2006年06月06日

ハリー・ポッターと謎のプリンス

読みました。
お金ないときに、約4000円は痛い・・・(泣)

内容は、んー・・・面白かった・・・
交友(恋愛)関係が外国っぽくて「ほほー」て感じ♪
皆、お年頃なのねー

けど、2冊に分けるボリュームかな?
私的には前作までの方が読み応えがあった。
それに後1冊(7巻目)で収拾つくのかな?

巻数が増えても私はおっけー(笑)
というか、ちゃっちゃっとまとめないでね。
読み応えたーーーっぷりにしてね。
お話的に楽しみが増えたから4冊位にしてもいいんだよーー。
「ハリーポッターとXXXXX 夏秋編」(日本語版2冊)
「ハリーポッターとXXXXX 冬春編」(日本語版2冊)
えーい、ついでだっ
「ハリーポッターとXXXXX 最後の戦い編」(日本語版2冊)
ご一考を<(_ _)>
(もう遅いか(笑))


前から思ってて友人とかとも話したんだけど、
「炎のゴブレット」あたりから児童文学の域を超えてるんじゃ?
と感じております・・・

英国と日本じゃ感覚が違うのかなぁ
何も甘くハッピーエンドが児童文学と云う訳じゃないけどね。


で、今更ながらお詫びを・・・
まだ読んでない方へ。

Amazonへのリンクを貼っておりましたが、読んだ方のレビューは絶対読まないほうがよろしいです。
ネタばれします。
大失敗だぁーーー!
もう遅いけど、
ごめんなさいごめんなさいごめんなさい

言い訳:
このリンクは、このブログを始めた頃に貼り付けた。
いつか必ず読むし、お薦めでもあったシリーズだったから。
で、その時は言うほどのネタばれレビュー記事はなかったんだよー(泣)

貼っつけてその後放置したのがまずかった・・・

今回買うにあたって(結局本屋で買ったが)、レビューはネタばれの可能性があるから通常は読まないんだけど、ついうっかりとスクロールしてしまった・・・
私速読できるんだよね・・・
目に入ってしまった・・・

○o○○ろーーーー!(泣)

ハリーに悲しい何とかがってのは、あちこちで発売前の予告でも書かれていたからしょうがないとしても、
名前を出すなー!
セリフを書くなー!

読書感想文じゃないんだ
はぁはぁ・・・



頭来たので悪口を・・・ヽ(´ー`)ノ
(お話の悪口ではありません。出版社というか翻訳者の悪口です・・・)
ハリーポッターシリーズの今までの後書きや翻訳者のインタビュー記事等を読んで、好印象を持っている、もしくは何も感じてなかった方
読む事厳禁!!
です。

最近私文句が多いな・・・(´・ω・`)

 ↓

この翻訳者・・・
なんでこう「自慢」ばかりするんだろう・・・

きっつい言い方かもしれんが、私には不幸自慢にしか読めない。

ご主人が寸前で亡くなられたのはもちろん残念な事だし、出版社として翻訳者としてご苦労も並大抵の事じゃなかったと思う。

でも・・・
毎冊毎冊、後書きに書くことか?

おまけに今回は、近く自社から出版する異なる著者の新シリーズも臆面なく宣伝しているし。

普通、後書きで同著者の違う作品とかを勧めたりする文面は見たことがあるが、これじゃぁ完璧出版社の宣伝じゃん。
いや、レビュアーとか後書きを依頼された(出版社とかと直接関係ない)人間が同カテゴリーの作品で「これも楽しめますよ」って事で、個人的にお薦め♪で書く分にはいいのだが出版社側の自分で書いちゃぁねぇ・・・

さらに今回は特に日記の印象が強いし。

苦労しただけあって、このシリーズを自分の子供のように思っているのだと思うけど(ご自身の言葉にもあったように記憶)、私有物じゃないんだよ、と言いたい。
(いや版権とかで私有物と思っているかもしれないけど)

うーん・・・
本を私物化しているのが癇にさわるのかなぁ・・・
んー・・・
他の方の後書きで
実は私事で恐縮だが、」って断って、その本についての個人の思い入れや、個人的な事柄の関連性とか書く方もいるけど、そういうのにはこのように思ったことないんだよねー・・・

この後書きの内容をハリーポッターシリーズの本ではなく、裏話的な自叙伝?みたいな本かインタビュー記事とかで目にしたのであればこれほど拒否反応はでなかったかも・・・、

いや・・・違うな・・・
実は私はハリーポッターシリーズは、3作目か4作目で初めて手に取った。
面白いって噂はもっと前から聞いていたのよ・・・

でも、TVでこの人のインタビューを見てしまったのね。
その時、やはり「いかに苦労したか」って話がメインだったんだけど、なんかその時から反感持ってたなぁ・・・^^;
なんでだろう?

「こーんなに苦労したのよ、だけどこ〜〜〜んなに当たっちゃったの。おーっほっほ」
って感じに取れたのかなぁ・・・
それとも
「こんな小さな出版社が版権取れたのは奇跡なの!でもこれだけ私がんばったから!」
ってのが、「はいはい(´・ω・`)」って思ったのか・・・
私当時、なんかで機嫌悪かったのかなぁ・・・
そんな記憶はないけども・・・うーん・・・

で、こんな鼻持ちならない人が訳したんだから、(訳文が)面白いわけないでしょ!
ってな感じで意地で手に取らんかった・・・

でも・・・負けました・・・
会社の同僚が夢中で読んでましたので・・・
(君だ!君! 仕事中に読んでただろっ(笑))


で、読んでみたら・・・
面白い!!!!
(不死鳥なんて、日本語版が待ちきれずに原書買っちゃったよ・・・)

日本語版に関しては、友人間では訳し方とかいろいろ突っ込む人もいるが、私的にはこれでいいと思う。
英国の妖精譚を知らなければ、そのまま訳しても日本人にはピンと来ないだろうし。
原書と読み比べる必要はないわけだし。
普通に日本語として読めれば良いわけだし。


それにいろんな実験をしてて、それは好感を持った。
活字の大きさを変えるとか、ふくろう通信などのおまけ。
訛り、とかね

(いや、原書に忠実な訛りかどうかはいいのよ。そこまで求めてないし)

本を読んだ後でもおまけがあったりすれば、まだその世界の余韻にひたれるからね。

求めるレベルは人それぞれだから、私にはお話が面白ければよっぽど読みづらい日本語でない限り「おっけー」。
オリジナルな工夫でなくとも、なんとかして雰囲気を伝えよう、子供達が面白いと感じるように紙面を作ろうって努力は非常に好感が持てるのよねー・・・

だけど、後書きを読むと・・・

なら、後書き読まなければいいじゃん!って事なんだけど、活字中毒なので読まないと損した気分に・・・
どうしようもない奴です・・・ハイ。

という事で。
レビューは読まないようにヽ(`Д´)ノ


posted by 葉山猫 at 21:31| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本 活字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。