2009年12月02日

黒猫のカンゴ

gremz発芽148日目2本目

ふー・・・
やれやれ、です。


黒は死にそうだった。
いや、1回は呼吸が止まったので死から蘇ったと言えばいいのか。

黒が亡くなったらブログを閉じようと思ってた。
普段偉そうな事を言っていても、病院へ連れて行くタイミングを見誤る位判断力がないなら、なんて恥ずかしい事を書きなぐっているのか、と。
まぁ、今でもあまり胸をはってブログを書く資格はないように感じているけどね。
ははは(乾いた笑い

おかげ様で持ち直して、5日間の入院を経て、ただ今家に帰っております。
↓ 帰って来てからの黒助
kurogenki6.jpg kurogenki1.jpg 091201_2050~02.jpg kurogenki4.jpg kurogenki3.jpg ←ちょっと目つき悪いね^^;
ご心配をおかけしました。
力づけてくださった方々に本当に厚く御礼申し上げます。



ほぼコレが原因と言われた病名:ヘモバルトネラ症
参考:
桑原動物病院
Doctor's advice PEPPY
猫の病気大辞典

他に猫エイズウイルスを持っている事も判明した。_| ̄|○

先生はエイズウイルスに関してはあまり心配はしてなかった。
キャリアのまま天寿をまっとうする猫も多いらしい。
ただ、なんと言ってもヘモバルトネラの症状をなんとかするのが先決だったに過ぎないかも知れないが。

で、いつから感染してたんだ?
いつこんなもの貰ったんだ?
と言う疑問が起こるわけだが、(上記参考サイトにも書いてあるけど)先生から
「最近他の猫とけんかしてませんでしたか?」
と聞かれた。
咬まれたり、エイズに関しては流血沙汰になるとうつるらしい。

そう言えば・・・と思い出せば、
ちょっと前に下のうちの猫に追われて、うちの玄関先に黒が逃げ込んで来た事はあったが、その時は怪我はしてなかった、と思う。
ただ・・・
基本野良猫だから、どこでどんな目にあっているか分からないよ(泣
痛がってたり舐めてたりすれば分かったかも知れないけど・・・
あ〜〜言い訳だ言い訳だ。

この先、ヘモバルトネラもエイズも根治しない病気だから、常に観察していて異常があったらすぐに対処しなくちゃいけない事になった。
記事の最後に今の時点での治療費を書くけど、真剣に就職口を探さないといけない事になった(笑

黒ちゃんよ〜〜〜
今も、
出して〜出して〜
ナァ〜ォオ
ナァ〜ォオ
と鳴いているが、もう決して君は外に出さないからね!

先生からも今外に出したら大変な事になる、と言われてるからね!

kurogenki5.jpg
かわいそう、だけどね。




●11/25 晩 よく寝ている以外傍目には特に異常なし
 何日か前から「熟睡してるね!」と言う言葉が出るほどよく寝ている光景を見ていた。
 思い返せば、関係あるかどうか分からないが、右目の白い濁りが目だって来ていたような気もしていた。
 それ以外、呼吸も荒くなく、食欲もあった。
 食べない時もあったけど、それは外で、他の所で餌を貰ってきたのだろうと思っていた・・・
 食べる時はいつも通りに食べてたのよ・・・

●11/26未明 外へ出なかった。
3時半頃、いつものように外へ出たそうに1回鳴いたが又寝床に戻って寝始める。

●11/26 午前 寝ているばっかり。元気なし。食欲なし。
●11/26 午後 同上 排尿排便なし。
 ここら辺で一番評判の良い動物病院が休診。
 急患なら診るらしいけど、急患かどうか迷う。
 排尿排便も今まで屋内でしなかったので、判断に迷う。

●11/27 診察時間開始に葉山どうぶつ病院へ連れて行く。
 診察台へ乗せられると、かなり動悸が激しい。
 先生からも呼吸が速いですね、と言われるが、それは病院だから、とのん気に思う。
 検査結果に1時間くらいかかるので待合室でお待ちください、と言われ、家族にメールするのと一服するために受付へ声をかけて外へ出る。
 いくらもしないうちに、先生がわざわざ外へ私を探しに出てきてくれて、
 「検査はまだ終わってませんが、今出た数値が思いのほか悪く、急変する可能性があるので覚悟してください」
 と言われ、硬直する。

 1時間も待たずに呼ばれ、検査の結果、ヘモバルトネラの可能性が高いです、と症状が書いてある写真付本を指し示し、病状、検査結果の数値の意味を丁寧に説明してくれる。
 顕微鏡で黒の血液検体を見せてもらったが、老眼のためヘモバルトネラの寄生を確認できず(泣
 すべての赤血球に寄生の紫の点々が4〜5個見られるとの事。

