2008年08月16日

崖の上のポニョ

ぽ〜にょぽにょぽにょ♪
メタボの子♪


久しぶりの宮崎さんのアニメですが・・・


小品です。


以上!




なんかねぇ・・・

面白くなかったわけではありません。
ですが、じゃ面白かった?って聞かれると

うーん・・・
これって「予告編」?

と答えざるをえません。
本編なのに(笑


時間も短かったような・・・?
正確な長さ調べてないけど。

盛り上がり一切なし。
強いて言えば、「あの人」が海を渡って行くシーンでしょうか・・・
でも、ただそれだけで終わっちゃったし・・・
ポニョと一緒に船で探しに行くシーンも何の冒険もないし・・・
登場人物の行動(特に海側)に、必然性?がないし。
陸側も老人ホームだけあの扱いってのも・・・


ただ、単純に「人魚姫」の上っ面を和風に置き換えただけ?

ただ原作の人魚姫にあったような、読み終わった後に胸に沈み込んでいくような感情は沸きもせず。
まぁ、この作品はハッピーエンドだからねぇ。


それにねぇ・・・
あら探しするわけじゃないけど、小高い岬のてっ辺にあった家の窓がまちの所まで水きてるんでしょ?
それより低い位置にあった町並み、例えば駅、列車、商店街、幼稚園の人々はどうなったのさ・・・

あれだけの災害を引き起こしていて、お咎めなしってさぁ・・・

町並みが海に沈んだ光景はファンタジーだけど、ただ・・・光景を描いただけっつー感じだし・・・
見ている幼い子供たちに、災害の結果に関してだけでも間違った印象与えない?

最初の方で、海の中に人間が捨てたゴミがいっぱい描かれているのね。
だから私は最初海を汚した人間へのなんらかの怒りがストーリーに出てくるか、と思ったけど何もなし。
町が海に沈んだ後が確かもう汚いゴミは出てこなかったように思うし・・・
海がすべてを飲み込めば(人間の生活がなくなれば)、汚さはなくなるってメッセージ?
うーん・・・
分からん(笑


なんかこう、中途半端というか、アームチェアにでも座りながら、ふと思いついて荒筋だけ孫に語った物語って感じ。


まだある(笑
主人公が5歳だっていうけど、5歳ってこんなにしっかりしてる?
それに、所ジョージの声演技に期待していたんだけど、私はすっごく違和感を感じた。
学芸会でセリフを「読んでる」って感じ。
メイキングをTVで見たけど、宮崎さんは所ジョージに
「もっと時代がかった感じでしゃべって」
とか注文だしていたのだけど、そんな感じも受けなかったし。

現実のキャラが際立っている人を採用するのは、かなり難しいものだなぁと思った。

絵は良かったけどね。

だけど、この物語っていつの時代だ?
まぁおとぎの国なんだろうけど、なんか主人公の男の子の服装とかから、どうも昭和初期のイメージをぬぐえなくて困った^^;

いまどき、蝋燭であたためて走らせるおもちゃのボートって売ってる?
昔見た記憶があるけど・・・


それに一番抵抗を感じたのが、
5才で伴侶を決められるって辛くないか?^^;
人(?)一人の人生を託されるって・・・
私には残酷に感じられた・・・

まぁ・・・
私じゃないし^^;

がんばれ!
男の子! (爆)

まぁ、これに1800円使うなら、3000円出してボトルキープした方がいいな!って感想です。(ぉぃ



思ったけど、こういう人(宮崎さん)って他にもいるよね。
若い時とか、その事業に手を染め始めた時はいろいろ冒険したり、自分の言いたい事をどうやったら表現できるかと様々な工夫をしたり、これでもか!って言う位気を使うけど、
功なり名をとげると、なんていうか、自分の世界だけに閉じこもって、これが第三者に分かっても分からなくても自分の表現方法はこれだ、とか
無駄な枝葉を取り去って(自分が思う)シンプルな表現の中にこそ美がある!
とか・・・

要は万人に分からなくても良い、分かる人だけが分かればいい!

みたいな。

そんな雰囲気がぷんぷんするなぁ・・・


息子が作ったゲド戦記も、息子がアニメを作るのは反対してたらしいけど、あれはやっぱり一般人には「宮崎」ブランドのアニメだと受け取られるのだから、なんつーか・・・
関係者のトップなんだから、ちゃんとして欲しかったよねぇ・・・
(あれは一切宮崎駿とは関係ない作品です、とか、宣伝会社にもそこら辺を強く念を押すとか。
それよりも、本当は大昔のいきさつは捨てて、ご自身が全力でゲド戦記に取り組んで欲しかったわねぇ・・・
私に言わせれば、アーシュラ・K・ル=グウィンは、宮崎駿よりビッグネームだと思うよ^^;
宮崎アニメのファン、理解者より、本家のゲド戦記のファン、理解者の方が多いと思うし、幅も広い。歴史もあるし・・・
その作品の本質を捻じ曲げて公開するのを許すのはどうかと思うがね・・・)


私がミーハーだと言われればそれでお終いだが、やはり楽しみたいから、お金を払うのよ。
わくわくしたいからお金を払うのよ。

物語が重くても悲しくても、見終わった(読み終わった)後、
何かしら心に残していくものが欲しいと思わない?
スカッ!と爽快感だけでもいいさ。

うおおおおお!
面白かったぁ!

とかね。


大分前に、アニメ製作の第一線から引退するなんて風評?が流れたけど、あれは真実だったかも知れないね。
現役と思っちゃいけないんだ・・・きっと。
もう趣味の世界と思えば・・・
商業作品と思わなければ・・・

現代の生活への警告?とかメッセージだったら、
トトロなんて、もろ郷愁を感じたし、古き良き昔へのオマージュだったし、山に入ればトトロに会えないかな♪、とか思わせるような良い「思い出」を作ってくれたのに・・・


印象的には、テレビのCMで見るすべてがそのままって感じです。
暑い中、人ごみにもまれて「家族の分の金払って」映画館で見る価値あると思えません。
コーヒー一杯位の金額だったら許せるけど・・・

ビデオになったら、どぞ(笑


ただただ、

ぽ〜にょぽにょぽにょ♪

が印象に残った作品でした。(爆)


なんか・・・
TVとか他の媒体で報道されるのを見るにつけ、自分が受けている特別待遇に対し当たり前のように

「うむうむ」

って感じがしてならないので、いつも否定的な感想書いてすいません(汗


ラベル:アニメ
posted by 葉山猫 at 15:08| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画&TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
葉山猫さん こんにちは

返歌を考えているうちに時が過ぎてしまいました、、
でも

>ぽ〜にょぽにょぽにょ♪
メタボの子♪
既出なんでしょうけど、何度聴いても(笑)

ぽ〜にょぽにょぽにょ♪
エルのはら〜♪
byと―ちゃん

ぽ〜にょぽにょぽにょ♪
さけくさい〜♪
byエル子

くだらなかったです、、m(__)m
Posted by Cyber at 2008年08月23日 13:51
あはははは!

こ、こんにちは!

エルちゃんのお腹・・・だけ・・・ですか・・・?
・・・
<(_ _)>

私はメタボの子♪を初めて聞いた時は大爆笑をしました。(笑
相方は、メタボの子じゃない本当の歌の方でですが、はじめて聞いた日は一日中仕事をしてても頭から離れなかった!と帰ってきてからぼやいていました(笑)
Posted by 葉山猫 at 2008年08月24日 09:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。