2010年02月08日

島唄

二本目gremz発芽216日目

私の大好きな歌です。

カラオケで良く歌い、沖縄出身の知人の指笛の合いの手で快感を覚えた歌だ。(ぉぃ)
あやうくその場で、指笛を吹いてくれた10以上年上の人に惚れそうになった歌でもある。
(大分以前の話ですけどね!)


ただし・・・
今日、今さっきまで意味を知らなかった。
恋唄だと思っていたのですよ。
悲しい恋歌だと。



外人さんの中にもこの歌が琴線に触れる方がいるのですね。
ただ・・・
意味を知っているかどうか・・・

知らなくても、心に残ればいいのか知れない。
歌って、音楽ってそういうものでいいのかも知れない。



動画が反映されないかも知れないので、URLを。
http://www.youtube.com/watch?v=n7ggJquImms

http://www.youtube.com/watch?v=uJtEq07O024&feature=related
唄の意味付き。
でいごの花があまり良い意味を持ってない事を初めて知った。
でいごの花がたくさん咲いた年は台風がよく来るとも言うそうだ。

ただし、この動画の中の字幕はある一方的な観点から書かれている。(と私は思う。)
決して大和は、沖縄を「守るためだけ」の目的で出発したわけではないと読んだ事があるし。
そもそも大和出航そのものに関し反対意見もあったと言うし。

何故これを載せたかと言えば、最後の沖縄軍司令官大田実少将の自決前の電報(現代語訳)が心をうったからだ。


http://www.youtube.com/watch?v=mv5oXkys1oY
他のところで、宮沢氏はこの唄に沖縄県民の大和民族(本土の人間か?それとも政府か?)に対する怒りも込めていると読んだ事がある。


沖縄の唄や旋律がいくら好きでも、沖縄の人の気持ちは判らない。
いくら We are the World と歌っても、餓えや宗教上の確執や家族や愛する人を奪われた怒りと悲しみ、悔しさは私にはわからない。

だけど経験しなければ判らないと言って、ほっておいていいのだろうか。

お金がなくて(笑)、日々の生活に追われても、黒助の様子に一喜一憂してても(こら)、時々いろんな事に思いを馳せる事は、考える事のできる人間としてしなければならない事なのかな、と思ってみる。

外国人参政権
自衛隊
日米安保条約
失業率
エトセトラ
エトセトラ


杉原千畝さんやちょっと違う意味合いになるけど、駆逐艦雷の指揮官坂井三郎海軍少尉バロン西以外にも、日本人が知っておくべき日本人はたくさんいると思う。

戦争を美化するわけじゃない。
戦争の中に武士道見たり!というつもりもない。
(外国には外国で騎士道ってのがあるし。どこの国にも道義的ポリシーを持っている人はいる)
日本人を美化するつもりも・・・ない。
(少しはあるけど。卑下するなという意味で)


流されず、自分が何のために戦っているのか、何を守るべく戦っているのか、そして何をしてしまったのか、という事を、少なくとも真実を知るよう努力するべきではないのか、と思う。

そうすれば上記の人達が自分の信条に基づいてたまたま?行い、後世に逸話として残ったような(残らなくてもいいんだけど)判断や行動を自分も取れるかもしれない。


私の小さい頃、「アンネの日記」なんかが漫画として少女雑誌に掲載されていたりしたんだけどなぁ・・・
確か「りぼん」だったと思うんだけど・・・

今はこんな漫画を出すといろいろ言われるのかなぁ・・・



ラベル:戦争
posted by 葉山猫 at 02:14| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画&TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
葉山猫さん、ども

>考える事のできる人間としてしなければならない事なのかな、と思ってみる。

これ、一番大事なことです、と、あたしは思うのです。
どうやら、物資に困らない鹿馬どもは(←逆から読んでね)忘れているようで、権利だ何だと騒ぎ立てるばかり。

感じる事を忘れた人間は表現力もプアーで、ましてそこを発端として考える事もしない。
本来考えるという作業はヘビーなものだから、みんな逃げてるんです。
考えるとしても、肌で感じたままでなく、「自分だけは」の自己防衛論に転ずる構えは、情けない限りです。
そういう奴に限って、金がどうの、権利がどうのと言う傾向が強く、あたしは好きにはなれません。

感じたままに考えられる事、例えそれが自分に不利益であったとしても、柔らかな感受性を持っている事が大事なのかと、昨今感じるのでやんす。
Posted by Cyber at 2010年02月08日 23:17
>感じる事を忘れた人間は表現力もプアーで、ましてそこを発端として考える事もしない。
そうですよね。
ちょっと違いますけど、私も最近適切な言葉が出てこなかったり、言葉で説明するのがめんどくさくなったりで擬音で表現する事が増え、こりゃいかん!と思う時があります。

>感じたままに考えられる事、例えそれが自分に不利益であったとしても、柔らかな感受性を持っている事が大事なのかと、昨今感じるのでやんす。
ですです。

でも人と話してて、「う。それは・・・表面的なことだけで判断してるのでは?こういう事が内面に隠れてたらこうなるんじゃないの?」
と言いたくても、それを言うと、すべての事に反論(反論じゃないんですけどね・・・)しているようになりかねなくて、相手が気を悪くしそうで飲み込む事が増えて来てますです・・・
それでいて、後付で「そう思ってたのよね〜」とか言われると、殴ってやろうかと思います(冗談です)。

あぁだめだめ。
柔らか頭でいないと。

まとまりがなくてすいません!
Posted by 葉山猫 at 2010年02月09日 19:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。