 輸血!が必要なこと、病院のドナー猫から輸血するが血液が合わない場合もある事、合わなくても緊急の場合は輸血すること、その結果副作用も出ることなど等の説明を受ける。
 (ちなみに人間の血液型が合わないとかとは違うそうです)

 「黒ちゃんは体が大きく、ドナーの猫ちゃんは小さいので一匹では輸血量が足りない。別の猫ちゃんが必要です。輸血ドナー猫は本来飼い主さんに探して貰うのですが」と言われるが、猫を飼っていて輸血ドナーを頼めるような知り合いがいない事などを言うと病院の方で探してみると言って貰える。
 (地主さん関連で地域猫(野良猫)もいなくなってしまったし・・・)

 又レントゲン写真を示され、脾臓が普通の猫は2〜3cmなのに黒のは体の下側を覆うくらい、20cmほどにも肥大している事がわかった。
 赤血球が汚染されているから脾臓ががんばった結果らしい。
 愕然として「昨日今日腫れたんじゃないですよね?」と聞くと、ここ2〜3日の間かも知れませんと言われる。
 又舌、歯茎が白っぽい、というより黄色っぽいので黄疸がでていますね、とも言われる。
 
 ・・・
 気がつかなさに愕然とする。

●検査結果抜粋:
・赤血球関連
 猫の赤血球容積率平均値:32〜45% 黒:11%
 赤血球数:5.5〜10.0 黒:1.45
 ヘモグロビン:8.1〜14.0 黒:3.0
・総白血球数:5500〜19500 黒:26500
・黄疸指数:2〜5 黒:10
・肝臓関連
 GPT:17〜84 黒:170
 AST(SGOT):18〜55 黒135
 異常値だけど今すぐどう、という重症ではないらしい。
・腎臓関連
 ぎりぎりだが、正常範囲内


 とにかく赤血球の数値が低すぎるのでそれをまず治療する、他の病気や症状を悪化させないための薬剤も投与します、と言われる。
 ドナー猫ちゃんの手配(常時病院にいるのではなく、多分、病院と契約・・・している飼い猫さんかな?)と血液が合うかどうかの検査をして、実際に輸血できるのは夕方位になるかも知れません、と言われる。

 入院の手続きをし、輸血時には連絡をしてくれると言うので、大人しく(後で分かったが)ICU(!)に入れられている黒に挨拶をして帰宅。
 
●11/27 午後4時前
 先生から電話。
 ドナー猫ちゃんもやや貧血気味なので、25CC位しか輸血できない。輸血しても思っていた赤血球の期待値まで上昇しないがそれでもやはり輸血したい、と言われるのでしてください、と答える。
 (輸血ごとに万のお金がかかるので)

 5分もしない内に再度先生から電話。
 「呼吸がおかしい。口で息をし始めた。お顔を見たいのなら今すぐ来てください」
 と言われ愕然とする。
 腰痛で人間の医者へ行っていた母へメールを打つのももどかしいので、受付へ電話し母を呼び出し、黒に会いに行くこと、母も会いたいのなら診察をキャンセルしてタクシーで私を途中で拾って病院へ行ってくれと、半泣きで言う。

 すぐに(と言っても約30分後)病院へ到着。
 治療室に入ると、未熟児の赤ちゃんが入るような、だけど小さい透明な四角い箱に体を折り曲げるようにして入り、3人の先生が見守っている黒を発見。
 
 「一度呼吸が止まったのですが、鼻から管を通して酸素を与えたら先ほど自力呼吸をし始めてくれたので、今管を取ったところです」
 と言われる。
 「ICUより、こちらの方が酸素濃度を高くできますので」
 「黒ちゃん大きいので箱が小さいですけど、我慢してくださいね」と言われるが、もううなづく事しかできない。
 
 「黒」と呼びかけるが反応なし。
 耳もピクリとも動かない。
 目は開いているが、うつろでどこも見ていないまなざし。
 視線も動かない。
 
 「これから輸血します」
 とほんとにおちょこ一杯位もない血液が入った血液パックを見せられる。
 人間と一緒の、前足につけられた点滴用??のチューブみたいなものに輸血の管が差し込まれ、他の猫ちゃんから貰った命の頼りの血液が細い細い管を通って降りて行く。

 その夜は常時監視を頼んで帰宅し、まんじりともせず夜を明かす。
 母も私も病院へ連れてくるタイミングの判断の甘さを後悔していた。

●11/28 朝9時前
 病院へ連絡し容態を聞く。
 赤血球のパーセンテージが、13%になったとの事。
 落ち着いているので薬剤を投与しながら、2回目の輸血は様子を見ながらするので今はしません、との事。

