2009年03月22日

Time to say goodbye

愛情もリサイクルして・・・なんとやらと続けようと思ったけどそんな気持ちにもなれないgremz発芽178日目

最近自分から音楽を聴くという能動的な行為はまったくしてない。
だが、何かの拍子にふと耳に入り、ぐーーーーっと体の奥底、心の中心にまっすぐ届いてくる音がある。

歌詞と言うより曲。
でも曲だけのインストルメンタルでは物足りない。
人間の声が楽器の一つとしてメロディと渾然一体となって届いてくると、なんとも言えない高揚感。
もしくはなんとも言えない透明感と静謐感。
このまな透明になり、木々の間に消える、もしくは水色の空と白い雲の間に消えていく、もしくは・・・紺碧の宇宙に、海に消えていく。

タイトル以外の歌詞は・・・
とりように寄っては一人航海。
私は一人航海を選ぼう。







時代に乗り遅れ?^^;
あまりに遅すぎる?(爆)
ご容赦を(笑

歌詞を載せておきます。

一人きりでいるとき 私は水平線を夢見る
そして何も言えなくなってしまう
部屋の中は暗い 太陽の光がないから
あなたがそばにいないと太陽も消えたまま
窓から私の心が広がっていく
あなたのものになった心が
あなたはそんな私に光を降り注いでくれる
あなたが道端で見つけた光を
タイム・トゥ・セイ・グッバイ

今までに見たことも 訪れたこともない場所を
私はこれからあなたとともに航海していく
船に乗って海を越えて
もうどこにもなくなってしまった海を越えて
イッツ・タイム・トゥ・セイ・グッバイ

あなたと離れているとき 僕は水平線を夢見る
そして何も言えなくなってしまう
でももちろんわかっている あなたは僕と共にいるんだ
あなたは僕の月僕のそばを離れない
僕の太陽あなたは僕と共にいてくれる
僕と共に僕と共に僕と共に
タイム・トゥ・セイ・グッバイ

いままでに見たことも訪れたこともない場所を
僕はこれからあなたと共に航海していく
船に乗って海を越えて
もうどこにもなくなってしまった海を
あなたと二人でよみがえらせよう

あなたと共に旅立とう 船に乗って海を越えて
もうどこにもなくなってしまった海を
あなたと二人でよみがえらせよう
あなたと行こう あなたと旅立とう



posted by 葉山猫 at 02:40| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。