2006年09月07日

時代劇の勧め

こんばんは、ほしのあきです。



と久しぶりにゲームにログインして挨拶したら、
いきなり
「【帰れ】」
と言われた・・・
皆ちょっと冷たいんじゃないのぉ〜
秋だから?

と思った今日この頃。



脈絡なく。
以前から時代小説が好きで読んでいるが、最近のお気に入りを。

佐伯泰英さん♪

鎌倉河岸捕物控シリーズ
密名シリーズ
吉原裏同心シリーズ


他にもあるけど、今のところこれらを順繰りに読み返している。

一番好きなのは藤沢周平さんなんだけど、体調崩したあたりから明るめで爽快なお話が読みたい気分なので、ここ最近は佐伯さん^^


元々ミステリーもサスペンスも好きなんだけど、和物にしても洋物にしても現代物で変なのに当たると、読んでて突っ込みを入れまくる事になるのでちょっと休憩。
あ、藤沢周平さんの作品にも明るいのあります!
それに明るいっていうのじゃないけど、読んでて途中ドキドキ、読後清涼な気持ちになる蝉しぐれって名作もあるしね。
でも・・・
今は何故か佐伯さんがいいの♪


時代劇はいいよー!
指紋もDNAも検死(解剖という意味)もないから、安心してお話として読めるヽ(´ー`)ノ
もちろん、質の高い謎解きも中にはありまする。


何より言葉が好き!
武家言葉も町人言葉も味があっていい^^
昔の言葉遊び、川柳等も現代に生き残っているものがあって、それが出てきたりすると「うほほーーー♪」って楽しい。
もちろん、ちゃんとこの作家さんは調べて書いているんだろうな、と信用できる人の作品ね
(って、感で判断しているだけなんだけど・・・ぉぃっ)


それから、江戸時代の話しか読まない(巡り合えてない)んだけど、昔の地名やお寺の謂れとかでてきて、それが現代のどこに当たるのか考えたり、
はたまたそれが残ってたりすると、「おぉ〜〜〜ちゃんと残ってるんだなぁー。今までどんな場面をこのお寺(お店、etc.)は見てきたんだろう」
なんて考えると嬉しく?なっちゃうゝ(^O^)丿

中には、現代の礼儀にも通じる作法等の勉強にもなる時があって、「なるほどなるほど!」って得した気分になる^^


それから、あるお話の中に出てきた将軍家跡継ぎの若様の名前が覚えていた将軍の名前になくて、実際にはどうなったんだろう?って調べたら・・・
将軍になる前、お話の舞台から4年後位に亡くなっていて、えっらい悲しくなったり・・・
(聡明な若様だったらしいのだが・・・毒殺・暗殺の疑いもあるという・・・(´;ω;`))


又時代小説を読んでいると、現代の政治家・お役所と一般庶民の関わりが江戸時代とぜ〜〜んぜ〜〜〜ん変わってないのー、って分かる。
昔から馴らされてしまって国民性になってしまったのね、と慨嘆する ← えらそう
皇室への扱いもね。
おっとっとっと・・・・今日はこの話題は止めようと思ってたんだった。


江戸時代の江戸っ子の娘さんの言葉使いって言うのは、(あ、町娘ね)実際の言葉使いはびっくりする言葉使いだったらしい。
とてもそのままの言葉使いじゃ現代人は違和感ありまくりらしいので、アレンジしているらしいけど。
(それを書いた本を発掘できたらご報告します! びっくりしたよーぅ)


それに日本髪は頭のてっぺん?をまるく剃ってたって知ってた?
自分の髪だけじゃ髷が格好よく立ち上がらないので、ある小物を土台として入れるんだけど、その土台が頭に座りがいいようにするために、小さく丸く剃ったらしい・・・
円形脱毛症のように・・・
いつの時代からいつの時代までかは分からない(調べてない)し、全国的だったのかある特定の地域、階層の髪型だけなのか知らないけどー。

ちょっと笑える^^;
後、髪を結う時に油をつけて結うのと、水をつけてだけで結うのとでは仕上がりが違うとか・・・
案に相違して、水の方が技術的に難しいらしいけど仕上がりはいいらしい、とか読んだ覚えがあるなぁ。
それが「水油」とか言われてるんだっけかな????  ←自信なし


ともあれ、
軽く読むにしろ、時代を対比しながらにしろ、その時代に思いを馳せながら読むにしろ、なかなか良いわー♪


ただ・・・一つだけ欲求不満が・・・
作中に出てくる着物の柄や色が分からないのよーーーー!(泣)

もちろん見当が付くものもあるんだけど、納戸色とかわかる??
着物や装飾品、色や柄の辞典とかないのかなぁーーーー

注:調べたわー! あったわー!  
色彩辞書 −Crimson Flare−
藍染の色名のひとつとして納戸色もある。
御納戸色ともいう。
これは江戸時代の代表的な藍染の色名で、古来の藍色のような緑みはなく、
縹色ほど華やかな色でもなく、いくらかくすんだ色調の濃い青のことをいう。


現代でも使われているのね???
すごい!
それがし不勉強でござった。
(男かぃ!)
汗顔のいたりでござる。
(侍かぃ!)