 予約を取り、午後面会しに行く。
 (人間の病院の面会と違って、ここは必ず医師が説明兼ねて立ち会う様子)
 元のICUに戻っていた。
 餌と水がICUに入れられていた。
 「ちょこっと食べたんですよ^^」
 と言われる。
 ただし、まだ排尿排便はなし。
 「ペット用シーツは敷いてあるのですが、砂でいつもトイレしている子はシートだとしないかも知れませんので、今日砂を入れてみますね」
 と言ってくれる。
 先生曰く、
 「輸血の効果があったようです。昨日よりかは随分と元気になってくれました。グルーミングもしてますし^^」
 見ると、
 ちょこっとだけだけど前足を舐めたりした。
 昨日の命を感じられない様子とは雲泥の差。
 「触る事は可能ですか?」
 と聞くと「もちろん!」と言って酸素を止め、ドアを開けてくれた。
 指でそっと頬と頭をなでる。
 振り向いたりしないが、耳は反応していた。
 呼吸止まった、で、もし脳に障害残ってたら・・・?
 とか一瞬思うが、そうなっても黒は大事にしようと心で思う。
 先生に最敬礼をして帰宅する。

●11/29 午前 面会
 赤血球16%
 ICUに砂箱が入れられていた。
 聞くとおしっこだけしたそうだ。
 「便は、餌を食べてない期間が続いていましたからもうちょっとしてからですね」と言われる。
 この時、呼吸をしなくなった時に脱糞をしていた事を知る。
 黒・・・ほんとに危なかったんじゃないか・・・

 「触る事できますか?」と聞き、母と交代で触る。
 私がぐりぐりと昨日より力をこめてなでると顔を上げ、立ち上がってこちらに向かって歩いてきてしまった!
 慌てて、ICUのドアを閉じようとすると、母が
 「鳴いた!」
 「え?」と黒の方を振り向いたが、ドアの前にきちんと正座している。
 「鳴いたの?」と聞くと、先生も「鳴きましたよ^^」
 もう一度黒の方へ振り向くと座ったまま、大きな口を開けて鳴いた。
 くろぉ〜〜〜〜〜(泣

 一度黒ちゃんをおうちに帰せると思います。
 との事で、明日あたり退院できるかどうか先生から電話してくれる事になる。

●11/30 午後
 主治医の先生がお休みととの事で、代理の先生から電話あり。
 「赤血球は昨日と同じで18%」
 昨日の説明にもあったが、自宅で看護するために、注射で与えていた薬剤を飲み薬にすること、酸素を止めて通常空気にして様子を見てから退院、なので今晩もう一晩預かる、という手順になる。

●12/1 昼
 主治医の先生から電話があり、
 「赤血球は変わらず16%のままで安全値までまだ遠いですが、落ち着いてますし、おうちで常時観察、飲み薬を与える事ができるなら退院させましょう」

 退院させても大丈夫そうなので、午後4時半〜5時の間に迎えにいく事にする。

 午後4時半
 病院へ行き、個室で主治医の先生から飲ませる薬の意味、飲ませ方、今後の注意など詳しく丁寧に説明される。
 ついでに家でトイレした事ないので、病院でしたオシッコうんちで固まった砂を貰って帰る事にした^^;

 しばらくしてから治療室に呼ばれ、薬の与え方、水の飲ませ方を実演してもらう。
 その後、あっけなくキャリーケースに入れられ(ちょっと黒抵抗)先生方からの「お大事にね!」「良かったね!」の声に送られ、待合室に戻る。

 午後6時前
 入院費明細が出る。
 128960円

 ・・・
 
 がびーーーん!(古

 先生にあらかじめ聞いていた目安から計算して10万円持ってってたんだけど、足りない^^;
 明後日通院の時に払う事で勘弁してもらう。(爆)

 輸血は2〜3万と言われていたけど、12600円
 それよりも細かなものがいっぱい。
 人間の治療費ではこんなにも詳細は見たことないけど、保険庁?(なんて言うんだ?)へ送る詳細はきっと同じなんだろうか。
 こりゃ医療事務ができると良い仕事口になるって言うの、分かるわ・・・

 
 この先しばらく通院する。
 そのたびごとに血液やら何やら検査もされるだろう。
 とりあえずは(今日から言えば)明日赤血球濃度を調べに病院へ行く。

 黒助
 君は血統書付並みのお猫様になったヨ
 どんなに鳴いても、外へ出たら命の危険MAX!
 仲良くこれから一緒に人生を過ごそうね。
 

葉山どうぶつ病院の先生方、スタッフの方々
獣医さん7名、看護士さんも・・・7名だったかな?
どうもありがとうございました。
特にY先生。(HP写真の中央左から2番目)
いろいろ質問攻めと勝手な事言ったのに、こちらの都合になるべく合わせるようにしてくれて感謝してます。

