2006年10月04日

殺人機械シリーズ − 記憶に残る本・映画11

殺人機械シリーズ
1 デストロイヤーの誕生 R・サピア&W・マーフィー 創元推理文庫

1974年初版

レモ/第一の挑戦 1985年米 監督:ガイ・ハミルトン


ユーモアとハードボイルドが見事に混ざったテイストはお好き?


ならば、このシリーズはお薦めです!

映画は意見が分かれるところ。
私は好きだけど^^;
小説は、なんと64巻以上?あるらしい・・・
宇宙の英雄ローダン・シリーズには負けるが、たいしたもんだ。
私は10何冊しか持ってないなぁ。
(ローダンは100何十冊かで挫折した)

家宝にしようかどうしようか?♪
迷うところだわー♪
多分本は一生持っていると思うけど。
映画は・・・
ビデオ?を誰かがくれたら嬉しいかも^^

映画は原作の第一作目を下敷きにしているようだが、んー
別のお話として見た方がいいかな^^;


小説のタッチは、レモの一人称で語られる場面が多く、軽口の部分が私は好き。
これは翻訳した方の力が大きいかな。 訳者:佐和 誠さん


この本の主人公は二人いて、一人はレモ・ウィリアムズというベトナム帰還兵で元警官。
ベトナム時代は、単独侵入作戦が得意だった人間。
そのレモが殺人機械に仕立て上げられ・・・

もう一人は、このレモを鍛え上げるチウンというおじいちゃま。
朝鮮半島にあるシナンジュ村出身(架空)で、ここの村長は代々貧しい村を養うために戦闘術(暗殺技)を売っている。
云わば傭兵?
ところがこのお爺様、アメリカのソープオペラ(メロドラマ)が大好き!と来たもんだ。

シリーズを重ねるごとにこのお爺様の存在がどんどん大きくなる^^
もちろん私もこのお爺様の大ファン。

事あるごとに白人種をこき下ろし、レモの事もこき下ろし、現代風の食生活を馬鹿にし、自国(東洋と私はとっている)を褒め称える^^;
レモがからかったりすると大変^^
でもこの掛け合いも又いいのよねー
韓国人って設定だけど、作者がアメリカ人だから、まー文化の説明は韓国も日本も一緒くた^^;


話が進むうちに、チウンは最後の弟子となるレモを息子と見なし、レモもこのお爺様を親と思うようになっていく。

なかなかね・・・
ハードボイルドだから、死人バシバシ、残虐な場面も出てくるけど、何故かこの二人の存在が暖かいのよね・・・

唐突だけど、レモは通常は銃を使わない。
銃に頼ると、技と気配りがおろそかになるそうです^^
もちろん、レモもチウンも銃を扱わせれば超人的な腕前なのだが。
私が読んだ中ではチウンが1回だけ普段バカにしている銃を撃つシーンがあったのだが、まー神業!
映画の中でもそのシーンがあったような気がする。
このくだり、結構私のお気に入り。
というか、実際これでいけるんじゃないの?とか信じちゃってる部分がある^^;   (たはは

だって、弾も矢も遠く離れた標的を狙い、標的が見えない場合でも空気の振動も感じられないと思うのに「手応えがあった」って言うでしょう?
これが昔から謎だった・・・


それはともかく。
昔のハードボイルドの世界がお好きなら楽しめると思います。

映画はねー
いいんだけど、小説ではレモの姿を見ると女性はポーとなる、っていう記述があるのに・・・
映画の主人公は、私にはチャールズ・ブロンソンに見えてしょうがなかった・・・
いや、マンダムはマンダムでいいんだけどね。

で!
チウン!
ちょっと国籍不明な感じだけど、まー東洋系に見えなくも無い。
本当の爺ちゃんかと(まさか^^;)と思っていたら、映画のパンフ見たらまだ若い(ってもミドルエイジ?)のイタリア人!(確か・・・

この人がいい味出してるのよーー!
この人を見るためだけにでも、この映画を又見たい!
最後のシーン、好きだわ〜♪


タイトルに「第一の挑戦」なんてあるので、当時付き合っていた彼氏と見て、二人で「第二の挑戦はいつ封切るんだろーー、絶対見ようね!」、なんて言っていたのも遠い思い出・・・

あまりヒットはしなかったようですね。
評価も賛否両論だったみたいだし。
確かに封切られた当時、私は原作を知っていたから見に行ったけど「この類のブームでもないのに何故今更?」
って違和感を感じたわねー
でもアクションは良かった記憶が・・・?


TVシリーズがあるらしい・・・
見たいな・・・







remo.jpg


posted by 葉山猫 at 00:50| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 本 活字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
みんなのプロフィールから来ました。
お誕生日おめでとうございます。
http://bqjqqd.seesaa.net/
Posted by bqjqqd at 2006年10月06日 01:20
こんにちは

あらら・・・^^;
ありがとうございます。
Posted by 葉山猫 at 2006年10月06日 12:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。