2006年09月21日

国王の威厳

37℃の私です。


タイのクーデターは無血のままに成功し終焉しそうだね。
そして、皇太子さんはトンガの国王陛下のお葬式に行かれたね。
雅子さんも行けると良かったのにね。


以下は全部TVの受け売りだが。
今日ニュースを見ていてつくづく他の国の王様は権威があるんだな、って思った。

権威と威厳。

英王室もあるんだろうけど、あまりにも身近な話題が多すぎて・・・^^;
でも、英王室の歴史を見ると、結構好き勝手(失礼)をおやりになってきた部分もあるっぽいから、これも伝統といっちゃぁ伝統で権威と威厳と両立させてるのかもね^^;

オランダとか、他の国々は私が不勉強でどの程度権威があるのか知らないけれど、トンガとタイは「うーむ」とうなってしまった。


タイは何度も旅行したことがあるので、その中で一般にも開放されている王室関連のいろいろな物を見学したことがあった。

唐突だが、随分昔には、舟遊び?に出たお后様とお子さん達が大勢の臣下が見ている前で溺れて亡くなった事もあったらしい。
何故かって?

昔は神と等しい王族の身体に触れてはいけなかったらしい。
現代人からすれば、「え〜〜〜!そんなっ!」、としか言えないけど。

でもいろいろな政策を行って、民と共に歩んできた国王様達らしい。
どこへ行っても、
「このXXは何代目の○○王様が作った」
とか、
誇らしげ(← ここ重要)に説明を受けたねー^^
そして、一般の家々とかお店にも国王と王妃の写真が飾ってある。


以前、やはりタイで首相と政敵?の戦い(まさか前のクーデターだったのかな?)が結構派手になってきて、「ぉぃおぃ」って言う感じになった時に、国王の元へ首相が呼ばれた事があった。

TVの画面でみたんだけど、
御前に出た首相は、まず跪き両手を合わせ、そして横座りの様な姿勢(お尻を向けない、かつ正面きって国王に向かい合わない?)で国王の膝元までずりずりと出て、国王が何か一言二言いって頭に手を置いたのかな?肩だったかな?、それで政変はきれーに終わりを告げたらしい。

その時
「おぉー!鶴の一声!」
と思った。

タイは普段は首相が国政を行っているらしいが、こういう鶴の一声ができるっていうのはすごいなぁ、と単純に関心してしまった。


トンガの亡くなった国王はそろばんを導入して、今もトンガの義務教育の中の必須科目になっているらしい。
そろばんを会得すれば、頭がよくなるのですね、という事だったらしい。
親日、って事も大きな要因だったんだと思うけど、いい物はいい!で、即国内に導入する。
この行動力と実権を持っているという強み。


今の世の中、独裁者がいてもそうそう無体な事はできないと思っている(思いたい)。
一部例外はあるが・・・
ほぼ世界中から非難と顰蹙をかっているが・・・

チェコスロバキアの様に随分長い間無体な状況が長引く事はあっても、結局はいつか不自然さと無体な事に対して反動が来て崩壊する。
百姓一揆みたいなものだ。(違う?^^;


何が言いたいかというと、
ひとつ。
国民に直接関わりのある「政策」を行っている国王は、国民から本当の意味で「敬愛」される。

ふたつ。
世界中の情報が家庭にいながら手に入る今の時代、ナチスドイツや北○鮮の様に独裁者が恣意的に何か一つのイデオロギーに国民全体を偏向させようとしても、それは無理だし、出来ても長続きしない。
北○鮮の様に、今の通信手段が各家庭にない時代に鎖国状態になっちゃった場合はちょと例外になるけど。

みっつ。
上記を踏まえると、今の日本で天皇陛下が実権を握っても、昔の日本のように「打倒!XXXX!」にはならない。
なりえようがない。


という事で例のごとく長文。

 ↓


私は今の皇室・皇族に対して「さん」付けしたりしているが、軽んじているわけではない。
むしろ、僭越だが「おいたわしい」と思っている。

以下は他のブログの方が書いている内容とダブっている可能性もあるかもしれないけど、私も随分前から思っていたこと。


実権なぞ皆無。
それでいて、市・県・なんかの団体のどうでもいいようなイベントに箔付けの為だけに借り出されて、好みに合おうが合うまいが、もっと有意義なお金の使い方があろう、と思っていても、持ち上げるスピーチしかできない。
そのスピーチも固有名詞は違ってもほぼ同じような内容。
自分の(否定的な、もしくは特に好意的な)意見を一切表すことができない。

(唯一秋篠宮が皇太子様の発言にいちゃもんを付けた時があるけど、あれこそ人前で、特に国民の前で皇太子夫妻に関して言っちゃぁいけない事さ。
せめて言うなら身内だけの時にいう事さ。
発言内容に何を思おうと、どんだけの勇気を持って皇太子はあの発言をしたのか。
兄の気持ち弟知らず、だわ。

