2010年02月14日

さすが芦屋!

二本目gremz発芽222日目

再生の街 芦屋市・若宮地区 こだわり続けた山並みの景色

記事の要約は、
震災で9割方全壊した町並みを市が土地を買い取り、
区画に一戸ずつ高層マンションを建てる、という画一的な計画を、まちづくり協議会の会長と副会長が”「まち住区」という概念を提唱した都市計画家、故・水谷頴介の門下生の一人である”都市計画コンサルタント、後藤祐介さんを訪ねた事で、以前の人間関係をほぼ残した形で景観にも配慮した新しい町を作る事ができた、という話だ。

これ、実際の町を見ていないから、記事だけで言うけど、

良くぞやってくれた!

以前から思ってた事だけど、海外へ行くと(テレビで見ても)街並みが美しい、と感じる事が多々ある。

何故かと考えれば、街並みの色合いが統一されていたり、屋根の素材が同じだったり、一番良いのは古いものと新しいものがうまく溶け込んでいる。
そこに住んでいる人達が”自分の家だけを考えている”のではない街並みになっているからだと思う。

日本もこうすればいいのに、と思っているけど、数少ない私の国内旅行ではこの町(全体)はきれいだー、と感じた所はない。
もちろん、一区画だけきれいという所はあった。
メインストリートと言うのか、この筋を歩く限りでは美しい、という事は。
でも・・・かなり短い・・・


芦屋は、私が中学3年から21歳頃まで住んでいた、いわば青春を過ごした町。
お金持ちが住んでいる場所で有名だが、いろいろ問題も抱えている地域だ。
芦屋に限らず、関西全域で言えるのかも知れないけど。

この若宮地区の西側には、私が通った高校もあるし、親しい友人が住んでいる。
この友人の家も震災時に全壊したが。

この話だけだったら、「へー」で終わったが、こういう記事も見つけた。

「芦屋の景観にふさわしくない」 市がマンション計画不認定に

この記事中の

全国28カ所の景観地区のうち、不認定物件が出たのは全国で初めてという。

えらい!
規定があってもそれを適用しなければ、意味はない。

建てようとしていた位置はJR芦屋駅の近く。
交通至便だ。
建てれば、多分奪い合いで即入居者で埋まると思う。
税金も入ってくる。
だけど中止させた。

元から金持ちの町だから、という意見はおいといて(笑
素直に英断と言いたい。


もちろん芦屋だって、他のところと同じで随分と雑然としている。
していた、というべきか。
私が知っているのは震災前の町だから。
家屋の色を落ち着いた色にしても、それぞれは思い思いのデザイン・素材で家を建ててるから、全体として見れば、「美しい!」と特に感じる街並みではない。

でも、目に見える努力している、のが良いと思いませんか?


それで思い出すのが京都。
22歳から30歳までは京都に住んでいた。
京都と言っても市内ではなく、長岡京市だったが。
あ。京都に住んでいたからと言っても観光案内はできません(笑
若者の常で繁華街(飲み屋街)しか行ってませんので!(爆)

京都はね・・・
カオスですよ。

河原町の阪急が閉店するというとても悲しい知らせを先日読んだが、この阪急のスケルトンエレベータに乗ると、河原町交差点から北を望む事ができた。

が!

はなはだ眺めがよろしくない。

電線がくもの巣のように視界をさえぎるし、飲食店、男性が喜ぶ店、ペンシルビルが乱立し、それらの思い思いの電飾が邪魔をする。

大文字や古寺を遠くに望めるがその手前にネオンきらきらの
「花●学校ハートたち(複数ハート)
(決して婦女子向けの学校ではない。まー・・・ある意味知っていたら夫婦円満のテクを教えてくれるかも知れないが・・・(ぉぃ))
やら
「飲み放題○○○○円ぽっきり!」
のネオンやら・・・

もちろん嫌いな街ではない。
好きな街だ。
先日母と京都旅行(法要)に行った時は、この雑然さも懐かしかったし。

だけど・・・
私の中では「古都京都」ってイメージがあまりないのですよ。
もちろん大原や貴船くらいまでいけば、広い範囲でそういう空気をかもし出してますけど。
後、お寺や神社の敷地内へ入ってしまえば、ね。

