2006年12月11日

辻風の剣  - お勧め!かもしれないかもしれないけどお勧めかな?シリーズ1

辻風の剣 、牧秀彦 光文社時代小説文庫 文庫書下ろし


うううーーむ・・・
古本屋の店主、あなどれまじ!


あはは^^;
当たり前かも知れないが、古本屋さんの御店主、ありがとーー!

先週の金曜日、聞いたみた。
「あの(にっこり)、時代劇でお勧めの本、か、作家さん教えていただけませんか?(大にっこり)」
「女でも楽しめる本がよいのですが・・・(ちょっと恥じらい)」


そこで勧められたのが、
牧秀彦
庄司圭太
白石一郎


どの方も読んでないない。


とりあえず、背表紙の粗筋を読んで、シリーズの1巻目をそれぞれ買った。
(お行儀悪いけど、許して)


で、まず、牧秀彦の「辻風の剣」を読んでみた・・・



いいかも!
この方、現実にも武闘家らしい。


ちょっと、全体的にあっさりか?という感じがあるけど、きっと作者さんが長シリーズにするために書き始めたんだと思えば「おっけー」な感じ。


個人の好みで言えば、
記憶を失っていれば、いや、いても、話し言葉自体は(話す事を覚えている記憶喪失であれば)、当時であればあるほど、自ずと出身母体の言葉使いになるんではないの?っていう不満が際立っているくらい。

昨日書いた、闇を切るシリーズよりかは、ひっかかりが少なく読めるし、同じくらい登場人物の設定もいい。

主人公、大刀も脇差も竹光だし。
(こんな主人公初めて)
でも、全体的に言えば、まだ、荒崎一海さんの「闇を切るシリーズ」の方がきも〜〜〜ち上。


んーー・・・
この本に関して言えば、主人公ってはっきり言えるのは、今の所、2人!だと思うんだけど、素性不明の、もう一人がいる。
その人が、どの位の位置を示すのかが、問題。

えー。
私はこのもう一人の方が気になって、気になって・・・

多分、この人「が」影の主人公(もしくは本当の)なんだろうけど、どこまでこの書き方でひっぱっていけるか・・・

お手並み拝見^^




しかし・・・
私の母も言っていたが、若い頃は、本屋さんの女房になりたかった。
なぜなら、店番しながら、本読めるから♪

ってのは、大きな間違いだと、母子ともども、成長する過程で気が付いたが、んーーー・・・・・

古本屋さんの女房、いいな・・・   (懲りない奴
(古本屋さんの奥さん、ごめんなさい

しかし、勧められた1冊目しか読んでないけど、面白い!

御店主!
さすがだの!


今日はちと酔っ払ってるので、この辺で。
次は、ちょっと古いらしいけど、白石一郎さんの「包丁ざむらい」いくー!


追伸:
古本屋さん、いいよ!
自前の正規の代金払うとなると、なかなか冒険できないけど(最近文庫でも高いし。)、それが半額以下、となれば、手も出やすくなる!
そして、もっと読みたければ正規の本屋で買う。
(若いときは、誰がどういう状況で触ったか分からない本を触るのはいや!だったんだけど、変わってきたね^^; 面の皮も指先の皮も厚くなったのかも^^;)
なんで、こんな事書くかというと、過去に古本屋さんに入ったことは何べんかあるけど、膨大な積読の中から、自分の好みを探すのは大変だった・・・

それが、この古本屋さんは、前から願ってたジャンル別に本が分けてある。
それに散見すると、いつも御店主自体が本を読んでる。
帳場で。
だからこそ、お勧めの本を聞いたのだが。
いいわー。
でも残念だ。
もう少しで請負仕事が終わる・・・
仕事が終わるのはいいけど、1000円近い片道の足代がかかるここまでは、多分、もう二度と来ないだろう・・・・
残念だ・・・
常連になりたいお店と御店主なのに・・・






ふ〜
ワイン1本、昔は平気だったんだけど・・・

今帰って来てチューハイ飲み中  (ぉぃ!


posted by 葉山猫 at 23:50| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 本 活字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。