2006年05月16日

結石なの何なの本当は? とても不安だー 

朝食禁止でコーヒーがなかったのでコーラを1杯飲み、壱万円札握り締めて行って参りました。
病院へ。

8:40AM 某公務員の友病院着。Taxi730円也。

採尿してレントゲン受付へ向かう。
最初立位で1枚。
その後ヨード剤を注入して5分後に1枚。
さらに10分経って1枚。
最後に立位でもう1枚。
そして、泌尿器科へ。

待っている間、隣にスカーフをかぶったムスリムかヒンズーの若そうな女性が一人英語で案内されてきて座った。(私は不勉強で見分けがつきまっせん)
見ると、立派な装丁のB3版ほどの大きさの本を開いて読み出した。
中身は・・・日本語の教科書。英語で日本語の説明がしてあった。
ペンでゆっくり行をなぞりながら読み進んでいる模様。
なんとなく話かけたかったけど、(いやいや、それはおせっかい。ここは病院)と自分に言い聞かせ読書しながら待つ。
待つ。
待つ・・・。
ま・・・・つ。。。
(ノ ゜Д゜)ノ ==== ┻━━┻



診察室へ入る。
ちなみに先週火曜日、救急診療代を浮かすために22時くらいから明け方4時まで吐きながら痛みに耐えてこの病院へ来て、撮ってもらったレントゲン。
それには、(レントゲン上で)約1cm程のほぼ円形の影が左尿管付近に写ってた。(写真上で言えば、左側のほぼ中央付近)

 先ほど撮った写真を張る。
医者:「あれ?(影が)ないな?」
私:「!?」
医者:「前のレントゲンどこだったかな?」
 ごそごそとワゴンやら何やら探し出す。見つからない。
 貫禄のある看護士(婦)さんが奥からきて写真を黙って差し出す。
医者:「お」
 看護士(婦)何やら言う。
医者:「これこれ。ううん、これでいいんだ。うんうん」
 写真を灯りに透かし、
医者:「これがなくなってるね」
 と、先週のレントゲンの丸い影を指す。
 今度は3枚ほど先ほどの写真を前に張る。
医者:「あ、ここにある」 
 膀胱よりちょっと上にある三角形の影を見る。
私の心の声:おぉ!そんなに先週の結石が下がったんだ。でも形がかなり違うな?? 
 ちょっとの間。
医者:「あれ?」
医者:「ここにあるね」

 別の場所の先週より上右の位置にある三角形の影を示す。
医者:「うんうん、これだね」
医者:「うーん・・・腎臓へ戻っちゃってるね」
医者:「こっち側のは丸く見えても向きが変わると、三角になる石なんだね」

 と自分の拳を回して説明。
 いやいや。そんな事はわかるし。
医者:「これだけ大きいと外には出ないなぁ」
 2つとも同じくらいの大きさ。
私の心の声:えーー!先週大きいから破砕手術しようって言ってたけど、2つもあるって、どうなるの?
医者:「ダンシングストーンって言ってこっち(先週の位置)からこっち(今日の右上の位置)へ移動したりするんだね」
私:「(膀胱付近のと上にあるのと)2個あるってことですか?」
医者:「うーん・・・そう考えて臨んだ方がいいねぇ」
私の心の声:? どういう事だ?
私:「石って思っていいんですね?」
医者:「うーん・・・そう思って臨んだ方がいいってことだね」

えーと・・・
石ってはっきり判らないものなのですか?
でっかい影なんですけど?
それに結石って尿管から腎臓へ戻ったりするものなんだ?
確かに4枚ほどの写真の中で、2つの影がくっきりと同時に写っている写真はなさそうだっけど、時間軸で考えたりとか今までの経験(結構年配なお医者様)で、とかで結論出せない?
「むずかしいなぁ」を連発してるし・・・(泣)
場所が違うところに2つ影があって15分の間に横になってるのに結石が逆流するってないのじゃぁ?
もし、逆流でも順流でもこれだけの距離この大きさの石が動いたら、私レントゲンの寝台の上で悶絶していると思う・・・

医者:「ここの下のは(膀胱の入り口に?)詰まってるから、お小水がここで貯まってるねぇ。少しは膀胱に流れてはいるけど」
医者:「1ヶ月に1度レントゲン撮る事にしましょう」

私:「はい?」

 ちょっとの間、はっつけた5枚の写真をみやり、ちょっとちっちゃな声で
医者:「うん。見逃さなかった・・・」
私の心の声:えーと・・・それってどういう??