そういう人間として当たり前の家族への思いやり、という物が感じられなかったから、所詮XXXXXのXXXXだわ、とか思っちゃうんだよね。
いくら我々があずかり知らない皇室のやり方ってのがあるにしても、弟が兄に直接物を言えない環境って・・・ないだろう・・・
散々、慣習破ってデートしたり、車を街中で運転したり、旅行したり、飲みに出たりしてるんだから・・・

それに昔、雅子さんが皇太子の発言に「私の言葉で言わせていただければ・・・」って言ったら、僭越だとか何とか叩いたくせに、この時秋篠宮が言った言葉に紀子さん付け足したよね。
自分の言葉で。自分の意見を。
それを叩かなかったよね・・・
胡散臭い・・・
あの秋篠宮発言が公にならなければ、皇太子のあの勇気ある発言は皇室を変える最初の波紋になっただろうに・・・


あの後の天皇陛下の言葉は秋篠宮の言葉を受けての発言だから、秋篠宮が公に発言しなければ天皇陛下もああは公言しなかっただろうし。
普段、雅子さんの発言にいちゃもんつけたり、それこそスピーチの内容に要らぬチェックを掛けてる担当者が居るだろうに、あの時はよくぞスルーして発表させたと思うよ。
そこが又胡散臭い、と思う所以。
皇太子と雅子さんは四面楚歌状態ではないのか、って危惧しちゃうんだよ。
位でいったら、秋篠宮より皇太子の方が上なんだぞ。
お付きの人間が、位が上の皇太子を守らんで誰が守るんだぃ!)


今の日本国内で、これほど我慢を強いられている家族はいないだろうと思う。
(天皇ご夫妻はもちろんの事、まー秋篠宮ご家族もそうだろうけど。)


皇太子が留学から帰られた時に
「開かれた皇室を目指します!」
って、にっこり笑った顔を思い出す。
あの時はマスコミも持ち上げてたのに・・・


TVで見る限りだが、世界の王室で自国民に対する時に分厚い防弾ガラスで仕切られた所で手を振っている王族がいるかい?

あれは皇室の方々を守るためだって言っているけど、違うよ。

皇室の人間を疎外しているんだよ。
自国民から。
そして、自国民を信じていない証拠にもなる。
皇室の思惑は別として周りがそう思わせる事をしている。
(そりゃ危険性はもちろんあるけれども、自分の身を守る盾からでない統治者って・・・歴史から見ても・・・わかるよね?どんな統治者か。)


まぁ統治者でなくシンボルな訳だが。
大事に大事にお国のシンボルとして、文字通りガラスの箱に入れて、都合の良い時だけ箱から紐付きで出して手を振らせる。

又、それを見てキャーキャー言って、
「皇太子様ぁ〜雅子様ぁ〜愛子様ぁ〜」
って叫んで、バシバシフラッシュたいて写真を撮る。
それも携帯で手近に済ます。
撮った写真どうするの?
ちゃんと額装して神棚と同じ位置に掲げている?
してないだろ・・・
せんべボリボリ食べながらぺちゃくちゃと話しながら眺めてポイ、じゃないの?
アルバム貼っても紙のポケットアルバムじゃないの?

そういうの、動物園のパンダや襟巻きトカゲや立って歩く風太と同じだわ・・・

「敬」も「愛」もない

(まー額装して云々ってのは大げさだけどさ)


敬も愛もない状態で、権威と威厳は存在しえるのだろうか?

中には、「権威」も「威厳」もありますぞ!って言う方もいらっしゃるかもしれないが、外から貼り付けられた権威と威厳ではなく、ご本人の内から権威と威厳を発揮する機会を持たせてあげたいと思った今日でした。










ラベル:皇室 ニュース
posted by 葉山猫 at 02:09| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

皇太子ご夫妻に対する、秋篠宮発言。全く同感です。あんな発言がいいんなら、なんでもありです。でも、政治力にだけは長けた秋篠宮夫婦のこと。天皇皇后両陛下が、皇太子に対する戒め発言をしやすいように、伏線を張るという任務を担ってやったことでしょうから、得点を稼げて、ラッキー!くらいなものです。何も考えていやしないのです。誠実に物事のあたっていくことで、皇太子ご夫妻は、どんどん窮地に追い込まれていっていく。本当に「御労しい」としか、言いようがありません。

因みに、日本は、実質アメリカの植民地なので、皇室は、アメリカや諸外国の文化を、国民に受け入れさせる広告塔の役割を担っているのだと思います。今でも、愛子さまのお使いになった玩具!とか、すぐ飛びつく人達がいますが、美智子さまの洋式スタイルの暮らしぶりを媒体にのせるというのは、アメリカもかんだ、戦力だったということです。伝統伝統と言ってはいますが・・・(涙)それも含めて「御労しい」ですね。
Posted by curious mama at 2006年09月24日 13:03
こんばんはー^^

そうなんですよねー。
おいたわしい、と思うのとプラス、
TV等で見る”おっかけ”?の人達?
あの人達の気持ちが分からないんです。
本当に「敬愛」しているなら、あのようにキャーキャー名を呼んで、振り向かせようとはしないと思うんですよねー
カメラ手にして。

アイドルもパンダもまだ自由があるけど、あの方達は・・・
Posted by 葉山猫 at 2006年09月24日 23:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。