2010年06月19日

蒸し暑いですねぇ

二本目gremz発芽348日目 虎の敷物ならぬ黒の敷物

無地のカーペットに黒の抜け毛で模様が描かれてます。



四十路かな 三十路の頃が 懐かしい

四十代の時に、一緒に働いていた女の子達が三十路になった事をいろいろ言ってた時に詠んでみました。


今は・・・

五十路かな 打ち来る波に身を乗せて
 四十路の頃に 戻りたい

って・・・
又戻ってきちゃうじゃーん!


posted by 葉山猫 at 13:11| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは

なかなか「いい句」ですね、ほんと(^^ゞ

先日も郷里の親友と話してて、「こないだ高校卒業したかと思ったら、もうあと1年で定年だよ。俺たち、何をしてきたんだろ・・・」という話になりました。まさに、光陰矢の如し、ですね^_^;

若い時は、何か「自分が生きていた証」を遺したい、と願っていましたが、最近はどうでもよくなりました。

最近は、若いお客さんに、「今この歳になって、『ああ、あと30年若ければ』『せめて30歳に戻れたら』と思うことがよくありますが、それは絶対に不可能なことで、私にとっては夢でしかない若さを、あなたは持っているんですよ。だから、今という時間を大切にしてくださいね」と話しています。うん、いい不動産屋さんだ・・・(爆)
Posted by poohpapa at 2010年06月19日 15:23
>なかなか「いい句」ですね、ほんと(^^ゞ
うへへへへへ( ̄ー☆
ありがとうございます。

でも”いそじ”と打ち込むと私のIMEは”磯路”と出るので、もっとうまくひっかけたかったんですけどね(がっくり

>俺たち、何をしてきたんだろ・・・
正に私もそう感じてますです。

>自分が生きていた証」を遺したい、と願っていましたが、最近はどうでもよくなりました。
これも正に同じ心境です。
どうしたんでしょうね?(笑

今は葬式もしてくれなくていい。
ただ燃やすだけでお墓も要らんと言ってあります。(まぁお墓には入らざるを得ないでしょうが)
山奥でひらひらと落ちて腐土に積もる小さな葉っぱみたいに人知れず消えてなくなりたいと思ってます。
実際にはそうはいかんでしょうけどね・・・

ほんと、今の経験と知識を持って15歳くらいに戻れれば、もっと有意義な人生を送れると思うんですけどねー
単に時間だけ巻き戻されると、絶対同じ人生を歩んでしまうという自信がありますから!(ぉぃ!
Posted by 葉山猫 at 2010年06月20日 11:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。