観光客向けの店と地元の人間の娯楽施設とが、古い歴史のあるものと混在するのは必然としても、もう少し、なんと言うか、やりようがあったのでは?
といつも思っていた。

特にせめて男性諸氏がお好きなオッ○イ系の店はネオンは禁止とか(笑
ネオンきらきらよりも、隠微な会員制っぽい店構えの方がうれしくありませんか?
嬉しくない・・・か?(笑

話がそれた(笑


今更大々的に景観を変える工事は大変だろうけど、日本全体で、街々でめりはりをつけた景観になるよう、徐々にでも英断を持って街づくりをしていっていただければ、と切に願う。

それには行政ががんばってくれないと、だけど、住んでいる人達の意識も大事だよね。


ラベル:
posted by 葉山猫 at 09:44| 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます

芦屋には私の同級生が嫁いでいるんですよ、めっぽう美人な子でした。皆で「芦屋夫人になってるだろうね」と噂してます。

そんな彼女に高1の遠足で弁当を作らせたことがありました(しみじみ:遠い目^_^;)

「昔美人時計」に登場できそうな人ですよ(^^ゞ

街づくり、というのは難しいもので、いろんな価値観と利害が複雑に絡むので、よほどに強いリーダーシップと人望のある人が引っ張っていかないと、まず成功しないものですね。

関西に行ったなら足を伸ばしてみたいと思います。
Posted by poohpapa at 2010年02月14日 10:02
>芦屋には私の同級生が嫁いでいるんですよ、
おおお!
もしかすると、私の先輩か、同級生のお兄さんと結婚されてるかも知れませんね!

>「昔美人時計」に登場できそうな人ですよ(^^ゞ
いいわー!(笑

>街づくり、というのは難しいもので、いろんな価値観と利害が複雑に絡むので、よほどに強いリーダーシップと人望のある人が引っ張っていかないと、まず成功しないものですね。
ですね。
全員が◎になるなんてないことですから、そういうものも納得させられるほどの進め方ができないとダメですよね。

以前から記事にしたいと思っている建築家がいるのですけど、外国の方で名前を忘れてしまって。
とっても素晴らしい考えと実績があるんです。
思い出さないと・・・

コメントありがとうございました(´▽`*)
Posted by 葉山猫 at 2010年02月14日 17:46
度々ども(^^ゞ

旧姓、岡田圭子さん、といいます。私と同じ58歳です、って、解かるワケないですよね(爆)

このコメは無視してください。返信無用です^_^;
Posted by poohpapa at 2010年02月14日 18:09
返信しちゃいます(笑

むー。
親しい同級生の奥様の名前だったら聞けるのですけどね(笑
でも、同窓会等で同級生に会ったら、poohpapaさんの出身地の方が身内にいるか聞いてみよっと♪
Posted by 葉山猫 at 2010年02月15日 00:27
ぉっ!こちらにもおっぱ(cy
芦屋には、かつて通った秘密のライブスポットがありました(閉店しました)
私が37、8才頃やったかなぁ(遠い目…)
その前にも巨人の定宿だったホテル竹園のラウンジ9でも友人と弾き語りやったり…王監督や巨人の選手が来た事もありました。(更に遠い目…)
芦屋には、甘酸っぱい記憶や、ほろ苦い想い出が一杯(-.-)y-~~~


葉山猫さんの少女時代にはすれ違って無かったのが残念で〜す
ヾ(^_^;
Posted by 街のクマ at 2010年02月16日 19:11
こんばんは!

>芦屋には、かつて通った秘密のライブスポットがありました(閉店しました)
もしかして・・・
「レフトアローン」ではありませんか?
(閉店したかどうかは知りませんw)

このお店は素敵で、クラリネットの上品な白髪のジャズ奏者、
えーと・・・
お名前失念!の方や

後、ウイスキー(ブランデーでしたっけ?)をいつもピアノの上に置いて引くジャズピアノの方・・・

等の生演奏を聞きに行った覚えがあります。

青春だなぁ・・・(遠い目
20代でした(笑
Posted by 葉山猫 at 2010年02月19日 00:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。