ラベル:
posted by 葉山猫 at 01:31| 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 本 活字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

なんだかいいですね〜。私は時代物は読みませんが、江戸には興味があります。

「水」で髪を結うというのは、きっと髪結いさんの腕が問われるんでしょうね。
そういえば、時代は違うけど、日本髪を結っている頃の写真を見ると、時代劇みたいに綺麗じゃなくて、ほつれだらけ、曲がってたりしますよね。ハレの日くらいしか、結い直さないんだろうから、当然かな?

因みに、子供の頃、法事の夜、親戚一同が眠っている部屋の隅に、日本髪の女の人がすくっと、立ったことがあります。誰だろう?と目を凝らすと、着物を着た女の人で、親戚の誰でもなかったんです。(驚)私が叫び声をあげると消えてしまったんですが・・・その人の髪の結い上げ具合がズリッと緩くって、細かいほつれがいっぱいで。当時は(6歳)、時代劇でしか日本髪を見たことがなかった頃なので、あの人は、本当に昔の人だったんだろうなぁと、後から思いました。
怖い話になっちゃったでごめんなさ〜い。
Posted by crurious mama at 2006年09月07日 17:06
今晩は^^

江戸にご興味があるなら、「杉浦日向子」さんの書いたものはお読みになりました?

エッセイも江戸時代を解説した本もとても面白いですが、漫画家でデビューしています。
その漫画が他にない画風・味わいで私はとても好きでした。
テレビでも江戸時代の研究家?で出演されてましたが、ソフトな語り口でとても洗練された感じで、でもその口から、八っつぁん、熊さんのしゃべったような事柄が語られて面白かったですよねー^^
亡くなられたのがとても残念です・・・


>「水」で髪を結うというのは、きっと髪結いさんの腕が問われるんでしょうね。

ですです^^
そういう記述が異なる作家さんで出てきます。
水で結った方が艶が出ておしゃれだってことらしいです^^

又、出仕する(公のお仕事のある)侍は毎朝”さかやき”を髪結いさんに剃ってもらったらしいですが、そうでない人は・・・
頭が無精ひげ状態・・・
うーん・・・むさくるしそう・・・

女性も市井のお上さんなどは髪結いってのは縁遠かったらしいですねー
だから、お互いにやるか自分でやるか、だったらしいので時代劇でみるような感じではなかったでしょうねー

で・・・
後半のお話・・・
それって・・・あれ・・・ですか・・・?

”ズリッと緩くって”って、リアルですね・・・

うわー!!

詳しいお話が聞いてみたい気がしたりして・・・(わはは^^;
Posted by 葉山猫 at 2006年09月07日 19:48
杉浦日向子、何冊か読みました。晩年は江戸研究に頑張っていましたね。
これから、いろいろと読んでみたいので、アドバイスお願いします。


それから・・・そうです。あれです。先祖だったのかな?でも、着物が地味派手で、一体何の装いなのか?不明です。鶴かなんかの刺繍で、振袖のような???質感だけ妙に迫ってきて、今もリアルな感触です。
Posted by curious mama at 2006年09月07日 21:33
こんばんはー

おぉ!やはり読まれてましたか!^^
宮部みゆきさんも江戸歩きみたいな題名で今の東京と対比?した本があるらしいのですが、まだ読んでないんです・・・

最近は、距離に興味を持ちまして・・・
作中に、○○町からXX町まで△刻で行って、とか、何里をどのくらいで踏破したとか出てくるので、江戸時代の古地図を手に入れて、距離をはかりながら本を読みたいなぁ、とか思っております。
(あくまでも頭の中で・・・← 不精モン)

それから・・・
あれ、に関しての追加情報?^^ありがとうございます。<(_ _)>
>鶴かなんかの刺繍で、振袖のような
豪華な衣装ですよね。
おめでたい柄だし。 
不思議ですねーー

私もひとつだけ不思議な経験があるのですが、変な?所というか、一箇所だけというか妙〜にリアルな所ってあるんですよね。
それだけに夢の存在感が増すんですよね・・・
Posted by 葉山猫 at 2006年09月08日 23:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。