2011年04月12日

発電技術研究を国策として

1日4つめの記事。

テレビで原発即時撤廃デモというものを企画実行したと言う人を見た。
こんなに人が集まるとは思わなかったと少々舞い上がっていた。


・・・
原発とっぱらってどうするの?


今より電力が少なくなっても我慢できる、新しい発電技術実装までの長い期間の生活に覚悟があってやったのだろうか?
ならいちゃもんつける筋合いじゃない。

でもねぇ・・・


ま、いいや。


そこで提案。

国策として、もう新しい発電技術研究に莫大な予算をつける!

日本の企業・人材の叡智を傾けて集中研究すれば、できない事はない!と信じる。

これは何も今の事故を見て急に思ったわけじゃない。
広島だ長崎だと言いながら、原子力技術を採用しなければならないジレンマ。
核燃料廃棄物処理を他国へ依頼する身勝手さ。
でも、国土の狭さや環境破壊、資源がない事で火力・水力発電所の新規設置もままならない。
(風力はどうなのかなぁ?安定供給できないって聞いた事がある)
そして、今の生活では電力需要は増加しても減少する事はない。


ならそういう問題を根幹から解決する方法を!

とりあえずクリーンな発電技術開発から。
もしくはいっそのこと、発想の転換で「電力に変わるエネルギー」開発
もしくは発電設備の減少

画期的な発電技術を開発できれば、海外にも売れますぜ?
そりゃもう長期的に儲かる!
最近外国メーカーに世界での商売遅れを取ってない?
それを挽回できるのではっ


等と妄想全開にしていますが、現実問題として
今すぐ技術的にできそうなのは最後の発電設備減少、かなぁ?

新しく戸建を建てる人は、必ずソーラーパネル設置を義務づけるとか。
新築マンションなんかにつけられれば一番いいんだけど、50世帯とか10世帯とかで必要になるソーラーパネルの面積が分からない・・・
建物全体をパネルで囲んでもまだ足りません、とかだとダメだよねぇ。

ちょっと前に
ソーラーシステムで元が取れるようになるのは25年後位。
ただし、25年経つとパネルの寿命が来るから交換しなければならない、みたいな事を読んだ記憶がある。

だから、国の援助で企業に開発してもらうのは
・パネル面積の縮小化と電力生成の効率アップ(という表現でいいのかな)
・耐久性向上

目標は、曇天や天候が悪い日が多い地方で真冬・真夏の必要電力を生成できる位の能力があるものを作る!

もしくは、(ソーラーパネルの事知らないんですが(笑))

ソーラーシステム設置の代金をあるラインを決めて補助。
例えば、アンペア30が国内平均としたら、アンペア30として1家族に必要な電力を生成できるソーラーパネル設置代金は全部国負担。
それ以上の容量が必要なおうちは、足りない分だけ足して上位機種を設置。

一斉に設置は無理だから、各市町村ごとに必要戸数を割り出して、何期かに分けて実装。
あらかじめ数が分かれば、メーカーも生産しやすいし、
生産個数が多くなれば、費用も安くなる。
おまけに需要が増えれば、企業の開発研究も進まない?

ソーラーパネル貼り付けた電車は無理?(笑

あー
同額内であれば、機種とか選べるといいね。
市町村単位でも県単位でも。

ミソは、
住んでいる人間に補助を出すのではなく、住居に出すという事。
これで引っ越しても、最終的に平等でおっけー(ってならない?)

一度取り付けたのに失火で失ったら自己負担
家建て替え時は自己負担

とにかく国内住居全ソーラーシステム実装義務化!