葉山どうぶつ病院じゃなかったら、多分黒は亡くなっていたと思います。
それに、血をくれた、黒と同じような乙女わけ模様の、だけど、体の大きさは黒の半分位の目をまんまるくした黒より美人(ハンサム?)のドナー猫ちゃん。
あなたのおかげで黒は助かりました。
3日目位までエリザベスカラーをはめられて、黒の隣のケージで緊急輸血の為にスタンバってくれてたね。
ありがとうありがとう。
飼い主さん、血を提供する事に同意してくれてありがとう。
感謝してます。 
この場を借りて改めて御礼を言わせてください。
皆様のおかげで黒は助かりました。
ありがとうございました。


 

長文失礼しました



あ!
家でのトイレ。
病院から持ってきた猫砂の塊を入れておいたら、ウンチもオシッコもしてくれました!
やっと買っておいた猫トイレが役に立つ・・・(笑

これで懸念のトイレも大丈夫!
万が一、逃げ出した用に首輪(小型犬用!)と迷子札もバッチリ!





※診療報酬の詳細に興味がある方は別途ご連絡をw


ラベル:
posted by 葉山猫 at 15:09| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
葉山猫さん、こんばんは

とても詳細に記録なさってたんですね。凄いです。

黒ちゃんは地獄の淵から生還してきたのですから、この後は長生きしますよ、きっと。

それにしても、輸血の為にスタンバっていてくれた猫ちゃんがいたとは・・・。

とにかく、葉山猫さんもゆっくりお休みくださいね。これからもどうぞお大事に。
Posted by poohpapa at 2009年12月02日 17:01
こんばんは

詳細に記録、と言うより、私と同じように黒をかわいがっている沖縄にいる妹に経過を逐次メールで送っていたのですよ(笑
夜中でもいいから何かあったら連絡寄越せ!とも言われて。
妹が仕事が手についていたかどうか心配してます(爆)

ご心配をおかけしてすいませんでした。
あちこちに良い優秀な獣医さんはいるでしょうけど、通える範囲に良い獣医さんがいた事に感謝してます。

又母一人だったら、とても連れて行くどころか、キャリーケースに入れることもできなかった事を思うといろいろな事がつながっているんだな、と思います。

お心遣い感謝してます。
あわただしかったのでこの場を借りてお礼申し上げます。
Posted by 葉山猫 at 2009年12月02日 18:46
こちらでは初めまして
悪徳ブログから(爆)飛んで参りました♪
かつて、知り合いの方が、可愛がっていた外ネコが事故に遭い、
そのネコを同じ様に可愛がっていたご近所さんと、
獣医に連れて行き、治療をお願いした時の話を思い出します。

瀕死のネコちゃんの様子を診たドクターは言いました。
『この子は(生きたい)と思っている様です、が、緊急手術しないと命は助からないでしょう』

ネコ好きオバさんの御二人は『先生なんとか助けてあげて下さい!』と涙ながらにお願いされたそうです。

あちこちの骨が折れていた件のネコちゃんは、車にはねられたのでは無く、
どうも人間に虐待されたらしかったのです。

獣医さんの腕前は、私に判る訳もありませんが、
手術は幸い成功しました。しかし、治療費は…
『30万円(概算)になります』と請求書を見せられ、
二人のネコ好きオバさん『ガビ〜ン!』

仲良く折半されて、その、外ネコさんは片方の猫オバさんが家で飼う事となりました♪
めでたし(*^_^*)


葉山猫さんの看護日記、感動致しました。

しかし、猫を助ける為に仕事をなさる、、、
いつの日にか葉山猫さんには《猫の恩返し》が、ありますよ。

いいえ…あのミューちゃんや、ひなたちゃんの様に天に召されなかった事が、既に《御褒美》なのかも知れません。

誠に長文になってしまいました。
失礼致しますm(_ _)m
Posted by 街のクマ at 2009年12月10日 08:19
街のクマさん、こんにちは!

コメントありがとうございます。<(_ _)>
>誠に長文になってしまいました。
いえいえ!
私のコメントをご覧になってたらお分かりだと思いますが^^;、私の文は真に長文です!
長文どぞ!(爆)


30万・・・ですか!
おばさん達、一瞬頭の中真っ白になったと思います(笑
私も金額聞いたとき、一瞬眼が泳いだの自分で分かりますもん(爆)
それもこれも黒が助かったから笑い話にできるのですけどね・・・うーむ。

>猫を助ける為に仕事をなさる
母の具合が悪かったのもあって同居し始めたのですが(ほんとの大きな理由は別(爆))、そろそろ働かなくちゃいけないな、と思いつつダラダラしていたのです(こら
これはきっと神様が猫の神様と一緒になって
「いい加減にはたらかんかぃ!」
というお指図をしてきたのでしょう。
気合を入れます<(_ _)>

犬猫に限らないですけど、自分の周りにあるものを大事にしないといかんとつくづく思った出来事でした。
Posted by 葉山猫 at 2009年12月10日 10:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。