嬉しそうにコンピュータをいじり、予約の画面を出し、私に見えるようにマウスで項目をクリックしだす医者。

医者:「あ、血も(尿検査結果に)出てるね。これ(結石)が悪さしてるんだ」
医者:「様子見ましょうね。下のは(膀胱に)落ちて欲しいし」
私の心の声:!?大丈夫なのか???? 破砕手術は? なにもせんでいいのかっ!? 痛くなければこんなに大きいのに放っておいていいの?? 悪さしてるって・・・潜血出てるって・・・炎症起こしたりしないの???
私:「1ヶ月間、来なくてもいいってことですか? 間に痛くなってもですか?」

医者:「いやいや。痛くなったら来てください。痛いって事は石が移動していることだから」
予約をして出てきました・・・
薬なしです。(まぁ痛み止めは先週もらったのがまだあるけど・・・痛み止めしか貰ってないけどね)

うーん・・・
こんな物か?こんなものなのかっ?

3年前やっぱり石ができて紹介されて行った相模台病院では
医者:「うん!これは石だね!立派な石だ。これだけ大きくて形が尖ってるから尿管傷つけても別の病気なっちゃうから。おしっこも貯まってて膀胱へうまく流れてないね。破砕手術しよ!はい。予約は〜」
で、とっとと手術の予約を入れさせられました。
(この時は、入院2日前に結石が体外へ出たので入院・破砕手術はキャンセル。
石が体外へ出る時は出る時で痛かったよ〜トイレの壁に爪を立てました。(泣)
この時の石が出るきっかけになった話も笑い話であるのですが・・・
石の大きさは、今回の1/3位。但し形は三角形のようで縁がギザギザとしているのがレントゲン上でも分かった。)

うーむ・・・
実は3年前に石ができた時に、救急車で今日行った某病院へ連れていかれたのね。
痛み止めの点滴打たれて5000円。
その翌日同じ病院行って診て貰ったら、
「結石です。3ヶ月様子見ましょう」って・・・
その話を聞いた妹(石持ちの先輩)が
「おねえちゃん!それおかしいよ!こっちの病院行きなさい!」
って、相模台病院を紹介してもらったのね。(妹よ、ありがとう)

あー・・今回、相模台病院遠いし、3年経ってるから医者も変わってるかなー
とか思って、つい行くのに楽な病院を選んだのだが・・・
やっぱり、医者は違えども局?の体質は変わってなかったのか?・・・

ネットで調べたら、横浜労災病院が結石でもいい病院らしいって書いてあったから労災病院へ行きなおすかな・・・
あーでも完全予約制で紹介状がないと診ないって書いてるあるよ・・・(泣)

ふー・・・
帰りのお会計:4730円也
風邪で寝付いていたので(ブログは嬉しがって書いてたが)、食べ物飲み物が無かったのでお買い物。
残金:1000円・・・・・・・・・・はぁぁぁぁorz


おまけ:
病院出てから、「あぁ! 風邪引いてるから風邪薬貰おうって思っていたのに!」と思い出したのは内緒・・・がっくり

でも・・・「ダンシングストーン」ってちょっと・・・♪な私がいる・・・


posted by 葉山猫 at 16:01| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めから読ませて頂いてます(ヒヒヒ)
私は腎臓結石はありませんが親父が一昔前に入院し、
超音波破砕治療を受けました。水中に浮かんだ状態で、音波の衝撃を、標的の結石に照準合わせて発射するのですが、
『ドンッ!』と感じるそうです。
葉山猫さんは、結局その治療は未だ受けられて無いのですね?

親父の結石は現在も残っている筈ですが、移動する程度の大きさの結石が、器管を傷つけたり悪さをするので、それを破砕して体外に排出すれば、
取り敢えずは痛みが収まる→生活に支障無し
で…めでたしめでたし♪
(o^-')b

話は逸れますが、治療経過で尿道にカテーテルとか入れられる娘さんは、かなり恥ずかしいと思います。
私も約一年前に、生まれて初めて入院生活を18日間も満喫しまして(笑)
幸い後遺症も全く無かったので良い経験になりました。
医療費は160万円掛かっていましたね。
実質的に払ったのは、その三割以下でしたが…

健康は金では買えないですね…

葉山猫さんが、ずっと健康でいられます様に…
Posted by 街のクマ at 2010年01月25日 11:14
>初めから読ませて頂いてます(ヒヒヒ)
きゃーーー!(笑

ありがとうございます<(_ _)>

超音波破砕治療は、一昨年とうとうやりました。
痛かったですよーーーー!
私の石は、音波が当たるたびに動くようで、途中で
「止めて〜〜〜〜!」
と言いたかったです。
途中であまりの痛さに小休止+痛み止めの点滴打ちながらやりました。
ここで止めても又後日やりますからねぇ・・・

音波が当たる時もピリチクッの大きなやつで痛いですしね。
(ってどんな表現・・・

うちの父は腎臓結石をあまりに大事にしすぎて、腎臓ごと摘出とあいなりました。(腎臓癒着?)
脅かすわけじゃないですけど、お父様も石が小さいうちにこまめに砕いて出した方がよろしいですヨ。

くまさんもずっと健康でいられますように。(笑

コメント返し要りませんとおっしゃっていただけましたが、書けるところだけ(爆)
Posted by 葉山猫 at 2010年01月29日 00:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。