多分、これだけで十数年かかると思うけどね・・・



もひとつ、電力をプールしておく技術って不可能なの?
巨大なエネループとか!
んー
でもプールできればできたでその施設が危険とか言われたりしそうだなぁ・・・



順繰りにでもソーラー化できれば少なくとも発電所からの電力消費は少なくできるし、ソーラー化できたおうちは光熱費も抑えられる。
子ども手当なくしてこっちにしない?(笑


乱文失礼<(_ _)>
posted by 葉山猫 at 16:58| 神奈川 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは
いつもコメントありがとうございます。

「言葉が足りない」方のコメント修正しておきましたぁ<(_ _)>


>ピンチはチャンスの裏返しなんですが・・・、その場限りの対応に追われて、しかも、先ず「自己保身」に走って誰も国民の為に命を投げ出す覚悟が無いのですから、どうにもなりません。

そうですよねー
私も真っ先に「あ、これで民主党は浮かぶかも知れない」
と思いました。

ところが・・・
菅総理の顔がまったく見えてこないですよね。
東電の社長と同じ位存在感がない。

諸外国の同情が軽蔑に変わらなければいいのですが・・・
Posted by 葉山猫 at 2011年04月16日 18:52
おはようございます

これ、いちいち葉山猫さんの仰るとおり、だと思います。失礼ながら、一市民でさえそこまでの発想が出来るのに、大臣や政治家や官僚や企業経営者から何ら具体的な提言が無いのはどうしたことでしょう。

物事を、少しだけ客観的な目で見つめることが出来たなら、もう少し的を射た対策が打ち出せるものでしょうが、みんなアップアップなんですね。

ピンチはチャンスの裏返しなんですが・・・、その場限りの対応に追われて、しかも、先ず「自己保身」に走って誰も国民の為に命を投げ出す覚悟が無いのですから、どうにもなりません。

命を懸けて頑張っているのは(被災者はもちろんですが)自衛隊員と消防団員と各国からの支援団体とボランティアの皆さんと東電の下請けの原発職員・・・くらいですもんね。お先真っ暗、ですね。

その昔、糸川英夫さんの著書「逆転の発想」に、「2010年頃には原子力でなく水素発電というものが誕生しているだろう」と書かれていました。解かりやすく言えば、同じ重さなら原子爆弾より水素爆弾のほうが50倍の威力がある、ということで、原理は似たようなものですが、ウランは不要で海水1トンで日本の年間電力消費量が賄える、とのことでした。原発でさえコレですから、事あればもっと被害は大きくなりますが・・・。まだ誕生していませんが、たぶん研究は続けられていると思います。

原発廃止デモ・・・、私も?ですね。停電になっても文句を一切言わないなら解かりますが・・・。

ただ、葉山猫さんのような建設的な意見が集まれば、日本人の叡智をもってすれば必ず再興できると信じています。いえ、信じたいですね。
Posted by poohpapa at 2011年04月16日 18:55
こんばんは^^
地熱も良いらしいですが、
仕組みが良く分かりません>_<
原発は総電力の3割未満と言う事なので、
その3割は、太陽光、風力、地熱、バイオマスで
賄えると思うのです...
1機作るだけで500-4000億円かかるエネルギーから
比べれば、その分研究費に回しても十分実現可能ですよね...
何としてでも安全なエネルギーがほしいでーす!
--猫タン、元気ですか*^^*
Posted by piccolo at 2011年04月18日 20:14
お返事が遅くなってすいません。

>地熱も良いらしいですが、

おぉ!
地熱がありましたね!

>原発は総電力の3割未満と言う事なので、
>その3割は、太陽光、風力、地熱、バイオマスで
>賄えると思うのです

ですねー。

話が行って来いになっちゃいますが、今回の件、
政府がもっと真面目に迅速に適切に指示対応していたら、ここまで被害は拡大しなかったような気もするんですよね・・・
こんなんなってしまったら、(あるとしても)いくら税制上やその地域に対して優遇処置があっても、もう原発の建設を受け入れる地域はないでしょう。

企業や第一次産業の生産力を上げるには、電力は不可欠。
高齢化社会を考えると、煮炊きや冷暖房はガスから電化へ進んだ方がいい。

電力開発研究者・企業等は、今が最大のチャンスですよ。
一面広告枠などを使って、「こんな研究をしています。研究費の補助を求めています!」
とやれば、世論を味方にでき(もしかしたら寄付もあるかも)、政府からの補助を受けるチャンスも高まるのではないでしょうかね。

それに諸外国の同情が憤りと軽蔑に変わらないかと本当に心配しています。(ため息)

>猫タン、元気ですか*^^*
元気です!(笑
ありがとうございます^^
Posted by 葉山猫 at 2011年04月24日 10:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。