたねぇ。
3D再生の技術がある程度浸透すれば、すぐに携帯電話にも採用されるだろう。
いや、その前にゲーム業界が放っておかないな。

再生機器は家庭用テレビでOKなんだから、ゲームプログラムと送信ケーブルの問題になるのかな?
分からんけど(笑
でもすぐに対応したゲームが出ると思う・・・
最初は、特定シーンのムービーだけの3D再生だろうけど、半年も経たない内に通常操作時の決め技の効果グラフィックス位は3Dになるのじゃないだろか。
飛行シュミレーションとか、熱帯魚等の育成ゲームとか、格闘、RPGゲームより先にフルで実現されそう。

ううーん。
ワクワクしてきた!

最近はインターネット使用の家庭も普通になってきたから、ゲームもPC使用のオンラインゲームが増えてきている。
家庭用ゲーム機器業界がちょこっと元気がなくなってきていた感がしていたけど、PCモニタで3Dってのはまだ聞いた事がないから、家庭用テレビで3D画像が見れる!となれば、任天堂(Wii)、ソニー(PS)、マイクロソフト(XBOX)ばかりでなく、NECとかセガとかも又、3D画像用データを処理できる高機能ハード作成を考え始めるような気も・・・
・・・
いや、それよりもソフトバンクが何か出しそうな気もスル。根拠はないが!(笑

PCオンラインゲームで3Dが見れるようになるのは・・・
ずっと先かなぁ。
PCのスペックが結構なものを要求される気がするし。
モニタを買い換えれば良し、って話にならないからなぁ。


なんにせよ。
やるなら早くやってくれ。
早く安く売り出しておくれ!(爆)

最近とみに老眼が進み、特に動体視力がさっぱり!
ドライアイも進行しているような気もするし・・・
背景が白っぽいと自分の目がハレーションを起こした?ような感じで涙が出ない涙目みたいになって非常に辛く、ログ、というより、画面そのものが見えなくなる。
自分一人で遊んでいるなら自分が苦労するだけで無問題だが、オンラインゲームだと相手がある話・・・

年齢言って、「うまく動けなくても(失敗してみんなの時間を無駄にしても)年齢のせいだから勘弁してくれ」と言うのは大きな筋違いだし。
いい年して、オンラインゲーム、それもRPGとか他人と協力して素早い決断力が求められるゲームはするな、って事なのかなぁ。
寂しいのぉ。

80歳位になっても、いや80歳だからこそ!現実でできない冒険や外に出なくても他の人とコミュニケーションが取れるゲームはしていたいんだけどなぁ。

と言う事で。
まだなんとか目が見えて手が動くうちに(ぉぃ)、早めの実現を切に切に!
特に日本のメーカーさん、がんばってね!!!


ラベル:3Dテレビ
posted by 葉山猫 at 11:57| 神奈川 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 映画&TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。