2009年11月22日

最近のニュース2 いろいろ

gremz友達の大人の木を見たら私のと全然違ってた・・・友達の方がいいよぅ

●酒井法子
出頭してきた時からがっかりオンパレードだったから一点だけ。
どこかの大学へ入校のために言った時の振る舞い。

あの・・・
笑顔はなんだ。
ずっと会釈したまま。
微妙にはずしたカメラ目線で。

報道関係者をメンと向かって相手にしたくない時の芸能人の普通の振る舞いとまるっきり同じ。
目線を伏せる(ない)とか、神妙な顔つきをしている(いない)とか、かなり人間として恥ずかしい事をしたと反省している人には見えなかった。
この人は・・・
判決受けて保釈されて、それでもう終わった事と言うのだろうか。
覚せい剤が抜けるまで子供預けてまで逃げ回った時と同じように、自己保身だけしか考えてない人に見えた。

●押尾
「来たらすぐいる?」
「『いる』とは、僕自身の事です。」

 お茶がへそを沸かすわっ
 もとい
 へそが茶を沸かすわっ!

●陪審員の「むかつく」発言
これは・・・
必ずこういう人が出てくると心配していた。

今はまだ同情とも同調とも批判ともどっちつかずの論調の記事が多いけど、これはきちんとこれからの陪審員に説諭しないとエスカレートする
多分更に?ちゃんと指導するとは思うけどね。

2chをご存知だろうか。
普通のブログ、サイトのコメント欄でも見掛けるのが増えてきているが、2chが極致だ。
相手にちょっとでも落ち度がある、もしくは自分の言いたい事が伝わらないと自分論理こそが正しいと自分の感情を全ぶっつけする人達がいる。
非常に攻撃的に。

とても実際につながりのある家族や仕事仲間や友達に対しては面と向かっては決して取らないような言い方や言葉の選び方、そして感情のぶつけ方をする。
普通は外で肩がぶつかった人に対してでも取らないような態度。

匿名掲示板だからどんな事を言っても実生活には支障がない、相手の感情を害しても自分の知り合いじゃないから嫌われても痛くも痒くもない。
だから何を言ってもだいじょうぶ。
言われた側の中にはネット接続を切ってもむかつきが収まらず、相手を殺しに行くような奴も出てくる始末。
仮想としても相手が想像できるような場合だけど。
と私は思う。


被告と陪審員の関係も被告から見たら陪審員は匿名だ。
顔を晒しているけど、縁もゆかりもないのは保証されてるし、決定的なのは被告は「罪」を犯しているから目の前に「引きずり出されている」

自分を一段上に見るとか、自分の正義感を大上段に構える舞台は整っている。

勘違いして欲しくないのは、「むかつく」という感情を持つな、と言っているんじゃないんだ。
持って当然の場合もあるし、感じるものは止められない。

それを表に出すか出さないか、なんだよね・・・
出すにしても、どう出すか、なんだ。

陪審員というのは

相手をなじるために出廷しているのではない

と思う。


なんでこんなに過剰反応とも見える事を書いているかと言うと、
この出し方を間違えた正義感は他でもありうると思うからだ。

例えば、
犯罪にあった被害者に過度に同情する。
 →過剰に被告を詰問するとか、被害者の代わりに俺が私が気持ちをこれでもか!とばかりに代弁してやろう、とか。
被害者の落ち度(特に性犯罪)に見えるものに「あきれた感」を持った、とか。 
→「あんな態度じゃ無理もない」と被告に言うとか。被害者に言うとか。

特に心配するのは性犯罪だったり、弱者を痛めつけた犯罪だったり。

要は、自分が感じた事は正しいと思い、それを感情が高ぶるままにその場で、法廷で言ってしまいたくなる人はこの先も出てくると言うこと。

私もこのブログで相当過激に鬱憤を晴らしているが、

法廷では、「自分の鬱憤」を「個人的に」被告や、思うところがある一部の被害者にも言うべきでない、言う場所ではないと思っている。

実際の裁判の流れがどうなっているのか知らないのだが、もし被告や被害者へ一言言ってやりたい「注意」「アドバイス」があるなら、最後に裁判員総意の「アドバイス」という形で伝えるべき、と感じる。

決して個人の感情をその場でぶつけるのではなく。


念押しで言うけど、
本来は、裁判員個人が親身になって、人対人の言葉として被告(や被害者)へ生の気持ちを語りかける事ができるのであれば、それが一番救いになると思ってる。

でもね・・・
親身になって=相手の事を思って
ではなくなるケースが多いと最近思うのでね・・・

相手に自分の負の気持ち、むかついた気持ちをそのままぶつけたら、当然の事ながら相手からも同じような気持ちを自分に持たれるからね。
中には執念深いのいるからね。
どこでプッツンされるか分からないからね。
日本には終身刑ってないからね。


今回の「むかつく」発言をした裁判員も反省しているけど、関係者が今回の行き過ぎた発言をもし軽く考えていると、この先とんでもないケースが発生するかも知れないと非常に危惧しているので書いてみた。



Mission:not complete
Try again?
→ YES
   NO


ラベル:ニュース
posted by 葉山猫 at 18:06| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。