2012年04月11日

教育

お久しぶりです。
放置しまくっていました。うふふ

ニュースを見ていたら、今年度から中学で「ダンス」が必修科目になるとか。

中学校武道・ダンスの必修化
文部科学省では、平成20年3月28日に中学校学習指導要領の改訂を告示し、新学習指導要領では中学校保健体育において、武道・ダンスを含めたすべての領域を必修とすることとしました。
武道は、武技、武術などから発生した我が国固有の文化であり、相手の動きに応じて、基本動作や基本となる技を身に付け、相手を攻撃したり相手の技を防御したりすることによって、勝敗を競い合う楽しさや喜びを味わうことができる運動です。また、武道に積極的に取り組むことを通して、武道の伝統的な考え方を理解し、相手を尊重して練習や試合ができるようにすることを重視する運動です。
ダンスは、「創作ダンス」、「フォークダンス」、「現代的なリズムのダンス」で構成され、イメージをとらえた表現や踊りを通した交流を通して仲間とのコミュニケーションを豊かにすることを重視する運動で、仲間とともに感じを込めて踊ったり、イメージをとらえて自己を表現したりすることに楽しさや喜びを味わうことのできる運動です。「文部科学省


武道はいいよ。武道は。
礼儀と精神に比重を置いて欲しいけど。
当然女子も男子と同じだけやるんですよね?

しかし。
ダンス・・・
西洋ダンスもいいけど、日舞は?
日舞はどこへ?
やるなら西洋ダンスと同じだけの時間、日舞もやってくれ。
さわりだけでもいいんだ。
そうすれば若い子の立ち居振る舞いにも少しは変化が・・・
西洋ダンスだけだったら、脚を広げて「イェ〜ィ」的な振る舞いを増長するだけじゃないのか?

大勢子供がいるんだからその中から興味を持つ子も現れ、もしかしたらその中に武道にしろ(あまり聞かなくなった)日舞にしろ天性の素質を持っている子がいるかも知れない。

武道もダンス(日舞含む)も子供に習わせられる(習わせる)家庭は比較的裕福で、且つ「子供に注意を払う」親御さんのいる家だろう。
(親がやらせたいだけのエゴだとしても)

自分の知らない世界は思いつかない。
親も子供も。
親のエゴでやらせている以外にもっとやりたい事ができたら子供も何か言える・・・かも知れない。

興味を持てる世界があれば、親からの愛情が充分でなく、自分の居場所が分からず日常の言動がおかしい子供達の居場所も・・・少しは見つかるかも知れない。

先生方の負担が大きくなるけど、それこそ地域ボランティア・・はまずいか。
専門の講師を呼べばいい。

予算がきついと思うけど、2年にいっぺん子供用のPCを40台前後最新機種に新調するくらいならその予算を回せばなんとかならないか?
IT化を歌うならEXCEL等の使い方をちょこちょこ教えるのではなく、コンピュータそのものの使い方を教えるべきだ。
毎度毎度その年度の最新機種とOSを与えたって、半年後には更なる上位が出る場合が多いんだし。
IEで検索・調べ物学習とかEXCELで小遣い帳作るとか、そんな程度に最新機種とか必要ない。
それでいて、がっつりPCを使わなければならない先生・職員の機種とアプリが子供達のリースが終わった前世代のものを配給するとか・・・
それもばらばらで配給するから同じ職員室の中でバージョンが異なるアプリ、いやインストールされているアプリそのものが異なるって・・・
(任意のインストールもVerupも先生には権限が与えられておらず許されない。少なくとも私の知る範囲では。いちいち申請して「許可されたら」外部から派遣された人が作業するんですよ)
先生の仕事を困難にさせているだけに思える・・・
企業だったらありえない。

ふー
最近ネットゲームでチャットすると30代でも日本語不自由な人が多いのにびっくりしている50代でした。
ラベル:教育
posted by 葉山猫 at 11:44| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。