2016年06月07日

違和感

放置しまくってしまっていた・・・
葉山猫です。

毎度の事だが、最近の日本1億総裁判官でかまびすしかった北海道置き去り事件。
尾木ママ等親を疑っていたようだが、私は親の顔が早くからテレビで写されていたので裏はないと思っていた。(後述する事とちょいと矛盾するが)
ただ何日も経つうちに、申し訳ないがもう・・・お子さんは「保護」ではなく「発見」と形容されるのではないかと心配していた。
大変に幸いな事にそれは杞憂に終わり、本当にほっと胸をなでおろしたのだが。

実は一連のニュースを見ていて、初期からもの凄い違和感を感じていた。

つまり・・・
叱る相手が違うのでは?と。

ほとんど全員が親を責めているが、責めるべきは子供では?
そもそもは置き去りにする経緯や置き去りにした事を置いておいても、子供が置き去りにされた場所を動かなければこんな大騒ぎにはならなかったはず。

パニックになれば子供は〜なんて言っているコメンテータやネット雀の方もいるが、想像してみて欲しい。
(とは言っても、ネット上ではテレビ等の報道よりは、”親のした事は理解できない事はない”寄りの意見が多そうな印象を受けたが。)
もし自分がどこかで置き去りにされたら、置き去りにした人間が去った方へ進むか、その場にとどまるのではないか?
パニックになっていれば尚更、周りの状況を顧みず、まっしぐらに、無条件に去って行った方へ追いかけるのではないか??

置き去りにした人間と異なる方角へ進むのは、あきらかに置き去りにした人間に腹を立てている場合ではないのか?
もしくは恐怖を感じているとか?
でもこの場合は恐怖ではないのではないか?

1回は泣いて追いかけて来たから車に乗せた。
その後又降ろされたと言うから、車の中で何が起こったか知らないが、親に犯意がないなら、父親から「もうしないか?分かったか?」と言われ、多分又強情を張ったのではないのか?
そして降ろされた。
この場合は恐怖を感じて別方向へ行ったと言うより、究極のすねた状態だったのではないんだろうか?
強情な人(大人も子供も)は、もうどうなってもいいや!的なやけを起こしている時に「敢えて」人と違う事、止められた事、つまり別方向を選んだりしないか?

親にしたら一度は泣いて追いかけてきたのだから、すぐに又追いかけてこないにせよ、その場で泣いているだろう位に思ったんでは、と思う。
そして2回目だから、もう少し懲らしめてやろうと、若干長い目に放置した、なんて事じゃないかと。

そんな思いがあるので、「保護」後、親との会話で、「お父さんを許す」(!!!)と子供がのたまわったと聞いた(読んだ)時は口があんぐりとあいてしまった。
これでは主従逆転ではないか・・・

メディアがやたら「虐待」だ、「行き過ぎだ」と報道し。
あろうことか、誰か知らないが児相にも通報したらしい。(幸いな事に刑事責任は問わないそうだが)
「お父さんを許す」の発言も、もしかしたらメディアが「山に置き去りにしたお父さんを許してあげる?」なんて、まさか大馬鹿な質問をしたのではあるまいね?

親御さん、お父さんが「ごめんね、ごめんね、置き去りにしてごめんね。」と言うであろう事は普通に想像できるが、それに対し、「うん、お父さんを許してあげる。」ってな返答は流れ的にないと思うんですよね・・・
誰かが聞いたから、「許してあげる」「だってお父さんは優しいから。」の会話の流れになるんでは・・・

こんな事をしていては、この子供の将来が末恐ろしい。
この子は、石投げを親に注意されても止めなかったし、他にもいろいろあったのだろう。
山道で子供を降ろすというのはその子によっぽどの反抗があったはず。
そのふてくされ具合から車を降ろされ、親の後を追わずに、「敢えて」別方向を何時間もかけて、暗くなっても歩き続けるだけの腹立ちを持続させられる人間だ。

そんな子に対し、叱った親が一億総出で非難をされる。
報道内容等細かい事は分からなくても親の雰囲気、周りの雰囲気から親が何か大きな失敗をしでかした、それも自分への対応で、というのは7歳でも分かるはず。
なおかつ、生き延びた事で、「えらいね」「すごいね」「がんばったね」と称賛される。

・・・

恐ろしい。
この子がどんな勘違いを胸にいだいたかが。

授業で小学1〜2年の子と接した事があるが、もういっぱしの自我は持っている。
良い意味でも悪い意味でも幼いだけ大人の自我より始末に負えない。

言葉で言って聞かして言う事聞く子は、(敢えて言えば)頭がいい。
何故なら想像力があるから、大人が、他人が言う事を我が身に置き換える事ができる。
相手の気持ちを理解できる。

言っても言っても、どんな例え話を言っても言う事を聞かない、理解できない子はいる。
もちろん中には理解できていても、想像できそうでも、自分でそれを拒否してかたくなになる子もいる。

たった6歳、7歳でももう確固とした自我はあるのですよ。

この子が心配ですよ・・・

それに発見前から感じていましたが、なぜ親の顔をさらすのでしょうか?
かわいそうに。
親には、特に父親には社会生活があるというのに。

犯罪を犯した事が明白な犯人でも、警察は頭から上着を被せたりして顔をさらさせないのに、今回どの局もどの番組も、まぁ親の顔をさらすさらす・・・(モザイクかけていた番組も2つ程あったが。)
”警察24時”なんて番組でも、ひき逃げ犯人の顔にモザイクかけとるやないかぃ。

なんで、子が行方不明でその心配と己のした事に罪悪感を抱き、後悔の念にかられている(であろう)親の顔をさらすのか・・・
(まぁこの呆然として目がうつろで、自分が映されている事にも文句を言えないような精神状態、”くどくどと”自己弁護せず、むしろ自分が世間体を気にしたと白状した親が何か悪意を持って子に何かしたとは思わなかったのですが)

疑わしきは罰せずとも言うのだから、(親が犯人であろうとそうでなかろうと)親の犯意が明らかになるまでは顔を伏せるべきではなかったのか。
まったく・・・

あーやだやだ。
なんかずれてるよ。

私はこの親御さんに非常なる同情を寄せる。
そしてもし、この子が勘違いをしているのなら、この子の将来を憂える。
学校の先生とか、親戚の大人が、どうか親を擁護してそもそものこの子の強情、やってはいけない事、山で迷ったらうろうろするな等の常識をうまくたたき込んで欲しいと願う。
(この子供の場合は)子供が親より精神的に優位に立つような事がないように指導、叱責をして欲しい。


子の置き去りなんて、スーパーとかで良く見かけますよ。
お母さんが、ぎゃん泣きして言う事を聞かない子供に、「もうお母さんは知りません!勝手にしなさい!」ってスタスタお母さんが離れて行ってしまうのを。
そういう時、子は泣きながらお母さんを追いかけるか、その場で泣いていますよ。
決してお母さんに背を向けて、スーパーから出ていくなんてしませんよ。
そんな子見たことありません・・・

 


posted by 葉山猫 at 03:09| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。